ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 858089 全員に公開 ハイキング東海

イブネに行きたい!裏道〜国見岳〜イブネ〜雨乞岳〜おまけの鎌ヶ岳周回

日程 2016年05月01日(日) [日帰り]
メンバー goldengate
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中道登山口付近の駐車場
GWを警戒し5:00前に到着したのでさすがに空いてました
(でも半分は埋まってたかな)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間18分
休憩
1時間17分
合計
10時間35分
S御在所岳中道ルート前駐車場(旧料金所前)05:1005:19御在所岳裏道国道入口05:2105:51藤内小屋06:51ゆるぎ岩06:5206:55天狗岩06:5607:05石門07:1107:09国見岳07:1107:19青岳07:2007:44根の平峠08:07上水晶谷08:0808:22コクイ谷出合08:2508:49御池鉱山旧跡08:5009:13杉峠09:20杉峠の頭09:2109:29佐目峠09:40イブネ09:47イブネ北端09:4809:57クラシ09:5810:03イブネ北端10:0410:20イブネ10:24佐目峠10:2510:33杉峠の頭10:37杉峠、西避難小屋10:3811:00雨乞岳11:0111:10東雨乞岳11:1211:23七人山のコル11:2411:58クラ谷分岐12:2912:37沢谷峠12:58武平トンネル西登山口13:0013:08武平峠13:0913:46鎌ヶ岳13:5314:01岳峠14:0314:43犬星大滝14:4415:31長石谷登山口15:3615:43御在所岳中道ルート前駐車場(旧料金所前)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
国見尾根は写真撮影やら何やらで所々足止めた
根の平峠〜御池鉱山旧後、イブネでは景色に見とれてゆっくりペース
鎌ヶ岳からの長石谷ルートは苦戦した
コース状況/
危険箇所等
国見尾根ルートはそこそこ辛い
根の平峠〜御池鉱山旧跡はすご〜くいい道ですが、所々迷わないように注意が必要
杉峠直下の急登ではルートをミスって怖い思いした
鎌ヶ岳からの長石谷ルートは結構きつかった
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

裏道登山口を目指してトンネル通る。なんかウキウキする
2016年05月01日 05:17撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏道登山口を目指してトンネル通る。なんかウキウキする
1
行くど〜
2016年05月01日 05:19撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行くど〜
1
パイプの要塞
2016年05月01日 05:28撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パイプの要塞
「ここが裏道」とおっしゃるので遠慮なく通過
2016年05月01日 05:29撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ここが裏道」とおっしゃるので遠慮なく通過
1
谷道を登ることはあまりないので楽しい。沢の水音もいい
2016年05月01日 05:33撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷道を登ることはあまりないので楽しい。沢の水音もいい
藤内小屋は鯉のぼり
2016年05月01日 05:50撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤内小屋は鯉のぼり
3
どうして「界」...
2016年05月01日 06:27撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうして「界」...
お目当てのアカヤシオ
2016年05月01日 06:42撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お目当てのアカヤシオ
1
どうしてそうなった?
※孤高のライオンに見えるのは私だけ?
2016年05月01日 06:49撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうしてそうなった?
※孤高のライオンに見えるのは私だけ?
1
御在所岳方面の岩はやっぱり凄いな
2016年05月01日 06:51撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳方面の岩はやっぱり凄いな
どうしてそうなった?
2016年05月01日 06:52撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうしてそうなった?
3
どうしてそうなった?
2016年05月01日 07:05撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうしてそうなった?
2
とりあえずピーク
国見尾根はそこそこハードだった
2016年05月01日 07:07撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえずピーク
国見尾根はそこそこハードだった
1
思っていたよりは少ないけど、アカヤシオの群れ綺麗!
2016年05月01日 07:10撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思っていたよりは少ないけど、アカヤシオの群れ綺麗!
2
この辺は沢山咲いてる。荒涼とした雰囲気に艶やかな薄紅色はいいね
2016年05月01日 07:21撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺は沢山咲いてる。荒涼とした雰囲気に艶やかな薄紅色はいいね
どうしてそうなった?
2016年05月01日 07:26撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうしてそうなった?
40過ぎのオッサンが、
スキップで軽やかに下ってみた...
2016年05月01日 07:41撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
40過ぎのオッサンが、
スキップで軽やかに下ってみた...
1
根の平峠は広々としていいところ。ここからの山道が楽しみだ
2016年05月01日 07:44撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根の平峠は広々としていいところ。ここからの山道が楽しみだ
苔、いいなぁ
2016年05月01日 07:53撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔、いいなぁ
緑も綺麗
2016年05月01日 08:15撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑も綺麗
水も綺麗
2016年05月01日 08:20撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水も綺麗
沢も綺麗
2016年05月01日 08:23撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢も綺麗
1
やっぱり何回か渡るね(嫌だけど)
2016年05月01日 08:23撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり何回か渡るね(嫌だけど)
さぁイブネに向かいますよ〜いい感じにもなってきたぞ〜
2016年05月01日 09:17撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁイブネに向かいますよ〜いい感じにもなってきたぞ〜
1
苔、いいなぁ
2016年05月01日 09:21撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔、いいなぁ
気持ちのいい道です
2016年05月01日 09:22撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちのいい道です
ここがイブネだ!本日のピーク
2016年05月01日 09:39撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここがイブネだ!本日のピーク
イブネはやっぱり素敵だった
2016年05月01日 09:41撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブネはやっぱり素敵だった
1
まだまだ苔少ないんだろうけど、苔の緑と土のコントラストがいいね
2016年05月01日 09:41撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ苔少ないんだろうけど、苔の緑と土のコントラストがいいね
2
御在所岳方面眺めながらテン泊ですかぁ(凄く羨ましいです!)
2016年05月01日 09:44撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳方面眺めながらテン泊ですかぁ(凄く羨ましいです!)
2
「着いたどぉ〜!!」
今回のゴールだ
2016年05月01日 09:47撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「着いたどぉ〜!!」
今回のゴールだ
2
苔、いいなぁ
2016年05月01日 09:53撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔、いいなぁ
1
予定時間より早く着いたからクラシまで行ってみた。一応ピーク。でも木に囲まれていて展望も景観もない。しかもこの「クラシ案内板」は見落として通過した
2016年05月01日 09:56撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定時間より早く着いたからクラシまで行ってみた。一応ピーク。でも木に囲まれていて展望も景観もない。しかもこの「クラシ案内板」は見落として通過した
2
雨乞岳、ピーク
狭いところに人が一杯
2016年05月01日 10:59撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳、ピーク
狭いところに人が一杯
2
東雨乞岳までは気持ちよさそうな笹道の稜線...
2016年05月01日 11:01撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東雨乞岳までは気持ちよさそうな笹道の稜線...
1
でも実際はむさ苦しい道。ここ雨降ったらドロドロになりそう
2016年05月01日 11:07撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも実際はむさ苦しい道。ここ雨降ったらドロドロになりそう
東雨乞岳、ピーク
ここでご飯食べようかと予定してたけど、強風でそれどころではない
2016年05月01日 11:09撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東雨乞岳、ピーク
ここでご飯食べようかと予定してたけど、強風でそれどころではない
2
今日は歩きやすくて楽しい道が多くて助かる
2016年05月01日 12:32撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は歩きやすくて楽しい道が多くて助かる
予定よりも早く着いた!
よく頑張りました、俺
2016年05月01日 12:59撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定よりも早く着いた!
よく頑張りました、俺
よせばいいのに鎌に向かった。あれ?なんかすごく遠く見える...
2016年05月01日 13:11撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よせばいいのに鎌に向かった。あれ?なんかすごく遠く見える...
やはり上の方はザレてるし尖ってる。後悔してきた...
2016年05月01日 13:28撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり上の方はザレてるし尖ってる。後悔してきた...
着いた
本日最後のピーク
2016年05月01日 13:48撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着いた
本日最後のピーク
2
頑張って鎌登ったけどアカヤシオ少ない
2016年05月01日 13:52撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頑張って鎌登ったけどアカヤシオ少ない
1
長石谷ルートを選んで下山「何?この岩ばっかの激下り」
2016年05月01日 14:04撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長石谷ルートを選んで下山「何?この岩ばっかの激下り」
1
「足疲れた...もう嫌...バカみたい」このルート選んだことを後悔
2016年05月01日 14:15撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「足疲れた...もう嫌...バカみたい」このルート選んだことを後悔
「頑張れ!」とケルンが激励
(疲れの為幻聴)
2016年05月01日 14:29撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「頑張れ!」とケルンが激励
(疲れの為幻聴)
汗でハンドタオル2枚水没...
水もなくなってきた...
今なら滝業してもいいな
2016年05月01日 14:42撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
汗でハンドタオル2枚水没...
水もなくなってきた...
今なら滝業してもいいな
今日はよく歩いたよな、相棒よ。誰でもいいから健闘を称え合いたい(ソロの侘しさ)
2016年05月01日 15:45撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はよく歩いたよな、相棒よ。誰でもいいから健闘を称え合いたい(ソロの侘しさ)
5
次は君だ!
待ってろ釈迦ヶ岳!
2016年05月01日 16:26撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は君だ!
待ってろ釈迦ヶ岳!
1
撮影機材:

感想/記録

※自身の山行備忘録なので長文失礼。

鈴鹿に残されている課題あれこれ...

[觴7mt制覇→残りは雨乞岳と釈迦ヶ岳
⇔觴の奥座敷イブネに行きたい
8羣濬螻戰襦璽箸領道を歩いてみたい
そして最近のレコで評判のぁ屮▲ヤシオ」を見たい

「雨&釈迦2座縦走して7mt制覇を一気に終わらせる」かと悩んだが、アカヤシオを愛でることや裏道を歩く機会を優先し今回のルートに決定。ちょっと私には荷が重そうなロングな道程...久々に己を痛めつけようとドM指数上昇させる。

GWの混雑を警戒して前泊した。実は車中泊はいつも眠れない。これから始まる絶好シーズン到来前に車中泊できるように訓練も兼ねる。”大人なのに漆黒の闇が苦手”と”中年だからこそトイレが不安”から登山口最寄りのコンビニ駐車場で寝ることに。今回は頑張って2〜3時間ほど寝れた(普段は寝落ちしないよう頑張ってるのに)。


◆早朝4:30頃中道付近の駐車場に到着
さすがに余裕で停めれた。朝食食べてザック整理していざ出発。まずは裏道登山口まで車道を下る。スピード出した車が、カーブでオーバーランして突っ込んでくるのではないかとヒヤヒヤした。


◆裏道はなかなか楽しい
谷道をあまり登ったことがない登山経験浅い私。ゴツゴツした岩を、ルート探しながら頭使うのは楽しかった。藤内小屋では大きな鯉のぼりが泳いでる。山小屋は大好きだ。その多くはホッタテ小屋みたいで面白いし個性もあってよろしい。そしてなんだかホッとするよね。


◆奇怪な岩の国見尾根
裏道はずれて尾根道へ。なかなか尾根に上がれず思ったよりも手応えあった。標高あげると奇怪な岩が色々出てきて面白い。「なぜそんなおかしな状態で残った?」とありえないバランスで保たれている岩。幾つか登ってみたが、へっぴり腰で動きが鈍い。恐怖心あると手足がきちんと動かないから危険だな。


◆国見岳〜根の平峠ではアカヤシオの桃源郷ロード
アカヤシオが綺麗に咲く歩きやすい道。あまりに気持ち良かったから緩い下りでは小走り(というか中年スキップ)。少々荒涼感ただようところに可憐な花があると、そのアンバランスにより幻想的な雰囲気が醸し出される。そして花や緑の美しさも際立たせるね。

途中で2組の登山者に会う。1組目はカップル。
たしかダウン着てたように思う。結構気温低いし、風吹けば寒い。でも私は半袖短パン...あきらかに場違いだ。でも汗っかきなので仕方ない。『半袖短パン=肉体の強靭さの表れ』のように誇示されている方もいるが、私は無邪気な小僧のようで好きではない。私の目指すところのスタイルとは違うのだが、暑いのだから仕方ない。

2組目はテン泊装備の女性3人。
”テン泊装備のガッツリ山女さん”萌えな私。少しはお話でもと思うのだが、いつも気恥ずかしくて声かけずらい。さらに今回は、”半袖短パンの暴走中年”と苦笑されたように感じてしまい恥ずかしさ倍増した。


◆根の平峠〜杉峠の最高の山道
ここは本当に素晴らしい道が続く。緩やかで緑の木々が優しい。沢も流れているので水音も心地よい。何度も見とれて立ち止まり歩みが遅くなってしまうような場所。『鈴鹿の上高地』とは言い得て妙だな。実際の上高地のように高い山々の展望もあったら最高かもしれないが、逆にひっそりとした風情がここには合ってるのかもしれない。いつまでも歩いていたくなるような山道で季節ごとに来たいと切に思う。

まだまだ「鈴鹿の山々を堪能した」とは言い難い経験値だが、今までの鈴鹿で一番気分のよい山道だった。次回はちゃんと『鈴鹿の上高地』を探索することにしたい(はい、課題追加。山登りにおいて課題が完了することは決してない)。

そういえば...
途中でテン泊ザック&ネクタイ&Yシャツ&スラックスの男性に遭遇し、「えっ?」と一瞬目を疑った。「茶目っ気でやってらしゃるのかなぁ」と思い「これから御出勤ですかぁ?」と声かけたところ、「いいえ、違いますよ」と至極まっとうなお返事(そりゃあそううだろよ)。面白かったから写真お願いすれば良かった。

御池鉱山旧跡あたりには石垣みたいなものがチラホラ。この辺りには昔300人ほど住んでいて学校もあったとか。いや〜こんな山深いところに凄いね。そんなことを知ってしまうと、何だか想像力も沸き立つというもの。こういう情報持ってると山行も更に面白くなるし奥深くなるな。

杉峠への登りでは何故かルートミス(下ばかり見て歩いているからミスるんです)。このまま尾根まで上がってしまおうと頑張るが、徐々に角度もきつくなりザレ具合も酷い。これはまずいと感じてルート復帰を目指す。危険な箇所を何とかやり過ごして目星がついた辺りで落石を見た。3〜50僂らいの石だったが、結構スピードついてたし当たっていたらと思うと恐ろしい。ルートをきちんとトレースすることの重要性とザレ・ガレ場は頭上注意ということを改めて心に刻む。いや〜本当に怖かった。


◆いよいよ目的地イブネへ
杉峠からは歩きやすいし木々も連なる気分いい道。イブネに近づけば視界も開けて気分も上がる。そして程なく『イブネ』の看板見つけ到着を確信する。

やっと来たよイブネ。
奥深い山域なのでなかなか計画立てなかったけど、来れて良かった。辿り着いた感動もあるが、噂通りの良いところ。広々とした空間に苔のじゅうたん。風もなくていいタイミングだ。こんなところにこんな台地があるなんてねぇ。散策がてら北端まで歩く。展望も良くて気分最高。御在所岳方面向いてテントが3張りあった。いいですね〜ここでテン泊だなんて素敵だ。

時間もあったからついでにクラシも行ってみた。
表札を何とか見つけたけど、木に囲まれた所でイマイチ感漂うピーク。もしかしたら他に見るべきものあったのかもしれないけど、北端までにしておいた方が良かった気もする。まぁでも『しない後悔>した後悔』としておきましょう。


◆雨乞岳&東雨乞岳
雨乞岳もなかなか喜ばしてくれる急登(無論やせ我慢)。あまりのナイアガラ汗でハンドタオル1枚目がここで”水没”。

山頂付近では多くの人が昼食とっていた。イブネに比べると人口密度高し。「イブネで食べた方が美味しいと思うけどなぁ」などと一人要らぬ世話を焼くが、「イブネで人がごったがえすと苔が破壊されてしまうかも...やっぱり撤回」と勝手なことを考えたりする。

東雨乞岳までの笹原ロードは気持ちよさそうだが、実際は笹原茂ってうっとうしい道。竜ヶ岳や藤原岳の笹原ロードでも”マッドマックス(=泥が最高にウザイ)”で苦戦した。笹原ロードは見てる分にはいい道なんだが歩いてみるとうざかったりする。

東雨乞岳の山頂はちょっと開けているので昼食を予定していた。しかし強風でそれどころではない。展望360度で爽快感抜群なのに無念だ。


◆武平峠までもホクホク道
東雨乞岳山頂からちょっと急な下りあるが、その後は足に優しい道が続く。昼から気温も高くなってきた。でも、沢沿いの道は清涼感もあるしせせらぎも心地よい。

第2の昼食予定地ではカップルがお食事中だった。”40代中年登山者ソロ♂”が割り込むとなんだか微妙な空気が漂いそうだ。「リア充中のお邪魔をするような野暮な漢になってはいかん」ともう少し先のクラ谷分岐で昼食とした。

クラ谷分岐でのランチタイム。
日差しあるが沢の音が心地よい。本日は”ボーボー”(ストーブ)出して湯を沸かしカップラーメン。やはり山ラーメンは旨いな。

食事中、コクイ谷方面からこられた方たち何人か出会った。
破線ルートのようだが、それほど危険というわけではないのだろうか?お一人の方に聞いてみたが、「2、3か所のルート不明瞭なところを気を付ければ大丈夫だと思います」とのこと。次回の『イブネの苔台地』『鈴鹿の上高地』目標の際に利用してみるのもいいな。


◆試練の鎌ヶ岳
予定時間よりも早く武平峠に到着できた。「おぉ、素晴らしい」と一人喜ぶ。時間もあるので、鎌か御在所登って「もう一度アカヤシオを眺めたい!」と思う。

昨年、初めての鎌ヶ岳挑戦は御在所岳からの登り返しだった。花崗岩のザレに悪戦苦闘し、赤ザレや山頂直下のガレ場で撃沈(おぞましい記憶がよみがえる)。先日に鎌尾根で2度目の登頂したばかりなのに、リベンジ果たしに(よせばいいのに)3度目を登ることにした。

しばらく登って見上げる鎌、「あれ?こんなに遠かったけ?」とちょっとモチベーション後退。そしてザレの連続で足が踏ん張りきかない。今までのルンルン道とは全く様子が違うではないか。「やっぱりやめときゃ良かったかな?」と更にモチベーション後退。赤ザレ手前の分岐で見上げる鎌、「尖ってる...ものすごく尖ってる」と”後退”は”後悔”へと変わり果て、ここからは全て楽な山道を選択。程なく山頂へ到達する。

しかし...
お目当てのアカヤシオの群は少ない。ピークハントの感動や達成感もイマイチ。ここまでの度重なる感動が大きかったことも理由だろうが、私の趣向として、”険しい感じの山”より”優しい感じの山”の方が好きなんだろうな、やっぱり。


◆魔の長石谷ルート
初鎌ヶ岳の下山では、「長石尾根ルート」を使い、膝痛が酷くなり足を引きずってアップダウンを歩いた苦い思い出がある。
そこで今回は、未踏ルートである『長石谷ルート』を選択。「最後もせせらぎ聞きながらゆったりと帰路に着きたいものだ」と思い描いていたが、見事に裏切られることとなる。

下山開始直ぐに、岩の激下りに悪戦苦闘する。「この先には緩やかな沢沿いの道がきっと待っているはず」と信じて進むが、下りても下りても続く岩、岩、岩....「もういい加減にして下さい」とぼやく。

段差がごっつい、足がかりがない、岩がコケで滑る、ザレがもろくて崩れる、落ち葉の下は水溜まりの罠、詰将棋のような岩場ルート探し...
「何なのよぉココはぁ?!」と『鎌』だけにオネぇ言葉で独り発狂。

時間と現在位置を確認する。
時間ばかり進んで歩みは全然進まない。かけがえのない飲料水は残りわずかなのに、相変わらず汗は無情に垂れ流し(ここでハンドタオル2枚目”水没”)。

赤丸印やテープが導かれた挙句の酷い渡渉や足場のないゴッツイ段差を眼前にすれば「バカじゃないの...」と力なく吐き捨てる(後半は大分やさぐれてきた)。途中に置かれたケルンが「頑張れ!○○(私の名前)、君なら行ける!」と激励してくれた(むろん疲労による幻聴)。

やっとたどり着いたゴール。見てくれなどはどうでもよく、沢に頭突っ込んで涼をとった。「前回同様の苦戦...ここは鬼門だな」と長石登山口に永遠の別れを告げ駐車場に向かう。

※疲労のためにやさぐれたしまっただけで、実はそんなに悪いコースではない...かもしれない(このコースが好きな方には申し訳ないです)。是非トライしてみてください。

何とか16:00前に到着できた。
最後にちょっと愚痴っぽく書いてしまったが、辛くても楽しいのが山の醍醐味!なんとか歩き切った自分を誉めてやろう(誰も褒めてくれないから)。


◆最後の〆
イブネとその周辺があんなに素晴らしいところだとは思わなかった。多くの方がお薦めする理由が分かった気がする。最後の鈴鹿7mtは釈迦ヶ岳が残った。何とか『鈴鹿の上高地』を絡めた山行計画をたてようと思う(悪の軍団ヒルが攻めてくる前に)。


◆追記
どうやら、長石尾根コースではアカ&シロヤシオが満開だったそうじゃ...(号泣)
訪問者数:272人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/31
投稿数: 184
2016/5/3 1:51
 心の中のチャプター刻みが想像出来て面白いですね。
お久しぶりです、ゲームばっかやっていて山に行ってないkajugumiです。
ぶっくぶくの豚になってしまいました。

こんなに長文レコ書いちゃう気持ちよーく分かります。
キツイながらも楽しさと達成感が凄かったんですね。
おそらく、チャプター毎にBGMが流れていたのでしょう。
車中泊、私も未だに出来た試しがありません。
緊張するとすぐ不眠になってしまうので。
コンビニだと寝れるんですよね。
どこでも寝られる様な人が本当に羨ましいです。
まぁ、そういう人はgoldengateさんの様な記録は書かないし、書いたとしても長文を見やすくする為の改行や改段落にここまで気は遣わないでしょうね!

いつも自身の備忘録と言いながら他人を気遣ってしまう所、分かりますよ…!
職場でもそんな感じだとしたらなかなか損な性格ですね、ほんと自分と一緒です。

って、勝手にそう思っていますが違っていたらすいません!
いつか山であったら酒おごらせて下さい。
登録日: 2014/10/17
投稿数: 164
2016/5/3 8:40
 Re: 心の中のチャプター刻みが想像出来て面白いですね。
お久しぶりです。

暫くお山から離れて長期充電中のようですね
再スタート期待しています。

正直なところ、
長文作るの面倒なのですが、
後から読み返すと、
「あ〜こんなことあったなぁ」と思い出せたりしていいんですよね。

褒めていただいて恐縮なのですが...
もちろん見ていただいた方が楽しんでくれたら嬉しいですけど、
他人の為というかやっぱり自己満足なような気がしますね。
面倒くさがる割には几帳面なところもあって、
振り返りでレコ読んで加筆修正したりもしてるんですよね〜おバカです。

性格の事で言うと、
「他人に気遣いできる」というよりは、
小心物なので「何だか気になる」というのが正確なところです
(その割には他人の気持ちにザルだったりもする)

「もっと大らかで力強い男になれればいいのになぁ」と常日頃思っています。
山に憧れを持つのはそういったところもあるのかもしれませんね。

長くなりました。
どこかの山でお会い出来たら是非宴会しましょう!

お酒おごっていただけるなら私は食い物かな...
でも、
kajugumi さんに満足してもらうためには
75Lくらいのザック用意しなくちゃいけませんね。
(担いで上がれるだろうか

追記1)
私はYouTubeでゲーム実況見るのが好きです(自分はあまりやらないけど)
Fallout4も全部見ました。
あのクオリティですからハマるのも仕方ないですね。

追記2)
そういえば、
ヤマレコの日記(4/12)でkajugumi さんの言葉を引用したり、
HPや動画を紹介しました...
了解も得ずに勝手なこと致しまして申し訳ないです
もし気になるようでしたら削除しますので言ってくださいね。
登録日: 2013/10/31
投稿数: 184
2016/5/4 10:48
 Re[2]: 心の中のチャプター刻みが想像出来て面白いですね。
光栄です(笑)
きのう筑波山行ってヘロヘロになって帰ってきました。

わたしも小心物なので後で悪口言われるくらいならしんどくともやってしまうタイプです。
でも人に対しては恐ろしくデリカシーのない事や冷たい言葉を言い放ってしまいますね。
で、自己嫌悪に。我ながら面倒くさい性格です(汗)
登録日: 2014/10/17
投稿数: 164
2016/5/4 23:49
 Re[3]: 心の中のチャプター刻みが想像出来て面白いですね。
自己嫌悪...なんとなく分かります。
理想と現実、理性と感情、自己矛盾
面倒くさい性格と付き合っていくしかないんですよね〜逃げられないんで
上手に折り合いつけれるようになりたいものです
登録日: 2014/6/13
投稿数: 337
2016/5/5 1:46
 健脚ですね〜
goldengateさん こんばんは
以前上臈岩でお会いしたakanetouchanです。

国見からイブネ、クラシからの雨乞で止めの鎌までとは
歩くも歩いたり〜ですね。
最後の鎌ヶ岳などは気が遠くなりそうになってしまいます(笑)
goldengateさん かなりの健脚なんですねヾ(o´∀`o)ノ

鎌ヶ岳頂上辺りは暖かくなってくると虫が結構飛んでいて
鬱陶しかったりしますがその辺りは大丈夫でした?

朝一番から長い距離をお疲れ様でした。
登録日: 2014/10/17
投稿数: 164
2016/5/5 9:50
 Re: 健脚ですね〜
akanetouchanさん、おはようございます。

今回は道も良かったし、何しろ景観が最高でしたので、気分よく何とか歩けました。
ただ、おまけで登った”鎌”では登り下り共にちょっと心折れました

鎌の山頂では虫飛んでました。
短い時間しかいなかったので、鬱としいというほどではなかったです。
でも手で何度か振り払っていましたね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ