ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 854894 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

【初養老山脈】 最高峰笙ヶ岳〜養老山 周回

日程 2016年04月29日(金) [日帰り]
メンバー 3120m
天候晴れ時々曇り
強風注意報発令
前日までと比べ気温低めで肌寒い
アクセス
利用交通機関
車・バイク
●駐車場
・養老公園駐車場を利用 1日300円
 ※8時前に到着時は無人、帰りに支払い
・公衆トイレあり
・登山口まで1.5kmくらいか(登り坂)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間10分
休憩
54分
合計
6時間4分
S養老公園駐車場08:1108:26養老の滝08:2808:39養老神社08:4108:54滝の上駐車場09:0510:02旧牧場(アセビ平)10:0310:06もみじ峠10:44笙ヶ岳10:5011:18もみじ峠11:24旧牧場(アセビ平)11:55笹原峠12:04小倉山12:1112:23養老山12:3212:44小倉山12:52笹原峠13:05三方山13:1513:51滝上駐車場13:54養老ノ滝14:0014:15養老公園駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●全般的に
・明瞭でよく整備された遊歩道的登山道、林道がメイン

●笙ヶ岳へのルート
・踏跡がやや薄くなるが、道筋は概ね明瞭
・片斜面気味の細いトラバースは滑落注意
その他周辺情報●下山後の温泉など
・立ち寄っていませんが、養老温泉ゆせんの里が最寄りかと思います
 http://natural-co.com/
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

今日は初めての養老山脈へ
養老公園からスタートです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は初めての養老山脈へ
養老公園からスタートです
2
まずは、遊歩道を上り、養老の滝を見物
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは、遊歩道を上り、養老の滝を見物
1
落差30mの名瀑です
水の勢いがゴォーッ!と
ところが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落差30mの名瀑です
水の勢いがゴォーッ!と
ところが・・・
5
滝のすぐ上が登山口のはずなのに、道なりに進んでいたら、様子がおかしい
養老神社まで下ってしまいました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝のすぐ上が登山口のはずなのに、道なりに進んでいたら、様子がおかしい
養老神社まで下ってしまいました
1
よく確かめもせず、適当に歩いていたのがいけなかった
もう一度確認
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく確かめもせず、適当に歩いていたのがいけなかった
もう一度確認
登り返します
またこの橋通ってるし・・・
我ながら、ダサイ・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り返します
またこの橋通ってるし・・・
我ながら、ダサイ・・・
1
やっと滝上駐車場
ホント、滝のすぐ上なのに
簡単な分岐を見落としていました
ホント、ダサ過ぎる
余計な歩きが入って、もうヘトヘト汗だくです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと滝上駐車場
ホント、滝のすぐ上なのに
簡単な分岐を見落としていました
ホント、ダサ過ぎる
余計な歩きが入って、もうヘトヘト汗だくです
駐車場事務所で登山届の帳面に記入
すぐに登山口です
気を取り直して出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場事務所で登山届の帳面に記入
すぐに登山口です
気を取り直して出発
先に、養老山脈最高峰笙ヶ岳を目指します
アセビ平に向け、約4kmの林道歩き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先に、養老山脈最高峰笙ヶ岳を目指します
アセビ平に向け、約4kmの林道歩き
上の方で、特に標識のない分岐が現る
正しくは左折でした
私は、直進してしまい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の方で、特に標識のない分岐が現る
正しくは左折でした
私は、直進してしまい
なんだか怪しくなり・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんだか怪しくなり・・・
2
道は寸断、進退窮まる
やっぱり、今日はダサイ・・・
ダサ過ぎる・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は寸断、進退窮まる
やっぱり、今日はダサイ・・・
ダサ過ぎる・・・
気を取り直して分岐に戻り歩き続けると、平らな場所に
アセビ平です
そのまま抜けて下ると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気を取り直して分岐に戻り歩き続けると、平らな場所に
アセビ平です
そのまま抜けて下ると
もみじ峠です
かつては古道が通っていたのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もみじ峠です
かつては古道が通っていたのかな?
1
心地良い谷を下って行くと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
心地良い谷を下って行くと
すぐに笙ヶ岳への分岐です
ここを右折
直進すると上石津へ下るようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに笙ヶ岳への分岐です
ここを右折
直進すると上石津へ下るようです
しかし、この案内
小さい上に逆さま
たまたま気付きましたが、私のようなおっちょこちょいは危なっかしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし、この案内
小さい上に逆さま
たまたま気付きましたが、私のようなおっちょこちょいは危なっかしい
分岐すると、ちょっといやらしいトラバース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐すると、ちょっといやらしいトラバース
2
すぐに渡渉です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに渡渉です
渡ると笙ヶ岳の標識が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡ると笙ヶ岳の標識が
1
笙ヶ岳ルート
今年、遭難事故があったと記憶しています
その時の立入禁止テープの残りでしょうか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笙ヶ岳ルート
今年、遭難事故があったと記憶しています
その時の立入禁止テープの残りでしょうか
いやらしいトラバースが続きます
片斜面気味でホントいやらしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやらしいトラバースが続きます
片斜面気味でホントいやらしい
1
トラバースが終わると緩やかな谷登り
何かの痕跡か、石組みが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースが終わると緩やかな谷登り
何かの痕跡か、石組みが
稜線に向け登っていきます
若葉の黄緑が眩しいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に向け登っていきます
若葉の黄緑が眩しいです
稜線が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線が見えてきました
尾根歩きに入りますが、植林のおかげで展望は今ひとつ
樹間に伊吹山が見えました
今日は、気温低めで強風
頂上はかなり寒いことでしょう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根歩きに入りますが、植林のおかげで展望は今ひとつ
樹間に伊吹山が見えました
今日は、気温低めで強風
頂上はかなり寒いことでしょう
1
笙ヶ岳山頂に到着
養老山脈最高峰といった雰囲気はありませんね
静かで落ち着いた山頂です
ただ、かなりの奥地といった感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笙ヶ岳山頂に到着
養老山脈最高峰といった雰囲気はありませんね
静かで落ち着いた山頂です
ただ、かなりの奥地といった感じ
3
「笙」も楽器ですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「笙」も楽器ですね
アセビ平まで戻ります
岐阜方面が見えました
金華山や百々ヶ峰がなんとなく分かります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アセビ平まで戻ります
岐阜方面が見えました
金華山や百々ヶ峰がなんとなく分かります
2
帰りもいやらしいトラバースに注意
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りもいやらしいトラバースに注意
ただ、谷の景色はとても落ち着くものでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただ、谷の景色はとても落ち着くものでした
アセビ平から養老山を目指します
あとはずっと遊歩道
木製階段混じりの、小刻みなアップダウンが続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アセビ平から養老山を目指します
あとはずっと遊歩道
木製階段混じりの、小刻みなアップダウンが続きます
笹原峠を過ぎると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹原峠を過ぎると
開放的な景色に
小倉山が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開放的な景色に
小倉山が見えてきました
3
小倉山頂上はなかなかの展望スポット
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小倉山頂上はなかなかの展望スポット
3
先程行った笙ヶ岳
なかなかの秀峰に見えます
さすが最高峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先程行った笙ヶ岳
なかなかの秀峰に見えます
さすが最高峰
4
西には霊仙山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西には霊仙山
4
その南
右は鍋尻山でしょうか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その南
右は鍋尻山でしょうか
3
さらにその南
先日登った烏帽子岳や三国岳が入っているものと思われます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらにその南
先日登った烏帽子岳や三国岳が入っているものと思われます
2
これはおなじみ
御池〜鈴ヶ岳でしょう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはおなじみ
御池〜鈴ヶ岳でしょう
1
上石津の町も見えます
近いですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上石津の町も見えます
近いですね
1
小倉山
公園のように整備され、休憩適地なのですが、今日は風が強くて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小倉山
公園のように整備され、休憩適地なのですが、今日は風が強くて
2
先に進むと
こんな山の稜線にも林道が
上石津からの道のようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先に進むと
こんな山の稜線にも林道が
上石津からの道のようです
その後も微妙にアップダウン
やっと養老山入口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後も微妙にアップダウン
やっと養老山入口
養老山山頂に到着です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
養老山山頂に到着です
ここまでで結構疲れが来ました
思わずその場にヘタりこみます
この周回コース、なかなか侮れないです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでで結構疲れが来ました
思わずその場にヘタりこみます
この周回コース、なかなか侮れないです
3
下山にかかります
帰りの展望
濃尾平野が一望です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山にかかります
帰りの展望
濃尾平野が一望です
4
名古屋の名駅ビル群も見えています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名古屋の名駅ビル群も見えています
3
笹原峠まで戻ったら下降開始
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹原峠まで戻ったら下降開始
途中、三方山は少し上がったところに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、三方山は少し上がったところに
三方山も東方展望優秀
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三方山も東方展望優秀
2
尾根下りの後は山腹ジグザグ道を下り、人工滝の下を渡渉です
この流れが養老の滝に続いているようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根下りの後は山腹ジグザグ道を下り、人工滝の下を渡渉です
この流れが養老の滝に続いているようです
この人工滝もなかなかの名瀑ですな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この人工滝もなかなかの名瀑ですな
1
登山口に出ました
登るときはこんな眺めですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に出ました
登るときはこんな眺めですね
最初の林道に合流
滝上駐車場に戻ってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の林道に合流
滝上駐車場に戻ってきました
帰りも養老の滝を眺めていきましょう
滝壺ド迫力
しぶきが飛んできます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りも養老の滝を眺めていきましょう
滝壺ド迫力
しぶきが飛んできます
3
駐車場への帰り道
親孝行のふるさと会館
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場への帰り道
親孝行のふるさと会館
1
養老の語源の物語
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
養老の語源の物語
お茶屋の間を抜けて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お茶屋の間を抜けて
駐車場に戻ってきました
それにしても今日は思ったよりくたびれました
侮れないコースでした
ザックを車に置いて、登山靴を脱いで・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に戻ってきました
それにしても今日は思ったよりくたびれました
侮れないコースでした
ザックを車に置いて、登山靴を脱いで・・・
途中で気になった店へ
甘いものを欲していました
米粉のシフォンケーキ
コーヒーも深煎り(たぶん)で、しっかりと美味しゅうございまいした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で気になった店へ
甘いものを欲していました
米粉のシフォンケーキ
コーヒーも深煎り(たぶん)で、しっかりと美味しゅうございまいした
5

感想/記録
by 3120m

養老山脈は、鈴鹿山脈を始めとするこの辺の山々や濃尾平野から、
いつでも身近に眺められますが、これまで特に印象はなく、
ただただ、”いつも眺める山”で、未踏のまま残っていました。

最近、鈴鹿北部を2度に渡って訪れた際に、
上石津から眺めた最高峰笙ヶ岳の整った姿に改めて惹かれ、
諸先輩方のレコなども拝見するに及び、
今回ようやく、養老山とのセットの周回コースを歩いてみました。

今週は前半に夜のジョギングと筋トレを張り切りすぎてしまい、
股関節や太腿に筋肉痛が残る中スタート。

ポカミスで、出だしから登山口が見つからずに右往左往しタイムロス。
スタート時には既に疲労困憊でした(笑)。
タイムロスを取り返そうと出だしから力んでしまい、
早くから、疲労感が始まる悪循環でした。

養老というと観光地のイメージが強く、
今年に入って、遭難事故のニュースがあった笙ヶ岳以外、
せいぜいハイキングコースに毛の生えた程度かと侮っていたら、
それはとんでもない思い込みだった訳で・・・

丸太階段混じりのアップダウン(苦手なタイプの道)にやられ、
養老山到着時にはもうヘトヘト・・・という体たらく。
無事、駐車場に戻ってきたときは心底ホッとしました。

今日のルートでは、上石津からの大洞谷ルートも見かけましたし、
多度町に向かう養老山脈縦走ルートというのもあるようで、
こういった未知のルートに興味津々ではあるものの・・・

今日の周回コース程度で、こんなに疲労困憊になっていては・・・
なんだかなあと思いながら養老公園を後にしたのでした。
訪問者数:372人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/7/8
投稿数: 1343
2016/5/1 21:58
 わたしも同じミスを
3120mさんこんばんは。

わたしも登山口が分からずにウロウロしましたよ
養老の滝・天命反転地は観光地ですが、少し外れるとガッツリ山になりますからね。

いよいよ養老ですか!!わたしはいつも養老主稜線を眺めながら通勤してるので、いつか養老〜多度山まで縦走したいと狙ってました。ちょいと明日探検に出かけてきます
登録日: 2013/8/17
投稿数: 390
2016/5/2 22:48
 Re: わたしも同じミスを
karuさん、こんばんは
ありがとうございます。

こちらの初養老山系は、なかなかしんどくホロ苦旅になりました。
まさか、最初に登山口にたどり着けないなんて、
私くらいのものだと思いながら、焦って登り返してました(笑)。

養老山分岐の先、道が続いていて、津屋避難小屋とか書いてありました。
縦走には惹かれますが、karuさんが今回探検されたあたりは、
道が入り組み、ややこしそうですねえ。
登録日: 2011/7/6
投稿数: 419
2016/5/3 7:30
 養老、おもしろいですよね
養老、けっこーおもしろいですよね。
私あまり興味がなかったけど、岐阜100山なので雪のある時にシブシブ登ったら
予想以上におもしろかったです。で、
「養老山系、全山縦走しよう」と言ってみたけど、
賛同者が誰もいませんでした…
ヒルがめちゃくちゃ多いそうです…これからの季節は要注意ですね。
登録日: 2013/8/17
投稿数: 390
2016/5/3 19:18
 Re: 養老、おもしろいですよね
akakiriusagiさん、こんばんは

そうですか、養老もヒルですか・・・
そりゃいますよね。

笙ヶ岳は鈴鹿の奥地と似た雰囲気で、なかなか良かったですね。
養老山方面は、途中の眺めが素晴らしくて、
冬の空気が澄んだ時など、良さそうだと思います。

多度まで行ってみたいですけど、
色々調べてると、林道が入り組んだりして、ややこしそうですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ