ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 856423 全員に公開 トレイルラン伊豆・愛鷹

天城山 & 伊豆山稜線歩道

日程 2016年04月30日(土) [日帰り]
メンバー aquody
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間56分
休憩
28分
合計
9時間24分
S天城高原BS09:0709:15四辻09:41万二郎岳09:51馬の背09:57石楠立10:11万三郎岳10:15万三郎岳下分岐10:26戸塚山(小岳)10:36戸塚峠10:47白田峠11:10八丁池11:1111:15展望台11:1711:50向峠12:03天城峠12:0612:36二本杉峠(旧天城峠)12:50滑沢峠13:15三蓋山13:26ツゲ峠13:56猫越峠14:13猫越岳14:18猫越岳山頂の池14:1914:24猫越岳展望台14:3714:48後藤山14:56なべ石15:00仁科峠15:22宇久須峠15:47魂の山15:5316:48棚場山17:01船原峠17:36伽藍山17:49古稀山17:54達磨山登山口(西伊豆スカイライン)18:05達磨山18:0718:14達磨山北駐車スペース18:22小達磨山18:31戸田峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 靴:ゲルフジトレーナー3

写真

縦走路入口。準備に手間取り出遅れたおかげで、このあと人を抜くのが大変だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路入口。準備に手間取り出遅れたおかげで、このあと人を抜くのが大変だった
万二郎岳。眺望無し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万二郎岳。眺望無し
うーん、奥が万三郎だと思うんだけど、ガスで眺望が冴えないなあ。晴れ予報狙って来たのだけど…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うーん、奥が万三郎だと思うんだけど、ガスで眺望が冴えないなあ。晴れ予報狙って来たのだけど…
万三郎岳山頂。ここも眺望なし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万三郎岳山頂。ここも眺望なし
万三郎を過ぎると格段と人が減って快適
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万三郎を過ぎると格段と人が減って快適
豆桜? 散った花びらが登山道を彩っていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
豆桜? 散った花びらが登山道を彩っていた
八丁池、ここまで2時間は珍しく計画どおりだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁池、ここまで2時間は珍しく計画どおりだ
見晴台から八丁池
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴台から八丁池
万三郎からは走れる道が続く。それはそれで快適なのだけれど、走り続けるのはなかなかしんどい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万三郎からは走れる道が続く。それはそれで快適なのだけれど、走り続けるのはなかなかしんどい
天城峠。まさに峠って感じ。風の通り道。ここまで3時間以内、序盤は調子よいのだけど。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天城峠。まさに峠って感じ。風の通り道。ここまで3時間以内、序盤は調子よいのだけど。
稜線が見える@天城峠。天気回復の兆しか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線が見える@天城峠。天気回復の兆しか
二本杉峠、旧天城峠だそうだが、何で”旧”なのかよくわからない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二本杉峠、旧天城峠だそうだが、何で”旧”なのかよくわからない
たまに登りがあるとしんどい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまに登りがあるとしんどい
ツゲ峠を越えたあと、視界が開けてようやく富士山を拝めた。嬉しい。富士山見られなければここに来た意味がない。俄然、やる気が出る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツゲ峠を越えたあと、視界が開けてようやく富士山を拝めた。嬉しい。富士山見られなければここに来た意味がない。俄然、やる気が出る
まるで近所の裏山走ってるような雰囲気
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まるで近所の裏山走ってるような雰囲気
それにしても本当に平坦。新緑綺麗
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしても本当に平坦。新緑綺麗
猫越岳への登りだが、たかが100m足らずに足が止まる。25kmを越えるとペースががくんと落ちる気がする
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猫越岳への登りだが、たかが100m足らずに足が止まる。25kmを越えるとペースががくんと落ちる気がする
猫越(ねっこ)岳山頂、とくに何もないのでスルー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猫越(ねっこ)岳山頂、とくに何もないのでスルー
すぐ、猫越岳山頂の池。ここも水たまりがあるだけです。猫越岳は火山の残骸だそうだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ、猫越岳山頂の池。ここも水たまりがあるだけです。猫越岳は火山の残骸だそうだ
メインはここ、猫越岳展望台。いやーすごい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メインはここ、猫越岳展望台。いやーすごい!
これは下田の方面でしょうか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは下田の方面でしょうか
こっちは松崎?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちは松崎?
ちょこっと見えてるのが天城山だと思うのだけど。まあ、晴れてよかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょこっと見えてるのが天城山だと思うのだけど。まあ、晴れてよかった
どうみてもあれが達磨山。あんなとこまで行くの? いや、いくら平坦でも遠すぎる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうみてもあれが達磨山。あんなとこまで行くの? いや、いくら平坦でも遠すぎる
なんかいい感じの笹の葉トレイルなんだけど、走ってるほうは必死です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんかいい感じの笹の葉トレイルなんだけど、走ってるほうは必死です
仁科峠の展望台から、先ほどまでいた猫越岳方面を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仁科峠の展望台から、先ほどまでいた猫越岳方面を望む
道路との合流が仁科峠
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路との合流が仁科峠
仁科峠→風早峠
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仁科峠→風早峠
左が魂の山、右が棚場山か
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左が魂の山、右が棚場山か
中央右に宇久須峠の東屋がある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央右に宇久須峠の東屋がある
奥はたぶん天城山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥はたぶん天城山
魂の山(こんのやま)山頂。ヘロヘロだ。もう16時なんだけど、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魂の山(こんのやま)山頂。ヘロヘロだ。もう16時なんだけど、
達磨山はまだあんなに遠い…。終バスに間に合うか微妙だ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
達磨山はまだあんなに遠い…。終バスに間に合うか微妙だ
土肥峠。ここでエスケープしたい誘惑にかられる。山稜線歩道はこんな感じの暗い林間トラバース道が大半で、視界の開けた稜線上は意外と少ない印象だ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土肥峠。ここでエスケープしたい誘惑にかられる。山稜線歩道はこんな感じの暗い林間トラバース道が大半で、視界の開けた稜線上は意外と少ない印象だ
17時、船原峠。計画から45分遅れ。残りCT160分のところを100分で行く必要がある(が、このときはそんな計算もできないくらい疲労で参っていた)。今のペースを考えると非常に危ういが、ためらう暇があったら前に進むしかない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17時、船原峠。計画から45分遅れ。残りCT160分のところを100分で行く必要がある(が、このときはそんな計算もできないくらい疲労で参っていた)。今のペースを考えると非常に危ういが、ためらう暇があったら前に進むしかない
船原峠からは並行するロード上を行くことが多くなる。伽藍山もロード上にあった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船原峠からは並行するロード上を行くことが多くなる。伽藍山もロード上にあった
うーん、素晴らしい眺めなんだけど、感傷に浸る余裕もない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うーん、素晴らしい眺めなんだけど、感傷に浸る余裕もない
いよいよ最後のピーク達磨山が近づいてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ最後のピーク達磨山が近づいてきた
天城山も夕日に染まる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天城山も夕日に染まる
稜線上は強風吹き荒れる。さすがに寒い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上は強風吹き荒れる。さすがに寒い
18時過ぎ、達磨山山頂着。どうなることかと思いつつ全力で走ってきたけれど、ここでようやく安堵できた。1851終バスには何とか間に合いそうだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
18時過ぎ、達磨山山頂着。どうなることかと思いつつ全力で走ってきたけれど、ここでようやく安堵できた。1851終バスには何とか間に合いそうだ
日が長くなってとても助かりました。太陽って大きい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が長くなってとても助かりました。太陽って大きい
終バス20分前に戸田(へだ)峠BS着、明るいうちに辿り着いて助かった。このあとすぐ真っ暗になった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
終バス20分前に戸田(へだ)峠BS着、明るいうちに辿り着いて助かった。このあとすぐ真っ暗になった

感想/記録
by aquody

富士山に向かって走る伊豆山稜線歩道に挑戦、しかし終バスギリギリでヘロヘロ、力不足を痛感。

伊豆山稜線歩道はトレランのコース紹介によく出てくるので、かねてから行ってみたいコースのひとつだった。せっかく伊豆まで行くのなら天城山もセットで、と欲張ってみたのです(貧乏性は治りません)。当初は戸田峠から南下するルートを考えていた。40km超は僕にはしんどいので、調子によっては天城峠でエスケープできるようにしておきたかったのだ。しかしどうせならやはり富士山に向かって走りたい、という誘惑に負けた。というわけで天城高原から天城山を経由して天城峠から北上するルートになった。

東京方面から電車で行くと、0745伊東着が天城高原行きバスの0755始発にちょうど接続する。さすがに連休の晴れ日とあって、改札へまっしぐらに殺到する登山者たちでいっぱいです。バスは観光バス型1台で、立ち席も入れて全員乗れたので50人くらいだろうか。乗ってるだけで高度1,000mまで運んでくれるなんて本当にありがたい。

戸田峠から修善寺駅までのバスも本当にありがたい。すでに暗くなった山道をバスに揺られてると、もしこれだけの距離走れと言われてもまったく不可能だったと独り言ちた。寒くて手の指先の感覚が戻らなかった。修善寺温泉に浸かって行きたいところなのだけどもうその余力すらない。

長距離になると、標準CTx0.5の壁を越えられない。

天城高原→天城峠 14.7km 率0.43 (自己176分/CT 410分)
天城峠→仁科峠   12.2km 率0.55 (自己160分/CT 290分) 
仁科峠→戸田峠   15.7km 率0.62 (自己211分/CT 355分)

感覚的には22~25kmあたりを境にしてペースが落ちる気がしているが、数字を出してみると中盤でも着実に遅くなっているんだなあ。レースともなれば、40km全行程をCTx0.45程度のペースで走り抜けないと制限時間内に完走できない。今の僕ではまだその域に達していない、ということだろう。トップランナーは僕の倍のスピードで走るわけだが、どうあがいてもその足元にも及べそうにない。

水分:持参2.5L、消費2.0L。食料消費:おにぎりx1、稲荷x3、大福x1、すあまx1、羊羹小x1、煎餅小袋x1、塩飴
訪問者数:374人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 高原 スギ 東屋
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ