ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 854790 全員に公開 ハイキング京都・北摂

鎌倉山・峰床山(坊村〜大悲山口)

日程 2016年04月29日(金) [日帰り]
メンバー field8us
天候曇り時々晴れ、のち雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
京都バス
行き:10系統朽木行き
出町柳駅前 (7:45) → 坊村 (8:41)
帰り:32系統出町柳行き
大悲山口 (14:35) → 出町柳駅前 (16:13)
32系統は花背峠越えのせいか10分程度の遅れは当たり前のようです
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間4分
休憩
39分
合計
5時間43分
S坊村08:4808:52鎌倉山登山口09:0009:59鎌倉山10:18千年杉11:05八丁平12:26峰床山12:5714:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
八丁平まではやや早めに、八丁平から峰床山まではゆっくり(道間違いによるロスもあり)、下山はバスに間に合わせるため早く歩きました(林道合流から峰定寺あたりまで駆け足でした)。
GPSの記録が暴れていたので手である程度修正しましたが細かいルートは当てになりません。
コース状況/
危険箇所等
テープに誘われての道迷いに注意(写真21~23の記述を参照)
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

坊村からスタート。登山者がたくさん降りましたが、ほとんど武奈ヶ岳の様子。バス停手前の橋を渡って右手の登山口へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坊村からスタート。登山者がたくさん降りましたが、ほとんど武奈ヶ岳の様子。バス停手前の橋を渡って右手の登山口へ。
3
鎌倉山登山口。尾根伝いに行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌倉山登山口。尾根伝いに行きます。
2
城の鼻というらしい場所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城の鼻というらしい場所。
3
林道を横切るところで振り返った武奈ヶ岳方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を横切るところで振り返った武奈ヶ岳方面。
2
鎌倉山の尾根道は新緑のブナ林が気持ちいいです。天気がよければもっと良かったのですが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌倉山の尾根道は新緑のブナ林が気持ちいいです。天気がよければもっと良かったのですが。
3
シャクナゲ。前回の桑谷山でも期待していたのですが見れずじまいだったのでここで見られて良かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ。前回の桑谷山でも期待していたのですが見れずじまいだったのでここで見られて良かった。
4
イワカガミも咲いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミも咲いていました。
4
ブナに囲まれた鎌倉山山頂に到着。今日はやたら風が強くて寒かったです。休憩もチョコレートを一口食べるだけにしてすぐ出発しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナに囲まれた鎌倉山山頂に到着。今日はやたら風が強くて寒かったです。休憩もチョコレートを一口食べるだけにしてすぐ出発しました。
4
千年杉という杉の大木。鎌倉山から続く尾根は適度にアップダウンとカーブがあって読図の練習になりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千年杉という杉の大木。鎌倉山から続く尾根は適度にアップダウンとカーブがあって読図の練習になりました。
4
八丁平までもうすぐ。ここらへんでようやく太陽が姿を見せてくれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁平までもうすぐ。ここらへんでようやく太陽が姿を見せてくれました。
1
オグロ坂峠。私が読図を勉強したヤマケイの本には地図読み練習コースとして八丁平が紹介されており、ここは「しみじみとした、じつによい峠」と評されています。確かに良い雰囲気でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オグロ坂峠。私が読図を勉強したヤマケイの本には地図読み練習コースとして八丁平が紹介されており、ここは「しみじみとした、じつによい峠」と評されています。確かに良い雰囲気でした。
3
楽しみにしていた八丁平の散策開始!ここまで早足でしたがゆっくり歩きに切り替えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しみにしていた八丁平の散策開始!ここまで早足でしたがゆっくり歩きに切り替えます。
3
太陽が出てはすぐ雲に隠れるので明るくなったときにシャッターを切りまくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太陽が出てはすぐ雲に隠れるので明るくなったときにシャッターを切りまくる。
2
分岐点の杉の大木の下にベンチがあります。右へとれば峰床山への近道ですが、せっかくなので湿原の南端まで回っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点の杉の大木の下にベンチがあります。右へとれば峰床山への近道ですが、せっかくなので湿原の南端まで回っていきます。
2
鹿の食害をふせぐ柵があちこちに張り巡らされています。その他にも木にビニールが巻かれていたりします。いっそのこと、湿原を囲む尾根筋まとめて柵で囲って完全に鹿のやつらを閉め出してやれば、と思ったり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿の食害をふせぐ柵があちこちに張り巡らされています。その他にも木にビニールが巻かれていたりします。いっそのこと、湿原を囲む尾根筋まとめて柵で囲って完全に鹿のやつらを閉め出してやれば、と思ったり。
3
柵の中は下草が育ちつつある模様(外から撮っています)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柵の中は下草が育ちつつある模様(外から撮っています)。
2
シダ類の渦巻き新芽が好きで見かけるとすぐ撮ってしまいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シダ類の渦巻き新芽が好きで見かけるとすぐ撮ってしまいます。
2
この自然は後世まで残さないと、と思いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この自然は後世まで残さないと、と思いました。
5
鹿に負けず育ってください。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿に負けず育ってください。
1
八丁平を十分楽しんだ後、沢沿いに峰床山へ向かいます。この後ルートを外してえらい目に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁平を十分楽しんだ後、沢沿いに峰床山へ向かいます。この後ルートを外してえらい目に。
1
踏み跡どおりに歩いていたつもりがいつの間にか道の無い急斜面に出てしまいました。進退窮まって登っていた沢とは別の沢を降りて無事元の登り口に合流できましたが、一体どこで間違ったのか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡どおりに歩いていたつもりがいつの間にか道の無い急斜面に出てしまいました。進退窮まって登っていた沢とは別の沢を降りて無事元の登り口に合流できましたが、一体どこで間違ったのか?
2
登りなおすと間違ったポイントはここでした。テープが向こう側までついていて道なりに進んでしまいそうですが、写真左の木の裏から振り返ると…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りなおすと間違ったポイントはここでした。テープが向こう側までついていて道なりに進んでしまいそうですが、写真左の木の裏から振り返ると…
3
普通に折り返して登るルートがありました。つまらないところでやらかしてしまったようです。沢を下るときにズボンが泥だらけになり、数名の登山者に恥ずかしい姿を見られてしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
普通に折り返して登るルートがありました。つまらないところでやらかしてしまったようです。沢を下るときにズボンが泥だらけになり、数名の登山者に恥ずかしい姿を見られてしまいました。
やや落ち込んだ気分で峰床山山頂に到着。誰も居ないのを確認して汚れたズボンは雨具のズボンに履き替えて昼食に。その後10名ぐらいの団体さんが到着しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やや落ち込んだ気分で峰床山山頂に到着。誰も居ないのを確認して汚れたズボンは雨具のズボンに履き替えて昼食に。その後10名ぐらいの団体さんが到着しました。
4
山頂の展望は京都北山でも屈指だと思います。強風で寒かったのと、帰りのバスの時間もあったので山座同定は出来ませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の展望は京都北山でも屈指だと思います。強風で寒かったのと、帰りのバスの時間もあったので山座同定は出来ませんでした。
3
下山は来た道を戻り、さらに南下して俵坂峠経由で。途中のピークに展望の良いところがあります。前述のヤマケイの本、ここで女性モデルが左の切り株の上に立ってる写真があるんですが、下は断崖絶壁です…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は来た道を戻り、さらに南下して俵坂峠経由で。途中のピークに展望の良いところがあります。前述のヤマケイの本、ここで女性モデルが左の切り株の上に立ってる写真があるんですが、下は断崖絶壁です…
2
林道を横切って看板の間の道を下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を横切って看板の間の道を下ります。
2
俵坂峠。ここでも右手下の林道を横切って谷沿いに階段を下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
俵坂峠。ここでも右手下の林道を横切って谷沿いに階段を下ります。
1
ブナの新緑が美しい尾根の中腹ををトラバースして下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの新緑が美しい尾根の中腹ををトラバースして下ります。
3
下りきって沢に合流すると林道になります。約1時間後のバスを逃すと3時間待ちぼうけなので、ここから小走りで大悲山口へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りきって沢に合流すると林道になります。約1時間後のバスを逃すと3時間待ちぼうけなので、ここから小走りで大悲山口へ。
3
下山にこちらのルートを取った理由の一つは、前回寄れなかった峰定寺を拝観できるかも、と思ったからなのですが今回も寄れずじまい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山にこちらのルートを取った理由の一つは、前回寄れなかった峰定寺を拝観できるかも、と思ったからなのですが今回も寄れずじまい。
3
バスには間に合いそうなので道端の花を撮影。キジムシロ、かな?ヘビイチゴかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスには間に合いそうなので道端の花を撮影。キジムシロ、かな?ヘビイチゴかも。
3
種類は分かりませんがスミレ。バス停には発車10分前ぐらいに到着しました。下山途中で追い抜いたグループの方々もぎりぎりに到着されて良かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
種類は分かりませんがスミレ。バス停には発車10分前ぐらいに到着しました。下山途中で追い抜いたグループの方々もぎりぎりに到着されて良かった。
3

感想/記録

前回、桑谷山のレコではゴールデンウィークは武奈ヶ岳に登りたい、と書いたのですが、やっぱりいつもの京都北山、以前から行きたいと思っていた峰床山・八丁平にしました。今日は風が強くて寒かったのでこちらにして大正解だったと思います。八丁平を散策している間は時々晴れましたし、四方を尾根に囲まれた凹地なので風も弱く暖かかったです。
最初は江賀谷を登るつもりでしたが、桑谷山でヒルにあった経験から尾根筋を辿る鎌倉山経由のコースにしてみました。鎌倉山もブナ林が多く気持ち良い尾根歩きができてこれも正解でした。もっとも、今日の気温ではヒルも元気が無かっただろうと思います。
それにしても新緑の八丁平の雰囲気は素晴らしいものでした。ここも鹿の食害の犠牲になっているようですが、なんとかして保全・再生してもらいたいものです。登山者にも何かできることがあればよいのですが。

しかし悔やまれるのは、峰床山への登りでルートを外してしまったことです。おかしいと思いつつも道の無いところを進んでしまい、最後に困って沢を降りるというのは遭難の典型的パターンでは無いでしょうか。登る山によっては命がなかったかもしれません。反省
訪問者数:490人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ