ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 857328 全員に公開 沢登り奥多摩・高尾

川乗谷逆川

日程 2016年04月30日(土) [日帰り]
メンバー Lynn_Kato(CL), その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
トラウトカントリーに停めた(1日1000円。駐車場利用者はトイレ利用可。)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間25分
休憩
1時間56分
合計
8時間21分
S大沢バス停08:3908:51川乗橋バス停09:38カーブミラー09:44入渓点10:0210:19F110:5916:0210m滝17:0017:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
10m滝からウスバ尾根経由で竜王橋に降りるルートは要注意です。
前に来たことあるのに、うっかりして道迷いしてしまいました。(;´Д`)
滝からco960ピークまでは明確な作業道だったのですが、その先で外してしまい、下山は夜になってしまいました。(;´Д`) ※間違って参考にされても困るので、下山部分のGPSログは掲載しません。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

トラウトカントリーから川乗橋まで1kmほど歩く。
2016年04月30日 08:43撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラウトカントリーから川乗橋まで1kmほど歩く。
川乗橋。この先の林道歩きの最中、頭大の落石が自分たちの1m前に落ちました。Σ(゜Д゜) 林道歩きの時もメットを被りましょう。
2016年04月30日 08:52撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川乗橋。この先の林道歩きの最中、頭大の落石が自分たちの1m前に落ちました。Σ(゜Д゜) 林道歩きの時もメットを被りましょう。
入渓点のカーブミラー。道が左に直角に曲がる所で、ミラーの下には車1−2台停められそうなスペースがある。
2016年04月30日 09:38撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入渓点のカーブミラー。道が左に直角に曲がる所で、ミラーの下には車1−2台停められそうなスペースがある。
入渓点に降りるルートには途中からロープまであった。
2016年04月30日 09:43撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入渓点に降りるルートには途中からロープまであった。
川乗本谷と逆川の出合。右へ。
2016年04月30日 10:02撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川乗本谷と逆川の出合。右へ。
早速嬉しそうに浸かる人
2016年04月30日 10:14撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早速嬉しそうに浸かる人
2
F1。上段、トポでは右壁からとあるが、右壁は怖そうだったので左から行った。(離陸点に残置あり)
2016年04月30日 10:19撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F1。上段、トポでは右壁からとあるが、右壁は怖そうだったので左から行った。(離陸点に残置あり)
1
終了点にもリングボルトが入っていた。(ちなみに右壁の終了点にも残置があった。)
2016年04月30日 10:59撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
終了点にもリングボルトが入っていた。(ちなみに右壁の終了点にも残置があった。)
1
落ち口から下を見る。いやー、右壁怖そうなんだけど。^^;
2016年04月30日 10:59撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち口から下を見る。いやー、右壁怖そうなんだけど。^^;
1
この時期にこんな水の多い沢に来るのなんて自分たちだけかと思ってたら、F1上で若者パーティに追いつかれた。Σ(゜Д゜) 先に行っていただいたが、なんとレコユーザーさんだったことが判明♡
2016年04月30日 11:29撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時期にこんな水の多い沢に来るのなんて自分たちだけかと思ってたら、F1上で若者パーティに追いつかれた。Σ(゜Д゜) 先に行っていただいたが、なんとレコユーザーさんだったことが判明♡
のんびり遊びながら行きます。頭から水を浴びる行者。
2016年04月30日 11:48撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のんびり遊びながら行きます。頭から水を浴びる行者。
1
深い釜をもった樋状滝。
2016年04月30日 12:12撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深い釜をもった樋状滝。
2
もちろん泳いでから取り付く。
2016年04月30日 12:14撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もちろん泳いでから取り付く。
1
突っ張って登るが、期待通りドボンしてたw
2016年04月30日 12:15撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突っ張って登るが、期待通りドボンしてたw
2
喜んで水をかぶっています
2016年04月30日 12:25撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
喜んで水をかぶっています
1
間のゴーロが長くて飽きてくるが、時々びっくりするぐらいきれいなナメ滝が出てきて和む。
2016年04月30日 12:27撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間のゴーロが長くて飽きてくるが、時々びっくりするぐらいきれいなナメ滝が出てきて和む。
見えてきた核心ゴルジュ。
2016年04月30日 12:55撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えてきた核心ゴルジュ。
1
1段目は容易
2016年04月30日 12:59撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1段目は容易
1
2段目も泳げば楽しい
2016年04月30日 13:05撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2段目も泳げば楽しい
1
3段目。左壁にお助けの残置があるから容易のはずが、同行者はかなり苦労してた。前も苦労した人がいたから、トポの言う通り核心なのだろう。
2016年04月30日 13:17撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3段目。左壁にお助けの残置があるから容易のはずが、同行者はかなり苦労してた。前も苦労した人がいたから、トポの言う通り核心なのだろう。
1
喜んで泳ぐ人
2016年04月30日 13:47撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
喜んで泳ぐ人
1
大岩。林道が通ってるらしいのだが橋がなくなってて、よくわからなかった。
2016年04月30日 14:04撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩。林道が通ってるらしいのだが橋がなくなってて、よくわからなかった。
大ダワ沢出合。ここまでで時間かけて遊びすぎてるので急がなくては。
2016年04月30日 14:21撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ダワ沢出合。ここまでで時間かけて遊びすぎてるので急がなくては。
登れる滝が続きます。
2016年04月30日 14:54撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登れる滝が続きます。
トイ状3段10m。
2016年04月30日 15:07撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイ状3段10m。
最上段、前に来た時はツッパリで難なく上がったのだが、今回はぬめってて怖かった。途中から左壁に逃げたが、喉カラカラ。(;´Д`)
2016年04月30日 15:21撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最上段、前に来た時はツッパリで難なく上がったのだが、今回はぬめってて怖かった。途中から左壁に逃げたが、喉カラカラ。(;´Д`)
1
やっと10m大滝に到着。時間も押してるので巻くことにした。
2016年04月30日 16:02撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと10m大滝に到着。時間も押してるので巻くことにした。
1
滝上でウスバ林道と合流し、休憩。ここからウスバ尾根を下り林道へ、小一時間。明るいうちに着く予定だった。
2016年04月30日 16:43撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝上でウスバ林道と合流し、休憩。ここからウスバ尾根を下り林道へ、小一時間。明るいうちに着く予定だった。
問題のco960。払われた杉枝が地面を覆い、踏み跡をロスト。そこから地図読みで降りるも、やってきた日没〜ジャジャジャ〜ン♬(゜A゜;)ゴクリ
2016年04月30日 17:42撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
問題のco960。払われた杉枝が地面を覆い、踏み跡をロスト。そこから地図読みで降りるも、やってきた日没〜ジャジャジャ〜ン♬(゜A゜;)ゴクリ
2

感想/記録

5年前に1度連れて来てもらった時の印象は、「F1の右岸巻きがめちゃ怖い」だけで、ほかはあまり印象に残っていませんでした。
しかし今回、自分がリーダーで来てみると、滝も簡単♡というわけじゃなく、巻きも怖いので、全般的にレベルの高い沢だなぁと思いました。(;・∀・) が、水量が多いので楽しいのは確か。天気がよく暖かく、2人ともウェットを着てるので、水温9度に負けずに積極的に水に浸かって水線突破で遊びながら行きました。
随分のんびり遡行して、10m滝上で17時脱渓。そもそも17時てのが遅すぎますね。(;´Д`) が、5年前のように小一時間ですんなり降りられるからヘッデン不要、ラッキー、と思っていました。しかし、そこに罠があったのでした。Orz
co960ピークまでは林道でバッチリだったのですが、そこでルートをロスト。しかし尾根は顕著なので、細倉橋と竜王橋の間の、林道がこっち側にある区間を目指して地図読みで降りました。途中で日没を迎え、傾斜が急なため懸垂下降を繰り返すなどしたため、やたらと時間がかかってしまいました。降りついた場所は細倉橋の100m位下流にある堰堤のあるガレ沢基部で、危険はなかったけど、ヘッデン下山はダメですねえ。反省です。(´・ω・`)
帰宅後色々調べてみると、このルートは結構迷いやすいらしい。5年前の写真を見てみると、核心の分岐にピンクテープがあった+杉林の中にしっかりした作業道があり、それにより竜王橋の横にラクラク・ドンピシャで出られたようでした。今回は林業用ピンクテープが至る所にたくさんついており、逆にわからなかったのかも。また、写真を見てわかったこととしては、このウスバ尾根ルートで降りる場合、ずっと杉林の中の作業道を通る(今回私達はco960から先は自然林の中を通っていた)というのがヒントになりそうです。
というわけで、またこの沢に宿題を作ってしまったので、いつか検証に行かなくては。。。(´・ω・`)
訪問者数:205人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ