ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 856287 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲信越

涸沢岳西尾根途中撤退

日程 2016年04月29日(金) 〜 2016年04月30日(土)
メンバー kousan8181
天候4/29(金)小雨から曇り…4/30(晴れから夕方は雨)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新穂高温泉無料駐車場は半分ほど空いていました!
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間1分
休憩
1時間29分
合計
7時間30分
S新穂高温泉無料駐車場08:4008:50新穂高登山指導センター09:1609:43小鍋谷ゲート10:30穂高平小屋11:0011:47白出沢12:0012:10涸沢岳西尾根取付12:35標高1650mは笹藪12:4514:35標高1930mは岩稜14:4516:10標高2170mでテント泊
2日目
山行
7時間13分
休憩
1時間7分
合計
8時間20分
テント場06:3007:26標高2210m地点で撤退!07:4010:00標高2000m補助ロープ10:1311:13標高1820m展望台12:10白出小屋12:3013:15穂高平小屋13:3514:50新穂高温泉無料駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
地図は手書き入力〜
コース状況/
危険箇所等
西尾根の標高1700m付近まで雪解けの笹藪と残雪帯は凍結状態と岩稜のミックスでした。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 着替え ザック ザックカバー アイゼン ピッケル スコップ 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ ヘルメット
共同装備 ロープ ハンマーバイル ワカン 携帯充電器
備考 装備や食糧とその他の軽量化に失敗する!

写真

新穂高温泉無料駐車場〜まだ雨が降って連休初日は、がら空きです。蒲田川は増水して凄い勢いです。
2016年04月29日 07:31撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新穂高温泉無料駐車場〜まだ雨が降って連休初日は、がら空きです。蒲田川は増水して凄い勢いです。
「憧れと忍耐」は去年の春〜今年は「体力の限界に挑む」…登山届けを出すと「名刺ほどの下山カード」を貰いました。〜ロープウェイ入り口でザックを量ると24キロに軽量化失敗を悟り暗雲漂う!
2016年04月29日 08:50撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「憧れと忍耐」は去年の春〜今年は「体力の限界に挑む」…登山届けを出すと「名刺ほどの下山カード」を貰いました。〜ロープウェイ入り口でザックを量ると24キロに軽量化失敗を悟り暗雲漂う!
雨に煙る穂高平小屋で雨宿り〜入り口は開いており開放中?晴れないので、泊まりたい気分です。
2016年04月29日 10:23撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨に煙る穂高平小屋で雨宿り〜入り口は開いており開放中?晴れないので、泊まりたい気分です。
雨上がりの「白出沢」と涸沢岳西尾根末端です。手前の沢水を1.5lリットル追加(3時間遅れなので雪が期待出来ないかもと泣く泣く担ぐ!)
2016年04月29日 12:00撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨上がりの「白出沢」と涸沢岳西尾根末端です。手前の沢水を1.5lリットル追加(3時間遅れなので雪が期待出来ないかもと泣く泣く担ぐ!)
劇的に天気回復も笹藪は雨粒に湿り濡れる。ルートは明瞭も笹藪が段々と深くなり背丈を越える。倒木が多く乗り越えが煩わしい。
2016年04月29日 13:11撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
劇的に天気回復も笹藪は雨粒に湿り濡れる。ルートは明瞭も笹藪が段々と深くなり背丈を越える。倒木が多く乗り越えが煩わしい。
やっと待望の雪が現れるたが氷化しておりアイスクライミングです。
2016年04月29日 15:10撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと待望の雪が現れるたが氷化しておりアイスクライミングです。
痩せ尾根に安全場所を見つけテントを張る。周囲の雪をかき集め何とか整地完了〜(標高2170m)
2016年04月29日 17:14撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せ尾根に安全場所を見つけテントを張る。周囲の雪をかき集め何とか整地完了〜(標高2170m)
1
二日目は三時起床〜体調不良で夜明け前の出発が遅れる。
2016年04月30日 06:38撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二日目は三時起床〜体調不良で夜明け前の出発が遅れる。
足取りが重く、撤退を決める。
2016年04月30日 07:30撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足取りが重く、撤退を決める。
下山開始後の痩せ尾根から西穂高方向を眺める。
2016年04月30日 08:03撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始後の痩せ尾根から西穂高方向を眺める。
振り返って西尾根上部の景色
2016年04月30日 08:04撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って西尾根上部の景色
奥丸山方向
2016年04月30日 08:04撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥丸山方向
抜戸辺り
2016年04月30日 08:05撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
抜戸辺り
新しい補助ロープが張られて遭難対策されてます。(標高2000m)
2016年04月30日 10:01撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しい補助ロープが張られて遭難対策されてます。(標高2000m)
アイゼンとバイルで慎重に下山します。
2016年04月30日 10:01撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼンとバイルで慎重に下山します。
西尾根は下りの方が危険です。撮影以外はヘルメットを被っています!
2016年04月30日 11:36撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西尾根は下りの方が危険です。撮影以外はヘルメットを被っています!
もう笹藪は薄く登山ルートのようです。
2016年04月30日 11:36撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう笹藪は薄く登山ルートのようです。
西尾根取付部〜今年の春は終わりを告げる。
2016年04月30日 12:01撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西尾根取付部〜今年の春は終わりを告げる。
誰も来ない 昼下がりの牧場前で少し寝ていました。
2016年04月30日 13:17撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰も来ない 昼下がりの牧場前で少し寝ていました。
下山カードを提出。〜後悔はありません?とりあえず無事終了。
2016年04月30日 14:40撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山カードを提出。〜後悔はありません?とりあえず無事終了。
平湯で温泉へ〜入浴後は雨が本降りとなる。
2016年04月30日 15:42撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平湯で温泉へ〜入浴後は雨が本降りとなる。

感想/記録

『天気回復の中で安全重視路線に舵を切ると「蒲田富士」にも届かない中で撤退を決める。』
計画は「涸沢岳〜西穂高岳迄の縦走」二泊三日でした。…前日の大雨に蒲田川の増水を眺め出発する!初日は焦らずマイペースも藪山と岩稜帯+アイスバーンが出没する。…二日目は体力勝負と三時起床も食事後に胸やけを起こし出発が遅れる。食糧や水を消費して少し軽い筈のザックを背負って登り出す。しかし岩稜帯をアイゼン登攀が続くと足取り重く立ち止る。息切れではこの先は危険と思いとどまる!…(電話の電波状態が良くメールで家内に下山を告げる)
以外と、さっぱり感と山に背を向け下り出す!
下りは慎重に昨日のトレースを辿ります。「トウヒ」の倒木越えが以外と厄介〜笹藪も滑りやすい!無事に登山道に出て白出沢から西尾根を眺め別れを告げる。〜今回は記録無しも仕方ないと諦める。
訪問者数:89人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ