ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 853588 全員に公開 山滑走十和田湖・八甲田

南八甲田櫛ヶ峯のみ。睡蓮沼から。

日程 2016年04月26日(火) [日帰り]
メンバー oyama56
天候おおむね晴れ。風も微風。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車は八甲田の睡蓮沼に15台位停めれます。平日なのでスカスカ。
湯の台開通で、南部組にはうれしい。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間0分
休憩
30分
合計
4時間30分
S睡蓮沼09:0011:30櫛ヶ峯12:0013:30睡蓮沼G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
なぜかGPSの時間を読み取ってくれないので、タイムはおおよそです。
駒ヶ峯を巻けば楽ですね。
コース状況/
危険箇所等
だいぶザラメ雪。マツヤニはまだ大丈夫でしたが、下は若干ストップ雪。
その他周辺情報温泉も食堂も売店も何件かあります。ググって見てください。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 バラクラバ 毛帽子 ブーツ ザック 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 針金 常備薬 携帯 タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ スキー板 シール おやつ 昼飯 ハイドレーション ヘルメット

写真

ガードレールを超えたあたり。
2016年04月26日 08:49撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガードレールを超えたあたり。
2
珍しい眺め。石倉岳・硫黄岳・大岳。
2016年04月26日 09:08撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
珍しい眺め。石倉岳・硫黄岳・大岳。
7
どうもまた石塚ポールは見逃したらしい。
2016年04月26日 10:11撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうもまた石塚ポールは見逃したらしい。
1
八戸方面から見ると八甲田はまだ白いですが、津軽側から見ると上は黒くなってますね。
2016年04月26日 10:12撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八戸方面から見ると八甲田はまだ白いですが、津軽側から見ると上は黒くなってますね。
5
ここがガスったら壮絶そう。
2016年04月26日 10:31撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここがガスったら壮絶そう。
2
櫛ヶ峯がやっと見えてきました。
2016年04月26日 10:57撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
櫛ヶ峯がやっと見えてきました。
7
赤倉岳方面。
2016年04月26日 11:29撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉岳方面。
7
横岳。
2016年04月26日 11:29撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳。
5
なんだか疲れそうな縦溝。
2016年04月26日 11:31撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんだか疲れそうな縦溝。
3
この食感には驚きました。
2016年04月26日 11:44撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この食感には驚きました。
2
恒例の。
2016年04月26日 11:59撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恒例の。
3
山頂です。ぐちょぐちょ。
2016年04月26日 12:00撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂です。ぐちょぐちょ。
5
ありがとう。また秋くらいに。
2016年04月26日 12:11撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ありがとう。また秋くらいに。
1
パックリきてる所も。
2016年04月26日 13:23撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パックリきてる所も。
3
穴も。落ちたら悲しいですね。
2016年04月26日 13:25撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穴も。落ちたら悲しいですね。
5
ゴール。
2016年04月26日 13:36撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴール。
2

感想/記録

今日は帰り道に、路地に隠れている白バイを2回見ました。特に悪い事をしてないのに、ゾッとしますね。そもそも交通の指導活動や、法令違反の未然防止ならば、隠れてないで見える所にいればいいのにって毎回思います。警察が見えてれば誰だって黄色信号で止まるだろうし、 スピードも60キロまで落とすのに、隠れてるって何なんですかね。朝の通学時間帯に横断歩道で立ってる交番のおじさんの方が交通事故抑止によっぽど役に立ってるんじゃないでしょうか。

さて、今日も櫛ヶ峯。たぶん今シーズン最後の櫛ヶ峯。marusoraさんが駒ヶ峯を巻いて登られた記録を見たので、今回はマネてみました。BCではシールの取り外しが煩わしいので、駒ヶ峯をうまく巻ければだいぶ楽でした。
睡蓮沼から櫛ヶ峯までは、十分に雪が繋がっていて、藪もうるさくなかったので、もうしばらくは大丈夫そうです。ただ、下の方は雪がパックリ割れてたり、湿原が出ている個所もあったので、これからは道を選ぶ感じになるんじゃないでしょうか。
心配してたマツヤニもまだ大丈夫そうで、シールも滑走面もきれいなままで下山できましたけど、所々ストップ雪。
今回もまた石塚ポールを発見出来ずにフィニッシュでした。ニセ駒の下辺りのはずだけど発見できず、僕がヾ嵌瓦院↓∧向音痴、そもそも石塚ポールと相性が悪い、の全てか、いづれかが当てはまる事が判明し、である事を祈りつつ来年また探そうと思います。
訪問者数:257人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/6/4
投稿数: 1106
2016/4/26 17:11
 石塚ポール
偽駒から看板通りに来ればあるよ 登りも看板と赤のポール見つけるとあります 1日違いでしたね
登録日: 2013/1/19
投稿数: 1002
2016/4/26 19:10
 だ伉佑亮い...
地図を見ると行きも帰りも惜しい感じで残念でしたね^^;
コロロの食感は好き嫌い分かれそうですよね、私は結構好きですが。
穴の写真とコメントになんか笑ってしまいました。笑
帰り道、切符切られちゃったんでしょうか??
登録日: 2014/6/24
投稿数: 354
2016/4/26 19:31
 remu77さま。
一日違いでしたね。
看板も1枚くらいしか毎回見ないので、次回も怪しいですね。
登録日: 2014/6/24
投稿数: 354
2016/4/26 19:42
 slow_songさま。
毎回、地図を見るとおしい感じなんですが、避けられてるのか、石塚ポールとは出会えません。コロロは、グミに歯ごたえを求めてると、ガッカリするかも知れませんが、衝撃でしたね。一気食いでした。あの穴は上から滑ってくると、直近まで見えないので、ザラメ雪と反応の鈍いBC板じゃもしかすれば落ちるかも。
帰りは遅い車の長い車列の最後尾に付いたので、ノーペナルティーでフィニッシュでした。
登録日: 2012/11/18
投稿数: 226
2016/4/26 20:07
 あらら
oyamaさん、又でしたか( ;´Д`)
再々リベンジデスね。来年のリベレコ再期待!
恒例の。良いですね〜私もポーズキメよっかな(笑笑)
さて、山頂には雪が無くなっていましたが。
櫛から横岳までは繋がっていましたか?来週、行きたいと思ってるのですが。
登録日: 2014/6/24
投稿数: 354
2016/4/26 20:34
 marusoraさま。
山頂で横岳から登って来た人たちがいたので、状況を聞いたところ、出だしは雪が少ないし藪もうるさいそうですが、その後は概ねスキーで行けるそうです。
んでも、日一日と減って行ってるから、多少はスキーを背負って泥道をスキー靴で歩く覚悟は要るでしょうねぇ。
登録日: 2012/11/18
投稿数: 226
2016/4/26 21:46
 アリガトウございます
デスよね、日に日に雪が・・の状況。
鱗細板・革靴で、チャレンジしてみます。
鈴もいっぱい着けてね♪( ´▽`)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ