ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 857259 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

槍ヶ岳(槍沢)

日程 2016年04月29日(金) 〜 2016年05月01日(日)
メンバー genuine1975
天候29日 晴→曇 30日 晴→曇→雪 1日 雨→曇
アクセス
利用交通機関
車・バイク
松本IC〜国道158号線〜沢渡バスターミナル〜上高地
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間10分
休憩
2時間0分
合計
6時間10分
S上高地バスターミナル08:1008:50明神館09:1009:50徳澤園10:0010:50横尾 (横尾山荘)11:3012:50槍沢ロッヂ13:4014:20ババ平(宿泊地)
2日目
山行
6時間10分
休憩
1時間10分
合計
7時間20分
ババ平(宿泊地)06:1009:30槍ヶ岳山荘09:5010:20槍ヶ岳10:3011:30槍ヶ岳山荘12:1013:30ババ平(宿泊地)
3日目
山行
3時間50分
休憩
40分
合計
4時間30分
ババ平(宿泊地)06:5007:20槍沢ロッヂ08:30横尾 (横尾山荘)08:4009:30徳澤園09:5010:30明神館10:4011:20上高地バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ババ平までは,普通に行けました。
ババ平からは,アイゼンを装着。槍の登頂には,勿論ピッケルを要しますが,多くの人がアタックしていたので,渋滞にハマってしまいました。
コース状況/
危険箇所等
上高地〜横尾 雪無し
横尾〜槍沢ロッヂ 概ね夏道
槍沢ロッヂ〜ババ平 概ね雪
ババ平〜槍ヶ岳 雪
その他周辺情報登山後は梓湖畔の湯へ
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]
2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ザック ザックカバー サブザック アイゼン ピッケル スコップ 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 日焼け止め 保険証 時計 サングラス タオル カメラ テント テントマット シェラフ
備考 目出し帽を忘れてしまった・・・。

写真

良い天気です。
2016年04月29日 08:10撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い天気です。
2
光と水と苔の共演とでも言いましょうか。
2016年04月29日 08:13撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光と水と苔の共演とでも言いましょうか。
1
徳澤へ向かう道。やはり雪無し。
2016年04月29日 09:17撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳澤へ向かう道。やはり雪無し。
横尾も雪無し。
2016年04月29日 11:14撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾も雪無し。
槍沢ロッヂへの道。ここも雪無し。
2016年04月29日 11:50撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍沢ロッヂへの道。ここも雪無し。
ここまで雪が無いと心配になってくる・・・。
2016年04月29日 12:13撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで雪が無いと心配になってくる・・・。
槍沢ロッヂ。
2016年04月29日 12:49撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍沢ロッヂ。
小屋から上で,ようやく雪道らしくなってきた。
2016年04月29日 13:46撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋から上で,ようやく雪道らしくなってきた。
キャンプ地。あれ,トイレって新しくなった?数年前の記憶なんで,うろ覚えですが。
2016年04月30日 13:33撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ地。あれ,トイレって新しくなった?数年前の記憶なんで,うろ覚えですが。
1
明朝。なかなかの快晴。
2016年04月30日 06:12撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明朝。なかなかの快晴。
1
雲一つない快晴(この時点では。)
2016年04月30日 07:25撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲一つない快晴(この時点では。)
2
お,槍が見えた。テンション上がります。
2016年04月30日 07:59撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お,槍が見えた。テンション上がります。
1
しかし,登れど登れど,槍は大きくならない。
2016年04月30日 08:41撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし,登れど登れど,槍は大きくならない。
2
槍ヶ岳山荘までを直登します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘までを直登します。
3
槍ヶ岳山荘到着。
2016年04月30日 09:36撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘到着。
1
多くの人が,アタックしてます。
2016年04月30日 09:36撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多くの人が,アタックしてます。
3
山頂とマイピッケル。雲はあれど,景色は抜群でした。
2016年04月30日 10:25撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂とマイピッケル。雲はあれど,景色は抜群でした。
7
常念岳。
2016年04月30日 09:39撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳。
1
笠ヶ岳。
2016年04月30日 10:27撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳。
2
穂高に続く稜線。
2016年04月30日 10:27撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高に続く稜線。
2
雲の平方面。
2016年04月30日 10:28撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の平方面。
2

感想/記録

4月29日 
 お天気情報は,それほど芳しいものではありませんでしたが,上高地に到着した時点では,快晴に恵まれました。ただし,風が冷たかったので,休憩中,あったかい飲み物が欲しくなりました。予想はしていましたが,槍沢ロッヂ直下までは,時々雪を踏むぐらいでした。ロッヂからは,雪に覆われていましたが,キャンプ場までは,普通に行けました。
4月30日
 昨夕に,雪がチラホラ舞っていたので,気温が低くなるな,と思っていましたが,寝起きに温度計を見たら,マイナス9°と表示されていました。それほど寒いと感じなかったが,温度計が壊れてたか?しかし,雪は締まっていたので,最初からアイゼンを装着しました。
 道中,時々風は吹くものの,快晴に恵まれました。しかし,どうやら他の方の話を訊いていると午後は荒れるらしいとのこと。午前中には登頂したいものです。しばらくすると,槍が見えてきて,テンションアップ。分かっていても,ここまで来たかいがあった,と思ってしまいます。
 槍ヶ岳山荘に到着後,槍の方を見ると,多くの方が登られています。ダガーポジションで登下降するところはそれほど長くありませんし,雪質も良かったので,難易度的にはそれほど難しいとは感じませんでしたが,やはり渋滞にハマり,思ったより時間がかかりました。
 登頂し,山荘で昼食後,外に出ると,天気が怪しくなり,風が強くなってきたので,急いで下りました。風は暴風の域に達そうとしてましたが,追い風だったので助かりました。登りの人は大変だっただろうなぁ。山荘からババ平まで1時間20分で下りました。夏なら絶対こんなに早く下りられないだろうなぁ。
 夕方から,雪でした。夜は氷点下だったと思います。
5月1日
 起きて外を見ると雨です。雨の時にテントを撤収することほど鬱陶しいものはありません。無造作にザックに仕舞い込み,そのまま上高地に下りました。

 今年のゴールデンウィークは,天候に恵まれて,良い山行が出来ました。
訪問者数:460人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ