ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 852736 全員に公開 ハイキング奥秩父

阿梨山・鬼山・鹿穴・大笠山(曇りの日は低山へ)

日程 2016年04月24日(日) [日帰り]
メンバー yama-ari(CL), reg(食事)
天候■阿梨山 07:42 ガス 12℃ 無風
■鹿穴 11:57 晴れ 18℃ 無風
■大笠山 14:13 晴れ 24℃ 無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
一台を愛宕山にデポし、もう一台で幸澗院に向かいました。愛宕山は、朝は早いと、青少年自然の家も科学館も駐車場は使用できません。自転車広場から200m青少年自然の家方面に駐車可能です。幸澗院は、駐車場があります。参拝者専用なので、行きにご参拝の上、登山を開始してください。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間54分
休憩
1時間25分
合計
8時間19分
S幸澗院06:2107:42阿梨山07:5208:46穴口峠分岐08:5008:58帯那山林道始点09:08旧太良峠09:16太良峠(旧よしくぼ峠)09:25NTT DoCoMo電波中継所10:12一の平10:17鷹山10:36鞍掛峠11:03岩堂峠11:2111:39鬼山11:49鞍掛峠11:5111:57鹿穴12:26大黒峠12:4112:46大岩園地(跡?)12:4812:53東山13:09大日影山13:2313:49茶道峠13:5714:13大笠山14:2514:40夢見山14:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■注意ポイント

○この山行は、バリルートを含みますが、一番わかりにくかったのは、昭文社の実線ルートである幸澗院から稜線までの登山道です。稜線に乗ってしまえば、あとは帯那山の廃道林道までは、難なく行けます。

○岩堂峠分岐は、新しく林道ができているために、見過ごす可能性があります。右手に複数の看板が見えますので、強引にルートを戻せます。

○鬼山への取り付きは、岩堂峠から10分ほど進んだところにある、鳥獣保護の看板を目印にしてください(写真参考)。稜線は一つなので、迷うことはありません。

○鹿穴への取り付きは、鞍掛峠の看板(写真参考)を目印に、山頂にはすぐにたどり着けます。山頂からは、鞍部へいく南の尾根と大黒峠にいく西の尾根がありますが、岩場を目指すなら、西に進みます。ルートは比較的わかりやすいです。リボンはほとんどありません。

○大岩園地からもバリルートですが、リボン多数です。茶道峠の出口が少しわかりにくいですが、道路に出ればなんとかなります。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ツエルト(2人用) 救急セット ヘッドライトPETZL ZIPKA PLUS2 非常用防寒シート 手袋・フェイスマスク(1) レインウェアTHE NORTH FACEマウンテンレインテックス(1) ガスカートリッジPRIMUS IP-110(1) バーナーPRIMUS P-153(1) イグニッションスチール(1) カートリッジホルダーPRIMUS P-CH(1) コッヘルセットsnow peak(1) 手拭・ハンカチ・ティッシュ(1) 地図・コンパス(1) 高度計・時計Suunto Core Glacier Gray(1) GPS GARMIN etrex20(1) カメラOLINPUS TOUGH TG-1(1) 無線機STANDARD VX3(1) 携帯食 水2.0L

写真

曇りの日は低山へ。ここ幸澗院からお参りして出発。
2016年04月24日 06:20撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曇りの日は低山へ。ここ幸澗院からお参りして出発。
2
裏手の墓地の西の端から入っていきます。
2016年04月24日 06:23撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏手の墓地の西の端から入っていきます。
1
最初は作業道を歩きます。
2016年04月24日 06:25撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は作業道を歩きます。
1
途中から、踏跡不明瞭となり、道を失います。直登してとにかく稜線へ。
2016年04月24日 06:42撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から、踏跡不明瞭となり、道を失います。直登してとにかく稜線へ。
4
稜線に出ると、道はしっかりしています。
2016年04月24日 07:13撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出ると、道はしっかりしています。
2
鉄塔を過ぎると、
2016年04月24日 07:27撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔を過ぎると、
1
すぐに阿梨山です。展望なし。ガス多し。
2016年04月24日 07:41撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに阿梨山です。展望なし。ガス多し。
1
ミツバツツジ
2016年04月24日 08:15撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ
2
ヒトリシズカ
2016年04月24日 08:06撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒトリシズカ
1
上帯那集落へくだる分岐(標識はありません。いくつかダミーの下山道あり)をすぎると、バリルートの開始です。鬼頬レベル。
2016年04月24日 08:22撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上帯那集落へくだる分岐(標識はありません。いくつかダミーの下山道あり)をすぎると、バリルートの開始です。鬼頬レベル。
1
帯那山の稜線につくと、廃道になった林道に出合います。そのまま直進が最短ですが、廃道の林道を登ってみます。
2016年04月24日 08:31撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帯那山の稜線につくと、廃道になった林道に出合います。そのまま直進が最短ですが、廃道の林道を登ってみます。
2
廃道林道と他の林道との合流点にくると、甲府盆地からよく見える電波塔が近くにあります。NTTと思っていましたが、東電のものとご指摘いただきました。
2016年04月24日 08:41撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廃道林道と他の林道との合流点にくると、甲府盆地からよく見える電波塔が近くにあります。NTTと思っていましたが、東電のものとご指摘いただきました。
1
電波塔から太良峠方面へ。途中に石仏2体。昭文社の地図に記載があります。
2016年04月24日 08:48撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電波塔から太良峠方面へ。途中に石仏2体。昭文社の地図に記載があります。
1
太良峠の手前の林道歩き。ここでは桜が満開でした。
2016年04月24日 09:04撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太良峠の手前の林道歩き。ここでは桜が満開でした。
1
太良峠に到着。ここまで、おもったほど、時間がかかりませんでした。
2016年04月24日 09:15撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太良峠に到着。ここまで、おもったほど、時間がかかりませんでした。
1
太良峠のこの柵を突破して、棚山方面へと進みます。
2016年04月24日 09:16撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太良峠のこの柵を突破して、棚山方面へと進みます。
1
DOCOMOの森で、昼食。
2016年04月24日 09:30撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
DOCOMOの森で、昼食。
1
もちろんregさんのヤマ飯「おざら」。山梨名物の「ほうとう」の冷製バージョンです。
2016年04月24日 09:40撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もちろんregさんのヤマ飯「おざら」。山梨名物の「ほうとう」の冷製バージョンです。
7
お腹を満たして出発。さらにガスが濃くなってきました。ほとんど三ッ森北峰状態です(涙)
2016年04月24日 10:15撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お腹を満たして出発。さらにガスが濃くなってきました。ほとんど三ッ森北峰状態です(涙)
1
昭文社の地図にある破線ルートへの分岐です。兜山方面に向かいます。
2016年04月24日 10:19撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昭文社の地図にある破線ルートへの分岐です。兜山方面に向かいます。
2
これが、破線ルートというくらいの、とても綺麗な林道。逆に不安になってきます。
2016年04月24日 10:36撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが、破線ルートというくらいの、とても綺麗な林道。逆に不安になってきます。
1
案の定、新しい林道で登山道を外してしまいました。30m横に見えた、岩堂峠分岐へと強引に向かいます。
2016年04月24日 10:51撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案の定、新しい林道で登山道を外してしまいました。30m横に見えた、岩堂峠分岐へと強引に向かいます。
1
岩堂峠分岐。がんどうとうげと読みます。
2016年04月24日 10:53撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩堂峠分岐。がんどうとうげと読みます。
1
岩堂峠への少しの登り返し。新緑が綺麗です。
2016年04月24日 11:00撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩堂峠への少しの登り返し。新緑が綺麗です。
2
岩堂峠。標識が新しくなっていました。
2016年04月24日 11:03撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩堂峠。標識が新しくなっていました。
1
岩堂峠から鹿穴方面に10分ほどハイキングコースを歩くと、鳥獣保護区の看板のある尾根があります。ここから外れて、鬼山に取り付きます。
2016年04月24日 11:25撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩堂峠から鹿穴方面に10分ほどハイキングコースを歩くと、鳥獣保護区の看板のある尾根があります。ここから外れて、鬼山に取り付きます。
1
15分ほどで、鬼山到着。展望なし。
2016年04月24日 11:39撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15分ほどで、鬼山到着。展望なし。
2
山頂標識は、火の用心の上に、「鬼山」と書かれています。注意しないと通り過ぎてしまいます。
2016年04月24日 11:39撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識は、火の用心の上に、「鬼山」と書かれています。注意しないと通り過ぎてしまいます。
1
稜線を辿っていくと、鞍掛峠に出て登山道と合流します。標示はありませんが、この看板あり。
2016年04月24日 11:51撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線を辿っていくと、鞍掛峠に出て登山道と合流します。標示はありませんが、この看板あり。
1
鞍掛峠の場所から、再びその脇の稜線に取り付きます。左は正規のハイキングコースです。
2016年04月24日 11:51撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍掛峠の場所から、再びその脇の稜線に取り付きます。左は正規のハイキングコースです。
2
5分ほどで、鹿穴山頂。三角点があります。
2016年04月24日 11:56撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5分ほどで、鹿穴山頂。三角点があります。
1
カワイイ標識もあります。
2016年04月24日 11:57撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カワイイ標識もあります。
2
鹿穴から西の尾根を進み、大黒峠方面へ。寄ってみたかった岩場に到着。
2016年04月24日 12:10撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿穴から西の尾根を進み、大黒峠方面へ。寄ってみたかった岩場に到着。
1
阿梨山〜帯那山の縦走コースが一望できました! ガスがとれ、いい青空が覗いています。
2016年04月24日 12:10撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿梨山〜帯那山の縦走コースが一望できました! ガスがとれ、いい青空が覗いています。
2
鬼山(右)もここからみるといい形をしています。
2016年04月24日 12:11撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼山(右)もここからみるといい形をしています。
2
アリの戸渡りのような岩場は、南側で巻けます。岩場を行ってみると誘ってみたのですが、regさんは、見るのも嫌だといって巻いていきました(笑)。
2016年04月24日 12:17撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アリの戸渡りのような岩場は、南側で巻けます。岩場を行ってみると誘ってみたのですが、regさんは、見るのも嫌だといって巻いていきました(笑)。
3
大黒峠。ここから大岩園地方面に向かいます。
2016年04月24日 12:25撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大黒峠。ここから大岩園地方面に向かいます。
1
大岩園地からの眺望。甲府盆地がはじめて確認できました。
2016年04月24日 12:46撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩園地からの眺望。甲府盆地がはじめて確認できました。
3
東山へ向かう途中のイカリソウ
2016年04月24日 12:34撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東山へ向かう途中のイカリソウ
4
レンゲツツジ
2016年04月24日 13:57撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レンゲツツジ
2
名前はわかりませんが、たくさん咲いていました。Kazuhagiさんによれば、リンドウだそうです。
2016年04月24日 13:03撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前はわかりませんが、たくさん咲いていました。Kazuhagiさんによれば、リンドウだそうです。
3
東山に到着。展望なし。
2016年04月24日 12:52撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東山に到着。展望なし。
1
東山の山頂標識。
2016年04月24日 12:52撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東山の山頂標識。
2
東山から南西方面の尾根に取り付きます。バリルートですが、ここらあたりは、リボン多数。
2016年04月24日 13:01撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東山から南西方面の尾根に取り付きます。バリルートですが、ここらあたりは、リボン多数。
2
おお、富士山の腹だし。まさか、曇りの本日で、対面できるとはおもいませんでした。
2016年04月24日 12:58撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお、富士山の腹だし。まさか、曇りの本日で、対面できるとはおもいませんでした。
1
大日影山山頂。展望なし。
2016年04月24日 13:10撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日影山山頂。展望なし。
1
大日影山の標識は、小ぶりです。
2016年04月24日 13:09撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日影山の標識は、小ぶりです。
1
大日影山からは、きれいな防火帯をくだっていきます。途中、空き缶の籠入れがありました。いままで、山で空き缶入れを見たのは、柳沢ノ頭と大日影山くらいです。レトロな缶が多数ありました。
2016年04月24日 13:35撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日影山からは、きれいな防火帯をくだっていきます。途中、空き缶の籠入れがありました。いままで、山で空き缶入れを見たのは、柳沢ノ頭と大日影山くらいです。レトロな缶が多数ありました。
2
茶道峠。右の尾根にとりついて、大笠山をめざします。
2016年04月24日 13:50撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶道峠。右の尾根にとりついて、大笠山をめざします。
1
ここもバリルートですが、鳥の巣が多数設置してあり、人が入っている感じです。
2016年04月24日 14:07撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここもバリルートですが、鳥の巣が多数設置してあり、人が入っている感じです。
2
大笠山の山頂。奇岩が多数あります。標識なし、展望なし。
2016年04月24日 14:11撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大笠山の山頂。奇岩が多数あります。標識なし、展望なし。
1
大笠山を下っていきます。気温が上がって、暑い、暑い。
2016年04月24日 14:30撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大笠山を下っていきます。気温が上がって、暑い、暑い。
4
自転車広場から、県道へ。すぐ先が駐車したところです。展望なしの低山歩きでしたが、楽しめました!
2016年04月24日 14:38撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自転車広場から、県道へ。すぐ先が駐車したところです。展望なしの低山歩きでしたが、楽しめました!
1

感想/記録

■曇りの日は低山へ
 週間天気予報が悪かったので、山梨200候補の調査を兼ねて、甲府北側の低山を散策しました。ここのところの暑さが気になりますが、いずれも眺望が期待できない山々なので、やるならこの日と決めていました。yoneyamaさんとkinme3さんのレコを参考にさせてもらい、それを繋ぎ合わせたバージョンです。ありがとうございます<m(__)m>

<yoneyamaさんのレコ>
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-825812.html
<kinme3さんのレコ>
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-657334.html

 阿梨山、鹿穴、大笠山と、山梨200候補はいずれも期待通り!?の展望なし。眺望重視の私としては、辛い評価になりそうです。でも、鹿穴西側の岩場からの風景は、拾い物!! よかったです。岩場からの鬼山もなかなかでした。
 今回の山行で、新しい、候補山がでるかと期待していたのですが、残念ながら、エントリーできそうな山はありませんでした。でも、充実した山行で、大満足でした!!

<みんなで選ぶ山梨200名山>
http://www.yamareco.com/modules/xsns/?cid=143

感想/記録
by reg

いつもの飲み友達さんに「甲府の名物って、何があるかなあ」と聞いたら、
「おざら」と即答されました。
つけ麺タイプは山では食べにくいので、ぶっかけにしました。
具も豪華にしてみました。


ぶっかけおざら 男2人分
<材料>
ほうとう 3人前
めんつゆ濃いめ 200cc
温泉卵(市販)4個
揚げ玉 適当
わかめ いっぱい
青ネギ 適当
豚もも肉薄切り 120g
たまねぎ 3分の2個
チューブのしょうが、料理酒、めんつゆ 

<前日準備>
1 ほうとうをゆでて水洗いし、ジップロック
2 豚肉を酒に漬け込み、タマネギスライスと一緒にめんつゆで煮込む
3 わかめをもどす

<山で>
1 ほうとうをめんつゆでほぐし、具をトッピングする
訪問者数:278人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/7/13
投稿数: 2096
2016/4/25 22:40
 おっ!久しぶりのレコだ
yama-ariさん
regさん    こんばんはpaper
いやー先週無くて心配してましたよー
心配で心配でオッサン酒の量が増え、困ってましたが
これで復帰の祝杯できますな〜
天気わるけりゃー低山 どっかで聞いた語録だが…
この山系はオッサン不得意な領域
普段なら行ってみますとコメントするが
行きません(キッパリ)
熊&猪に遭遇し恐いおもいしたので、行くとしたら真冬にします。
#41はリンドウじゃね〜え?花の知識無いオッサンだが

kasuhagiより(根に持つタイプだよー笑)
登録日: 2012/12/5
投稿数: 528
2016/4/26 12:23
 Re: おっ!久しぶりのレコだ
Kazuhagiさん。
メッセージありがとうございます。
バリルートを絡めたので、今回はお叱りがないようで、
なによりです(笑)
確かに、これからの低山は、暑さで死んでしまいますね〜〜
北風小僧の真冬の挑戦楽しみにしています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ