ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 856089 全員に公開 山滑走尾瀬・奥利根

燧ヶ岳

日程 2016年04月30日(土) [日帰り]
メンバー miaomiao
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
parking 御池駐車場。まだ料金は徴収されませんでした。

朝の時点で七入から先はところどころシャーベット状に雪が残っており、御池ゲートから駐車場にかけては完全に雪道になっていました(帰る頃にはすっかり乾いていましたが)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間20分
休憩
39分
合計
3時間59分
S御池登山口08:5911:1911:5812:58山の駅御池&御池ロッジG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
8:59 御池登山口 -> シール登行
(最初の急斜面で10分ほどシートラーゲン)
11:19-11:58 俎 -> スキー滑降
(熊沢田代から1986点への登り返しで3分ほど板を持って歩く)
12:58 御池登山口
その他周辺情報spa 古町温泉 赤岩荘 600円
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 [スキー板/ビンディング/靴] MADSHUS:EPOCH/Burnt Mt. Designs :Lite Spike 3pin/Scarpa: T2 '13モデル

写真

御池駐車場
2016年04月30日 08:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池駐車場
1
最下部はヤブだらけ
2016年04月30日 09:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最下部はヤブだらけ
1
広沢田代への登り
2016年04月30日 09:12撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広沢田代への登り
広沢田代。ツボ足で池塘を踏み抜く人も
2016年04月30日 09:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広沢田代。ツボ足で池塘を踏み抜く人も
1
時々晴れ間も見えるように
2016年04月30日 09:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々晴れ間も見えるように
1
1986点への登り。この辺りは霧氷がきれい
2016年04月30日 10:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1986点への登り。この辺りは霧氷がきれい
1
1986点より燧ヶ岳。山頂はガスがとれない
2016年04月30日 10:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1986点より燧ヶ岳。山頂はガスがとれない
熊沢田代。一見雪はあるようだが昨日の雪がうっすら被ってるだけ
2016年04月30日 10:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊沢田代。一見雪はあるようだが昨日の雪がうっすら被ってるだけ
1
いったん樹林帯に入る
2016年04月30日 10:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いったん樹林帯に入る
森林限界へ
2016年04月30日 10:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界へ
沢の間はヤブが目立つ
2016年04月30日 10:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の間はヤブが目立つ
まさか今年この時期にラッセルになるとは
2016年04月30日 11:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まさか今年この時期にラッセルになるとは
1
まもなく俎瑤慮
2016年04月30日 11:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まもなく俎瑤慮
肩の広場から俎瑤離櫂舛
2016年04月30日 11:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の広場から俎瑤離櫂舛
山頂より尾瀬沼
2016年04月30日 11:46撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より尾瀬沼
2
尾瀬ヶ原と至仏山
2016年04月30日 11:46撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原と至仏山
2
こちらは柴安
2016年04月30日 11:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは柴安
2
山頂の祠と越後三山
2016年04月30日 11:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の祠と越後三山
滑降開始。重めだけどパウダーです
2016年04月30日 12:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑降開始。重めだけどパウダーです
1
沢は新雪が溜まってる
2016年04月30日 12:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢は新雪が溜まってる
楽しい斜面でした
2016年04月30日 12:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しい斜面でした
1
大斜面下部はトラバース気味に
2016年04月30日 12:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大斜面下部はトラバース気味に
1
途中の樹林帯も快適
2016年04月30日 12:12撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の樹林帯も快適
熊沢田代へ滑り込む
2016年04月30日 12:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊沢田代へ滑り込む
1
1986点からの滑降。いい斜面だがだいぶ荒れている
2016年04月30日 12:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1986点からの滑降。いい斜面だがだいぶ荒れている
1
広沢田代から先もしばらくは快適
2016年04月30日 12:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広沢田代から先もしばらくは快適
最後はヤブだが、スキーを外さずに滑り通せる
2016年04月30日 12:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後はヤブだが、スキーを外さずに滑り通せる
着きました。小屋側のほうがヤブは少なかった
2016年04月30日 12:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着きました。小屋側のほうがヤブは少なかった
1

感想/記録

GWは今年もまた鳥海山。その前に燧ヶ岳に寄ってひと滑りすることにしました。庄内地方はまだしばらく天気が悪いみたいですが、こちらはそこそこ好天が期待できるようでしたので。
(実際のところ着いた時点では吹雪いており、その後もときおり日が射す程度でしたが)

昨日の降雪により山は真っ白にリセットされていました。例年ならさして珍しくないのですが、今シーズンここにきてまさかの新雪です。
この時期の新雪はすぐに腐ってしまい、むしろ降らないでくれたほうがありがたいのですが、この日は終日気温が上がらず、滑る時点でもパウダー状態を保っていました。上部で30cmほど、沢はさらに多くの新雪が吹き溜まっており、おかげで季節外れのパウダーランを楽しむことができました。

一方、雪が少ないことに変わりはありませんので、場所によってはヤブがそれなりに目立ちます。特に最初の急斜面から下はかなりうるさく、ここで滑走をあきらめて板を担ぐ人たちもいました。いちおう雪はつながってますので、技術があれば(なくてもその気になれば) 駐車場までスキーを外さずに滑り通すことはできます。
森林限界より上も、沢と沢の間はヤブがけっこう出ていました。山頂までいくつか沢を横切らなければならないため、ルートを選ばないと途中ヤブに突き当たってしまいます。

ともあれ、山頂往復だけでは多少物足りなく感じるこのコースも、新雪のおかげでだいぶ楽しむことができました。本当はナデッ窪など他の斜面も滑りたかったのですが、それはまた今度、残雪が多くて雪の落ち着いた時にとっておきましょう。
訪問者数:298人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

森林限界 ガス 吹雪 霧氷 池塘
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ