ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 855824 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東海

大無間山

日程 2016年04月29日(金) [日帰り]
メンバー DoctorMK
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間58分
休憩
53分
合計
10時間51分
S登山口06:3007:05霞段08:30小無間小屋08:3509:35崩落地09:4010:30小無間山10:3511:17中無間山12:23大無間山12:3012:35展望台12:5513:36中無間山14:16小無間山14:2016:05小無間小屋16:1217:02霞段17:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
崩落地のナイフリッジは補助ロープもなく危険でありバランス崩さないよう慎重に。ナイフリッジに連続する崩落の斜面はトラロープがあるも、特に下りでは滑りやすく要注意。今年は雪が少なく、頂上近辺に残雪少々あるのみで問題なし。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

カーナビに載っていないが諏訪神社の山よりに細い一本の車道がある。登山口の階段から100M程通り過ぎると駐車可能なスペースがある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カーナビに載っていないが諏訪神社の山よりに細い一本の車道がある。登山口の階段から100M程通り過ぎると駐車可能なスペースがある
諏訪神社の山よりにある細い車道に面した登山口の階段
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
諏訪神社の山よりにある細い車道に面した登山口の階段
登山届けのブース この左側が登山道。登山口を示す大きな標識がない。ブースの右側は神社に続く広い砂利道であり、間違って進んでしまった。間違いに気づき引き返すのに15分要した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山届けのブース この左側が登山道。登山口を示す大きな標識がない。ブースの右側は神社に続く広い砂利道であり、間違って進んでしまった。間違いに気づき引き返すのに15分要した。
霞段 標識が剥がれかけており手でめくった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞段 標識が剥がれかけており手でめくった
コイワカガミがおでむかい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コイワカガミがおでむかい
1
小無間小屋 何故かドアに穴があいている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小無間小屋 何故かドアに穴があいている
1
中はこんな感じ 先行者はいない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中はこんな感じ 先行者はいない
小無間小屋から4個ほどの大小のピークを越えると崩落地となる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小無間小屋から4個ほどの大小のピークを越えると崩落地となる
3
崩落地のナイフリッジ 補助ロープなし 雨の後で土が軟らかくなっており不安定。3-4Mほどの長さだが左右は切れ墜ちており、一歩一歩慎重に渡る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落地のナイフリッジ 補助ロープなし 雨の後で土が軟らかくなっており不安定。3-4Mほどの長さだが左右は切れ墜ちており、一歩一歩慎重に渡る
3
崩落地のナイフリッジを振り返る。その後の斜面にはトラロープがあるが、足下にとっかかりが少なく滑りやすい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落地のナイフリッジを振り返る。その後の斜面にはトラロープがあるが、足下にとっかかりが少なく滑りやすい
3
小無間山に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小無間山に到着
2
中無間山に到着 路迷いを防ぐためにロープが張ってあり、標識にヒョッコリと中無間山と書いてある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中無間山に到着 路迷いを防ぐためにロープが張ってあり、標識にヒョッコリと中無間山と書いてある
1
大無間山頂前に残雪が少々あるがよけて歩ける。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大無間山頂前に残雪が少々あるがよけて歩ける。
1
大無間山頂 お疲れ様 残念ながら展望は全くなし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大無間山頂 お疲れ様 残念ながら展望は全くなし
4
大無間山頂から少し戻った所に展望のよい小さなスペースがある。ここで食事を摂りながらご褒美の景色を眺める。幸運なことに南アルプス側は晴れている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大無間山頂から少し戻った所に展望のよい小さなスペースがある。ここで食事を摂りながらご褒美の景色を眺める。幸運なことに南アルプス側は晴れている。
7
残雪を被る南アルプスがすばらしい。この山は聖岳?地図で確認すると大河内岳が聖岳と重なっているはずだが誰か知っている人はいないかな? しかし今日は誰ともまだ出合っていないのだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪を被る南アルプスがすばらしい。この山は聖岳?地図で確認すると大河内岳が聖岳と重なっているはずだが誰か知っている人はいないかな? しかし今日は誰ともまだ出合っていないのだ。
6

感想/記録

二百名山の中にはアプローチが長く登りにくい山があるが、まさに大無間山はその一つ。避難小屋利用も考えたが、小屋の場所は中途半端な位置にあるのでそれなら日没近くになっても何とか日帰りすることとした。長丁場が予想されたため、極力荷物は軽くし(但し緊急時は小屋泊まりもあり得るので寝袋代わりとなるよう軽量のシュラフカバーは携帯)、最近手に入れたローカットのシューズで足元も軽くして体力を温存することとした。登山口からの標高差は1500Mほどだが、小無間小屋から小無間山の間に大小のピークが複数あり、累計標高差はプラス300-400Mぐらいはありそう。特に下山時の後半にこの大小のピークがあるため、日帰りの場合ここが応えた。小無間山から大無間山の間は快適な稜線歩きだが、森林限界を超えていないので展望がない。その分、山頂手前の展望場所で眺望を楽しんだ。小無間山からの下り直後に赤マークが確認しにくく、見つけたマークも以外な場所にあるのでとまどった。GPSで確認して下山したが、二百名山を安全に完登するにはやはりGPSは不可欠だ。
訪問者数:603人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ