ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 856331 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

金峰山

日程 2016年04月30日(土) [日帰り]
メンバー ken_tsukasa
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
県営無料駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間57分
休憩
53分
合計
9時間50分
Sみずがき山荘05:1806:02富士見平小屋06:0306:40鷹見岩分岐06:4106:52大日小屋06:5307:23大日岩07:2808:43砂払の頭08:4409:07千代の吹上09:0809:15金峰山小屋分岐09:54五丈石10:0210:10金峰山10:1110:20五丈石10:3310:49金峰山11:24金峰山小屋11:2511:42金峰山小屋分岐11:4311:51千代の吹上12:07砂払の頭12:1513:36大日小屋13:47鷹見岩分岐13:4814:23富士見平小屋14:3315:08県営無料駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
みずがき山荘からピストン
コース状況/
危険箇所等
山頂付近はアイゼンが必要な箇所があります。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

備考 火が付くコンロ!

写真

感想/記録

GW最初の登山は、ハードルを上げて金峰山へ。
朝から登るつもりで、SAで車中泊。
5時には無料駐車場についたのですが、ほぼ満車状態でしたが、1か所空いていました。
登山口には4時間と書いてあったので、8時間以内で戻れると心構えをしてスタート。
最初から結構、しんどい。薄着できていたが、とても寒く、鼻水が・・・。
息は苦しかったが、なんとか山小屋まで到着。結構来たかとおもったら、まだ1/3程度。
今年は2度目の登山。年末年始から運動もさぼり気味の肉体には、相当きつい。
山荘を超えたところで、大きな岩に遭遇。
おー、結構、岩山ってインパクトありますね。
倒木を乗り越え、どんどんいくも、なかなか付かず、
意識が飛びそうになりがら、仕事のことを浮かべつつ、ひたすら歩く。
でました、そびえたつ岩山、こんなところロッククライミングしたら楽しいだろうなとも思いながら、やったこともない自分は、シミュレーションだけして楽しみました。
富士山も、結構大きく見えます。感動です。
そうこう歩いていると、やっと山頂が。
ここも巨大な岩がたくあん。感動と疲労が・・・
ここでお昼と思い、前日に仕込んだ焼きそばでも・・・あ、コンロに火がつかない!
何度もトライするがガスの音だけがむなしくシューシューとなるだけ。
焼きそばは諦めて、おにぎりだけ食べました。
体はだいぶだるく、写真を取る気力がなく、帰りは少しでも楽にと思って眼下にみえた山荘経由で下山。
ところがどっこい、あまり人が通らない道を歩くことになるため、雪が残っているわ、道は狭いわで、移動速度は上がらず、すべらないように神経をすり減らし歩く。
まだかまだか、と下山すると、まだまだと、出口はみえない。。。
女性だけのパーティーと、抜き抜かれ、一緒に来たかの如く、歩きました。
途中元気な年配者夫婦(複数組いました)に抜かれ、あんな風な夫婦になれたらと思いながら、痛む足を抱え、ひたすら下山しました。
寝不足もあり、体力の限界もありながら、ハイテンションで自宅まで帰宅。
シャワーを浴びて、酒ので、寝ました。

大変だったけど、楽しかった1日です。
今度は、もっと体力付けてからきます!
訪問者数:533人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン ガス 倒木 テン 車中泊
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ