ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 856489 全員に公開 ハイキング丹沢

玄倉〜境隧道〜山神峠〜伊勢沢ノ頭〜雨山峠〜寄

日程 2016年04月30日(土) [日帰り]
メンバー LE21
天候快晴+ガス
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:7:30 新松田駅発西丹沢行き 満員
帰り:15:40 寄発新松田駅行き 全員着席
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち39%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間49分
休憩
47分
合計
6時間36分
S玄倉駐車場08:2908:56小川谷出合(白井平)08:5809:06玄倉林道ゲート09:0710:43大撫ノ丸11:0011:10山神峠11:2211:56伊勢沢ノ頭12:0112:21檜岳12:2212:46雨山12:4713:10雨山峠13:1213:39寄コシバ沢13:44釜場ノ平13:4614:21後沢出合14:30水源の森・公衆トイレ14:3114:57宇津茂公衆トイレ15:0215:0515:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
08:29 玄倉BS
08:29 移動の開始
08:57 小川谷出合
11:17 山神峠
11:56 伊勢沢ノ頭
12:21 檜岳
12:46 雨山
13:12 雨山峠
15:03 寄BS
15:05 移動の終了
コース状況/
危険箇所等
痩せている個所が数か所あり。
山神峠直前の954ピークを巻くルート(山と高原地図2016のルート)は崩落個所あり。954ピーク直前から降下するルート(西丹沢登山詳細図のルート)のほうが安全。
その他周辺情報寄バス停付近でこいのぼりが気持ちよさそうに泳いでいました。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ 靴下 グローブ 昼ご飯 飲料 地図(地形図) 保険証 携帯 時計 タオル

写真

県民の森の支持標識の先は崖と思いきや
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県民の森の支持標識の先は崖と思いきや
少し先に分岐がありました。
この分岐を右に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し先に分岐がありました。
この分岐を右に進みます。
結構歩いたつもりなのに、ユーシンはまだまだ先と。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構歩いたつもりなのに、ユーシンはまだまだ先と。
境隧道上部の尾根に繋がる道です。
ところどころ痩せている個所があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
境隧道上部の尾根に繋がる道です。
ところどころ痩せている個所があります。
トンネル上部を過ぎれば道は明瞭です。
このように階段が作られている個所もあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネル上部を過ぎれば道は明瞭です。
このように階段が作られている個所もあります。
銀竜草発見。
まだまだ顔を出したばかり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銀竜草発見。
まだまだ顔を出したばかり。
3
954ピークを巻く道です。
崩落個所まではこのように痩せた道が続きます。
途中、熊さんの痕跡がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
954ピークを巻く道です。
崩落個所まではこのように痩せた道が続きます。
途中、熊さんの痕跡がありました。
完全に落ちていた崩落個所です。
(でも今更ながら写真を見ると、虎ロープの少し下に踏み跡があるな)
山側、谷側とも傾斜がきつく、今回は巻くのを断念しました。
次回、ストックと簡易スパイク持参でチャレンジします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完全に落ちていた崩落個所です。
(でも今更ながら写真を見ると、虎ロープの少し下に踏み跡があるな)
山側、谷側とも傾斜がきつく、今回は巻くのを断念しました。
次回、ストックと簡易スパイク持参でチャレンジします。
954ピーク。
休憩するには丁度良い、感じのいい場所でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
954ピーク。
休憩するには丁度良い、感じのいい場所でした。
1
山神峠へは、鹿柵を右手に降下します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山神峠へは、鹿柵を右手に降下します。
祠の背後に降りてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠の背後に降りてきます。
お供え物あり。
祠は今にも崩壊しそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お供え物あり。
祠は今にも崩壊しそう。
四方にルートが伸びていますが、ユーシンと蕗平橋のルートは崩落しているとのこと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四方にルートが伸びていますが、ユーシンと蕗平橋のルートは崩落しているとのこと。
お手製道標その1。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お手製道標その1。

モノレール発見。
終点までモノレールを見ながら歩くことになります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モノレール発見。
終点までモノレールを見ながら歩くことになります。
お手製道標その2。
こちらは矢印が消えてしまっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お手製道標その2。
こちらは矢印が消えてしまっています。
1
途中の展望ポイント。
ガスが出ているのが残念ですが、丹沢湖が綺麗に見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の展望ポイント。
ガスが出ているのが残念ですが、丹沢湖が綺麗に見えました。
伊勢沢ノ頭到着。
ガスの中に入っているためとても寒い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊勢沢ノ頭到着。
ガスの中に入っているためとても寒い。
2
檜岳。
寒いのでさっさと通過します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜岳。
寒いのでさっさと通過します。
1
キノコ発見。
ニガクリタケに似ているような・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キノコ発見。
ニガクリタケに似ているような・・・
2
雨山。
ここもさっさと通過します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨山。
ここもさっさと通過します。
2
雨山峠手前からの鍋割山。
ガスが濃く残念な感じなので鍋割山は断念しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨山峠手前からの鍋割山。
ガスが濃く残念な感じなので鍋割山は断念しました。
雨山峠到着。あとは寄まで降りるだけです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨山峠到着。あとは寄まで降りるだけです。
1
成長の森では筍が出てきていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
成長の森では筍が出てきていました。
2
ウツギもいい感じで咲いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウツギもいい感じで咲いています。
1
寄バス停付近ではこいのぼりが元気に泳いでいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寄バス停付近ではこいのぼりが元気に泳いでいました。
1
バス停付近の八重桜。
そろそろおしまいみたいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停付近の八重桜。
そろそろおしまいみたいです。
2

感想/記録
by LE21

一度訪れてみたいと思っていた山神峠。
しかしながら、ルートを調べると、雨山橋からのルートは私には100%不可。蕗平橋からのルートはかなり危険。そうなると境隧道から伊勢沢ノ頭に登るルートが一番安全そうとなり歩いてみることに。

個人的に最も恐怖を感じた個所は境隧道上部です。
痩せているうえ高度感も相まって、高所恐怖症の私にはとてもつらく、写真も撮れずでした。(注意して歩けばそれほど危険ではないはず)
またトンネル上部尾根への取り付きは、痩せているうえに湿っぽく、雨天時の通行は避けたほうが良さそうです。
尾根に出てからは登る分には道がわかりにくいということもなく、普通にあるけます。ただ、傾斜は結構きつめです。

山神峠直前にある954ピークは、ピークを巻くルート(山と高原地図)とピーク手前を降下するルート(西丹沢登山詳細図)がありますが、ピークを巻くルートは途中崩落個所がありますので、ピーク手前を降下するルートが安全だと思います。

山神峠から伊勢沢ノ頭へのルートも特に不明瞭なところはありませんが、ここも傾斜は結構きつめですが、境隧道〜山神峠ほどではありません。

伊勢沢ノ頭〜寄は明瞭な道です。ただ、当日は寄沢の水量が多めで、渡渉ポイントがあまりありませんでした。これまで通った時は簡単にポイントを見つけられましたが、昨日は少しわかりにくかったです。
訪問者数:293人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ