ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 856031 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥武蔵

完全人力エコ登山 大霧山〜釜伏山 外秩父5峰ハーフピストン

日程 2016年04月30日(土) [日帰り]
メンバー URUTORAMS
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
自転車
環境にエコ(エコロジー)、サイフにもエコ(エコノミー)!
完全人力エコ登山として、自宅から約45km自転車を走らせ、登山口である橋場バス停へ(標高約200m)!

目的の山等を攻略後、再び自転車で帰宅!
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間40分
休憩
40分
合計
6時間20分
S橋場バス停09:3710:18粥仁田峠10:44大霧山10:4711:05粥仁田峠11:16秩父高原牧場11:2911:47二本木峠11:54愛宕山12:13皇鈴山12:3012:48登谷山12:5113:12釜伏峠13:16釜山神社13:30釜伏山13:3113:41釜山神社13:45釜伏峠14:15登谷山14:32皇鈴山14:3514:51愛宕山15:39内出バス停15:57橋場バス停15:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道近くに舗装路も通っておりドライバー(車)、ライダー(オートバイ)、サイクリスト(自転車)も少なくありませんでした。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ 靴下 グローブ 雨具 ゲイター 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ストック

写真

完全人力エコ登山、定番のチャリ紹介から。
通勤で使用しているチャリ、スピード系上級クロスバイクのママチャリ仕様。2×11段変速で上級ブレーキ、ハブダイナモ、前後にバスケットを装備。タイヤは見た目、耐久性、耐パンク性重視で同太さ(700×28C)の中では重量級のIRCのメトロ。
日帰り登山用具は登山靴を含めて全て積載可能(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完全人力エコ登山、定番のチャリ紹介から。
通勤で使用しているチャリ、スピード系上級クロスバイクのママチャリ仕様。2×11段変速で上級ブレーキ、ハブダイナモ、前後にバスケットを装備。タイヤは見た目、耐久性、耐パンク性重視で同太さ(700×28C)の中では重量級のIRCのメトロ。
日帰り登山用具は登山靴を含めて全て積載可能(^^)
1
平均的サイクリストであることが前提条件ですが、平地無風30km/h巡航が可能です。あだ名は、「スーパーママチャリ」!
なお、前に載せたザックは、最大積載量の関係で軽量物とストックだけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平均的サイクリストであることが前提条件ですが、平地無風30km/h巡航が可能です。あだ名は、「スーパーママチャリ」!
なお、前に載せたザックは、最大積載量の関係で軽量物とストックだけ。
1
殆どの荷物はリアバスケットに収納です。
ちなみにライトは後ろ4灯、横2灯、前最大9灯(前照灯7灯とポジション灯2灯)。更に全方位反射仕様(どこから光が当たってもどこかしら反射)です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
殆どの荷物はリアバスケットに収納です。
ちなみにライトは後ろ4灯、横2灯、前最大9灯(前照灯7灯とポジション灯2灯)。更に全方位反射仕様(どこから光が当たってもどこかしら反射)です。
1
チャリで走ること〇〇分、荒川にかかる橋を渡り埼玉県西部の山間部を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チャリで走ること〇〇分、荒川にかかる橋を渡り埼玉県西部の山間部を目指します。
進路は北西へ、圏央道下を行きます。
西方の山並みや富士山も微かに見えています。今日は展望が期待できるかもです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進路は北西へ、圏央道下を行きます。
西方の山並みや富士山も微かに見えています。今日は展望が期待できるかもです。
やや追い風されど登り基調のなか走ること1時間半弱、道の駅「おがわまち」に到着。仙元山が正面に見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やや追い風されど登り基調のなか走ること1時間半弱、道の駅「おがわまち」に到着。仙元山が正面に見えます。
1
チャリは目立たぬよう建物裏へ?実はトイレが近いだけだったりします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チャリは目立たぬよう建物裏へ?実はトイレが近いだけだったりします。
道の駅の各施設。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の駅の各施設。
道の駅トイレ。
軽い休憩ですぐに出発します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の駅トイレ。
軽い休憩ですぐに出発します。
山が近くに見えるようになっていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山が近くに見えるようになっていきます。
最後のコンビニで昼食を買い込みます。今後登山口までコンビニは存在しませんので。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のコンビニで昼食を買い込みます。今後登山口までコンビニは存在しませんので。
休憩中のロードバイク乗りのサイクリストと軽く会話をして(自転車で行く登山を軽くアピールして)から出発します。
※私もロードバイク乗りの自称(^^)中級サイクリストです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩中のロードバイク乗りのサイクリストと軽く会話をして(自転車で行く登山を軽くアピールして)から出発します。
※私もロードバイク乗りの自称(^^)中級サイクリストです
1
走ること2時間15分、若干ゆっくりめで登山口である橋場バス停に到着。このバス停は無料駐車スペースの他に、スタンドのない自転車をかけることが出来る自転車ラックまであります、えらいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
走ること2時間15分、若干ゆっくりめで登山口である橋場バス停に到着。このバス停は無料駐車スペースの他に、スタンドのない自転車をかけることが出来る自転車ラックまであります、えらいです。
1
ゴールデンウィーク中ということもあり車がいっぱいでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールデンウィーク中ということもあり車がいっぱいでした。
槻川を横目に、外秩父5峰縦走出発です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槻川を横目に、外秩父5峰縦走出発です。
先ずは車道を登りぐいぐいと標高を上げていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ずは車道を登りぐいぐいと標高を上げていきます。
悪くない景色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪くない景色。
ここから登山道へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登山道へ。
民家脇を抜けて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
民家脇を抜けて。
舗装された登山道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装された登山道。
すぐに未舗装に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに未舗装に。
広くて歩きやすい道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広くて歩きやすい道。
粥仁田峠。ここが大霧山の登山口です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
粥仁田峠。ここが大霧山の登山口です。
1
登山口には東屋と登山ポストが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口には東屋と登山ポストが。
山頂直下の急登を越えれば、大霧山山頂に到着です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の急登を越えれば、大霧山山頂に到着です。
2
武甲山がとてもよく見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武甲山がとてもよく見えます。
1
下山は上向きの写真を
杉の木・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は上向きの写真を
杉の木・・・
1
陽射しが良くとどき木の下も明るい
シラビソ?ブナ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽射しが良くとどき木の下も明るい
シラビソ?ブナ?
1
粥仁田峠へリターン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
粥仁田峠へリターン
牧場へ向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牧場へ向かいます
牧場近辺は展望も良し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牧場近辺は展望も良し
1
この後牧場で、おいしい牧場アイスを堪能 300円
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後牧場で、おいしい牧場アイスを堪能 300円
モーモーハウス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モーモーハウス
1
牧場沿いの菜の花
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牧場沿いの菜の花
羊さんもおります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羊さんもおります
しばらく車道を行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく車道を行きます
電波塔、この辺りはとても多いです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電波塔、この辺りはとても多いです
愛宕山へ向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛宕山へ向かいます
小ドーム君?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小ドーム君?
1
愛宕山到着。
ベンチがあり休憩中の方もいますが展望は特にありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛宕山到着。
ベンチがあり休憩中の方もいますが展望は特にありません。
お花がチラホラ、虫が集まるようで虫取りの方が何人かいらっしゃいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花がチラホラ、虫が集まるようで虫取りの方が何人かいらっしゃいました。
1
次は、皇鈴山へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は、皇鈴山へ
皇鈴山に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皇鈴山に到着
1
またまた、両神山が見えますね〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまた、両神山が見えますね〜。
1
昼食を頂き、一段落してから出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食を頂き、一段落してから出発。
一時、車道へ合流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一時、車道へ合流
再び登山道で登谷山へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び登山道で登谷山へ
登谷山に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登谷山に到着。
1
市街地が見渡せます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
市街地が見渡せます
若干、春かすみ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若干、春かすみ
両神山や双子山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神山や双子山
ここからの写真は、
登谷山を下山して少し登り返した所にある展望の良い原っぱからです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからの写真は、
登谷山を下山して少し登り返した所にある展望の良い原っぱからです。
なかなかの展望でございます!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかの展望でございます!
隣に大きな電波塔
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隣に大きな電波塔
ちょっと戻って、釜山神社方面へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと戻って、釜山神社方面へ
釜山神社、
左脇の道を進み釜伏山方面へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釜山神社、
左脇の道を進み釜伏山方面へ。
日本水方面の、北側へ進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本水方面の、北側へ進みます。
1
釜伏山への急登手前に東屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釜伏山への急登手前に東屋。
釜伏山に到着。
縦走開始から4時間弱かかりましたが、無事外秩父5峰登頂です。

大霧山を小走りで下山途中に左足首をひねり両膝を地面につくというかっこ悪い転倒が1回ありましたが幸い打撲にも至らず無事に(ズボンが汚れましたが)ここまでこれました。後は油断せずに安全第一で下山するだけです。
※足首の関節はわりと柔らかい方でバレーボール等で本気ジャンプしでバランスを崩して足首をひねってぐしゃりと着地しても基本何ともないタイプです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釜伏山に到着。
縦走開始から4時間弱かかりましたが、無事外秩父5峰登頂です。

大霧山を小走りで下山途中に左足首をひねり両膝を地面につくというかっこ悪い転倒が1回ありましたが幸い打撲にも至らず無事に(ズボンが汚れましたが)ここまでこれました。後は油断せずに安全第一で下山するだけです。
※足首の関節はわりと柔らかい方でバレーボール等で本気ジャンプしでバランスを崩して足首をひねってぐしゃりと着地しても基本何ともないタイプです
1
釜伏山からの展望は特にないですね〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釜伏山からの展望は特にないですね〜
釜山神社へリターン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釜山神社へリターン
釜伏峠へリターン。
この後別の登山道へ道を間違えてしまいますが、行き止まりでユーターンして仕切り直します・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釜伏峠へリターン。
この後別の登山道へ道を間違えてしまいますが、行き止まりでユーターンして仕切り直します・・・。
登谷山へリターン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登谷山へリターン
皇鈴山へリターン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皇鈴山へリターン
愛宕山へリターン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛宕山へリターン
二本木峠へリターン。
ここからはピストンでなく、外秩父七峰縦走ハイキングのエスケープルートである内手バス停への道を行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二本木峠へリターン。
ここからはピストンでなく、外秩父七峰縦走ハイキングのエスケープルートである内手バス停への道を行きます。
所々車道を織り交ぜます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々車道を織り交ぜます
薄暗い針葉樹の森で、良く整備されてはいるものの人気がなく獣の気配?冷たい視線?を感じる気がして足早に歩き抜けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄暗い針葉樹の森で、良く整備されてはいるものの人気がなく獣の気配?冷たい視線?を感じる気がして足早に歩き抜けます。
この写真の場所ではないですが、滑りやすい軽い岩場?大きな石が多い箇所が有り2回ほど足をずるっと滑らせました。
油断すると転倒するかもしれません、要注意です!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この写真の場所ではないですが、滑りやすい軽い岩場?大きな石が多い箇所が有り2回ほど足をずるっと滑らせました。
油断すると転倒するかもしれません、要注意です!
1
やっと不気味な?雰囲気が和らいできました・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと不気味な?雰囲気が和らいできました・・・
完全に人里に降りてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完全に人里に降りてきました。
民家の畑の脇を行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
民家の畑の脇を行きます。
ゴチャゴチャ行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴチャゴチャ行きます。
舗装路も増えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路も増えてきました。
槻川沿いの畑まで降りてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槻川沿いの畑まで降りてきました。
槻川を越えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槻川を越えます
登山道の終着点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の終着点
近くに内手バス停
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近くに内手バス停
16:00頃、橋場バス停トイレ裏の駐輪場に到着。
トラブルなく「外秩父5峰縦走」を完了することができました。
※外秩父七峰縦走ハイキングの7峰とは3峰しか重なりませんのであしからず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:00頃、橋場バス停トイレ裏の駐輪場に到着。
トラブルなく「外秩父5峰縦走」を完了することができました。
※外秩父七峰縦走ハイキングの7峰とは3峰しか重なりませんのであしからず
20分程度で、荷物の整理・休憩をすませてスーパーママチャリにまたがります。
自宅へと舵をとります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20分程度で、荷物の整理・休憩をすませてスーパーママチャリにまたがります。
自宅へと舵をとります。
1
仙元山近くのトイレ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙元山近くのトイレ
途中、ゴールデンウィーク渋滞に巻き込まれつつも何とか圏央道下まで戻ってきました。
※原則すり抜けはしないタイプです、自転車では平地無風でも所詮原付1種法定速度程度の巡航速度、大抵はすり抜けても再び車に抜かれるのがおちで、ルールに乗っ取って(車道走行では軽車両のため原付2種とほぼ同ルール)で走るのが合理的です、二輪レーンや広めの車道外側線の外側以外は4輪の左脇を走らないのがベターです
※※右折や通行帯等に関して原付2種との違いも少なからずあるので詳しくは警察や道交法でご確認ください、なおネットの情報はよく調べずに自分都合の解釈をさもルールのごとく発言しているケースが多々あるので裏を取らないと危険、要注意です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、ゴールデンウィーク渋滞に巻き込まれつつも何とか圏央道下まで戻ってきました。
※原則すり抜けはしないタイプです、自転車では平地無風でも所詮原付1種法定速度程度の巡航速度、大抵はすり抜けても再び車に抜かれるのがおちで、ルールに乗っ取って(車道走行では軽車両のため原付2種とほぼ同ルール)で走るのが合理的です、二輪レーンや広めの車道外側線の外側以外は4輪の左脇を走らないのがベターです
※※右折や通行帯等に関して原付2種との違いも少なからずあるので詳しくは警察や道交法でご確認ください、なおネットの情報はよく調べずに自分都合の解釈をさもルールのごとく発言しているケースが多々あるので裏を取らないと危険、要注意です
出発から11時間20分ちょっと、無事、自宅近くの駐車場へ帰還することができました。
「完全人力エコ登山 大霧山〜釜伏山 外秩父5峰ハーフピストン」完了です!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発から11時間20分ちょっと、無事、自宅近くの駐車場へ帰還することができました。
「完全人力エコ登山 大霧山〜釜伏山 外秩父5峰ハーフピストン」完了です!
1

感想/記録

自宅を出発したのが7時過ぎですが、この時期は日が長いのでノープロブレム。

今回は、下りや舗装路はトレランメインの予定でトレランシューズで望みましたしたが、自転車でけっこう消耗しており最初の一走りで「こりゃ駄目だ〜」状態→余裕があれば走ろうに方向転換しました。また大霧山下山にランを混ぜたところ早々に左足首をくじいて膝から格好悪く転倒、また秩父高原牧場に向かう途中にもランを混ぜますが早くも太ももがお疲れでイマイチ。大局を見据えて?結局この後は殆どランを混ぜることなく早歩き程度の山行となりました。百名山・二百名山一筆書きの田中陽希さんや健脚トレランランナーのすごさが分かるというものです、自分とは役者が違います。

若干の春かすみではありましたが天気に恵まれて比較的展望が良く、満足のいく山行ができました。牧場を抜けて愛宕山〜釜伏山の4峰は距離が近めで健脚トレランの方だと一気に駆け抜けて物足りないかもしれませんが私には手頃でちょうど良い感じでした。
久しぶりの完全人力エコ登山でしたが、いたって順調に終えることが出来幸いでした(^^)!
訪問者数:202人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ