ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 854779 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

裏六甲の新緑(船坂谷〜六甲最高峰〜白石谷)

日程 2016年04月29日(金) [日帰り]
メンバー 39ISA
天候くもりのち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:JR・阪急宝塚駅前から8:20発の阪急バス95系統に乗車、舟坂橋で下車
帰り:神戸電鉄有馬温泉駅で乗車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間34分
休憩
1時間9分
合計
5時間43分
S舟坂橋バス停08:5009:33川上ノ滝09:4810:56船坂谷登り詰め11:10一軒茶屋前広場11:1511:39六甲最高峰(北西尾根経由)11:4512:28白竜滝12:3312:50白石滝13:2313:42炭屋道入口13:57魚屋道合流14:11有馬稲荷神社14:1614:33神戸電鉄有馬温泉駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
船坂谷:少し荒れ気味であるが、危なそうな箇所はロープ等の補助が整備されている。途中コースが分からなくなりそうな箇所もあるが、リボンやテープ等の目印を見逃さないようにして歩いた。
白石谷:年々荒れてきているような気がする。船坂谷よりも当然歩きにくい。全体的にテープとロープを頼りに油断せず慎重に歩き、沢沿いは浮石に注意。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

舟坂橋バス停下車。少し先のここから出発。
2016年04月29日 08:53撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舟坂橋バス停下車。少し先のここから出発。
2
途中砂防堰堤工事がされていましたが、登山道はきっちり確保されています。
2016年04月29日 09:17撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中砂防堰堤工事がされていましたが、登山道はきっちり確保されています。
2
川上ノ滝。ここで一休み。
2016年04月29日 09:35撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川上ノ滝。ここで一休み。
4
このようなガレ場を登っていく箇所もあります。
2016年04月29日 10:01撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このようなガレ場を登っていく箇所もあります。
1
船坂谷コース途中にシロヤシオの木が数本。5月中旬から下旬には白い花が。
2016年04月29日 10:46撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船坂谷コース途中にシロヤシオの木が数本。5月中旬から下旬には白い花が。
2
六甲最高峰が近づいてきた。
2016年04月29日 11:09撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六甲最高峰が近づいてきた。
白石谷へ向かう途中から北西尾根で六甲最高峰へ
2016年04月29日 11:31撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白石谷へ向かう途中から北西尾根で六甲最高峰へ
1
裏から六甲最高峰を望む
2016年04月29日 11:40撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏から六甲最高峰を望む
1
引返します。六甲最高峰手前から北神、三田方面を遠望
2016年04月29日 11:41撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引返します。六甲最高峰手前から北神、三田方面を遠望
2
凌雲台、ガーデンテラス方面
2016年04月29日 11:53撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凌雲台、ガーデンテラス方面
1
白石谷。新緑が美しい。
2016年04月29日 12:01撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白石谷。新緑が美しい。
3
途中の短いナイフリッジ
2016年04月29日 12:02撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の短いナイフリッジ
1
日光があたると緑が輝きます。
2016年04月29日 12:03撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日光があたると緑が輝きます。
2
白石谷は山深さを感じられる。
2016年04月29日 12:10撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白石谷は山深さを感じられる。
2
イヌブナ
2016年04月29日 12:11撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イヌブナ
3
登山道が倒木等で×。引き返して沢沿いの道を下っていきます。
2016年04月29日 12:16撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道が倒木等で×。引き返して沢沿いの道を下っていきます。
1
タチツボスミレ。結構咲いていました。
2016年04月29日 12:23撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タチツボスミレ。結構咲いていました。
2
白石谷の一番の難所。ロープを頼りに後ろ向きで慎重に下っていく。
2016年04月29日 12:25撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白石谷の一番の難所。ロープを頼りに後ろ向きで慎重に下っていく。
2
白竜滝
2016年04月29日 12:31撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白竜滝
3
後半はこのような沢沿いを下っていきます。
2016年04月29日 12:37撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後半はこのような沢沿いを下っていきます。
3
白石滝前の河原の広場。ここでカップラーメンとマッシュポテトの昼食。
2016年04月29日 13:20撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白石滝前の河原の広場。ここでカップラーメンとマッシュポテトの昼食。
2
紅葉谷の通行止め地点。魚屋道合流を目指し、通行止め手前から炭屋道をひたすら登っていきます。
2016年04月29日 13:42撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉谷の通行止め地点。魚屋道合流を目指し、通行止め手前から炭屋道をひたすら登っていきます。
2
有馬稲荷神社境内から有馬温泉を展望
2016年04月29日 14:13撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有馬稲荷神社境内から有馬温泉を展望
1
有馬稲荷神社
2016年04月29日 14:14撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有馬稲荷神社
1
撮影機材:

感想/記録
by 39ISA

 GW初日。30日(土)は出勤のため、無理せず近くの裏六甲に行ってみた。目的は日に日に鮮やかな色合いになってくる新緑。
 
 船坂谷の道は、荒れ気味のところもあるが、途中から新緑の木々に囲まれ、谷あいに響くウグイスの鳴き声も加わって、どっぷりと自然に浸れた。
 
 山上付近は結構風が強かったので、早々に白石谷方面へ向かい、途中から北西尾根で六甲最高峰へ向かった。最高峰付近に到着し、来た道を振り返ると、遠くに里山群の広がりが見渡せ、気持ちがスカッとする。
 
 白石谷は沢沿いの少し開けた雰囲気とブナ等の美しい広葉樹林の高木に囲まれ、豊かな自然が実感できるので、好きなコースであるが、年々コースが荒れているような、言い換えれば自然回帰のアドベンチャー的な感覚が味わえるようになっているが、歩ける程度に留めておいてほしいとつくづく思う。

 有馬温泉街はGWとあって、たくさんの方がそれぞれの休日を楽しまれており、その中を歩く自分もなんとなくいい気分になった。目にやさしく鮮やかな新緑が楽しめた一日でした。
 


訪問者数:238人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ