ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 852351 全員に公開 ハイキング奥武蔵

座禅草を見て辰目沢右岸尾根からカバ岳、丸山、日向山を周回した

日程 2016年03月21日(月) [日帰り]
メンバー HIDEJI325
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅あしがくぼに車を停めてバスで松枝まで移動。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち41%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間53分
休憩
1時間5分
合計
5時間58分
Sスタート地点07:5908:49追分の道標(横瀬町)08:5010:10牛立久保10:2610:34七曲り峠10:49カバ岳10:5011:02大野峠11:0311:28丸山11:5713:01日向山13:0613:14琴平神社13:1513:34源寿院埼玉別院13:44芦ヶ久保第2駐車場13:5513:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
辰目沢右岸尾根は、山と高原地図に記載のないバリエーションルート。所々踏み跡が怪しい箇所があるので注意が必要。
それ以外は一般登山道のため分かり難い箇所はないと思われる。

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 ゲイター 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ

写真

道の駅あしがくぼの第2駐車場に駐車します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の駅あしがくぼの第2駐車場に駐車します。
芦ヶ久保バスに乗り終点の松枝でおります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦ヶ久保バスに乗り終点の松枝でおります。
座禅草の保護地に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
座禅草の保護地に到着。
何の変哲もない杉の植林のようですが、ここだけというのも不思議です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何の変哲もない杉の植林のようですが、ここだけというのも不思議です。
次は正丸トンネルを目指して、山道を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は正丸トンネルを目指して、山道を進みます。
旧正丸峠から続く旧道と合流しました。ここは追分の道標と呼ばれた町指定の史跡で、ミツデカエデの大木の下に古そうな道標があります。
道標には、「右は名栗・八王子、左は子の権現・江戸」と記されていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧正丸峠から続く旧道と合流しました。ここは追分の道標と呼ばれた町指定の史跡で、ミツデカエデの大木の下に古そうな道標があります。
道標には、「右は名栗・八王子、左は子の権現・江戸」と記されていました。
正丸トンネルの西側の出入り口に出ました。信号を渡り先に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正丸トンネルの西側の出入り口に出ました。信号を渡り先に進みます。
ここが辰目沢右岸尾根の取付き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが辰目沢右岸尾根の取付き。
所々に黄色のテープが貼られていましたが、当てにしないほうが賢明です。踏み跡は薄いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々に黄色のテープが貼られていましたが、当てにしないほうが賢明です。踏み跡は薄いです。
途中で踏み跡を見失いましたが、尾根を外さないように急登を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で踏み跡を見失いましたが、尾根を外さないように急登を進みます。
正丸峠から奥武蔵グリーンラインに繋がる稜線に出ました。ここは一般登山道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正丸峠から奥武蔵グリーンラインに繋がる稜線に出ました。ここは一般登山道です。
奥武蔵グリーンラインの稜線に位置する牛立久保にたどり着きました。ここを左に進むと丸山方面です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥武蔵グリーンラインの稜線に位置する牛立久保にたどり着きました。ここを左に進むと丸山方面です。
奥武蔵登山詳細図では二見山と記載されたピークに寄ってみましたが、山名を示すものはありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥武蔵登山詳細図では二見山と記載されたピークに寄ってみましたが、山名を示すものはありません。
七曲峠の手前にちょっとした岩場があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七曲峠の手前にちょっとした岩場があります。
七曲峠に出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七曲峠に出ました。
しばらく奥武蔵グリーンラインと並走して進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく奥武蔵グリーンラインと並走して進みます。
カバ岳に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カバ岳に到着。
続けて大野峠に到着しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続けて大野峠に到着しました。
東屋があり、多くのハイカーさんが休憩されていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東屋があり、多くのハイカーさんが休憩されていました。
大野峠から木段の続く急斜面を上り詰めると開けた場所に出ました。どうやらここはパラグライダーの発進基地のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大野峠から木段の続く急斜面を上り詰めると開けた場所に出ました。どうやらここはパラグライダーの発進基地のようです。
堂平山が近くに見えます。山頂近辺にパラグライダーが見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂平山が近くに見えます。山頂近辺にパラグライダーが見えます。
大きなアンテナ施設が見えました。ここまで来れば丸山もすぐそばです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きなアンテナ施設が見えました。ここまで来れば丸山もすぐそばです。
本日の最高地点である丸山にたどり着きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の最高地点である丸山にたどり着きました。
ここからの展望は最高です。
奥武蔵の盟主・武甲山を始め、秩父の山々が一望のもと見渡せます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからの展望は最高です。
奥武蔵の盟主・武甲山を始め、秩父の山々が一望のもと見渡せます。
こちらは天目山から棒ノ折山へと続く都県境尾根の山々が遠望出来ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは天目山から棒ノ折山へと続く都県境尾根の山々が遠望出来ます。
丸山で食事休憩の後、日向山に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山で食事休憩の後、日向山に向かいます。
途中に祠が祀られていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中に祠が祀られていました。
林道に出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出ました。
ひと登りで日向山に到着しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひと登りで日向山に到着しました。
南側の見晴らしが良く、前方には芦ヶ久保駅と二子山が見渡せます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側の見晴らしが良く、前方には芦ヶ久保駅と二子山が見渡せます。
芦ヶ久保に向けて下山開始です。途中の琴平神社を通過します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦ヶ久保に向けて下山開始です。途中の琴平神社を通過します。
仏像越しの武甲山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仏像越しの武甲山。
道端に咲く桜が綺麗でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道端に咲く桜が綺麗でした。
無事に下山しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に下山しました。

感想/記録

旺文社の「山と高原地図」を眺めると伊豆ヶ岳と二子山の間、R299から名郷に抜ける県道沿いに、ザゼンソウ保護地と記されている箇所があります。ザゼンソウとは水芭蕉に似ており、花の形が僧侶が座禅している姿に似ていることで知られる珍しい花で、いつもタイミングを外して見れませんでしたが、咲いていたらラッキーという程度の感覚で、とりあえず行ってみることにしました。

西武秩父駅発のバスに乗り、終着の松枝バス停から少し歩くと保護地があります。そして座禅草を見学した後、そこを起点として日向山までぐるっと歩いてみました。
座禅草の保護地から稜線へは「奥武蔵登山詳細図」を引っ張り出し検討して、熟達者向けの「辰見沢右岸尾根ルート」を登りました。正丸トンネルの西側の出入口のあたりから取り付くルートです。
メジャーな稜線歩きだけでは、物足りない気もするので、聞いたこともないマイナーな尾根歩きも絡めてそれなりに楽しめました。
訪問者数:53人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 林道 右岸 座禅草 高原 東屋 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ