ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 857683 全員に公開 雪山ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

蓮華岳(雨、強風、急登・・・そして止むなく撤退)

日程 2016年05月01日(日) [日帰り]
メンバー 104herokensbarmaxmini32, その他メンバー1人
天候快晴のはずが、雨(>_<)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
扇沢トローリーバス乗り場前駐車場
時間制限1,000円の駐車場と無料駐車場もあり
トイレ:有料駐車場内に24時間利用可能あり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間46分
休憩
11分
合計
5時間57分
S扇沢駅06:5008:07大沢小屋08:1811:59大沢小屋12:47扇沢駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
予定では、大沢小屋〜針ノ木雪渓〜針ノ木小屋〜針ノ木岳の予定でしたが、大沢小屋裏で見つけた踏み跡を何の疑いもなく進んでしまい、針ノ木雪渓隣の大沢?を登ってしまいました。
7割方登ったところでGPSを確認し、針ノ木小屋と蓮華岳の縦走路に向かっていることがわかりました。
さらに上部を伺いましたが晴れてくる気配もなく、やむなく撤退することにしました
コース状況/
危険箇所等
ターミナル左端の登山口を出発
大沢小屋までは、ピンクのテープを頼りに進めば特に問題なし
小屋からの針ノ木雪渓は、小屋裏の沢伝いを登り始めます。
この時期同じような雪渓が、向かって左手にもあります。夏は入れませんが、この時期は入ることができます。こちらは、蓮華岳への冬道のようです。
最初は比較的ゆるやかですが、20〜30分登ったところから急登になります。

実は、このルートがあることを全く知らず、撤退場所でGPSを確認したところ針ノ木小屋と蓮華岳への縦走路に向かっていることを初めて知りました。

上部はかなりの急登です。雪の状況によってストック・ピッケルを使い分け慎重に進みましょう。
下りは、足を滑らせるとなかなか止まりません。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

天気予報大外れ!
2016年05月01日 06:51撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気予報大外れ!
青空を期待して、本日の同行者3名とともにとりあえず出発です
2016年05月01日 06:53撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空を期待して、本日の同行者3名とともにとりあえず出発です
ターミナル左手のゲートのさらに左手に針ノ木岳への登山口があります
2016年05月01日 06:54撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ターミナル左手のゲートのさらに左手に針ノ木岳への登山口があります
何度か車道を横切ってやっと本格的な登山道に入ります
2016年05月01日 07:18撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度か車道を横切ってやっと本格的な登山道に入ります
大沢小屋はまだ休業中
2016年05月01日 08:08撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢小屋はまだ休業中
小屋から雪渓が始まります。
実はこれが大間違い(>_<)
針ノ木雪渓の左の雪渓を登ってしまいました
2016年05月01日 08:30撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋から雪渓が始まります。
実はこれが大間違い(>_<)
針ノ木雪渓の左の雪渓を登ってしまいました
振り返ると・・・
爺ヶ岳方面?
なかなか晴れてきません
2016年05月01日 08:56撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると・・・
爺ヶ岳方面?
なかなか晴れてきません
右手の雪渓を登りますが、写真とは違ってかなりの急登
しかも、雨止まず(>_<)
2016年05月01日 08:56撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手の雪渓を登りますが、写真とは違ってかなりの急登
しかも、雨止まず(>_<)
本日のオレ
一生懸命登る!
(by kawaii)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のオレ
一生懸命登る!
(by kawaii)
1
同行3名も、とにかく登る!
2016年05月01日 09:16撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同行3名も、とにかく登る!
とにかく登る!
2016年05月01日 09:28撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく登る!
急登が続く
2016年05月01日 09:28撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登が続く
雨と強風で心が折れます
2016年05月01日 10:17撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨と強風で心が折れます
かなり冷えてきたのに
休憩はビール(-_-;)
2016年05月01日 10:20撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり冷えてきたのに
休憩はビール(-_-;)
休憩を終えて上部を見ても
晴れてくる気配は全くなし
2016年05月01日 10:41撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩を終えて上部を見ても
晴れてくる気配は全くなし
止むなく、撤退を決断!
2016年05月01日 10:47撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
止むなく、撤退を決断!
下りは早い!
2016年05月01日 10:49撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは早い!
本当の針ノ木雪渓はこちら
ちょっと緩そうに見えて、これなら登頂できた?
2016年05月01日 11:52撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当の針ノ木雪渓はこちら
ちょっと緩そうに見えて、これなら登頂できた?
下山中、本日一の青空
2016年05月01日 12:33撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山中、本日一の青空
無事に帰ってきました
夏に針ノ木岳へのリベンジを誓いました
2016年05月01日 12:52撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に帰ってきました
夏に針ノ木岳へのリベンジを誓いました
ありがとうございました
これでも結構頑張りました
2016年05月01日 13:14撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ありがとうございました
これでも結構頑張りました
帰りは大町温泉郷の薬師の湯でゆっくりしました
2016年05月01日 13:42撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは大町温泉郷の薬師の湯でゆっくりしました
そして、穂高の「くるまや」さんで二人前のざるそばをいただきました
2016年05月01日 16:47撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、穂高の「くるまや」さんで二人前のざるそばをいただきました

感想/記録

雪渓を半分以上登ったところで、4名のレスキューがオレンジの担架を下してくるところに遭遇
急登のためピッケルとロープを使っての慎重な下山に緊迫した雰囲気を感じました

下山後ニュースで昨晩の遭難者とわかりました
ご冥福をお祈りします
訪問者数:336人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ