ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 854233 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走支笏・洞爺

1260P(オロオロ山)〜ホロホロ山

日程 2016年04月27日(水) [日帰り]
メンバー yamakichinokkorin, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ホロホロ峠白老側シェルター出入り口そばの広い駐車帯に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

8:01出発ー11:25 1260P(通称:オロオロ山)11:56ー12:53ホロホロ山13:29ー14:55帰着
コース状況/
危険箇所等
入山口付近は数日中に雪が消え、根曲がり竹が起き上がりそうだった。
その他周辺情報今日もお気に入りの登別温泉・さぎり湯を利用しました。大人420円、石鹸、シャンプーなどはありません。http://sagiriyu-noboribetsu.com/galarry_huro.html
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

ホロホロ峠から入山。
後方の山は南白老岳(左)、白老岳(右)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホロホロ峠から入山。
後方の山は南白老岳(左)、白老岳(右)。
2
雪があって一安心。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪があって一安心。
1
赤布、ピンクテープが付けられている。
昨日の入山者数名のスノーシュー跡もあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤布、ピンクテープが付けられている。
昨日の入山者数名のスノーシュー跡もあった。
白樺の幹に根を張って育っている松。この当たりこんなのが数本あった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白樺の幹に根を張って育っている松。この当たりこんなのが数本あった。
1
ホロホロ山が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホロホロ山が見えてきた。
1
支笏湖とその周辺の山々を背に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支笏湖とその周辺の山々を背に。
1
1061.3P(3等三角点東徳心)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1061.3P(3等三角点東徳心)。
1
989.2P(3等三角点不伊礼志)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
989.2P(3等三角点不伊礼志)。
この先(標高1130m附近)からトラバースして、先に1260P(通称:オロオロ山)を登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先(標高1130m附近)からトラバースして、先に1260P(通称:オロオロ山)を登ります。
1
ここをトラバースしていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここをトラバースしていきます。
2
トラバース中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース中。
最後はシールを付けたまま滑り降りた。
最初からシールを外してスキーを楽しんだ方が早かったかも?と反省。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後はシールを付けたまま滑り降りた。
最初からシールを外してスキーを楽しんだ方が早かったかも?と反省。
1
トラバースし終わって少し登った所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースし終わって少し登った所。
1
雪解け水のプールができ始めていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪解け水のプールができ始めていました。
1
1260P(通称:オロオロ山)に向かっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1260P(通称:オロオロ山)に向かっています。
ホロホロ山、徳舜瞥山(ちょこんと頭だけ)を背に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホロホロ山、徳舜瞥山(ちょこんと頭だけ)を背に。
1
トラバースした斜面を振り返っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースした斜面を振り返っています。
2
左が徳舜瞥山、右がホロホロ山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左が徳舜瞥山、右がホロホロ山。
5
1260P(通称:オロオロ山)、山名板が取り付けられていた。中央に羊蹄山が見えている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1260P(通称:オロオロ山)、山名板が取り付けられていた。中央に羊蹄山が見えている。
3
オロフレ山へと続く尾根は、ここからが落ち込んでいる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オロフレ山へと続く尾根は、ここからが落ち込んでいる。
1061.3P(3等三角点東徳心)とホロホロ湿原。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1061.3P(3等三角点東徳心)とホロホロ湿原。
4
nokkorinさんは初ピークでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
nokkorinさんは初ピークでした。
7
1260P(通称:オロオロ山)を後にホロホロ山へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1260P(通称:オロオロ山)を後にホロホロ山へ向かいます。
4
徳舜瞥山とホロホロ山とのコルの先に、羊蹄山とニセコアンヌプリ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳舜瞥山とホロホロ山とのコルの先に、羊蹄山とニセコアンヌプリ。
4
ホロホロ山への登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホロホロ山への登り。
1
1260P(通称:オロオロ山)を背に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1260P(通称:オロオロ山)を背に。
1
この先にある岩のところ(標高1310m附近)でスキーを脱ぎました。頂上までは標高差10mチョイ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先にある岩のところ(標高1310m附近)でスキーを脱ぎました。頂上までは標高差10mチョイ。
1
スキーを背負って。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキーを背負って。
展望を楽しみます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望を楽しみます。
4
風不死岳(左)、樽前山(右)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風不死岳(左)、樽前山(右)。
3
洞爺湖と有珠山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
洞爺湖と有珠山。
2
ゆっくりしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆっくりしました。
4
北へ向かう尾根、ここを進んで下山します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北へ向かう尾根、ここを進んで下山します。
1
トレースもあって歩きやすくなっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースもあって歩きやすくなっていました。
2
徳舜瞥山、好きな山容です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳舜瞥山、好きな山容です。
1
尾根が広くなってスキーを履きます。後方の方は頂上でお会いした方です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根が広くなってスキーを履きます。後方の方は頂上でお会いした方です。
4
ここからスキー滑降を楽しみます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからスキー滑降を楽しみます。
2
山キチのッマさん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山キチのッマさん。
3
ごくろうさまでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ごくろうさまでした。
3

感想/記録

メンバー:nokkorinさん、山キチのッマさん、yamakichiことプチ山キチ。
白老大滝線が25日に冬季通行止めが解除された。その日にホロホロ峠からホロホロ山に登った友人から情報を得て入山しました。
天気に恵まれゆっくりと展望を楽しむ事ができました。
さらに春山スキーも楽しめた幸せな1日でした。

感想/記録

藪こぎはなく、最初からスキーで登れたので一安心。ダケカンバ林の広い尾根の心地よい登りで、気持はわくわくです。高度が上がり支笏湖や周りの山々が見えて、景色の良さにため息です。ホロホロ山が右上に見えているのに、ノーマルルートを行かないのがヤマキチさんです。斜度のきつい斜面を、シールを付けてトラバースした時、私の病気が出てしまいました。ザラメ雪で転倒しても滑り落ちないことが分かってからは、病気も良くなりました。初登頂の1260峰から展望を楽しみ、ホロホロ山に挑戦です。頂上直下でスキーをザックに付けて、スキー靴で岩をよじ登りましたが、後ろに引かれる感じです。ホロホロ山からは360度の大パノラマ・大感動です。さて、下山はどこを行くのか、え〜え、この細尾根を行くの?「一歩を大事にしてよ」の声で、気持を引き締めてなんとか通過しました。広い尾根まで下りたところで、通過してきた細尾根の様子を目に焼き付けました。後はなだらかな尾根の滑りで楽しみながら下山しました。今回は病気(恐怖心)が出ないように頑張りたかったのですが、ついつい甘えが出てしまい、自分にがっかりです。
自分にとっては満腹山行であり、達成感と感動で大満足です。ヤマキチさん、弱音を吐いてごめんなさい。ありがとうございました。
訪問者数:345人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ