ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 853324 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走剱・立山

雪の立山 奥大日岳・剱御前(雷鳥沢幕営)

日程 2016年04月23日(土) 〜 2016年04月24日(日)
メンバー uzt
天候晴れ(夜間は雨)
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
電鉄富山<-(電車)->立山<-(ケーブルカー)->美女平<-(高原バス)->室堂(¥6710往復)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間9分
休憩
0分
合計
1時間9分
Sみくりが池11:3712:44雷鳥沢キャンプ場12:46浄土橋
2日目
山行
8時間11分
休憩
52分
合計
9時間3分
浄土橋07:0807:37新室堂乗越07:3808:04室堂乗越08:532511mピーク08:5609:07カガミ谷乗越09:1209:272511mピーク09:2909:57室堂乗越10:15新室堂乗越10:1711:41剱御前小舎12:1713:09浄土橋15:02雷鳥沢キャンプ場15:0415:52みくりが池温泉15:5315:59みくりが池16:10室堂16:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

雪の大谷を通って室堂に向かいます。
2016年04月23日 10:58撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の大谷を通って室堂に向かいます。
室堂ターミナル内の山岳情報版を良く確認してから入山します。
2016年04月23日 11:07撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂ターミナル内の山岳情報版を良く確認してから入山します。
ターミナルを一歩外に出ると雪山が待っています!
雄山と浄土山。
2016年04月23日 11:10撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ターミナルを一歩外に出ると雪山が待っています!
雄山と浄土山。
室堂平からの大パノラマ。
2016年04月23日 11:10撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂平からの大パノラマ。
観光客の雑踏を離れてショートカットで雷鳥平に向かう途中で早々に真っ白なライチョウのお出迎えを受けました。
2016年04月23日 11:47撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観光客の雑踏を離れてショートカットで雷鳥平に向かう途中で早々に真っ白なライチョウのお出迎えを受けました。
地獄谷の噴煙が見えてきました。
2016年04月23日 11:50撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄谷の噴煙が見えてきました。
尾根を越えて見返すと虹が出ていました。
2016年04月23日 12:22撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を越えて見返すと虹が出ていました。
1
気持ちの良い青空と無風の陽気の中、ついついビールを飲みながらチンタラとテントを設営していたら山に雲が掛かり始めました。
2016年04月23日 14:01撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い青空と無風の陽気の中、ついついビールを飲みながらチンタラとテントを設営していたら山に雲が掛かり始めました。
稜線が全て雲の中に隠れてしまったので、本日は早々に戦意喪失し、軽く辺りの散歩でお茶を濁してから、本格的にワインを空けて早目のハッピータイム突入です。
2016年04月23日 14:24撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線が全て雲の中に隠れてしまったので、本日は早々に戦意喪失し、軽く辺りの散歩でお茶を濁してから、本格的にワインを空けて早目のハッピータイム突入です。
1
日が暮れてから朝方までずっとまさかの雨で、何だかんだで12時間ぐらいシュラフの中でぬくぬくしていました!?
2日目の登山も半ば諦めかけていましたが、6時頃に雨が止んだ後は急速に天候が回復し7時前にはご覧の青空が見えてきました!
2016年04月24日 06:58撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が暮れてから朝方までずっとまさかの雨で、何だかんだで12時間ぐらいシュラフの中でぬくぬくしていました!?
2日目の登山も半ば諦めかけていましたが、6時頃に雨が止んだ後は急速に天候が回復し7時前にはご覧の青空が見えてきました!
さあ、行こう!
2016年04月24日 06:58撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、行こう!
1
テン場のまわりはこの絶景!
2016年04月24日 06:58撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場のまわりはこの絶景!
1
ライチョウって木に登れるんですね!?
昨夜の雨で濡れた身体を朝陽で乾かしている様です。
2016年04月24日 07:17撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ライチョウって木に登れるんですね!?
昨夜の雨で濡れた身体を朝陽で乾かしている様です。
1
あの木に向かうライチョウさんのトレースがしっかり残っていました。
2016年04月24日 07:19撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの木に向かうライチョウさんのトレースがしっかり残っていました。
1
振り返ると既にテン場が随分遠くに見え、そして一筋のマイトレースがクッキリと...。至福の光景です♪
2016年04月24日 07:24撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると既にテン場が随分遠くに見え、そして一筋のマイトレースがクッキリと...。至福の光景です♪
3
地獄谷方面。
2016年04月24日 07:24撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄谷方面。
1
ノートレースの斜面を青空に向かってどんどん登ります。
2016年04月24日 07:31撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノートレースの斜面を青空に向かってどんどん登ります。
1
振り返ると♪
2016年04月24日 07:34撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると♪
予定外ですが、あの魅惑的な稜線に吸い寄せられて、時間を睨みながら行ける所まで行ってみることにしました。
2016年04月24日 07:37撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定外ですが、あの魅惑的な稜線に吸い寄せられて、時間を睨みながら行ける所まで行ってみることにしました。
2
剱岳も見えてきました。
2016年04月24日 07:48撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳も見えてきました。
1
雲海が綺麗です。
2016年04月24日 07:49撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海が綺麗です。
1
奥大日岳と剱岳。
2016年04月24日 07:49撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥大日岳と剱岳。
2
ここまではノートレースでしたが、写真左手の谷から上がって来たトレースがそのままリッジ伝いに残っていました。
2016年04月24日 08:03撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまではノートレースでしたが、写真左手の谷から上がって来たトレースがそのままリッジ伝いに残っていました。
剱岳が段々と迫力を増してきます。
2016年04月24日 08:04撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳が段々と迫力を増してきます。
1
雪庇を避けてクラックとクラックの間をすり抜けて行きます。
2016年04月24日 08:19撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪庇を避けてクラックとクラックの間をすり抜けて行きます。
遠くに白山も見えました。
登る斜面も随分急になってきました。
2016年04月24日 08:28撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに白山も見えました。
登る斜面も随分急になってきました。
この辺りでまたトレースが消えており、雪庇の厳しそうなカ所に来て、雪質が変わったのか股下程度の踏み抜きを頻発し出したので、ここらで潔く引き返すことにしました。
2016年04月24日 09:12撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りでまたトレースが消えており、雪庇の厳しそうなカ所に来て、雪質が変わったのか股下程度の踏み抜きを頻発し出したので、ここらで潔く引き返すことにしました。
ハイマツを踏んで行けば行けないことも無さそうでしたが、あのズボズボ雪と雪庇を目の当たりにして奥大日岳登頂は諦めました。
2016年04月24日 09:23撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツを踏んで行けば行けないことも無さそうでしたが、あのズボズボ雪と雪庇を目の当たりにして奥大日岳登頂は諦めました。
剱岳を正面に眺めてから、来たルートを戻ります。
2016年04月24日 09:24撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳を正面に眺めてから、来たルートを戻ります。
1
パノラマで。
2016年04月24日 09:24撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマで。
こんな急登では登りよりも下りの方がキビシイ。
が、なかなか心が高揚する高度感です!
2016年04月24日 09:31撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな急登では登りよりも下りの方がキビシイ。
が、なかなか心が高揚する高度感です!
すっかり青空♪
後は稜線上のアップダウンを繰り返しつつ別山乗越目指して登り返します。
2016年04月24日 09:39撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっかり青空♪
後は稜線上のアップダウンを繰り返しつつ別山乗越目指して登り返します。
剱御前小舎手前のリッジ部分。
2016年04月24日 11:34撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱御前小舎手前のリッジ部分。
剱沢越しの剱岳。
BCスキーヤーがこちら側でも大勢滑り降りていました。
2016年04月24日 11:44撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱沢越しの剱岳。
BCスキーヤーがこちら側でも大勢滑り降りていました。
剱御前山頂?
表示板には薄っすら「剱御前山」と読めるので、てっきり剱御前だと思い込んでしまいましたが、改めて写真でその後の標高表示を見ると「2792m」になっているので、どうやら違う様です!
2016年04月24日 11:57撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱御前山頂?
表示板には薄っすら「剱御前山」と読めるので、てっきり剱御前だと思い込んでしまいましたが、改めて写真でその後の標高表示を見ると「2792m」になっているので、どうやら違う様です!
1
からの剱岳。
ってことは、手前に見えるこちらより低いピークが「剱御前2777m」かな?
2016年04月24日 11:57撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
からの剱岳。
ってことは、手前に見えるこちらより低いピークが「剱御前2777m」かな?
2
遥か下にテン場のテントも見えます。
2016年04月24日 12:20撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遥か下にテン場のテントも見えます。
1
地獄谷のまわりは硫黄で雪が黄色くなっています。
2016年04月24日 12:48撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄谷のまわりは硫黄で雪が黄色くなっています。
1
テン場に張っぱなしで干しておいたテントを仕舞い込み、ブル道で室堂ターミナルに向かい始めて早速にライチョウにも会えました。
2016年04月24日 15:07撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場に張っぱなしで干しておいたテントを仕舞い込み、ブル道で室堂ターミナルに向かい始めて早速にライチョウにも会えました。
1
お疲れ様でした!
2016年04月24日 15:07撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした!
1

感想/記録
by uzt

 富山市内で週明けの月曜日に用事が有ったので、黒部アルペンルートが開通したばかりの折角の機会を逃すまいと、先行して土日の幕営一泊で室堂を起点にして雪の立山を堪能してきました。
 今年は何処も雪が少なく雪山好きには何とも辛いシーズンでしたが、さすがに立山にはまだタップリの積雪が残っており、雪山フル装備で目一杯堪能出来ました。この時期の立山は初めてですが、黒部アルペンルートの雪の回廊も例年より随分低かったとは言え、結構な観光客とBCの方々大勢いらしてました。純粋に登山のみで入られているのは少数派の様でした。
 初日の天候は予想外に崩れたり降雨があったりしてどうなることかと心配しましたが、翌日にはスッキリ晴れ渡った青空に恵まれ、目的のピークこそ踏めなかったとは言え、この時期にノートレースの雪の稜線漫歩を堪能出来て大変満足の山行でした。
訪問者数:187人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ