ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 856736 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

雲取山

日程 2016年04月30日(土) 〜 2016年05月01日(日)
メンバー wataq
天候1日目晴れ 2日目晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
西東京バス 奥多摩〜鴨沢 ぎゅうぎゅう詰め増便あり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち46%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間2分
休憩
15分
合計
4時間17分
S鴨沢バス停09:2609:52丹波山村村営駐車場09:57小袖緑道あがり11:14堂所12:36ブナ坂12:5113:43奥多摩小屋
2日目
山行
4時間50分
休憩
14分
合計
5時間4分
奥多摩小屋04:0404:07小雲取山04:0804:44雲取山避難小屋04:48雲取山04:5805:02雲取山避難小屋05:0505:17小雲取山05:33ヨモギノ頭05:33奥多摩小屋07:04ブナ坂07:53堂所08:47小袖緑道あがり09:06鴨沢バス停09:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
バス停側のすぐ上で警察の方が登山届の受付してました。
方切れの道が多くちょっと怖いところがありましたが、コース全体は整備が行き届いています。
その他周辺情報鴨沢バス停の隣に食堂がありましたが朝はまだやっていませんでした。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]
2016年05月の天気図 [pdf]

写真

バスは満車、増便あり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスは満車、増便あり
2
登山口はいっぱいの人
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口はいっぱいの人
1
ここから本格的
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから本格的
ツツジが綺麗
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジが綺麗
1
巻き道を進めば
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻き道を進めば
ブナ坂で休憩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ坂で休憩
水場は少し下
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場は少し下
宿泊もと設置完了
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿泊もと設置完了
3
まずはビール!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずはビール!
日の出を見ようと早朝出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出を見ようと早朝出発
夜さようなら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜さようなら
1
太陽こんにちは
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太陽こんにちは
2
カスんでいますが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カスんでいますが
2
朝日を浴びます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日を浴びます。
1
ニャンコが日向ぼっこ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニャンコが日向ぼっこ
2

感想/記録
by wataq

今年初のテン泊はいろいろ迷いましたがいろんなサイトで紹介していて
アクセスの楽な雲取山へ

GWとあってさすが大混雑の奥多摩駅、電車の中も登山者でいっぱいでした。
駅を降りるものの「奥9」のバス路線のバス停は
既に大行列で、時間のバスには乗れずじまい。でも増便が沢山
出ていて何とかバスに乗りこみます。

鴨沢に着いたものの既に車でのアクセスの人と一緒になり
バス停が大混雑!しかもトイレも大行列をしていました。

さっさと用事を済まし、道具を調え鴨沢登山口の木製ゲートをくぐります。
少し上の駐在所では登山届を受け付けていました。

最初は舗装された道を歩きますが路面の硬さに足が痛い、、、
結構、坂がきつくここが一番つらかったかも、、、
一度、山道になりますが村営駐車場につくと又舗装された道、、、
でようやく登山口につきます。

途中の村営駐車場や路肩は車が多く少し遅いと止められない様な気がします。
登山道は片切れした緩やかな坂を登りつめます。途中廃屋や畑の
あとみたいなところを抜けます。
途中崩落気味の箇所もありましたが気を付けて行けば問題無しでした。

堂所に付きますが水場もそうでしたが「山と高原」アプリのGPSとは
少し場所がずれている感じでした。

途中七ツ石山への分岐前の道が少しキツイですが巻道に着くと
緩やかになり歩きやすくなります。でもここも片切れの道で少し注意が必要です。
すっくり進むとブナ坂へここで昼ごはんも兼ねながら大休憩を取ります。
唐松谷林道方面は崩落の為か通行止めになっていました。

ブナ坂から奥多摩小屋までは草原的な稜線で開放感があります。
富士山が見える稜線は、景色も良く気持がいい!
気持ちよく歩いているとヘリポートに到着、すぐそこが奥多摩小屋ですが
すでにこの辺からちらほらとテントが張られていました。
奥多摩小屋あたりまで行くとすでに沢山のテントが、、、
本来の予定では雲取山荘でテントを張ろうと思っていましたが
ここで一杯だと雲取山荘はどうなっているのかと、、、
ということで急遽こっちに張ることに決めさっさとテントを設営します。
この日は風も無くテントも節が楽ちん、前日は風と寒気で大変だったようですが、、
設営も終わり奥多摩小屋でビールを購入しグビっと飲んで一眠りします。

疲れが結構残っていたのか気付いたら夕方18時、夕食の準備に取り掛かります。
この日の夕食はレトルトカレーとチキンサラダを頂います。

少し風が冷たいので食事を済ましたら、すぐさまシュラフに入り暖を取ります。
温まってくるとそのまま寝落ちし気付いたら朝の3時
夕飯がおなかに残っていたのかも朝食は食べず朝日を見に山頂へ

久々にヘッテンをつけて登ります。少し林の方に目をやるとキラッと光る物が、、
よーく見ると鹿が朝食を取っていました。人慣れしているのか全然逃げる
気配なしこちらも気にせず先に進みます。

小雲取山の分岐付近からだんだんと周りは薄く明るくなり始めます。
あとは緩やかな坂を歩き最後の一登りをして雲取山避難小屋へ
山頂はちょっと脇に有りますが既にご来光待ちの人々でいっぱい
ベストポジションは取れませんでしたが、場所が取れでシャッターチャンスを待ちます。

4:50頃明け明るい西の空から太陽が顔を出します。
その瞬間ご来光待ちの人々から歓声が上がりシャッターを切り始めます。
自分も何とかご来光を頂き下山を開始します。

いったん、奥多摩小屋までおり朝食を食べます。この日の朝食はパスタとバターロール
最後にコーヒーを飲み撤収開始します。

撤収を終え下り始めますがピストンなので下山は様子は割愛
帰りのバスは増便に偶然間に合い楽に帰れました。
訪問者数:231人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ