ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 857162 全員に公開 沢登り中国山地西部

フカ谷(吉和冠山)

日程 2016年05月01日(日) [日帰り]
メンバー yasiyasi
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車スペース:国道186号線一軒家チェーン脱着場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間58分
休憩
22分
合計
6時間20分
Sスタート地点07:0811:32太田川源流の碑11:5111:54小川林道分岐(自称)12:02冠・寂地分岐12:12一服小岩(自称)12:211164頂12:32958頂12:36880コル(自称)12:3913:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報お風呂:魅惑の里(綺麗に改装され営業再開)
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 携帯 時計 ツェルト カメラ ロープ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ スリング ロープスリング 渓流シューズ

写真

いつもの一軒家駐車スペースから出発。
2016年05月01日 07:19撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの一軒家駐車スペースから出発。
滝そのものは難しくなさそう。
しかし、右岸側の巨石から跨いで滝に取り付くが、または右岸の岩棚をたどれば良さそう。

単独なので、左岸の踏み跡を高巻く。
2016年05月01日 08:37撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝そのものは難しくなさそう。
しかし、右岸側の巨石から跨いで滝に取り付くが、または右岸の岩棚をたどれば良さそう。

単独なので、左岸の踏み跡を高巻く。
F2オオリュウズ。
金土日といい天気が続いているので水量は少なめ。登るとしたら80点位のコンディションか。
もしかしたら、年に何度もないタイミングだったかも。

単独なので左岸の踏み跡を高巻く。
2016年05月01日 09:17撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F2オオリュウズ。
金土日といい天気が続いているので水量は少なめ。登るとしたら80点位のコンディションか。
もしかしたら、年に何度もないタイミングだったかも。

単独なので左岸の踏み跡を高巻く。
1
上段は登るとすれば、水芯の右から取り付き、落ち口は左に抜ける。
2016年05月01日 09:22撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上段は登るとすれば、水芯の右から取り付き、落ち口は左に抜ける。
放棄された山葵畑からは右俣のガレ沢を詰めて、右手に這い上がる。
2016年05月01日 10:31撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
放棄された山葵畑からは右俣のガレ沢を詰めて、右手に這い上がる。
林道跡に抜ける。
2016年05月01日 10:41撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道跡に抜ける。
林道から上部のゴルジュ。
2016年05月01日 11:00撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から上部のゴルジュ。
最後の斜瀑。
シーズン初めは抜群にヌルヌルして断念。
やはり、フェルトソールを履いてくれば良かったのに。
2016年05月01日 11:04撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の斜瀑。
シーズン初めは抜群にヌルヌルして断念。
やはり、フェルトソールを履いてくれば良かったのに。
源流の一滴。
2016年05月01日 11:24撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源流の一滴。
源流碑に出る。
2016年05月01日 11:32撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源流碑に出る。
カタクリは終盤。
2016年05月01日 11:55撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カタクリは終盤。
1

感想/記録

三連休三連続沢登りの最終日は、吉和冠山のフカ谷へ。
金曜日の亀井谷、土曜日の赤ナメラと比べるとはっきり判るほど水量が少ない。

核心のオオリュウズはもしかしたら、登れたかもしれません。
通常の下段は簾状ですが、今日は何本に分かれていました。飛沫も勢いがない。上段は流れの隙間から多少岩が見えていました。
一昨年登ったときの状況を100点としたら、今日は80点といったところでしょうか?
訪問者数:151人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ