ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 852548 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

要倉山,本郷山,本宮山

日程 2016年04月24日(日) [日帰り]
メンバー eclat
天候曇り(直前まで雨)
アクセス
利用交通機関
電車バス
 行き:高尾駅北口バス停 → 関場バス停 (陣馬高原下バス停行き)
 帰り:陣馬高原下バス停 → 高尾駅北口バス停
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち32%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間36分
休憩
18分
合計
3時間54分
S関場バス停13:0413:15要倉山登山口13:2214:31要倉山14:58573m峰15:13本郷山(御堂窪山)15:33本宮山(高茶山・金森山)15:3816:04メシモリ岩山16:0516:09猪通り尾根(中谷山尾根)入口16:20和田峠16:2516:43陣馬新道登山口16:58陣馬高原下バス停16:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 関場バス停側登山口から要倉山手前までの間は,踏み跡不明瞭,道が一部崩落,有刺植物等により,かなり歩行が厳しい。今回のルート以外に,より健全なルートがあると思われるので,よく事前確認をされたい。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 雨具 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

 関場バス停から向かって右側の道(陣馬高原下方面の落合橋を渡らない。)を歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 関場バス停から向かって右側の道(陣馬高原下方面の落合橋を渡らない。)を歩く。
登山口付近の寺
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口付近の寺
登山口(鉄塔標識)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口(鉄塔標識)
鉄塔標識を頼りに歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔標識を頼りに歩く。
かなり歩きにくい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり歩きにくい。
1
徐々に藪も深くなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に藪も深くなる。
1
鉄塔No79と思われる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔No79と思われる。
行く手を阻む倒木
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行く手を阻む倒木
1
開けた所に出る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けた所に出る。
1
有刺植物が多い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有刺植物が多い。
有刺植物が多い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有刺植物が多い。
有刺植物が多い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有刺植物が多い。
要倉山。ここで,今回唯一となる登山者1組と出会う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
要倉山。ここで,今回唯一となる登山者1組と出会う。
1
景色が良い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色が良い。
1
本郷山。尾根筋から少し離れた所にある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本郷山。尾根筋から少し離れた所にある。
1
伐採されて山肌が露出している。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伐採されて山肌が露出している。
1
景色が良い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色が良い。
1
景色が良い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色が良い。
1
本宮山。ここから先,道迷いに少し注意。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本宮山。ここから先,道迷いに少し注意。
1
右側の土道を出た所。和田峠の先。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側の土道を出た所。和田峠の先。

感想/記録
by eclat

 今回は,雨が降っていた午前中を避け,午後(高尾駅12時30分)から高尾最北部の要倉山,本宮山ルートのハイキングをした。雨はやんでいたが,余儀なくされた藪漕ぎにおいて及びつかまった木々に付着していた雨粒により,結局びしょ濡れになった。

 関場バス停から約1キロ(徒歩約30分)の所に登山口がある。登山口といっても非常に目につきにくい。鉄塔標識を目印にしなければならない。その後,雑草の生い茂った所の更にその先にある鉄塔標識を目印に進み,不明瞭な踏み跡のある登山道に入る。私は,このルートをこれまで数回歩いてきたが,今回は,約2年ぶりであることもあって記憶があいまいであり,かつ,登山道の崩落が進んでいたことで,どこを歩けばよいのか判断に迷った。そして,地形図を見て無理矢理直登しようと思い,藪漕ぎをしたが藪の深さにそれ以上進むことができず引き返すなど,誤りを冒してしまった。GPSが記録した軌跡を振り返ると,要倉山までは,もっと健全なルートがあるようである。今回は,地形に従って,無理に登った。

 要倉山以降は,展望の良い開けた道が続き,心地良い。昭文社の地図に掲載されていないのが不思議なくらいである。

 本宮山には,山名標識に付随して林道方向を示す標識があるが,これはあてにならない。正解のルートは,反対側の明瞭な踏み跡の道である。以前,ここで道間違いをして,強引に醍醐林道に下山した覚えがある。

 林道に下山した後は,和田峠を経由し,ひたすら林道歩きである。約4キロの道のりである。和田峠からは,陣馬山に1キロ弱で行けるので,時間や体力に余裕があれば,陣馬山経由で行っても良いだろう。

 要倉山まで行ってしまえば,後は,気持の良い尾根道であるから,このルートは,概してお勧めである。
訪問者数:269人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ