ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 853182 全員に公開 ハイキング丹沢

ミツバ岳と中川温泉ブナの湯

日程 2016年04月25日(月) [日帰り]
メンバー ooyamajiro, その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

湖畔駐車場11:00/10〜滝壺橋11:20〜ミツバ岳12:50/13:25〜駐車場14:20〜ブナの湯14:40/16:00〜
コース状況/
危険箇所等
表面滑り易い処あり
その他周辺情報ブナの湯700円/2H、ブルックス ショップ&カフェ本日の珈琲220円くるみ餡カステラ280円/6個
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

滝壺橋登山口
2016年04月25日 11:20撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝壺橋登山口
直径30冂で40年位
2016年04月25日 11:31撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直径30冂で40年位
1
新緑のシャワー
2016年04月25日 11:40撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑のシャワー
2
こんな感じ
2016年04月25日 11:55撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じ
かわいいねスミレ
2016年04月25日 11:59撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かわいいねスミレ
1
整備された植林帯内道
2016年04月25日 12:03撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備された植林帯内道
大野山を見る
2016年04月25日 13:10撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大野山を見る
ブナの湯
2016年04月25日 14:47撮影 by HTC Desire 626, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの湯
ブルックスカフェ
2016年04月25日 17:00撮影 by HTC Desire 626, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブルックスカフェ
撮影機材:

感想/記録

初めてのミツバ岳。高松山や大野山はたびたび訪れ、二十数年前に不老山に登りはしたけれど、ミツバ岳はその存在も知らなかった。残念ながら昨年今年と事故が有り、不思議感が募り登ってみたかったのが正直な気持ち。世附大橋を左に見てトンネルを越え、左側の駐車場に止める。BWの車が五台程駐車、観察雑談中。身支度をして歩き始める。三十数年前にダムが出来て間もないころ、幼子を連れ湖畔でキャンプをし、水遊びに興じた事を思い出す。  さて滝つぼ橋で水量の多い三段の滝(?)を見て、右の石段を登る。供えてある花に手を合わせ、滑り易いザラけた踏ん張りどころの少ない斜面を登る。そのあとは安定した道を行く。杉植林帯の雷光型の道はこの急斜面には優しい。足元のスミレが、木々の実生の幼な葉が愛らしく和ませてくれる。間伐された手入れの行き届いた植林帯を越え、周囲を見ればこんなにも美しい新緑のシャワーが降り注ぐかと。尾根の右を巻いて緩やかな台地上の道を行くと、枯れかかったミツマタの花が密生する山頂に着く。かなり広い頂で丹沢湖を俯瞰でき、檜岳や大野山までの眺めが良い。頭上に二羽の鳶が首を傾げ滑空している。鶏唐揚とお握り林檎を食べ(気持ちとしては権現山経由二本杉峠で細川橋に下ろうかと思ってはいたが)、時間を見て安全策を取り来た道を戻る。湖畔に降り立った時は肩の荷を下ろす。
永歳橋で76号を左に折れて、中川温泉ブナの湯に向かう。平日故の閑散としたアルカリ泉を堪能して太ももをほぐす。広間で休息後、遊歩道を吊り橋まで歩く。早さが解からぬほど澄んだ流れに癒される。見あげれば新緑のパッチワークに感動する。R246は新道が混雑していたが山北過ぎれば流れ、松田町内を通り中井に出てブルックスカフェでコーヒータイムを経て土屋橋に至る。(Web上、情報事前参考にさせて頂きました。役立ちました。提供者の方ありがとうございます。)
訪問者数:171人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ブナ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ