ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 855858 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

三頭山〜笹尾根縦走〜上川乗BS

日程 2016年04月29日(金) 〜 2016年04月30日(土)
メンバー PFB01355
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
上川乗BSは登山口より500m程、離れた先にあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
5時間40分
休憩
20分
合計
6時間0分
三頭山避難小屋05:1005:20大沢山06:30槇寄山06:40西原峠07:00数馬峠07:1007:40笛吹峠08:00丸山09:00土俵岳09:20日原峠10:00浅間峠10:1011:10上川乗バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
浅間峠から上川乗登山口までの途中にある石段が最後に辛い。
段差が大きく、膝にきます。
コース状況/
危険箇所等
危険は箇所なし。
案内板もしっかり書かれており、ルートを間違うことはないはずです。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

念願の浮橋
湖面は穏やかです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
念願の浮橋
湖面は穏やかです。
3
浮橋入口
小河内神社BSから直ぐです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浮橋入口
小河内神社BSから直ぐです。
1
浮橋中央辺りから水面撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浮橋中央辺りから水面撮影
3
小河内神社の反対側
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小河内神社の反対側
1
書かれてないけど直登ルートがあります。
でも立ち入り禁止です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
書かれてないけど直登ルートがあります。
でも立ち入り禁止です。
三頭山登登山口
浮橋よりかなり歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山登登山口
浮橋よりかなり歩きます。
登山口とイヨ山の中間点付近
深山橋がはっきり見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口とイヨ山の中間点付近
深山橋がはっきり見えます。
1
イヨ山とヌカザス山の中間点付近
ねじれた木
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イヨ山とヌカザス山の中間点付近
ねじれた木
ヌカザス山
漢字ではこう書くんだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヌカザス山
漢字ではこう書くんだ。
2
入小沢ノ峰の少し先
先を歩く登山者、いい感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入小沢ノ峰の少し先
先を歩く登山者、いい感じ
かなり歪な枝をしている大木
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり歪な枝をしている大木
1
三頭山西峰手前の御堂峠
右が西峰、写ってないけど反対側が中央峰と東峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山西峰手前の御堂峠
右が西峰、写ってないけど反対側が中央峰と東峰
三頭山中央峰
この手前のベンチは大盛況状態です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山中央峰
この手前のベンチは大盛況状態です。
東峰の展望台
御前山と大岳山がはっきり見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東峰の展望台
御前山と大岳山がはっきり見えます。
1
三頭山西峰
こちらは広いスペースがあるけど、かなり混雑してます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山西峰
こちらは広いスペースがあるけど、かなり混雑してます。
西峰からの富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西峰からの富士山
3
三頭山避難小屋
外は大盛況だが室内は誰も居ません。
ただ、トイレはひっきりなしに使用されていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山避難小屋
外は大盛況だが室内は誰も居ません。
ただ、トイレはひっきりなしに使用されていました。
大沢山
避難小屋前に大勢の人が居たけど、こちらは誰も居ません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢山
避難小屋前に大勢の人が居たけど、こちらは誰も居ません。
1
三頭大滝方面への分岐
右側は槇寄山方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭大滝方面への分岐
右側は槇寄山方面
大滝休憩小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝休憩小屋
大滝を見るポイントの吊橋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝を見るポイントの吊橋
1
三頭山避難小屋からの夕日
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山避難小屋からの夕日
1
三頭山避難小屋からの夕日に染まる富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山避難小屋からの夕日に染まる富士山
1
大沢山と槇寄山の中間点辺り
ここだけ木が伐採されて富士山がバッチリ見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢山と槇寄山の中間点辺り
ここだけ木が伐採されて富士山がバッチリ見えます。
3
槇寄山からの富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槇寄山からの富士山
4
数馬峠
ここは展望が開けています。
中央の高い山は権現山?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数馬峠
ここは展望が開けています。
中央の高い山は権現山?
1
丸山
富士山といいアングルなんだけど
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山
富士山といいアングルなんだけど
1
土俵岳
展望が開けて御前山と大岳山が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土俵岳
展望が開けて御前山と大岳山が見えます。
1
御前山と大岳山がはっきり見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前山と大岳山がはっきり見えます。
浅間峠
かなり広いスペース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間峠
かなり広いスペース
1
関東ふれあいの道と書かれた看板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関東ふれあいの道と書かれた看板
関東ふれあいの道石碑
上川苔って本当は書くんだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関東ふれあいの道石碑
上川苔って本当は書くんだ
上川乗登山口
まだバス停まで距離があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上川乗登山口
まだバス停まで距離があります。
上川乗BS
裏にトイレがあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上川乗BS
裏にトイレがあります。
1

感想/記録

今年の1月に三頭山登山した時に下山ルートを間違えて、
奥多摩湖の浮橋を渡れなかったので今回はリベンジです。

奥多摩駅から鴨沢西行きバスは席がほぼ一杯になる程の乗車率
でも小河内神社BSで下車したのは自分だけ
他の方々はみな雲取山なんでしょうね。

イヨ山は結構な急登だと聞いていたけど、それほどでもなかった。
奥多摩湖BSからサス沢山の方が急登のような気もします。
ただ、入小沢ノ峰の手前が急登でした。

5月の連休開始ということもあり、三箇所ある三頭山山頂は大繁盛状態でした。
三頭山避難小屋前も人であふれていました。
でも避難小屋の室内には誰も居ませんでした。
ただ、トレイには頻繁に出入りがされていました。
ビールを持参するのを忘れたので、大沢山経由で都民の森駐車にある売店まで一旦下山することにしました。(荷物は避難小屋に置いてまま)
ビールをゲットして避難小屋に戻ったら、おじさんが一人居ました。
最終的に2名だけでした。

体力次第で陣馬山まで行く予定で早朝5時に避難小屋を出発
峠がいくつもある笹尾根は結構なアップダウンがあります。
笛吹峠辺りから右足の親指つま先に痛みが出始め
靴紐の締め方が甘かったのか親指が腫れた違和感
長距離を歩くには辛いので浅間峠から上川乗へ下山することに
浅間峠から上川乗のルートは途中に石段が整備されてます。
これが結構な段差があり、膝には良くない。
整備して頂くのは大変うれしいけど、もう少し考えてほしいなぁ。

最後まで膝の痛みはそれほど出ませんでした。
今回は膝にテーピングしていたのが効いたのかな。

笹尾根縦走は1/2を走破しました。
最終的に高尾山まで赤線ルートを繋ぐ予定です。
訪問者数:231人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/3/5
投稿数: 7
2016/5/1 16:55
 写真の色合いが素敵すぎます…!
はじめまして!
もしかして(場所が曖昧ですが)日原峠あたりでお会いした方かなと思いおもわずコメントしちゃいました。

写真の構図はいうまでもなく、色合いもとても素敵で感動しちゃいました…!
僕もこんな素敵な写真がとれるようになりたいです。差し支えなければなんのカメラ使っているのな教えてください♪
登録日: 2013/9/15
投稿数: 32
2016/5/1 17:30
 Re: 写真の色合いが素敵すぎます…!
kamikayaさん、コメントありがとうございます。

三頭山方面に向かう方と何名かとは確かにすれ違いました。
日原峠あたりだと足の親指が腫れて歩くのが辛くて、あまり覚えていません。
今回、油断して靴紐が緩めにしたのが原因だと思われます。

問い合わせの件ですがニコンのD60です。
ちょっと古い型でほんとノーマルなカメラなんです。
登山だと機能よりも軽さを重視してますね。
ただ一つだけ、こだわっているのはPLフィルタを使ってます。
これを使うと新緑時期は青みが増すように調整すると見栄えが良くなります。
今回これがバッチリあたりました。
光の反射が抑えられるので湖畔の水面がきれいに写ります。

いろいろ試して良い写真を撮ってください。
かさばるけど、山での写真撮影はたのしいですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 避難小屋 直登 テーピング
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ