ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 856079 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

奥駈道6 清浄大橋から山上ヶ岳・大普賢岳ピストン

日程 2016年04月30日(土) [日帰り]
メンバー Yanyan7sansho0101
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大橋茶屋さん駐車場 \1,000也
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間2分
休憩
50分
合計
10時間52分
Sスタート地点05:5505:56大峯大橋(清浄大橋)06:32一本松茶屋06:3306:55お助け水06:5607:17洞辻茶屋07:1908:00西の覗岩08:12山上ヶ岳08:2709:10小笹ノ宿09:1109:53阿弥陀ヶ森10:0111:21大普賢岳11:2312:46阿弥陀ヶ森12:5713:37小笹ノ宿13:3814:35山上ヶ岳14:4315:05西の覗岩15:44洞辻茶屋16:00お助け水16:17一本松茶屋16:44大峯大橋(清浄大橋)16:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

GW初めで登山者も多いと思ったらほとんど車は停まってませんでした。
2016年04月30日 05:55撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
GW初めで登山者も多いと思ったらほとんど車は停まってませんでした。
2
「清浄大橋」からスタート。
2016年04月30日 05:56撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「清浄大橋」からスタート。
2
「女人結界門」石畳に整備されてました。
2016年04月30日 05:57撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「女人結界門」石畳に整備されてました。
2
「霜柱」4/30 朝はかなり冷え込みました。
2016年04月30日 07:02撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「霜柱」4/30 朝はかなり冷え込みました。
1
第68靡「浄心門
「洞辻茶屋」
ここで奥駈道に合流。
2016年04月30日 07:17撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第68靡「浄心門
「洞辻茶屋」
ここで奥駈道に合流。
2
ひっそりとしているアーケード街。
2016年04月30日 07:18撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひっそりとしているアーケード街。
1
良いお天気で見晴らしも良い日に恵まれました。
2016年04月30日 07:35撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良いお天気で見晴らしも良い日に恵まれました。
4
「つらら」
稜線では風が冷たく陽の当たらない斜面は寒い。
2016年04月30日 07:38撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「つらら」
稜線では風が冷たく陽の当たらない斜面は寒い。
3
「金剛・葛城・二上山」
見えると何故か嬉しい〜。
2016年04月30日 07:38撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「金剛・葛城・二上山」
見えると何故か嬉しい〜。
3
「油こぼし」
2016年04月30日 07:41撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「油こぼし」
4
「鐘掛岩」
先を急ぎますもんで・・スル〜。
2016年04月30日 07:44撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「鐘掛岩」
先を急ぎますもんで・・スル〜。
2
「大峯山寺「等覚門」
2016年04月30日 07:52撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「大峯山寺「等覚門」
2
「西ノ覗」
2016年04月30日 07:56撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「西ノ覗」
3
「鷲ノ巣窟」
2016年04月30日 07:56撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「鷲ノ巣窟」
4
「ネコノメソウ」
2016年04月30日 08:02撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ネコノメソウ」
1
5/3の大峯山寺開扉式に備える宿坊。
2016年04月30日 08:06撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5/3の大峯山寺開扉式に備える宿坊。
2
「大峯山寺山門」
2016年04月30日 08:09撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「大峯山寺山門」
3
第67靡「大峯山寺」
開扉式が5/3なのでまだひっそりと静かです。
2016年04月30日 08:11撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第67靡「大峯山寺」
開扉式が5/3なのでまだひっそりと静かです。
4
「大峯山寺本堂」に向かって境内右端より奥駈道が続きます。
2016年04月30日 08:24撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「大峯山寺本堂」に向かって境内右端より奥駈道が続きます。
2
大普賢岳へと続く奥駈道に入っていきます。
入っていきなり道に埋まってる平らな石に足を載せてしまい滑って思いっきりこけてしまいました・・幸先悪し・・(-_-;)
2016年04月30日 08:24撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大普賢岳へと続く奥駈道に入っていきます。
入っていきなり道に埋まってる平らな石に足を載せてしまい滑って思いっきりこけてしまいました・・幸先悪し・・(-_-;)
2
急斜面を横切るのはこの場所だけでした。
2016年04月30日 08:28撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面を横切るのはこの場所だけでした。
3
「大日山・稲村ヶ岳」
2016年04月30日 08:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「大日山・稲村ヶ岳」
4
日差しが暖かく気持ちの良い道が続きます。
2016年04月30日 08:55撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日差しが暖かく気持ちの良い道が続きます。
2
このあたりはまだ余裕の私だったけろ・・・。
2016年04月30日 09:04撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりはまだ余裕の私だったけろ・・・。
2
第66靡「小篠の宿」
広いスペースと豊富な量の水場でかつての宿の繁栄が偲ばれます。
2016年04月30日 09:08撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第66靡「小篠の宿」
広いスペースと豊富な量の水場でかつての宿の繁栄が偲ばれます。
3
小篠の宿の聖宝理源大使。
2016年04月30日 09:08撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小篠の宿の聖宝理源大使。
3
苔むして本当に美しい。
2016年04月30日 09:27撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔むして本当に美しい。
2
めざす「大普賢岳」・・まだあんなに遠いのかと
少々萎えた(/_;)
2016年04月30日 09:32撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
めざす「大普賢岳」・・まだあんなに遠いのかと
少々萎えた(/_;)
4
モミ・ツガの常緑針葉樹林 これから育っていくだろう腰丈ほどのモミが無数にあり疲れた身体を和ませてくれた。
2016年04月30日 09:35撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モミ・ツガの常緑針葉樹林 これから育っていくだろう腰丈ほどのモミが無数にあり疲れた身体を和ませてくれた。
2
第65靡「阿弥陀ヶ森」の女人結界門。
柏木道との分岐点。
(ここで残念な「こと」を見てしまい心中穏やかでなくなる。)
2016年04月30日 09:47撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第65靡「阿弥陀ヶ森」の女人結界門。
柏木道との分岐点。
(ここで残念な「こと」を見てしまい心中穏やかでなくなる。)
4
阿弥陀ヶ森で自分の体力と到着時刻を考えて先に進むか?!
ここで引き返すか・・という本日の予定でありました。
ここからの大普賢岳まで距離は短いが高低差200mのup&downとその後、清浄大橋まで戻りきれるのか・・。
自問し続ける・・・。
2016年04月30日 09:47撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀ヶ森で自分の体力と到着時刻を考えて先に進むか?!
ここで引き返すか・・という本日の予定でありました。
ここからの大普賢岳まで距離は短いが高低差200mのup&downとその後、清浄大橋まで戻りきれるのか・・。
自問し続ける・・・。
2
S氏は「じぇ〜〜〜んじぇんしんどくない!」と言いやがる(笑)
「よっしゃ〜〜〜!!行きましょ!!大普賢岳までのピストン」
2016年04月30日 09:48撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
S氏は「じぇ〜〜〜んじぇんしんどくない!」と言いやがる(笑)
「よっしゃ〜〜〜!!行きましょ!!大普賢岳までのピストン」
3
足下にあったかなり小ぶりの「ヒトヨシテンナンショウ」
思わず踏んでしまいそうになったけろ・・・。
2016年04月30日 09:59撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足下にあったかなり小ぶりの「ヒトヨシテンナンショウ」
思わず踏んでしまいそうになったけろ・・・。
1
第64靡「脇の宿」
2016年04月30日 10:07撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第64靡「脇の宿」
2
ミヤコザサの気持ち良い道。
2016年04月30日 10:10撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤコザサの気持ち良い道。
3
こっち側から見えるゴジラの背は初めて。
2016年04月30日 10:14撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっち側から見えるゴジラの背は初めて。
3
垂直に切れ落ちている斜面。
S氏は高所恐怖症で見るだけでもダメのよう。
2016年04月30日 10:21撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
垂直に切れ落ちている斜面。
S氏は高所恐怖症で見るだけでもダメのよう。
2
下りがあると言うことは登ると言うことだ。
無理かも・・限界は超えてる・・と、もがくわたくし。
「経筥石」?
「経函石」?どっちだ? ここめっちゃ興味あるけど今の体力では無理ですな(_ _)
2016年04月30日 10:42撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りがあると言うことは登ると言うことだ。
無理かも・・限界は超えてる・・と、もがくわたくし。
「経筥石」?
「経函石」?どっちだ? ここめっちゃ興味あるけど今の体力では無理ですな(_ _)
3
第63靡「普賢岳」
ここが大普賢岳山頂と思い登ってきたら違って一挙力尽きた〜。
今日は睡眠不足と若干の体調不良でいつもより心肺機能がダメ。
ここで名案「荷物 ここに置いてけばいいやん!」なんで
もっと早くこのことに気づかなかったのかと悔やまれる。
2016年04月30日 11:00撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第63靡「普賢岳」
ここが大普賢岳山頂と思い登ってきたら違って一挙力尽きた〜。
今日は睡眠不足と若干の体調不良でいつもより心肺機能がダメ。
ここで名案「荷物 ここに置いてけばいいやん!」なんで
もっと早くこのことに気づかなかったのかと悔やまれる。
2
まぁ〜〜ったく疲れを知らぬS氏。
2016年04月30日 11:03撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まぁ〜〜ったく疲れを知らぬS氏。
2
快調に飛ばしていく〜〜。
身軽になった私だけど足はやっぱりか〜〜なり重い!!
2016年04月30日 11:05撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快調に飛ばしていく〜〜。
身軽になった私だけど足はやっぱりか〜〜なり重い!!
3
霧氷ですわ!
2016年04月30日 11:09撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷ですわ!
3
3つの分岐点。
2016年04月30日 11:10撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3つの分岐点。
2
真ん中を登ると。
2016年04月30日 11:10撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中を登ると。
1
「大普賢岳山頂」1780.1m
がんばりました!!わたくし。
2016年04月30日 11:17撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「大普賢岳山頂」1780.1m
がんばりました!!わたくし。
4
「三角点」にタ〜ッチ!
2016年04月30日 11:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「三角点」にタ〜ッチ!
2
「弥山〜釈迦ヶ岳」方面。
2016年04月30日 11:16撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「弥山〜釈迦ヶ岳」方面。
4
「大台ヶ原」方面。
2016年04月30日 11:22撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「大台ヶ原」方面。
4
「山上ヶ岳〜稲村ヶ岳」方面。
2016年04月30日 11:18撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「山上ヶ岳〜稲村ヶ岳」方面。
3
頑張って戻ってます!
2016年04月30日 12:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頑張って戻ってます!
2
「ひぇぇぇぇ〜〜〜!しんどい!!」
2016年04月30日 12:25撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ひぇぇぇぇ〜〜〜!しんどい!!」
2
やっと阿弥陀ヶ森まで戻ってきました。
2016年04月30日 12:46撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと阿弥陀ヶ森まで戻ってきました。
2
ここで「地形図とコンパス」を実践してみる。
「伯母谷覗」はどちらに進めば良いか?
2016年04月30日 12:53撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで「地形図とコンパス」を実践してみる。
「伯母谷覗」はどちらに進めば良いか?
4
何て花ですか?
2016年04月30日 13:33撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何て花ですか?
2
こんなに小さな花です。
2016年04月30日 08:51撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなに小さな花です。
1
「小篠の宿」の水場。
これを知っていれば持って行く水を半分に減らせたね(>_<)
2016年04月30日 13:34撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「小篠の宿」の水場。
これを知っていれば持って行く水を半分に減らせたね(>_<)
3
5〜6張りのテントが有りました。
2016年04月30日 13:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5〜6張りのテントが有りました。
2
大普賢岳から戻る道中も5〜6人の20kg程のリュックを担がれた人とすれ違いました。熊野大社本宮まで行くという人もおられました。重い荷物を担がれ頑張ってる姿に元気を貰いました。
2016年04月30日 13:39撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大普賢岳から戻る道中も5〜6人の20kg程のリュックを担がれた人とすれ違いました。熊野大社本宮まで行くという人もおられました。重い荷物を担がれ頑張ってる姿に元気を貰いました。
2
「スミレ」
2016年04月30日 14:33撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「スミレ」
1
間もなく山上ヶ岳到着です。
2016年04月30日 14:35撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなく山上ヶ岳到着です。
2
ここまで戻ってくると何故かホッ!としました。
2016年04月30日 14:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで戻ってくると何故かホッ!としました。
4
戸開式の準備をされてます。
2016年04月30日 14:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸開式の準備をされてます。
2
行きはスルーした「西ノ覗」から。
せっかく来たのにここからの展望を楽しまないと。
2016年04月30日 15:07撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きはスルーした「西ノ覗」から。
せっかく来たのにここからの展望を楽しまないと。
4
金剛・葛城・二上山 夕方もよく見えてました。
2016年04月30日 15:07撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金剛・葛城・二上山 夕方もよく見えてました。
4
下りは階段の多い方で。
2016年04月30日 15:17撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは階段の多い方で。
2
「ミヤマカタバミ」
2016年04月30日 15:29撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ミヤマカタバミ」
2
すでにわたしの体力の限界は超えてます。
洞辻茶屋で休息とストレッチ 少しのことだけど体力回復。
2016年04月30日 15:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すでにわたしの体力の限界は超えてます。
洞辻茶屋で休息とストレッチ 少しのことだけど体力回復。
3
「あ〜〜〜良い鍛錬だった!」と全く疲れてないS氏。
2016年04月30日 15:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「あ〜〜〜良い鍛錬だった!」と全く疲れてないS氏。
4
ここで奥駈道とはお別れです。
2016年04月30日 15:43撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで奥駈道とはお別れです。
2
やっと下りてきました。
が、ここまでの間、「何でこんなしんどいことしてるん??」と自問。山歩きをはじめから初めてですこんなマイナーな思考になったの。
2016年04月30日 16:42撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと下りてきました。
が、ここまでの間、「何でこんなしんどいことしてるん??」と自問。山歩きをはじめから初めてですこんなマイナーな思考になったの。
2
長い道のりでした〜〜。
長い時間でした〜〜。
2016年04月30日 16:43撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い道のりでした〜〜。
長い時間でした〜〜。
3
「え〜〜もう終わりなん??! 全然しんどくないんやけど」
と、ぬかしよるS氏。
「おかしいとちゃうか?!ほんまに〜」
2016年04月30日 16:44撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「え〜〜もう終わりなん??! 全然しんどくないんやけど」
と、ぬかしよるS氏。
「おかしいとちゃうか?!ほんまに〜」
2

感想/記録

「北大峯奥駈道」のまだ行けていない山上ヶ岳〜大普賢岳間を頑張って歩きました。
1.清浄大橋から大普賢岳のピストンか?
2.清浄大橋から阿弥陀ヶ森のピストンか?
3.和佐又山ヒュッテ〜清浄大橋へか?の3つの行程を考えました。
楽で一挙に行ってしまえる3.ですが2台の車で登り口と下山口の移動時間を考えるとちょっと考えてしまいます。
と言うことで2.で行く予定が結局は1.の行程を行ってしまいました。
体力的にはきつかったですが怪我なく無事下りてこられて良かったです。
あとは、明星ヶ岳〜釈迦ヶ岳間です。
これは今回のようなわけには行きません。皆さんのレコを参照させてもらい計画します。
訪問者数:251人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/1
投稿数: 1297
2016/5/1 20:15
 20キロオーバー!!
Yanyan7さん sansho0101さん こんばんは〜

すごい歩きましたね〜 20キロオーバーじゃーないですか
歩き足りないって、すっごい体力ですね、脱帽!
 わが夫婦なら思わず3番ですよ! すっごい!

明星ヶ岳〜釈迦ヶ岳間も先に行って来てくださいね〜
期待してま〜す。(未熟者ですいませ〜ん)
登録日: 2015/3/13
投稿数: 485
2016/5/1 22:54
 Re: 20キロオーバー!!
こんばわ〜chasseさん、奥さん。

限界ぎりぎりでした〜(。・ω・。)
2.or3.にすべきでした。無理することは山では危険行為ですね。反省!
S氏は普通じゃないです・・約4ヶ月ぶりお山なのに。

明星ヶ岳〜釈迦ヶ岳 遠慮されずどうぞどうぞ〜〜お先に行って下さい。(笑)
登録日: 2015/6/8
投稿数: 11
2016/5/1 22:57
 Re: 20キロオーバー!!
歩数40,000歩、走行距離30劼任靴拭 天候、気温良く最高でした(笑)。
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2011
2016/5/1 23:50
 奥駈道繋ぎ
Yanyan7さん、 sansho0101さん、こんばんは〜

山上ケ岳〜大普賢岳間はけっこう平坦な道が続く快適な道程だったでしょ!?
でも、春の暖かさに身体が順応してないと距離が長いだけにキツかったかも知れませんね。お疲れさまでした!!

いよいよ明星ケ岳〜釈迦ケ岳間をどうやって埋めるかですね
楽しみにしてますよ〜
登録日: 2015/3/13
投稿数: 485
2016/5/2 0:44
 Re: 奥駈道繋ぎ
こんばんは〜yamaotocoさん。

いや〜〜ぁ〜 この間だけを歩くなら気持ち良い道ですが
トータルとなると私にはかなりきつかったです
でも天気が良くて助かりましたね〜。

残してる区間はかなり厳しいですよね
yamaotocoさんも苦労されてたし・・・どうしましょうかねぇ?!
ご指導下さいね!!
いや、ご同行していただければ一番助かりますね
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 1747
2016/5/2 6:25
 修行なっ!
Yanyan7さん、sansho0101さん、こんにちは。
戸開け直前の大峯山寺を過ぎて、10時間の濃ゅい一日を過ごされたのですねぇ。
大普賢岳から最後の登り、確か100mとの表記が・・、長い長い、行者環岳へのアタックも100m、同じく釈迦ヶ岳の最後の急登にも100m、どこも絶対もっとある!と思ってる(実際、もっとあるハズ)。私は、お山へ行くようになって「人を信用しなくなりました!」、。
登録日: 2015/3/13
投稿数: 485
2016/5/2 10:44
 Re: 修行なっ!
「修行なっ!」
そうそう 私は「山伏」だったこと忘れてた➰❗
……「お〜い❗ 違うやろ✨」
でも、体力無さで落ち込んだ気持ちが救われましたp(^-^)q

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ