ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 853488 全員に公開 山滑走甲信越

浅草岳で山スキー「果てしなく広い雪田」新潟、福島県境

日程 2016年04月24日(日) [日帰り]
メンバー echigonogaku, その他メンバー6人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新潟市方向からなら磐越道の会津坂下インターから国道252号線を只見方向へ1時間程進む。
東京方向からなら関越道の小出インターからでも良い。
ただし、関越道経由の場合、途中の六十里越が通行止めになっている場合があるので要注意
只見町の叶津地内から国道289号線へ曲がり、八十里越方向へ進むと、積雪期は集落の外れで通行止めになっている。
道路脇に駐車場がある。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間0分
休憩
1時間20分
合計
10時間20分
Sスタート地点05:4006:00入叶津登山口06:2012:00浅草岳13:0015:40入叶津登山口16:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
残雪期は登山口手前の道路上にゲートがあり、車はここまで。
この先、道路を10分程度登山口まで歩く。
登山口から、平石山までが所々残雪が残り登山道は不明瞭な場所がある。
積雪は20から30センチ程度、スキーは担いでいくしかない。
平石山直下の登山道に書面をトラバースする箇所があるが、ぬかるんでおり斜面が崩落し掛かっている箇所が多く、滑りやすいので要注意
この辺が唯一の難所
平石山からは広くなだらかな斜面、雪は60僂ら1m近くあり、ここからスキーで歩ける。
平石山からすだれ石までは、一般的な幅の尾根線、その先は、見通しの良い木立の一面の広い雪田が続く。
山頂直下は、樹木がない一面の雪の雪田で見事である。
それを登り切ると山頂となる。
下りは、その一面の雪田を下る。すだれ石までは爽快に下山できる。
その先は所々雪の状態を見て、スキーで下る。
雪が多ければ、平石山まで一気に下山できるだろう。
雪田は広すぎて、天候が悪くガスが掛かっている時は確実に迷やすい。
コンパス、地形図できちんと方向を取って下るべきだろう。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖インナー 靴下 グローブ 雨具 ネックウォーマー ブーツ ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 携帯 サングラス ストック ビンディング スキー板

写真

入山開始
平石山までは、このとおり板を担ぐ。
2016年04月24日 06:23撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入山開始
平石山までは、このとおり板を担ぐ。
2
途中、眼下に八十里越えへと続く叶津川の谷が見える。
今、新潟県へ通ずる道を作っているらしい
2016年04月24日 07:03撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、眼下に八十里越えへと続く叶津川の谷が見える。
今、新潟県へ通ずる道を作っているらしい
1
山神ノ杉
2016年04月24日 07:55撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山神ノ杉
1
斜面が崩落している
2016年04月24日 08:00撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面が崩落している
足元に美しい花
2016年04月24日 08:44撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元に美しい花
あの奥が平石山山頂
この辺は道が不明瞭で要注意
2016年04月24日 08:56撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの奥が平石山山頂
この辺は道が不明瞭で要注意
平石山からは広々としたブナ林
2016年04月24日 09:26撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平石山からは広々としたブナ林
1
木立の間から浅草岳の山頂が望める。
2016年04月24日 09:26撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木立の間から浅草岳の山頂が望める。
1
山頂へと続く尾根
左手に雪が着いている。
2016年04月24日 09:44撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂へと続く尾根
左手に雪が着いている。
1
眼下に叶津の集落が見える。
2016年04月24日 09:53撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に叶津の集落が見える。
左手に険しい崖
串先岩か?
2016年04月24日 09:53撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に険しい崖
串先岩か?
足元にすだれ岩
2016年04月24日 09:58撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元にすだれ岩
すだれ岩からは広々とした雪田が山頂へと続く
2016年04月24日 10:58撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すだれ岩からは広々とした雪田が山頂へと続く
1
さらに続く
2016年04月24日 11:22撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに続く
1
山頂がやっと見えてきた。
2016年04月24日 11:25撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂がやっと見えてきた。
1
右手に守門岳方向が見える。
2016年04月24日 11:42撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に守門岳方向が見える。
本当に広々とした雪田
山頂が見えないくらい果てしない雪田
2016年04月24日 11:42撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当に広々とした雪田
山頂が見えないくらい果てしない雪田
1
まるで雲の上にいる様な広大さ。遠くの山が飛行機の窓から見える景色の様
2016年04月24日 11:43撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まるで雲の上にいる様な広大さ。遠くの山が飛行機の窓から見える景色の様
右手も広大
さらに守門岳方面の峰々の全容が見えてくる。
2016年04月24日 11:48撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手も広大
さらに守門岳方面の峰々の全容が見えてくる。
左手山影から眼下に田子倉湖
まるで、日本アルプスの黒部湖の様な景色
2016年04月24日 11:52撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手山影から眼下に田子倉湖
まるで、日本アルプスの黒部湖の様な景色
山頂直下に大雪庇!
2016年04月24日 11:52撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下に大雪庇!
あの山は何だろう。
2016年04月24日 11:54撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの山は何だろう。
山頂がやっと見えてきた。
2016年04月24日 11:59撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂がやっと見えてきた。
左手も広々とした雪田
2016年04月24日 12:00撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手も広々とした雪田
あれは隣の前岳かな?
2016年04月24日 12:09撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれは隣の前岳かな?
2
鬼ヶ面の峰々
なんと険しいことか!
2016年04月24日 12:10撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ面の峰々
なんと険しいことか!
山頂到着
2016年04月24日 12:13撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着
1
山頂からの眺め
北側になだらかな早坂尾根
2016年04月24日 12:20撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺め
北側になだらかな早坂尾根
1
北西に守門岳
2016年04月24日 12:20撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北西に守門岳
2
南側眼下直下に田子倉湖
2016年04月24日 12:22撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側眼下直下に田子倉湖
2
南西に鬼ケ面山の険しい峰
2016年04月24日 12:22撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南西に鬼ケ面山の険しい峰
2
休憩後、いよいよスキーで滑って下ります。
2016年04月24日 13:21撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩後、いよいよスキーで滑って下ります。
1
広々としてスキーには最高
2016年04月24日 13:21撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広々としてスキーには最高
1
本当に広い
2016年04月24日 13:23撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当に広い
まるでゲレンデ
左手に山々を望みながら下るのは最高
2016年04月24日 13:23撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まるでゲレンデ
左手に山々を望みながら下るのは最高
1
楽しい滑りもあっという間
2016年04月24日 13:41撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しい滑りもあっという間
1
すだれ岩に戻ってきた。
2016年04月24日 13:51撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すだれ岩に戻ってきた。
「すだれ上」と看板ある。
2016年04月24日 14:01撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「すだれ上」と看板ある。
足元にカタクリの花
2016年04月24日 14:01撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元にカタクリの花
山神ノ杉からさらに下ると、右手に崩落した岩壁が望める。
あの一面がかつて崩落したのか。凄いな。
2016年04月24日 15:55撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山神ノ杉からさらに下ると、右手に崩落した岩壁が望める。
あの一面がかつて崩落したのか。凄いな。
帰りに寄った早戸温泉鶴の湯
源泉掛け流しで素晴らしい湯だった。
国道252号線を会津坂下インター方向に進むと、JR只見線早戸駅傍にある。
2016年04月24日 18:47撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに寄った早戸温泉鶴の湯
源泉掛け流しで素晴らしい湯だった。
国道252号線を会津坂下インター方向に進むと、JR只見線早戸駅傍にある。
1
撮影機材:

感想/記録

ベテランのTさん方々と、浅草岳に山スキーをしてきた。
今年は雪が少ないので、例年同時期より雪が少ないとのこと。
登山口から、平石山では所々雪が残っているが、スキーではとても登れない。
スキーを担いで登るしかない。
山神ノ杉から平石山までは、斜面のトラバースがあり、崩落している所もあるので滑りやすい。この辺りが唯一の難所と言えば難所だ。
平石山までは、広くなだらかな尾根、山頂へ向かえば向かうほど尾根は広い雪田なった。この素晴らしく広い雪田にはため息出る。
帰りはここを下ってくるが、正にスキー向きの素晴らしく広い斜面であった。
訪問者数:522人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ