ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 856776 全員に公開 ハイキング富士・御坂

源次郎岳

日程 2016年04月30日(土) [日帰り]
メンバー gijin
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
往路 電車 バス
復路 バス 電車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録
by gijin

久し振りの山行だ。4月9日の滝子山以来になる。4月から新しい職場、見慣れぬ人たち、分からぬだらけの仕事でホトホト疲れた4月だった気がする。だから、余り無理せず短距離・短時間で眺望絶景の山選びになった。山梨百名山の1座「源次郎岳」。甲斐大和駅から上日川峠行きのバスに乗車するが、殆どの人が終着までのるところを意を決して、嵯峨塩温泉BS付近で降車ボタンを押した。先を急ぐ皆さんの冷視線を全身で受け止め、下車した。自分だけだった。源次郎岳は山行記録で知った。これまで殆ど身体を動かしていなかったため、いきなりの登山は無理、と思っての選択だった。やや勾配のある坂を登り、アップダウンを2回ほど繰り返すと山頂である。樹木が伐採されており、以前は山頂も狭かったに違いないと想像できた。富士も樹間からみえるもののすっきり感を味わえない。パンフでは南アルプス一望とあったがこちらも樹林の向こう側。唯一八ヶ岳が展望できた。誰もいない独り占めの山頂。富士は今日も美しかった。そして復路のピーク地点からの富士は絶景だった。丁度そこに、今日初めて出会う登山者2人組に会った。写真を撮っていただいた。ありがとうございました。富士展望は、ここともう1箇所あった。今日は見事な富士であった。源次郎岳は入山者が少ないためか、下山途中、落ち葉の踏み跡も薄くルートを見失う箇所が2か所ほどあった。頼りは赤テープと踏み跡だけだ。土面の登山道に出るとホッとする。仕事ストレス解消になった、感謝したい。後日談、山頂で自撮りしたときに無理して腰を捻った。下山時痛みが走った。無茶はできないお年頃に気付いた。
訪問者数:370人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/1/23
投稿数: 303
2016/5/1 16:58
 ベストジャッジ
こんにちは

新入生1ヶ月、気配り等お疲れ様です。

気分転換に山へ、最適な選択(心の洗濯でも)ですね。行き先(源次郎岳)選びも久方ぶりの山として冷静沈着、ベストなジャッジだったとおもいます。久方ぶりの“富士さん“は何か語り掛けてくれましたか?
登録日: 2015/5/12
投稿数: 390
2016/5/1 17:40
 ストレス解消‼
…ですね〜
山は、最高!デス。
新しい職場…ボチボチと、頑張ってください。応援しています。

田中陽気さんの2百名山でおしゃってた言葉…山ゆきの一歩一歩が煩悩を捨てる…(笑)私には、なかなかですが(笑)でも、ストレス発散には、なりますよネ(*^_^*)
登録日: 2014/5/12
投稿数: 37
2016/5/1 23:01
 途中下車
gijinさん、こんばんは。
上日川峠行きのバスで途中下車。私はかっこいいと思います。
昨年金峰山に登った時に、塩山から大弛峠行きの乗り合いバスを、
アコウ平でただお一人途中下車された年配のハイカーの方がおられました。
その後その方とは金峰山の山頂で再開したのですが、山頂を極めただけでは
飽き足らず、なんと五丈岩にまで登られてました。私の中では、
バスを途中下車するハイカーはそういう拘りを持たれた方のイメージです(笑)。
登録日: 2012/4/4
投稿数: 172
2016/5/2 11:12
 Re: ベストジャッジ
tonkaraさん。こんにちは。
翌日に疲れも残らず、久しぶりの山行を楽しみました。
大好きな富士とも出会え、元気をもらいました。
富士山ありがとう、tonkaraさんありがとう。
登録日: 2012/4/4
投稿数: 172
2016/5/2 11:15
 Re: ストレス解消‼
1033さん。こんいちは。
応援ありがとうございます。頑張ろうという気持ちが湧いてきました。
一歩一歩ですね。焦らず1年経験して実績を積みたいと思います。
ストレス発散に山はサイコーですね。
登録日: 2012/4/4
投稿数: 172
2016/5/2 11:21
 Re: 途中下車
piazzollaさん。こんにちは。
途中下車は勇気がいります。誰かしら下車するであろうという
甘い推測は見事外れました。目的のBSまで、2km→1kmという
標識を見てあきらめて今日は大菩薩にしてしまおうと迷いました。
「すぐ先」の看板を見て意を決しての降車ボタンを押しました。
「すみません」「ありがとうございます」と言いながら降車口まで
行った次第です。でも変更せず源次郎岳で良かった。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

赤テープ 山行 出合
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ