ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 857742 全員に公開 ハイキング東海

夕立山

日程 2016年05月01日(日) [日帰り]
メンバー fujisky
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
・行きは地下鉄鶴舞駅でJR中央線に乗り換え、恵那駅一つ手前の武並駅で降りる。
・帰りはJR恵那駅で乗車して同じルートで帰る。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間30分
休憩
1時間10分
合計
9時間40分
S武並駅07:5009:40夕立山登山口10:10小ヶ沢池10:2010:50コバルトブルー池11:0011:50岐阜県畜産研究所12:00夕立山12:2013:10標高630m峠14:40小沢溜池16:20喫茶店16:5017:30恵那駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 コースの大部分は一般道歩きと東海自然歩道であるので、危険個所などは無い。但し、今回歩いたコースのうち東濃共同模範牧場の北側で、標高630mの峠から谷沿いに東の小沢溜池に降るルートの1.2kmほどは、地理院の地図に破線で描かれているようには見える。しかし、廃道になって久しい感じで踏み跡もなく、荒れた藪になっている。猪の足跡をたどるようなことになるので、藪の嫌いな人は別のコースをとった方が良いかもしれない。阿木川ダムは左岸の階段道を通って降りることができる。
その他周辺情報 JR武並駅周辺には、早朝に買い物ができるような店は無い。あるいは恵那駅から歩いて武並に降る逆回りが良いかもしれない。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

 武並駅の脇には遅い菜の花が咲いていた。今回は庄内川を河口の金城埠頭から遡る川の歩き旅10日目で、仕上げとして流域最遠点の夕立山に登ることにした。
2016年05月01日 07:55撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 武並駅の脇には遅い菜の花が咲いていた。今回は庄内川を河口の金城埠頭から遡る川の歩き旅10日目で、仕上げとして流域最遠点の夕立山に登ることにした。
 庄内川は愛知県から岐阜県に入ると土岐川と名を変える。その一級河川「土岐川」もずいぶん流れが細くなった。河口からおよそ95km辺りである。
2016年05月01日 08:20撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 庄内川は愛知県から岐阜県に入ると土岐川と名を変える。その一級河川「土岐川」もずいぶん流れが細くなった。河口からおよそ95km辺りである。
 川の周辺に広がる田んぼでは、川の水を取り込んで代掻きや田植えの準備が進んでいる。我々は数千年にわたって灌漑用水をとおして川と付き合っている。
2016年05月01日 08:44撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 川の周辺に広がる田んぼでは、川の水を取り込んで代掻きや田植えの準備が進んでいる。我々は数千年にわたって灌漑用水をとおして川と付き合っている。
 てくてく歩きの旅は、車旅では見られない色々な景色が見られて楽しい。右の大きい石像は宝暦4申と刻まれているので江戸中期の1754年に祀られたもののようだ。
2016年05月01日 08:59撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 てくてく歩きの旅は、車旅では見られない色々な景色が見られて楽しい。右の大きい石像は宝暦4申と刻まれているので江戸中期の1754年に祀られたもののようだ。
1
 田んぼの畔に立つのは綺麗な羽色と長い尾が特徴の大きな雄キジである。土岐川になってからキジの鳴き声を良く聞いたが、姿を見るのは初めてだ。
2016年05月01日 09:21撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 田んぼの畔に立つのは綺麗な羽色と長い尾が特徴の大きな雄キジである。土岐川になってからキジの鳴き声を良く聞いたが、姿を見るのは初めてだ。
 武並駅から南東約3.5kmの、山際道路脇の夕立山登山口である。この登山道があることを知ったのは東京杉並の男性yamaotoko7さんのヤマレコ記録である。
2016年05月01日 09:42撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 武並駅から南東約3.5kmの、山際道路脇の夕立山登山口である。この登山道があることを知ったのは東京杉並の男性yamaotoko7さんのヤマレコ記録である。
 登山前日に見た恵那市出身のyamaotoko7さんの写真に、この「庄内川、土岐川源流地帯」の案内板が写っていたので嬉しくなって、ここから登ることにした。
2016年05月01日 09:43撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 登山前日に見た恵那市出身のyamaotoko7さんの写真に、この「庄内川、土岐川源流地帯」の案内板が写っていたので嬉しくなって、ここから登ることにした。
 最初は人工林の中の舗装道路を歩く。この道は江戸時代、岩村藩の殿様が参勤交代の折に使われたとのことで、大名街道あるいは殿様街道と言うそうである。
2016年05月01日 09:46撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 最初は人工林の中の舗装道路を歩く。この道は江戸時代、岩村藩の殿様が参勤交代の折に使われたとのことで、大名街道あるいは殿様街道と言うそうである。
 しばらくすると目の前に高い緑の壁が見えてくる。小ヶ沢池と言う農業用のダム(ため池)である。昔の人は灌漑用水を得るためにずいぶん努力をされている。
2016年05月01日 10:04撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 しばらくすると目の前に高い緑の壁が見えてくる。小ヶ沢池と言う農業用のダム(ため池)である。昔の人は灌漑用水を得るためにずいぶん努力をされている。
 小ヶ沢池は新緑の木々が水面に映えて実に綺麗である。ダムはダメなどと言う人がいるが自然の景観になじんだこのようなダムも多い。
2016年05月01日 10:13撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 小ヶ沢池は新緑の木々が水面に映えて実に綺麗である。ダムはダメなどと言う人がいるが自然の景観になじんだこのようなダムも多い。
 登山道脇には綺麗な石張りの水路がある。泥や落ち葉などは除去され、良く整備されている。さすがは東海自然歩道である。
2016年05月01日 10:24撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 登山道脇には綺麗な石張りの水路がある。泥や落ち葉などは除去され、良く整備されている。さすがは東海自然歩道である。
 この桧の人工林は間伐などをして良く手入れされており、山肌に日の光が届くようになって下草の緑が育ち始めている。
2016年05月01日 10:30撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 この桧の人工林は間伐などをして良く手入れされており、山肌に日の光が届くようになって下草の緑が育ち始めている。
 標高630m付近の高い位置にある、水の色がコバルトブルーの綺麗な池である。この池も灌漑用水を貯留する農業用のため池である。
2016年05月01日 10:51撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 標高630m付近の高い位置にある、水の色がコバルトブルーの綺麗な池である。この池も灌漑用水を貯留する農業用のため池である。
 早朝に岩村城を出て中山道に向かう大名行列の殿様やお付きの人達が、ここで一服したというお茶屋のあった所との案内版がある。
2016年05月01日 11:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 早朝に岩村城を出て中山道に向かう大名行列の殿様やお付きの人達が、ここで一服したというお茶屋のあった所との案内版がある。
 低山でときどき見かける奇妙な花?
2016年05月01日 11:13撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 低山でときどき見かける奇妙な花?
 標高が700mぐらいになり、流れもほんの小さな流れになってきた。まさしく、庄内川、土岐川の源流である。
2016年05月01日 11:32撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 標高が700mぐらいになり、流れもほんの小さな流れになってきた。まさしく、庄内川、土岐川の源流である。
 岐阜県畜産研究所酪農研究部の入り口である。夕立山はこの研究所の中にある。生き物を扱うところだから土日も開いているようである。
2016年05月01日 11:45撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 岐阜県畜産研究所酪農研究部の入り口である。夕立山はこの研究所の中にある。生き物を扱うところだから土日も開いているようである。
 農場の方に夕立山に登りたいと尋ねると、登山靴を消毒して入るように案内された。青い箱の中の液体が消毒液で、これに靴底を浸して消毒する。
2016年05月01日 11:50撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 農場の方に夕立山に登りたいと尋ねると、登山靴を消毒して入るように案内された。青い箱の中の液体が消毒液で、これに靴底を浸して消毒する。
 研究所の入り口から夕立山までは500m程度であるが、その間にも大きなホルスタイン種の白黒牛が青草を食んでいた。
2016年05月01日 11:52撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 研究所の入り口から夕立山までは500m程度であるが、その間にも大きなホルスタイン種の白黒牛が青草を食んでいた。
1
 恵那市の防災無線中継所前を通って夕立山の神社入り口に到着。研究所の入り口から10分もかからない距離である。
2016年05月01日 11:59撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 恵那市の防災無線中継所前を通って夕立山の神社入り口に到着。研究所の入り口から10分もかからない距離である。
 神社の裏にある国土地理院の三角点である。武並駅から川沿いに歩き、写真を撮ったり川を覗いたりしながら、ゆっくり歩いて約4時間で到着した。
2016年05月01日 12:01撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 神社の裏にある国土地理院の三角点である。武並駅から川沿いに歩き、写真を撮ったり川を覗いたりしながら、ゆっくり歩いて約4時間で到着した。
 夕立山は木立に囲まれているが、周りは牧草地が開かれていて見通しは良い。東に見えるのは百名山の一つ、恵那山である。
2016年05月01日 12:24撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 夕立山は木立に囲まれているが、周りは牧草地が開かれていて見通しは良い。東に見えるのは百名山の一つ、恵那山である。
 帰りに通ったヒノキ林はまだ若いせいか密植状態で日の光が十分に入らず、下草の緑が無くて侵食されやすい状況である。このまま放置すると山は荒れる。
2016年05月01日 13:04撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 帰りに通ったヒノキ林はまだ若いせいか密植状態で日の光が十分に入らず、下草の緑が無くて侵食されやすい状況である。このまま放置すると山は荒れる。
 標高630mの峠から東に向かう谷筋は踏み跡も無く荒れている。古い柵などもあるので昔は使われた道があったようだが、今はイノシシなどの獣道となっている。
2016年05月01日 13:17撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 標高630mの峠から東に向かう谷筋は踏み跡も無く荒れている。古い柵などもあるので昔は使われた道があったようだが、今はイノシシなどの獣道となっている。
 谷へ入ると大きな石がゴロゴロし、倒木や流木があって歩きにくい。この流れは阿木川の上流なので、土岐川ではなく木曽川へ入る。
2016年05月01日 13:57撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 谷へ入ると大きな石がゴロゴロし、倒木や流木があって歩きにくい。この流れは阿木川の上流なので、土岐川ではなく木曽川へ入る。
 1.2kmほどのわずかな距離を抜けるのに約1時間かかり、この舗装林道へ出ることができた。
2016年05月01日 14:04撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 1.2kmほどのわずかな距離を抜けるのに約1時間かかり、この舗装林道へ出ることができた。
 適切に間伐の手入れをすると山肌に緑がよみがえって、山の斜面は安定する。
2016年05月01日 14:06撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 適切に間伐の手入れをすると山肌に緑がよみがえって、山の斜面は安定する。
 太くてみずみずしいイタドリの茎。少し酸味があって渇いたのどに美味しい。
2016年05月01日 14:08撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 太くてみずみずしいイタドリの茎。少し酸味があって渇いたのどに美味しい。
 小沢溜池の水面であり、やはり灌漑用水を溜めるダムである。こんな山奥でも外来魚のブラックバスを狙うという釣り人が何人かおられた。
2016年05月01日 14:17撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 小沢溜池の水面であり、やはり灌漑用水を溜めるダムである。こんな山奥でも外来魚のブラックバスを狙うという釣り人が何人かおられた。
 水資源機構が建設して管理する大きな阿木川ダムのダム湖である。ここは車の入らない左岸の道路を歩くことができる。
2016年05月01日 15:11撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 水資源機構が建設して管理する大きな阿木川ダムのダム湖である。ここは車の入らない左岸の道路を歩くことができる。
 変わった花?を付けた木があった。
2016年05月01日 15:19撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 変わった花?を付けた木があった。
 阿木川ダムは巨石を積み上げたロックフィルダムであるが、ダム軸はアーチ形に設計されている。
2016年05月01日 15:32撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 阿木川ダムは巨石を積み上げたロックフィルダムであるが、ダム軸はアーチ形に設計されている。
 ダムの上からは左岸の山裾に付けたこの階段を通って降りられる。
2016年05月01日 15:36撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 ダムの上からは左岸の山裾に付けたこの階段を通って降りられる。
 階段途中の小山の山頂にある仏像。小山はダムの見晴らし台にもなっている。
2016年05月01日 15:46撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 階段途中の小山の山頂にある仏像。小山はダムの見晴らし台にもなっている。
 ダム建設のために、住み慣れた故郷を離れた人たちが、調印した日に読まれた「山河あり」とする句碑があった。 
2016年05月01日 15:56撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 ダム建設のために、住み慣れた故郷を離れた人たちが、調印した日に読まれた「山河あり」とする句碑があった。 
 道路脇にフクロウの顔を思わせる模様を付けた桧があった。
2016年05月01日 16:10撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 道路脇にフクロウの顔を思わせる模様を付けた桧があった。
 恵那駅に向かう一本道から振り返り見ると、夕立山の山塊が田んぼの水面に映っていた。
2016年05月01日 17:05撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 恵那駅に向かう一本道から振り返り見ると、夕立山の山塊が田んぼの水面に映っていた。
 恵那駅に向かう道路の正面に見えるのは東濃の名峰、笠置山(かさぎやま)である。
2016年05月01日 17:07撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 恵那駅に向かう道路の正面に見えるのは東濃の名峰、笠置山(かさぎやま)である。
 途中で喫茶店に寄ったりして、午後5時半に無事恵那駅に到着した。
2016年05月01日 17:33撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 途中で喫茶店に寄ったりして、午後5時半に無事恵那駅に到着した。
訪問者数:243人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ