ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 853222 全員に公開 山滑走尾瀬・奥利根

尾瀬の白尾山

日程 2016年04月24日(日) [日帰り]
メンバー sptaka
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
富士見下P
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
行動時間 上り4時間 下り2時間
標高範囲 1300m〜2000m
気温 帰り16度 真夏並み
山で会った人 1人
森林限界 1900mで疎林展望
装備 k2sodo 169/133mm/94mm/122mm
また行くか いく
日帰り温泉 老神

写真

ようやく雪残り林道と向こうにアヤメ平の稜線
2016年04月24日 08:10撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく雪残り林道と向こうにアヤメ平の稜線
1
富士見小屋昨年で廃業。ならば撤去して欲しいけど。
2016年04月24日 08:46撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見小屋昨年で廃業。ならば撤去して欲しいけど。
1
見えてきました。向こうに平ヶ岳
2016年04月24日 09:28撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えてきました。向こうに平ヶ岳
こちらは手前の至仏
2016年04月24日 09:29撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは手前の至仏
1
これって衛星通信のアンテナってこと。物騒だけど
2016年04月24日 09:33撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これって衛星通信のアンテナってこと。物騒だけど
高層湿原
2016年04月24日 09:47撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高層湿原
白尾山頂上の静寂と、向こうに燧の頂上見える
2016年04月24日 10:06撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白尾山頂上の静寂と、向こうに燧の頂上見える
1
下の田代は林道に雪ナシ
2016年04月24日 12:08撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の田代は林道に雪ナシ
1
ヤマザクラ8分咲き
2016年04月24日 13:12撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマザクラ8分咲き

感想/記録
by sptaka

グレートサミッツ国内編 NO170
 尾瀬の白尾山
 鳩待峠が冬季解除されたようだが、1日2500円の駐車料といい、未明の順番待ちの満車といい、二度といかないぞと、富士見下から入る。そういえば、80年営業していた富士見小屋は昨年で閉鎖。お客の減少というのだが、民間がやっていると閉鎖になり、自治体がやると鉄骨の半永久小屋が出来上がるけど、山の上で谷川岳のように、役所のソバ屋みたいな小屋があっても色気がないしなあ。
 富士見下はいいところだ。鳩待の標高1600mには負けるけど、1300mけっこう高いよ。真冬だってここから尾瀬に入れるし。富士見だって本当は3月から営業すれば、スキーのメッカになれるでしょ。どうせ真冬でもモービルで上がっていた小屋だしね。80年のダラダラ営業の付けが出たか。
 ところが今年は富士見下に雪がない。だろうと思っていたが、スキー担いでトボトボ1時間。上の田代でようやく雪で、スキーに履き替えたが、脱いだり履いたりしてダラダラ。1時間たってようやく雪だけ。ここで下山客。「上でテント泊したけど、雪がないよ」。私元気に富士見峠目指して、さらに1時間。
 晴れてきた。晴れると素晴らしい。今日は向こうの白尾山へいくことに。林道みたいな登山道がなんとなくわかって、沿って上がっていく。山が見える。至仏だとか笠だとか。向こうに平ヶ岳。こっちに燧。日光白根はすでに黒くて、武尊も黒いね。白尾山なんてすぐそこだけどどんなところか。
 シラビソ登って、テレビアンテナがあって、少し下って向こうは高層湿原の香りがして、標識もない頂上に着いた。のんびりのどか。飯食う。荷鞍山が尖がりだけど、下るし、雪も少しそうで、向こうの皿伏の方が尾瀬外輪が続いていそうだが、低くなるから今日は辞め。戻る。傾斜が弱くて、押し押しでどうにか峠へ来ると足跡が増えて、アヤメ平の方に。そのままグイグイ滑って、10分で雪が終わり、そこから1時間半歩いてPへ。まあ上の方滑れたからいいや。

訪問者数:358人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ