ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 857730 全員に公開 ハイキング奥武蔵

ルート探索 飯能アルプスと棒ノ嶺をつないだ周回ルートは可能か

日程 2016年05月01日(日) [日帰り]
メンバー latency
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
龍崖山公園の駐車場 無料(7台ほど可)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間55分
休憩
1時間11分
合計
12時間6分
S龍崖山登山口(龍崖山公園)05:5105:56燧山06:0106:06龍崖山06:0806:13八耳堂06:1506:18吾妻峡06:1906:30御嶽八幡神社06:3306:38多峯主山06:4006:58飯能アルプス永田入口07:12久須美ケルン07:22久須美坂(くすみさか)07:54東峠08:11天覚山08:1308:51大高山08:5609:12前坂09:39高反山09:55スルギ10:11子の権現10:1510:37豆口峠11:04滝ノ入山11:20仁田山峠11:2211:51さわらびの湯バス停11:5612:52岩茸石12:5313:03権次入峠13:10棒ノ嶺13:1313:19権次入峠13:28黒山13:35馬乗馬場(大門指山・ダイモンザス)13:49長久保山(大クラ尾根ノ頭)13:5014:09小沢峠14:1714:32久方峠14:39雲ノ峰15:00水口峠15:0415:12黄楊峠15:1415:16トヤハケ15:1715:26堂所15:36349m峰15:4715:55堂所16:0116:56合戦坂峠16:5717:44赤根ヶ峠17:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
竜崖山〜仁田山峠まではメジャールートなので案内、道ともに良好。
仁田山峠〜さわらびの湯は赤線ルートではないので、尾須鍾乳洞まで案内は乏しく。
赤線ではありませんが、小沢峠〜安楽寺までは都県境成木尾根ハイキングコースと一応なっています。が、安楽寺方面へはしつこいほど採石場近辺まではしっかり案内が出ているものの、採石場近辺は登山道が崩落しており、意図的なのか修復されておらずまったくルートが分かりません。安楽寺からのルートも同様です。ヤマレコアプリでみんなの足跡がなかったら完全に遭難していたかも?のレベルです。足跡付けた方、すごすぎ。
都県境成木尾根ハイキングコースはとーっても歩きやすくてよいコースなのですが、採石場近辺、あえて立ち入りしてほしくないのか、道がわからないため、ルート探索の結論として、このコースは使っちゃダメという個人的な結論となりました。
安楽寺から赤根ヶ峠までは赤線地図に出ていませんが案内がしっかりあります。
その他周辺情報農林産物加工直売所 やませみ の名栗まんじゅううますぎ。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

龍崖山(りゅうがいさん)公園からスタート。
2016年05月01日 05:34撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
龍崖山(りゅうがいさん)公園からスタート。
1
龍崖山公園への道中。
低山ながらも案内もしっかり、見晴らしもよいです。
2016年05月01日 05:59撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
龍崖山公園への道中。
低山ながらも案内もしっかり、見晴らしもよいです。
1
先週の大岳山とか御前山とか。
2016年05月01日 05:59撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先週の大岳山とか御前山とか。
1
ほどなく龍崖山公園。
実は本日最高の眺望はここでした。
2016年05月01日 06:06撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく龍崖山公園。
実は本日最高の眺望はここでした。
3
おはようございます。
2016年05月01日 06:07撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おはようございます。
2
ジャガジャガ。
2016年05月01日 06:14撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャガジャガ。
2
吾妻峡のドレミファ橋を渡って
2016年05月01日 06:18撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吾妻峡のドレミファ橋を渡って
目指すは多峯主山(とうのすやま)。
2016年05月01日 06:21撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指すは多峯主山(とうのすやま)。
1
みんなさわっていくようです。
2016年05月01日 06:31撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みんなさわっていくようです。
1
御岳八幡神社からも眺望良好です。
2016年05月01日 06:33撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御岳八幡神社からも眺望良好です。
多峯主山頂上下にバイオトイレが完成していました。
2016年05月01日 06:36撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多峯主山頂上下にバイオトイレが完成していました。
飯能アルプスに突入。
2016年05月01日 06:58撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯能アルプスに突入。
よう!ダンシング道しるべ。
2016年05月01日 07:22撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よう!ダンシング道しるべ。
アップダウンをもろともせず、クリアー。
2016年05月01日 08:50撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンをもろともせず、クリアー。
対岸の顔振峠(かーふりとうげ)方面もよう見えます。
2016年05月01日 09:31撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸の顔振峠(かーふりとうげ)方面もよう見えます。
前坂からスルギ。
以前通っているはずなんですけど、まったく記憶にありません。
自分のレコを見て知りました。
2016年05月01日 09:55撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前坂からスルギ。
以前通っているはずなんですけど、まったく記憶にありません。
自分のレコを見て知りました。
1
ほどなく子ノ権現。
2016年05月01日 10:10撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく子ノ権現。
「足腰守護の仏様」だけあって、足がりっぱな阿吽像です。
2016年05月01日 10:11撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「足腰守護の仏様」だけあって、足がりっぱな阿吽像です。
子ノ権現っといったら例のアレですね。
2016年05月01日 10:16撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子ノ権現っといったら例のアレですね。
関東ふれあいの道で竹寺に到着。
2016年05月01日 10:47撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関東ふれあいの道で竹寺に到着。
1
屋根のコケが良い感じです。
2016年05月01日 10:48撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屋根のコケが良い感じです。
1
ここから仁田山峠へ。
2016年05月01日 10:55撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから仁田山峠へ。
仁田山峠から赤線ではないですが、尾須沢鍾乳洞目指します。
ここから車道をくだってもさわらびの湯へは行けますよ。桜がとってもきれーな車道です。
2016年05月01日 11:21撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仁田山峠から赤線ではないですが、尾須沢鍾乳洞目指します。
ここから車道をくだってもさわらびの湯へは行けますよ。桜がとってもきれーな車道です。
こちらが尾須沢鍾乳洞。
ロッククライミングの方多数。
案内は微妙ですが、なんとかたどり着きます。
2016年05月01日 11:43撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが尾須沢鍾乳洞。
ロッククライミングの方多数。
案内は微妙ですが、なんとかたどり着きます。
車道わきのここに出てきます。
2016年05月01日 11:49撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道わきのここに出てきます。
どうしてこんなコースかといえば、農林産物加工直売所 やませみ の名栗まんじゅうがどうしても買いたくて。
わざわざ遠回り。
2016年05月01日 12:04撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうしてこんなコースかといえば、農林産物加工直売所 やませみ の名栗まんじゅうがどうしても買いたくて。
わざわざ遠回り。
3
ついでに、棒ノ嶺のぼっちまおうかと。
昼にこの尾根を登るとは。あっちっちーです。
2016年05月01日 12:52撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついでに、棒ノ嶺のぼっちまおうかと。
昼にこの尾根を登るとは。あっちっちーです。
棒ノ嶺頂上。
桜は完全に葉っぱでした。
2016年05月01日 13:10撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒ノ嶺頂上。
桜は完全に葉っぱでした。
4
良い天気です。
2016年05月01日 13:10撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い天気です。
4
頂上は大盛況。
2016年05月01日 13:10撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上は大盛況。
3
黒山から小沢峠まで一気にくだります。
2016年05月01日 13:28撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒山から小沢峠まで一気にくだります。
1
トレランの大会の案内があり、それにつられて下ってしまいそうでしたが、ここから安楽寺へ行かねば。
2016年05月01日 14:16撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレランの大会の案内があり、それにつられて下ってしまいそうでしたが、ここから安楽寺へ行かねば。
成木尾根ということで、赤線ルートではないですが、歩きやすい道です。
2016年05月01日 14:21撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
成木尾根ということで、赤線ルートではないですが、歩きやすい道です。
採石場注意とありましたが、このときはそれほど気にぜず。
2016年05月01日 14:22撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
採石場注意とありましたが、このときはそれほど気にぜず。
案内いっぱい。
安楽寺をひたすら目指します。
2016年05月01日 14:25撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内いっぱい。
安楽寺をひたすら目指します。
ハイキングコースの案内もばっちり。
こんないい道どうして赤線コースでないのか不思議でなりませんでした。
2016年05月01日 14:30撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイキングコースの案内もばっちり。
こんないい道どうして赤線コースでないのか不思議でなりませんでした。
この案内に従えって進めばまず間違いなし。
2016年05月01日 15:16撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この案内に従えって進めばまず間違いなし。
踏み跡をたどって進んで。
2016年05月01日 15:33撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡をたどって進んで。
やっちまいました。
採石場を回り込むコースが正解なのですが、送電線の鉄塔保守の道に入り込み、強引に進むも、道がなくなり、撤退。
さらに、戻ったものの、案内が急に乏しくなし、こんなちっさな矢印も、目に入るわけがなく、さらに道間違い。
相当な時間のロス。
ようやくみつけて、尾根道をすすみます。
このあたりの失敗、精神的ダメージをかなーーり被りました。
2016年05月01日 16:00撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっちまいました。
採石場を回り込むコースが正解なのですが、送電線の鉄塔保守の道に入り込み、強引に進むも、道がなくなり、撤退。
さらに、戻ったものの、案内が急に乏しくなし、こんなちっさな矢印も、目に入るわけがなく、さらに道間違い。
相当な時間のロス。
ようやくみつけて、尾根道をすすみます。
このあたりの失敗、精神的ダメージをかなーーり被りました。
1
この看板の真後ろがすすむべき尾根道。
2016年05月01日 16:00撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この看板の真後ろがすすむべき尾根道。
2
急に荒れだしました。
倒木多く、踏み跡薄く。
案内もなくなってしまいました。
2016年05月01日 16:03撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急に荒れだしました。
倒木多く、踏み跡薄く。
案内もなくなってしまいました。
ちょっとだけ開けた場所は
2016年05月01日 16:11撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとだけ開けた場所は
採石場が一望。
2016年05月01日 16:11撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
採石場が一望。
2
採石場の一望ポイント直後、ここから道がまったくなくなってしまいました。
道が崩落して、すすむべき方向がまったくわからず状態です。
ヤマレコアプリのみんなの足跡をたよりになんとかクリアできました。
一瞬、遭難か?というくらいやばかったです。
2016年05月01日 16:17撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
採石場の一望ポイント直後、ここから道がまったくなくなってしまいました。
道が崩落して、すすむべき方向がまったくわからず状態です。
ヤマレコアプリのみんなの足跡をたよりになんとかクリアできました。
一瞬、遭難か?というくらいやばかったです。
テープもわずか。
2016年05月01日 16:19撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テープもわずか。
なんとか人工物を発見。
2016年05月01日 16:20撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか人工物を発見。
心もとない矢印と
2016年05月01日 16:22撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
心もとない矢印と
すたれた階段あとを頼りになんとか進むべき尾根へ上がれました。
2016年05月01日 16:23撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すたれた階段あとを頼りになんとか進むべき尾根へ上がれました。
写真では小さいですが、今年初めてカモシカに会えました。
最初、見上げたところに黒いなにかが丸くなっているのが見えて、熊!?かとビビりました。
2016年05月01日 16:24撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真では小さいですが、今年初めてカモシカに会えました。
最初、見上げたところに黒いなにかが丸くなっているのが見えて、熊!?かとビビりました。
2
尾根に上がってからはようやく歩きやすい道に戻ります。
2016年05月01日 16:25撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に上がってからはようやく歩きやすい道に戻ります。
反対コースからはここを右に下る感じですが、行かない方がよいです。
2016年05月01日 16:27撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対コースからはここを右に下る感じですが、行かない方がよいです。
案内も出だしました。
2016年05月01日 16:29撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内も出だしました。
この案内、ごもっともです。
てか、このコースは行かないのが正解。
2016年05月01日 16:31撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この案内、ごもっともです。
てか、このコースは行かないのが正解。
2
安楽寺までもう少し。
2016年05月01日 16:32撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安楽寺までもう少し。
ゴルフ場の脇をとおります。
2016年05月01日 16:48撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルフ場の脇をとおります。
合戦坂峠なる場所。
道が無いとの案内です。
2016年05月01日 16:55撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦坂峠なる場所。
道が無いとの案内です。
1
採石場近辺いがは本当にとってもよい道なんですけど、残念。
2016年05月01日 17:02撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
採石場近辺いがは本当にとってもよい道なんですけど、残念。
ようやっと登山道の取りつきにでました。
2016年05月01日 17:07撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやっと登山道の取りつきにでました。
ここにも案内が。
2016年05月01日 17:07撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも案内が。
こちらが待望の安楽寺。
ここまは距離よりも、精神的に相当まりました。
2016年05月01日 17:09撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが待望の安楽寺。
ここまは距離よりも、精神的に相当まりました。
ものすごいイチョウの木がありました。
2016年05月01日 17:10撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ものすごいイチョウの木がありました。
1
しばらく車道をすすみ。
2016年05月01日 17:17撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく車道をすすみ。
ここで左折。林道をすすんで赤根ヶ峠へ。
この林道が長いこと。
2016年05月01日 17:26撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで左折。林道をすすんで赤根ヶ峠へ。
この林道が長いこと。
ようやっと。
2016年05月01日 17:44撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやっと。
工場脇のコースをすすめば
2016年05月01日 17:46撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
工場脇のコースをすすめば
ゴールは間近。
2016年05月01日 17:54撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールは間近。
無事戻ってきましたー!
ゴールです。
思いのほか時間と距離がかかりました。
やはり棒ノ嶺は余計だったか。
それよりも、道間違い&道喪失の方が相当のダメージです。
2016年05月01日 17:56撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事戻ってきましたー!
ゴールです。
思いのほか時間と距離がかかりました。
やはり棒ノ嶺は余計だったか。
それよりも、道間違い&道喪失の方が相当のダメージです。
2
ツツジで癒され、お疲れさまでした。
2016年05月01日 17:57撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジで癒され、お疲れさまでした。
1

感想/記録

先週のひとりハセツネの疲れが残っているのと、GWの混在回避で歩きなれた飯能を。
せっかくなので、新しいルートを開拓しようということで、周回ルート発掘にチャレンジ。
当初は棒ノ嶺は考えていませんでしたが、20kmあたりまでハセツネ効果か足が軽く、これなら棒ノ嶺行けるんじゃね?ということで、名栗まんじゅうも買いたかったので、コース変更。
12時ごろにまさか棒ノ嶺に上るとは。気温も上がりきって相当暑かったです。まんじゅうを無事ゲットしたら、救急と消防、ヘリコプターまで騒がしく、何か事故があったようでした。
さて、地図にない成木尾根を安楽寺までひたすらという感じで、はじめの方は案内もしつこいくらいあり、いいコースだぁなどど余裕をかましていたら、やられてしまいました。
まずは、道間違い。地図を見て強引にすすみますが、完全にアウト。相当な距離を登り返します。
間違えた分岐に戻るも、今度は正規の尾根道が分からず、見当違いの方向へ。
間違いに気づくも、ようやくちっさな道しるべを発見。
急に案内も道も悪くなり、さらに崩落で道がなくなる始末。
もどるにも相当きてしまっています。日も傾いてきて、これはまさかの遭難か!?。
相当、ダメージをくらいました。
ヤマレコアプリを駆使して、なんとか問題個所をクリアーも、疲れと、夏場なみの暑さで水がこころもとなく、節約しつつ進みます。
ようやく、安楽寺までたどり着き、自販機を見つけて、アホみたいに買いまくりました。
最終的に水は2.5L コーラ1L、アクエリアス0.5Lと相当な消費です。
ゴール時には足がつりまくり、精神的にへろへろ。
先週のハセツネのほうが距離も時間もながいですがコースが分かりきっている分、安心感がちがいます。

結論として、飯能アルプス〜棒ノ嶺は無理して結ばないほうがよいということになりました。
訪問者数:360人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/2
投稿数: 2247
2016/5/1 23:58
 相変わらずの…
こんばんは ケダマです
相変わらずのスーパー健脚っぷりに脱帽です

成木尾根の採石場近辺は難しいですね
以前、僕の在籍する「奥武蔵が好き」Gp.で歩きました
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-579334.html
僕もリーダーhirohisaさんも地図読みにはそこそこ自信ありますが、
ここは難しかったです…

飯能アルプスと棒ノ嶺を繋ぐのであれば、
天覚山や大高山から無理やり降りて
ノボットや周助山方面から行くのが良いかもしれませんね

ちなみに、棒ノ嶺では滑落死亡事故があったようです
登録日: 2014/4/26
投稿数: 28
2016/5/2 5:51
 Re: 相変わらずの…
こんにちは
後半の道間違い、道迷いで心身ともに疲労困憊でした。
低山だと思って油断してると痛い思いしますね。
むしろ低山のほうがいつも僕は難しい感じなのですけど。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ