ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 858008 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走東北

Tシャツを求めて...会津駒ケ岳

日程 2016年04月24日(日) [日帰り]
メンバー muraken, その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間42分
休憩
2時間13分
合計
7時間55分
S会津駒ヶ岳滝沢登山口07:1908:41水場08:4210:11駒の小屋10:4110:55会津駒ヶ岳11:2211:33駒の小屋12:4814:24水場15:11会津駒ヶ岳滝沢登山口15:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

今回ご一緒して頂いたみなさん。
2016年04月24日 07:16撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回ご一緒して頂いたみなさん。
登山口。出発しま〜す。
2016年04月24日 07:17撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口。出発しま〜す。
いきなり急登です。
2016年04月24日 07:24撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり急登です。
雪が現れてきました。
2016年04月24日 08:08撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が現れてきました。
青〜。
2016年04月24日 08:47撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青〜。
1
燧ケ岳〜。
2016年04月24日 09:18撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燧ケ岳〜。
1
山頂が見えていました。
2016年04月24日 09:46撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が見えていました。
1
駒の小屋。開いてました。ラッキ〜。
2016年04月24日 10:06撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒の小屋。開いてました。ラッキ〜。
念願のTシャツゲット。手ぬぐいも、バッチも買いました。
4色ありましたが、残念ながらネイビーは売り切れ。
189cmの自分でXLでいい感じです。
2016年04月24日 10:27撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
念願のTシャツゲット。手ぬぐいも、バッチも買いました。
4色ありましたが、残念ながらネイビーは売り切れ。
189cmの自分でXLでいい感じです。
3
中門岳への稜線。
2016年04月24日 11:16撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中門岳への稜線。
1
下山途中の登山道は川のように雪解け水が流れていました。靴はびしょ濡れです。
2016年04月24日 14:32撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中の登山道は川のように雪解け水が流れていました。靴はびしょ濡れです。
帰ってきました〜。最高でした。
2016年04月24日 15:12撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰ってきました〜。最高でした。
撮影機材:

感想/記録

 山トモさんに声をかけてもらって、念願のあの会津駒ケ岳に行けるチャンスが飛び込み、二つ返事で参加を表明。2015年の無雪期に登る機会を失い、2016年のどこかで行ければいいなぁ...と思っていたので、声をかけて頂いて本当にラッキーでした。
 参加の表明をしてからいろいろ調べたらまだまだ雪山...。ありゃ。今季は雪山に一度も行っていないので、いくら終盤戦といえど大丈夫かな...と、いきなり不安が募ります。アイゼンは必要なさそう...?チェーンスパイクで行ける...?アイゼンつけるとなるとそれ用の靴だし...と頭の中がぐるぐるぐるぐる不安でいっぱいになります。結局は直近の投稿を頼りに、アイゼン・チェーンスパイクどちらとも持たずに行きました。
 横浜駅・東京駅で同行者と待ち合わせ、東北道経由で桧枝岐村へ。5時起床・6時出発が、目覚めたら6時を回っていました。慌てて朝食を摂り、別途待ち合わせていた同行者と合流、1時間遅れで出発します。
 登山道入口直後はいきなりの急登で、しかも天気も良く、汗が流れます。1,400m付近から雪が現れましたが、結局そこから先今回の山行全てにおいてツボ足で大丈夫でした。1,800m付近?から視界が開け、燧ケ岳もばっちり見えました。真っ白な雪面、そして真っ青な空、見事なコントラストの中、駒の小屋を目指します。気持ちいい〜!最高!小屋前の急登を登り、無事駒の小屋へ到着。同行者の一人が昨年訪れた時のことを小屋の方に覚えて頂いており話も弾みます。そして、念願の、あのTシャツをゲット!!4色ありましたが、ネイビーは生憎売り切れで、黒を選択。バッチ、手ぬぐいも買っちゃいました。荷物を小屋前にデポし山頂へ。山頂からは360℃の大パノラマを楽しむことができました。中門岳に向かう予定でしたが、出発が遅れたこともあり断念。ヒップソリで小屋に戻ります。雪国育ちですが初ヒップソリ、楽しぃ〜。小屋の前の雪のテーブルで昼食を摂ります。同行者の一人が焼肉をし、ご馳走になります。ウメェ〜!念願の山、念願のTシャツゲット、快晴、大好きな雪、そして美味しい昼食、もう最高!!なんて贅沢な時間なんだ!!ビールを飲んじゃったら、もう死んじゃうな〜。
 この楽園にず〜っと居たいけど、泣く泣く下山。下山時はすこしでヒップソリができそうな場所があれば、すかさずヒップソリ。調子に乗っていたら、1,800m付近?から登山道ではない尾根の方に滑り降りてしまい、登り返しました...反省。1,400m付近からは、雪解け水が登山道を川の様に流れ、水たまりもあり、靴はずぶ濡れに。
 下山後、桧枝岐村にある燧の湯に入り、さっぱりし帰路へ。横浜からは距離があるので、桧枝岐村1泊で複数座登頂が理想ですね。いやぁ〜それにしても、記憶・印象に残るとても良い山行になりました。別の季節にもまた訪れたいです。
ありがとうございました。
訪問者数:192人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 急登 山行 デポ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ