ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 857688 全員に公開 キャンプ等、その他甲信越

塩の道へ 北アルプスの雪形 カタクリの群落

日程 2016年05月02日(月) [日帰り]
メンバー furuhiro, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
JR大糸線簗場駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間50分
休憩
1時間40分
合計
7時間30分
SJR簗場駅07:4010:10姫川源流10:4011:20貞麟寺11:3012:10白馬道の駅13:0014:30八方口薬師堂14:4015:10JR信濃森上駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<往路>
 6:20 安曇野穂高発 車で送ってもらう 
 6:36 JR安曇追分駅発
 7:30 JR簗場駅着

<復路>
15:44 JR信濃森上駅発
16:30 JR信濃大町駅着 中信会
20:07 JR信濃大町駅発
21:00頃 自宅着 
コース状況/
危険箇所等
問題ない
その他周辺情報中綱湖・青木湖・姫川源流・親海湿原・貞麟寺
道の駅白馬 
十郎の湯 みみずくの湯など白馬の温泉 八方口薬師堂には足湯

写真

大糸線安曇追分より簗場に向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大糸線安曇追分より簗場に向かう
山桜はすでに散っていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山桜はすでに散っていた
中綱湖ほとり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中綱湖ほとり
中綱湖のベンチ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中綱湖のベンチ
塩の道
千国街道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩の道
千国街道
トレッキングコースの案内
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレッキングコースの案内
堂崎観音 青木湖付近
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂崎観音 青木湖付近
スキーバス事故の慰霊碑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキーバス事故の慰霊碑
ニリンソウの絨毯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニリンソウの絨毯
観音様の石碑が街道に立つ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音様の石碑が街道に立つ
三十三体の観音石仏
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三十三体の観音石仏
思索にふける観音様
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思索にふける観音様
鬼石 白馬佐野坂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼石 白馬佐野坂
観音像について
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音像について
佐野坂スキー場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐野坂スキー場
佐野坂から親海湿原へ
その入り口付近
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐野坂から親海湿原へ
その入り口付近
白い花が湿原を埋めていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白い花が湿原を埋めていた
日本海に流れる姫川の源流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本海に流れる姫川の源流
白馬乗鞍の雪形
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬乗鞍の雪形
鳥 カモシカ 雷鳥にも見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥 カモシカ 雷鳥にも見える
貞麟寺 カタクリの群生で有名
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
貞麟寺 カタクリの群生で有名
枝垂桜
今年はすでに散っている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枝垂桜
今年はすでに散っている
カタクリの群落
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カタクリの群落
今年はすでにカタクリも数が少ない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年はすでにカタクリも数が少ない
民話「雪女」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
民話「雪女」
白馬地区に入る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬地区に入る
白馬でも代かきが始まっていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬でも代かきが始まっていた。
五竜・唐松方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜・唐松方面
八方口薬師堂の足湯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方口薬師堂の足湯
松川と白馬三山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松川と白馬三山
五竜方面と松川
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜方面と松川
信濃森上駅到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
信濃森上駅到着

感想/記録

2016(平成28年)5月2日(月)

塩の道へ 簗場から信濃森上まで

「薫風に カタクリ雪形 塩の道」

最初に塩の道を歩いたのが30年ほど前
小谷から栂池高原までを家族で歩いた。

その後五竜岳の下山
神城から簗場駅まで歩いた。

今回はその簗場から白馬方面に向かい
雪形、色とりどりの花々を眺めながら歩けた。

初夏のさわやかな風の吹く一日。
朝の簗場駅をスタートした。
中綱湖の湖畔にたたずみ
湖面を眺め
一瞬別世界に引き込まれるような感覚になった。

青木湖のキャンプ場を過ぎると
観音像が三十三体に見守られながらの歩みとなった。
その中に頬に手を当て思索にふける観音像が印象的だった。
その周りには白い絨毯のごとく
ニリンソウの群落が一面を埋めていた。

佐野坂の杉林は趣があり
昔の旅人が一息入れたのではないかと思われる
涼しい木陰が続いた。

塩の道から外れ
親海湿原・姫川源流へと足を延ばした。
よく国道147号線で通っていたのだが
何時でも行けるというものがあって今日まで訪れていなかった。

親海湿原そして姫川源流は緑が濃く
静かな自然が広がっていた。
ことに姫川源流の湧き出し口の
緑の美しさには感動だった。
国道から近い場所にこれほど豊かな自然が残るのも
白馬の奥深さがあるのかなと思えた。

塩の道からやはり離れるが
南神城の山麓の貞麟寺には見どころがたくさんあった。
まずはカタクリの群落!
すでに終わりの時期ではあったが
たくさんのカタクリを見られることができた。
それに大きな枝垂桜の木にも驚いた。
すでに花は散っていたが是非今度チャンスがあれば
その花の咲く雄姿を眺めてみたいものだ。

白馬の麓からの楽しみに雪形がある
「代かき馬」
白馬の名前の元にもなっているのだが
その大きな雪形がすでに見えていた。

一番印象的なのは
「鶏」
見方によっては「カモシカ」にも見える。
ともいうが、私は「雷鳥」に見えるのだった。
雪形は見方によって様々な見え方があるので
固執せずにいろいろと楽しめればいいと考えた。
これから様々な雪形が現われるので想像を巡らしてみたい。

白馬三山、五竜岳の眺めなど
塩の道を北に進むにつれ
その姿を変えていくのも楽しかった。
北アルプスから流れ込む川の先に雄大な
雪解けの山並みが光り輝く姿には見とれてしまった。

日本海から松本まで塩など人、物資が行き来した
「塩の道」
自然を満喫しながら1日楽しむことができた。
次はどこを歩こうかと楽しみもできた。

ふるちゃん 
訪問者数:103人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ