ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 855948 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

上野原からのバス初利用で権現山→コヤシロ山→(やせ尾根)→要害山

日程 2016年04月30日(土) [日帰り]
メンバー WeeklyClim
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:上野原駅→初戸
帰り:鏡渡橋→上野原駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間52分
休憩
38分
合計
5時間30分
Sスタート地点09:1110:50雨降山11:04ナベワリ沢ノ嶺11:0511:12大窪沢ノ頭11:25権現山11:4411:56大窪沢ノ頭12:02ナベワリ沢ノ嶺12:0312:19雨降山12:2012:42寺ノ入山12:52ニツクラ山12:5313:05二本杉山13:18御林峠13:2213:41コヤシロ山13:4914:03540m峰(仮称:祠山)14:11登下分岐14:16要害山14:28山ノ神神社14:38鏡渡橋バス停(要害山登山口)14:4114:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

初戸と書いて「はど」。スタート地点です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初戸と書いて「はど」。スタート地点です。
1
道標豊富なので迷いなしです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標豊富なので迷いなしです。
すぐにきれいな渓流にかかる橋を渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐにきれいな渓流にかかる橋を渡ります。
4
いきなり斜度が増し、尾根に乗るまでは山腹を巻きながら狭い踏み跡をたどります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり斜度が増し、尾根に乗るまでは山腹を巻きながら狭い踏み跡をたどります。
尾根を登り一旦平坦になった所で左が植林帯、右は自然林。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を登り一旦平坦になった所で左が植林帯、右は自然林。
花が全然ないなと思っているとヤマザクラでしょうか結構残っていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花が全然ないなと思っているとヤマザクラでしょうか結構残っていました。
2
再び平坦となりゆったりと歩いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び平坦となりゆったりと歩いています。
2
山頂近くなると傾斜がやや急になりますが基本的に歩きやすいコースです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂近くなると傾斜がやや急になりますが基本的に歩きやすいコースです。
1
雨降山到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨降山到着。
2
山と言っても前後に平坦部が続いているので単なる通過点にしか見えません。1名休憩中でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山と言っても前後に平坦部が続いているので単なる通過点にしか見えません。1名休憩中でした。
1
権現山に向かっていきますが本日初のツツジ登場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現山に向かっていきますが本日初のツツジ登場。
3
木の間からひと際高い山が見えたと思ったら雲取山でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の間からひと際高い山が見えたと思ったら雲取山でした。
3
緩やかな傾斜が続きます。花がないので木に注目して歩いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかな傾斜が続きます。花がないので木に注目して歩いています。
このコース唯一のやせ尾根です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このコース唯一のやせ尾根です。
大ムレ権現が見えると山頂は近い。日本武尊を祀っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ムレ権現が見えると山頂は近い。日本武尊を祀っています。
山頂到着。10以上いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着。10以上いました。
2
まずはこれですね。しばらく待っているとようやくここまで雲がどいてくれましたが、この後隠れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずはこれですね。しばらく待っているとようやくここまで雲がどいてくれましたが、この後隠れました。
4
北側です。東側も眺望が開けています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側です。東側も眺望が開けています。
4
雨降山に戻る途中これ見つけました。「5月3日見頃」と日付指定です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨降山に戻る途中これ見つけました。「5月3日見頃」と日付指定です。
ここなんだけどな?と思いつつ見回しますがスミレは全く見えませんでした。5月3日は近いぞ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここなんだけどな?と思いつつ見回しますがスミレは全く見えませんでした。5月3日は近いぞ!
少し下って枯草をかきわけると少しはありましたが、どこにでもある程度です。果たしてこれからさっきの丘に咲きだすのでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下って枯草をかきわけると少しはありましたが、どこにでもある程度です。果たしてこれからさっきの丘に咲きだすのでしょうか。
2
雨降山まで戻ってきましたが今度は直進します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨降山まで戻ってきましたが今度は直進します。
やせ尾根・・ではなくて通路部が盛り上がっています。水はけ対策としてはいいアイデアかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やせ尾根・・ではなくて通路部が盛り上がっています。水はけ対策としてはいいアイデアかも。
やはり花がないので注目の木を探しながらの歩きです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり花がないので注目の木を探しながらの歩きです。
また桜が。この木は結構大きかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また桜が。この木は結構大きかった。
4
八重トレコース案内がこの後続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八重トレコース案内がこの後続きます。
1
二本杉分岐は要害山方向へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二本杉分岐は要害山方向へ。
緩い傾斜なのでグングン下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩い傾斜なのでグングン下ります。
御林峠に下りてきて、用竹方向が要害山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御林峠に下りてきて、用竹方向が要害山。
さらに下ると「墓村」の文字が現れ始めますが「八ツ墓村」を思い出してしまう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに下ると「墓村」の文字が現れ始めますが「八ツ墓村」を思い出してしまう。
2
ここで八重トレコースとは分かれます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで八重トレコースとは分かれます。
ずっと下りだったのが、この辺りから登り返しが増えてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと下りだったのが、この辺りから登り返しが増えてきます。
コヤシロの文字がやっと出た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コヤシロの文字がやっと出た。
ここまでほとんど色のない風景でしたが標高が下がるとツツジがだんだん増えてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでほとんど色のない風景でしたが標高が下がるとツツジがだんだん増えてきます。
4
ピクチャーフレーム「コヤシロ山」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピクチャーフレーム「コヤシロ山」
4
ちょっと視点を変えて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと視点を変えて。
1
やせ尾根のアップダウンを繰り返して小ピーク。「風の神様」となっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やせ尾根のアップダウンを繰り返して小ピーク。「風の神様」となっています。
「風の神様」とはどういう謂れの名前でしょうかね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「風の神様」とはどういう謂れの名前でしょうかね。
2
そこからの眺め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこからの眺め。
1
再びやせ尾根のアップダウンを繰り返し、分岐に秋葉大権現。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再びやせ尾根のアップダウンを繰り返し、分岐に秋葉大権現。
1
最後の登りでツツジ街道となりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の登りでツツジ街道となりました。
4
要害山山頂直前。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
要害山山頂直前。
4名休憩中でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4名休憩中でした。
1
下る途中、北丹沢の山々。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下る途中、北丹沢の山々。
3
山神社に下りてきて登山道は終わり、後は舗装道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山神社に下りてきて登山道は終わり、後は舗装道。
ゴールです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールです。
2

感想/記録

上野原からのバスは満員で立っている人多数でした。便数が少ないので集中するのでしょうね。電車の後部(高尾より)に乗らないと上野原駅の改札から遠くなりバス停に着くのが遅くなるので注意しましょう。

初戸からの登りは、傾斜が急な部位は九十九折りの登山道となっているのでそんなにきつくなく、淡々と登ると雨降山に着きました・・といった感じで、さらには雨降山から権現山までも緩やかなので丹沢の塔ノ岳と比べるとだいぶ楽でした。

実は、山と高原地図に「雨降山近くにスミレの丘があり5月上旬が見ごろ」となっていたのでひょっとしてもう咲いているかも・・と期待していたのですが、ほとんど見当たらずの結果となりました。これから咲くのか、それともなくなってしまったのか?は不明です。

コヤシロ山から要害山まではやせ尾根のアップダウンの繰り返しとなり、バリルートか?と思わせるコースでしたが本日で一番面白かったかもしれません。でもそこまで長く歩いてた後なのでペース落としました。
訪問者数:372人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ヤマザクラ 高原 道標 日本武尊 渓流
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ