ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 857785 全員に公開 ハイキング葛城高原・二上山

花の百名山・葛城山

日程 2016年04月29日(金) [日帰り]
メンバー nimuchan
天候曇り〜晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
葛城山ロープウェイ駐車場(1000円)からスタート
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間4分
休憩
21分
合計
4時間25分
S葛城山ロープウェイ・葛城登山口駅06:3707:02櫛羅の滝07:0307:36不動の滝07:4709:07大和葛城山09:1210:10自然観察路分岐10:34展望ベンチ(北尾根道)10:58葛城山ロープウェイ・葛城登山口駅11:0211:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
05:25 自宅発、途中で給油
06:28 葛城山ロープウェイ駐車場着、06:33 スタート
07:25 汗ばんできたので衣服調整
09:06 葛城山頂上三角点(958.8m)
09:23 自然研究路・北尾根ルート分岐
10:10 自然研究路分岐
11:01 駐車場着
12:18 自宅着
コース状況/
危険箇所等
特に危険な所は無いが、北尾根ルートは急坂で滑り易い箇所が多い
その他周辺情報山上には食堂・宿泊施設などが揃っている。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 レジャーシート ヘッドランプ 予備電池 携帯GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル スパッツ ストック カメラ

写真

0635 ロープウェイ前の駐車場はまだ閉まっていて少し下にある24時間対応の駐車場に入れたがまだガラガラ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0635 ロープウェイ前の駐車場はまだ閉まっていて少し下にある24時間対応の駐車場に入れたがまだガラガラ
0637 名物の真っ赤なツツジ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0637 名物の真っ赤なツツジ
1
0643-3 北尾根コースとの分岐、まずは櫛羅の滝コースに進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0643-3 北尾根コースとの分岐、まずは櫛羅の滝コースに進む
0654-4 キケマンかな・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0654-4 キケマンかな・・・
1
0654-6 ヤマエンゴサク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0654-6 ヤマエンゴサク
1
0656 水滴にピントが合ってしまった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0656 水滴にピントが合ってしまった
1
0657-2 ヤマブキだと思うけどおしべがこれから開くのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0657-2 ヤマブキだと思うけどおしべがこれから開くのかな?
1
0659 とても小さな花・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0659 とても小さな花・・・
0700 櫛羅の滝への分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0700 櫛羅の滝への分岐
0702-2 櫛羅の滝、S57の災害で崩壊したがH1に修復されたそうだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0702-2 櫛羅の滝、S57の災害で崩壊したがH1に修復されたそうだ
1
0702-3 クサイチゴ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0702-3 クサイチゴ
0710 櫛羅の滝コースには数字、北尾根コースにはカタカナで救助用の位置表示がずっと続いている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0710 櫛羅の滝コースには数字、北尾根コースにはカタカナで救助用の位置表示がずっと続いている
0710-2 こちらのコースの登山道は整備が行き届いている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0710-2 こちらのコースの登山道は整備が行き届いている
0713 延々と階段が続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0713 延々と階段が続く
1
0731-2 ここでほぼ直角に曲がっている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0731-2 ここでほぼ直角に曲がっている
0732 二の滝への分岐点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0732 二の滝への分岐点
0737 狭くて急な階段を下りていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0737 狭くて急な階段を下りていく
0741-3 二の滝のすぐ近くに分岐があるが崩壊していて使えない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0741-3 二の滝のすぐ近くに分岐があるが崩壊していて使えない
0749 下界が見渡せる場所も有る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0749 下界が見渡せる場所も有る
1
0753-2 目標位置5近くの登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0753-2 目標位置5近くの登山道
0800-2 ショウジョウバカマの終わりかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0800-2 ショウジョウバカマの終わりかな
0802-4 スミレの仲間だと思うが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0802-4 スミレの仲間だと思うが・・・
1
0809 とても小さな花・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0809 とても小さな花・・・
0809-4 ヤマルリソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0809-4 ヤマルリソウ
1
0811-5 登山道にはヤマブキが一杯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0811-5 登山道にはヤマブキが一杯
0812 落石により崩壊した橋、こんなのに遭遇したら大変だ・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0812 落石により崩壊した橋、こんなのに遭遇したら大変だ・・・
1
0812-2 崩壊した橋のすぐ先にある同じような橋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0812-2 崩壊した橋のすぐ先にある同じような橋
1
0818-3 ヤマエンゴサク or ムラサキケマン・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0818-3 ヤマエンゴサク or ムラサキケマン・・・
1
0821 杉の根が一杯張りだした登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0821 杉の根が一杯張りだした登山道
0822-2 この先にはまた延々の階段が見えている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0822-2 この先にはまた延々の階段が見えている
0826 白のイカリソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0826 白のイカリソウ
1
0828-3 ナガバモミジイチゴかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0828-3 ナガバモミジイチゴかな
0829 階段が続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0829 階段が続きます
0832 目標位置8
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0832 目標位置8
0839 目標位置9
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0839 目標位置9
0840-2 国民宿舎方面とロープウェイ駅方面の分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0840-2 国民宿舎方面とロープウェイ駅方面の分岐
0842-2 葛城山水源地と書かれていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0842-2 葛城山水源地と書かれていた
0843-2 葛城山は階段が多いなあ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0843-2 葛城山は階段が多いなあ
0847-2 そういえば色々声が聞こえていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0847-2 そういえば色々声が聞こえていた
0849 ミツバツツジのようだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0849 ミツバツツジのようだ
0859 頂上尾根からの眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0859 頂上尾根からの眺め
1
0902 頂上の食堂が見えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0902 頂上の食堂が見えてきた
0906 葛城山頂上三角点(958.8m)タッチ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0906 葛城山頂上三角点(958.8m)タッチ
1
0909 葛城山頂上、風が非常に冷たく、手袋をしていても指が冷たい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0909 葛城山頂上、風が非常に冷たく、手袋をしていても指が冷たい
2
0914 隣の金剛山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0914 隣の金剛山
4
0915 下界の様子
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0915 下界の様子
1
0923 自然研究路から北尾根コースを下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0923 自然研究路から北尾根コースを下る
0926 カタクリは既に無残な姿になっている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0926 カタクリは既に無残な姿になっている
0931-2 チゴユリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0931-2 チゴユリ
1
0939-2 つつじのつぼみも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0939-2 つつじのつぼみも
0940 新緑の様子
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0940 新緑の様子
0940-2 自然研究路の様子
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0940-2 自然研究路の様子
0941-2 自然研究路の標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0941-2 自然研究路の標識
0953 イロハモミジ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0953 イロハモミジ
1
0958 フモトスミレかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0958 フモトスミレかな
1
1000 ヤマルリソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1000 ヤマルリソウ
1
1004 ヤブヘビイチゴができている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1004 ヤブヘビイチゴができている
1010-2 北尾根の目標位置はカタカナだが「9」と「ク」は言い方によったら間違えるかも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1010-2 北尾根の目標位置はカタカナだが「9」と「ク」は言い方によったら間違えるかも
1013-2 この辺りは細い尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1013-2 この辺りは細い尾根
1015 ヤブツバキかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1015 ヤブツバキかな
1017-2 ヤマツツジかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1017-2 ヤマツツジかな
1033 北尾根ルートは急坂で滑り易い所が多い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1033 北尾根ルートは急坂で滑り易い所が多い
1040 眺望が開ける所も
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1040 眺望が開ける所も
1
1041 ハルジオン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1041 ハルジオン
1051 登山口の表示
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1051 登山口の表示
1055 コデマリも満開
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1055 コデマリも満開
1057 当然だがロープウェイも営業を開始している
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1057 当然だがロープウェイも営業を開始している
1
1101 駐車場に到着、ロープウェイ駅近くの駐車場が営業を開始したのでこちらは結構空いている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1101 駐車場に到着、ロープウェイ駅近くの駐車場が営業を開始したのでこちらは結構空いている
1

感想/記録

天気も良さそうなので近場の花の百名山・葛城山に登ってみる。折角なので半年ぶりくらいに一眼レフを持ち出したが、最近ほとんど使うことが無くなっているのでどうも勝手が違う。
今日のコースは櫛羅の滝コースから登り、自然研究路と北尾根コースから下る周遊コース。出発が早いせいかロープウェイもまだ営業しておらず、改札前に何人かのお客が待っている。
登り始めて暫くすると櫛羅(クジラ)の滝への分岐がある。さほど大きな滝ではないが、昨夜まで雨だったせいか水量はそこそこ有るように見える。ここの説明板によると一度災害で崩壊し、平成元年に修復されたとか。
登山道には一定間隔?に消防署の救助用位置表示が有り、櫛羅コースでは数字、北尾根コースではカタカナで位置表示されている。「○合目」の表示の方が何となくぴんとくるが・・・。
更に登ると今度は二の滝への分岐がある。こちらは暫く登山道をそれて滑り易い急坂を下らないといけない。先程の櫛羅の滝よりこじんまりした感じの滝で、水量も少ないようだ。
このコースは階段が非常に多く結構疲れる。見慣れた山頂の食堂なども当然まだ開いていない。昨日までの陽気とは異なり、今日は少し肌寒かったが、山頂に出ると冷たい風が吹きかなり冷え込んでいる。最近は6月の陽気と言われていたので余計感じるのかもしれない。
山頂からは自然研究路を通って北尾根コースを下るが、カタクリは既に終わっておりわずかにしおれた花びらが残っているものもあるが、ほとんどは茶色になっている。ただカタクリ以外にも色々な花を見ることができ充実の山歩きとなった。
北尾根を下り始めると下からどんどん登山者が上ってくる。いつもはスタートの遅いことが多いので、こちらが登っている時に上からどんどん登山者が下ってくることがほとんどだが、今日は逆になった。
北尾根は急坂で滑りやすい所が多く、雨の後などは特に注意が必要だと思われる。今回は下りで使ったので余計感じるのかもしれない。
結局昼前に下山してしまいランチタイムの無い山歩きとなってしまった。こんなことも非常に珍しいというか今まで無かったかも。コンビニで買った食料品は結局自宅で食べることになった(^^;)。
訪問者数:172人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ