ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 853945 全員に公開 山滑走槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳へ 快晴のスキー!最後に藪漕ぎ! 

日程 2016年04月26日(火) [日帰り]
メンバー furuhiro
天候快晴
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
乗鞍高原 三本滝駐車場
乗鞍岳春山バス利用
三本滝発 8:45 位ヶ原着 9:07(5月8日まで)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間30分
休憩
1時間20分
合計
4時間50分
S位ヶ原山荘09:2010:10道路・トイレ付近10:2011:00肩の小屋口11:1011:40蚕玉岳11:5012:00乗鞍岳12:2012:30乗鞍岳頂上小屋12:4012:50ツアーコース入口13:0013:20ツアーコース終点13:50かもしかリフト最上部(ツアーコース開始点)14:0014:10三本滝G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<往路>
 7:00 安曇野穂高発
 8:30 三本滝着
 8:45 乗鞍岳春山バス発
 9:10 位ヶ原山荘着

<復路>
14:30 三本滝出発 松本カモシカスポーツ経由
16:40 自宅着
コース状況/
危険箇所等
登山届(バスの中で配布 位ヶ原山荘にて記入投函)
山頂付近の雪は最高!
三本滝までスキーで下るのは、今シーズンもうやめた方が良い。
その他周辺情報乗鞍温泉
白骨温泉
乗鞍温泉の方をお勧めする。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

三本滝バス停
雪がない!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三本滝バス停
雪がない!
位ヶ原山荘前
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
位ヶ原山荘前
1
位ヶ原前を出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
位ヶ原前を出発
すぐにスキー装着場所に着く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐにスキー装着場所に着く
快晴のシール歩行
気持ちいい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴のシール歩行
気持ちいい!
1
思い思いのコースをたどる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思い思いのコースをたどる
2
振り返ると穂高の山並みなどが美しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると穂高の山並みなどが美しい
山頂部は思っていた以上に雪がある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部は思っていた以上に雪がある
1
山頂道路 トイレが見えてくる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂道路 トイレが見えてくる
1
雪の解けた道路で休憩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の解けた道路で休憩
先を行く人が小さく見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先を行く人が小さく見える
振り返ると肩の小屋、宇宙線研究所のドーム見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると肩の小屋、宇宙線研究所のドーム見える
1
背後は北アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
背後は北アルプス
この先が最後の急登
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先が最後の急登
1
蚕玉岳から乗鞍剣ヶ峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蚕玉岳から乗鞍剣ヶ峰
1
頂上小屋付近
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上小屋付近
1
権現池 一部が融けブルーが美しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現池 一部が融けブルーが美しい
剣ヶ峰から御嶽山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰から御嶽山
剣ヶ峰山頂の社
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山頂の社
1
乗鞍剣ヶ峰山頂と御嶽山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍剣ヶ峰山頂と御嶽山
2
乗鞍の稜線
登ってきた方向を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍の稜線
登ってきた方向を振り返る
1
滑走する斜面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑走する斜面
1
滑ってきた斜面を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑ってきた斜面を振り返る
1
まだまだ続く滑走面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ続く滑走面
1
正面右側を滑る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面右側を滑る
1
急斜面は終わり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面は終わり
あっという間に道路を超えてツアーコースに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっという間に道路を超えてツアーコースに
ツアーコースから降り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツアーコースから降り返る
1
針葉樹林が出てくる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針葉樹林が出てくる
ツアーコースから山頂を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツアーコースから山頂を振り返る
1
まだまだ雪のあるツアーコース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ雪のあるツアーコース
笹、切り株が出始める
でもまだまだ滑る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹、切り株が出始める
でもまだまだ滑る
リフト降り場が見えたところでスキーでは行き詰る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフト降り場が見えたところでスキーでは行き詰る
スキーを担ぎ下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキーを担ぎ下る
一端スキーを付けて滑るが笹が行く手をふさぐ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一端スキーを付けて滑るが笹が行く手をふさぐ
スキー場目指して藪を漕ぐ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場目指して藪を漕ぐ
ようやくリフト降り場付近に出る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやくリフト降り場付近に出る
スキーを担ぎゲレンデを歩き三本滝に戻る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキーを担ぎゲレンデを歩き三本滝に戻る
1
善五郎滝駐車場付近から乗鞍岳振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
善五郎滝駐車場付近から乗鞍岳振り返る
2

感想/記録

2016(平成28年)4月26日(火)

乗鞍岳へ 

「春スキー 大きなシュプール 乗鞍に」

昨年は5月8日に出かけ
ツアーコースを間違え位ヶ原に下ってしまい
雪がたっぷりある三本滝まで残念な気持ちでバスに乗り戻った。

今回はそれよりも時期が早いわりに
三本滝から見るゲレンデには全く雪がない。
これは位ヶ原までのスキーかと思い
バス運行のアルピコの方に聞いてみると
リフト上部までは雪があり
23日は皆さんスキーで降りていましたとのこと。

ゲレンデだけ歩けばいいと考えバスに乗車した。
バスは満員状態。
ほとんどの人がスキー、ボードのように見えた。

位ヶ原からは雪が思っていた以上にあり
スキーを付けて順調に高度を上げていった。
雪が多いためにかなりの人が直登気味に山頂を目指していた。

天気は最高!
肩の小屋経由で登った私は余裕をもって振り返ると
穂高岳をはじめ北アルプスの連なる峰々が美しく輝いて見えた。

肩の小屋から先は急登が続き
昨年は雪が解けている部分も多かったので
スキーを担ぎ上げた。
今回は何とか山頂までスキーを履いたまま登ろうと決め
急斜面もゆっくり足元を確かめながら登った。

1回、斜めに急登を何とか登り切ろうとしたが、
進む方向がますます急登になり登れそうにない状況になってしまった。
曲がって方向転換をしなければならない。
上向きにスキーを回すのが普通だが
急すぎてスキーを斜面に対して真っすぐにした時
シールが効かずに滑りそう。
後ろ向きにバランスを崩したら落ちていくしかなさそう。

そこで急斜面でのキックターンを選択した。
スキーは踵が上がるのでバランスをやはり崩しそうだが
こちらの方が向き直った時に
転んでも横向きで転ぶ確率が高く安全性は良いと考え決行。

恐々キックターンをするので
案の定、向きを変えた途端横向きになり山側に転倒
両スキーで雪面を押さえ身体を支え、方向転換修了。

緊張しながらも蚕玉岳に
山頂小屋付近までスキーを履いて登り
スキーを置いて剣ヶ峰の山頂へ登る。

山頂からは御嶽山が美しい!
360度の眺望を楽しみ
スキー滑走の準備をする。

山頂小屋付近から滑るルートを見下ろす
広い斜面は真っすぐにツーコースまで続いている。
雪質は重いが、板が埋まることもなく滑る。

滑り始めるとあっという間に高度が下がっていく。
途中で滑った後を振り返るとかなりの急斜面だったことが分かる。
急斜面では大きな回転の滑りをを楽しんだ。

そして中腹からの緩斜面では
ツアーコース方向にスピードを上げて滑る。
急斜面の大回りとは違って、広い緩斜面でのスピード感も良い。

ツアーコースへ間違えすに入り込む。
時々止まっては後ろを振り返ると
つい先ほどまでいた山頂がどんどんと遠くなっていくのが分かる。

ツーコースの最後は雪がなかった。
ゲレンデが見え始めた最後の最後の部分でスキーを脱ぎ
ゲレンデ方向を目指すが
笹藪が出てきて行く手をふさぐ。
わずかな距離に時間をかけ藪を漕ぎゲレンデに出た。

当然三本滝までもゲレンデをスキーを担いでの下山となった。
今シーズンは今日あたりが
三本滝までのツアーコースでのスキーは最後だったのかもしれない。

山頂での眺望の良さ!
滑り始めの大斜面での大きなシュップールを描く気持ちよさ!
中腹でのスピード感!
最後の最後での藪漕ぎ!
思い起こせば山でのどれも楽しい報酬をいただけた。

ふるちゃん


 
訪問者数:680人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 藪漕ぎ 直登 リフト
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ