ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 854281 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東海

鎌ヶ岳 (鈴鹿山系)

日程 2016年04月25日(月) [日帰り]
メンバー watanabe3011(CL), その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
その他周辺情報アカヤシオを見に来たのですが、今回は後半時期の為、シロヤシオも同時に見ることが出来ました。

写真

中道登山口駐車場、月曜日の6時50分でも、3分の2は埋まってます。
 妻との登山は1年半ぶりの登山です。(足慣らし)
2016年04月25日 07:11撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中道登山口駐車場、月曜日の6時50分でも、3分の2は埋まってます。
 妻との登山は1年半ぶりの登山です。(足慣らし)
長石谷登山口 この写真パネルのアカヤシオに逢いにレッツゴー!
この看板写真と同じ写真が撮れました。嬉しい!
2016年04月25日 07:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長石谷登山口 この写真パネルのアカヤシオに逢いにレッツゴー!
この看板写真と同じ写真が撮れました。嬉しい!
3
三滝川を渡渉します。前日は雨で水量が多く身長の低い妻には大変でした。
(やっと渡り終えた安ど感の顔です)
2016年04月25日 07:29撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三滝川を渡渉します。前日は雨で水量が多く身長の低い妻には大変でした。
(やっと渡り終えた安ど感の顔です)
長石尾根の分岐点です。ここから先道が分かりずらく成る為、(木に巻いた赤テープなどの目印を見落さない様にしましょう。)
2016年04月25日 07:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長石尾根の分岐点です。ここから先道が分かりずらく成る為、(木に巻いた赤テープなどの目印を見落さない様にしましょう。)
2
イワカガミ(岩鏡)が咲いてます。お出迎えです。
2016年04月25日 07:56撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ(岩鏡)が咲いてます。お出迎えです。
2
3本足の電柱です。(このあたりから道がしっかり分かり迷う事はありません)
2016年04月25日 08:02撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3本足の電柱です。(このあたりから道がしっかり分かり迷う事はありません)
シロヤシオが咲き始めました。この辺のアカヤシオは散り始めてます。
2016年04月25日 08:10撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオが咲き始めました。この辺のアカヤシオは散り始めてます。
2
シロヤシオが綺麗です。
2016年04月25日 08:11撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオが綺麗です。
1
アカヤシオは高度を上げると共に、満開に近ずきますよ。
2016年04月25日 08:12撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオは高度を上げると共に、満開に近ずきますよ。
1
ミツバツツジも見ごろです。
2016年04月25日 08:13撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジも見ごろです。
2回目の電柱は2本足
2016年04月25日 08:18撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2回目の電柱は2本足
見事なミツバツツジ
2016年04月25日 08:29撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見事なミツバツツジ
石の間を通り抜けます。
2016年04月25日 08:34撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石の間を通り抜けます。
2
長石尾根には所々急登があります。
2016年04月25日 08:41撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長石尾根には所々急登があります。
この辺のアカヤシオは散り始め葉が芽吹いています。
2016年04月25日 08:43撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺のアカヤシオは散り始め葉が芽吹いています。
コースタイムを記入中(記録係さん)
2016年04月25日 08:47撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コースタイムを記入中(記録係さん)
このあたりからアカヤシオが満開状態!
2016年04月25日 08:53撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりからアカヤシオが満開状態!
気持がウキウキします。
2016年04月25日 08:54撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持がウキウキします。
3
スミレが咲き始めてます。
2016年04月25日 09:12撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スミレが咲き始めてます。
御在所岳、白い鉄塔がシンボルです。
2016年04月25日 09:12撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳、白い鉄塔がシンボルです。
長石谷登山口の写真パネルと同じ光景です。
バックに中道のキレットです。
2016年04月25日 09:13撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長石谷登山口の写真パネルと同じ光景です。
バックに中道のキレットです。
眼下には477号スカイラインが見えます。帰りはここを歩き駐車場に戻ります。
2016年04月25日 09:14撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下には477号スカイラインが見えます。帰りはここを歩き駐車場に戻ります。
弥一ヶ岳(802m)です。
2016年04月25日 09:20撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥一ヶ岳(802m)です。
5
アカヤシオと御在所岳 綺麗です。
2016年04月25日 09:22撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオと御在所岳 綺麗です。
今日の目的地、鎌が岳
2016年04月25日 09:24撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の目的地、鎌が岳
1
春リンドウ?このあたりからリンドウが咲いてます。
2016年04月25日 09:25撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
春リンドウ?このあたりからリンドウが咲いてます。
2
アセビ?
2016年04月25日 10:12撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アセビ?
一回目の三ツ口谷道からの合流点です。
2016年04月25日 10:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一回目の三ツ口谷道からの合流点です。
イワウチワ
2016年04月25日 10:30撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワウチワ
タムシバの白い花が沢山咲いてます。
2016年04月25日 10:34撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タムシバの白い花が沢山咲いてます。
アカヤシオと鎌が岳 アカヤシオの群生地か?
2016年04月25日 10:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオと鎌が岳 アカヤシオの群生地か?
1
雲母峰方面です。
2016年04月25日 11:19撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲母峰方面です。
1
頂上まで残り標高50mのです。だいぶ疲れてますね。
2016年04月25日 11:19撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上まで残り標高50mのです。だいぶ疲れてますね。
2
鎌ヶ岳の頂上です。距離にして60mほどです。
2016年04月25日 11:19撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳の頂上です。距離にして60mほどです。
1
頂上に到着(疲れ切っているのに清々しい顔で写ってますね)
2016年04月25日 11:31撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上に到着(疲れ切っているのに清々しい顔で写ってますね)
5
頂上からの御在所岳
2016年04月25日 11:34撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上からの御在所岳
2
タムシバ
2016年04月25日 11:35撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タムシバ
鎌ヶ岳の下山直下の崩壊場所を下山中。
ここの区間30mは危険です。子供や年配者は要注意です。
2016年04月25日 12:26撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳の下山直下の崩壊場所を下山中。
ここの区間30mは危険です。子供や年配者は要注意です。
斜度は60度ほどありそうなガレバ!
2016年04月25日 12:26撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜度は60度ほどありそうなガレバ!
三ツ口谷への下山ルート。 崩壊中ですので、要注意!
2016年04月25日 12:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ口谷への下山ルート。 崩壊中ですので、要注意!
登山道も崩落現場を通ります。
2016年04月25日 12:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道も崩落現場を通ります。
アカヤシオと鎌ヶ岳、絵になります。
2016年04月25日 12:50撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオと鎌ヶ岳、絵になります。
1
崩壊場所がよくわかります。鎖が所々にあります。
2016年04月25日 12:50撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊場所がよくわかります。鎖が所々にあります。
武平峠に到着、ここから477号スカイラインに向かいます。
2016年04月25日 13:26撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武平峠に到着、ここから477号スカイラインに向かいます。
477号の武平峠トンネル下に出ました。
2016年04月25日 13:41撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
477号の武平峠トンネル下に出ました。
1
一の谷山荘です。駐車場まであと少し!ここから一の谷登山道です。
2016年04月25日 14:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の谷山荘です。駐車場まであと少し!ここから一の谷登山道です。
訪問者数:364人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ