ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 853920 全員に公開 ハイキング関東

崖、劇藪な尾根をつめたら祠があった。。な水沢山

日程 2016年04月26日(火) [日帰り]
メンバー gyrocity
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間45分
休憩
13分
合計
3時間58分
Sスタート地点13:3116:02水沢山16:1516:36水沢山登山口17:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト カメラ

写真

まさか登山道があるとは。。
2016年04月26日 14:06撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まさか登山道があるとは。。
1
沢まで下るのに、滑落しないギリギリの崖をいく。
2016年04月26日 17:19撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢まで下るのに、滑落しないギリギリの崖をいく。
渡渉して少し登ったところ。ここから獣道をトラバース。
2016年04月26日 14:55撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉して少し登ったところ。ここから獣道をトラバース。
人が入っていないので足場がぐずぐず。
2016年04月26日 15:07撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人が入っていないので足場がぐずぐず。
1
見た目以上に急登で岩は不安定で、かなりでか目の岩を何度も落石した。すごい音を立てて下の沢まで降っていくがもちろん下には人は絶対いないので大丈夫。
2016年04月26日 15:14撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見た目以上に急登で岩は不安定で、かなりでか目の岩を何度も落石した。すごい音を立てて下の沢まで降っていくがもちろん下には人は絶対いないので大丈夫。
ここは本当に危険
2016年04月26日 15:19撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは本当に危険
1
間違った沢に入ったことに気づいたが、先ほどの岩場は下れないので隣の尾根に取り付く。
2016年04月26日 15:29撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間違った沢に入ったことに気づいたが、先ほどの岩場は下れないので隣の尾根に取り付く。
1
この尾根は人が入ったことがないのでしょう。ここに来るまでつねに二足歩行したのは数十メートル。ここも開けてるように見えるが、顔の位置には枝が密集していて座るしかない。
2016年04月26日 15:31撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この尾根は人が入ったことがないのでしょう。ここに来るまでつねに二足歩行したのは数十メートル。ここも開けてるように見えるが、顔の位置には枝が密集していて座るしかない。
1
正面に見えるのは水沢山のお地蔵がならんでいる稜線が始まるところ。
2016年04月26日 16:26撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に見えるのは水沢山のお地蔵がならんでいる稜線が始まるところ。
ヤブ(山ツツジ)が密集し過ぎて通れないので尾根の側面を巻くが、側面が崖なのでちょっと間違えば滑落=大怪我。緊張した。
2016年04月26日 16:26撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤブ(山ツツジ)が密集し過ぎて通れないので尾根の側面を巻くが、側面が崖なのでちょっと間違えば滑落=大怪我。緊張した。
赤線の尾根を登らされました。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤線の尾根を登らされました。。
稜線に出てきたところ。けものに間違われてもなにも言えない。
2016年04月26日 16:06撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出てきたところ。けものに間違われてもなにも言えない。

感想/記録

登山道から崖を下って沢に降りたが、これは危険だった。普通だったら懸垂下降するべきでしょう。
間違った沢に入ったと気づいた後に近くの尾根に取り付いたが、藪(山ツツジ?)の密集率が凄すぎるのと傾斜も強いので終始四つん這い状態で進むで体力を消耗した。稜線直下の100mぐらいは藪の密集率がさらに増すが、巻こうとすれば両側とも崖状態で足場もいつ崩れるか分からない状態。しょうがないのでザックをおろして進む。稜線に出ると祠があり、二人登山者がいて「けものが来たのかと思った」と言われた。そのあと登山道を通り下山。登山とはなんと快適なんだと実感。
訪問者数:214人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ