ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 858099 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

両神山 日向大谷登山口

日程 2016年05月01日(日) [日帰り]
メンバー hogeo, その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
山荘下とバス停横の駐車場は有料になっていました。
1回500円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間3分
休憩
59分
合計
8時間2分
S日向大谷口05:4207:35弘法之井戸07:50清滝小屋08:1209:13両神神社09:1409:47両神山09:4810:13両神神社10:1411:15清滝小屋11:2811:36弘法之井戸11:3712:59会所13:1913:44両神山荘13:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道はマーキングが親切なくらいあって迷うことはありません。
急登は砂と小さな石が多く下山の時は滑りやすいです。
その他周辺情報道の駅両神温泉薬師の湯
大人600円

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ
備考 天気がイマイチで風が強いという予報だったので
調理器具を装備から外しましたが天気予報が見事に外れ大誤算
やっぱりバーナーとコッヘル持って山で調理したかったですね。

写真

両神山荘に駐車料金を払って登山開始
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神山荘に駐車料金を払って登山開始
夜中に来たから分からなかったけど
結構山深いところです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜中に来たから分からなかったけど
結構山深いところです。
山荘にいるワンコがお見送りしてくれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘にいるワンコがお見送りしてくれました。
山頂まで5.6km
緊張する
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まで5.6km
緊張する
登山口から直ぐの所に鳥居がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から直ぐの所に鳥居がありました。
お賽銭して無事に帰ってこられるようお願いしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お賽銭して無事に帰ってこられるようお願いしました。
標識も親切に設置してあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識も親切に設置してあります
沢の音が心地良いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の音が心地良いです。
1
途中の水場
冷たくて美味しかったですよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の水場
冷たくて美味しかったですよ
白藤の滝は途中まで行きましたが
見つけられず帰って来ました。
無駄足でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白藤の滝は途中まで行きましたが
見つけられず帰って来ました。
無駄足でした。
ここがもう一つのコースとの合流点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここがもう一つのコースとの合流点
無人小屋ですが外観はキレイでしたよ。
トイレもキレイでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無人小屋ですが外観はキレイでしたよ。
トイレもキレイでした。
1
清滝小屋からは急登の連続
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清滝小屋からは急登の連続
ここがゴール?と思いきや山頂までは地図のタイムで30分
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここがゴール?と思いきや山頂までは地図のタイムで30分
鳥居の横にあった大きな木
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居の横にあった大きな木
所々細い道があって注意が必要です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々細い道があって注意が必要です
そして山頂
360度眺めの良い山頂でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして山頂
360度眺めの良い山頂でした
1
来た道をテクテク歩き戻って来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道をテクテク歩き戻って来ました。
ワンコお昼寝ちぅでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワンコお昼寝ちぅでした
1
登山の後は温泉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山の後は温泉

感想/記録
by hogeo

5月最初の日曜日とGWが重なったこともあり大混雑!
前日の夜に両神山荘バス停横の駐車場に着きましたが
夜明け前になるとぞくぞくと車がやって来て帰る時には
第3駐車場のさらに下まで車が停まっていました。
これでは登山道が渋滞するわけですよね。

◆山荘〜清滝小屋
6時前から登山を開始したので登山者はまだそれほど多くありませんでした。
しかし小屋に着くとベンチはほぼ埋まっている状態

◆清滝小屋〜両神神社
清滝小屋から山頂まで2kmの看板があります。
ここからが両神山の真髄と言えるでしょう。
鎖場と急登の連続でかなりきつくなります。
両神山山頂は狭いのでこの両神神社か清滝小屋まで戻って
お昼を食べるのが良いかと思います。

◆両神山頂
山頂手前に細い道がありますが登山者が多い為
譲り合って渡る必要があります。
速やかに記念撮影を済ませ清滝小屋まで下りました。

◆両神山頂〜清滝小屋
鎖場と急登の下りは上りよりキツイと感じました。
鎖場は上りより下りの方が怖い、さらに体力も消耗しているので
ゆっくりと慎重に降りましょう。
ペースの速い人が後ろから来たら私はすぐ譲ってますw

◆清滝小屋〜登山口
乾燥した土と小さな石で滑りやすく何度もバランスを崩すことがありました。
ゆっくり確実に降りましょう。
途中、沢の水を触りましたがすごく冷たくて5秒も手を入れてられないほどでした。

◆駐車場〜道の駅両神温泉薬師の湯
駐車場に来るときにわかると思いますが、途中かなり道が細いところがあり
すれ違いが出来ない箇所があります。運悪く対向車と鉢合わせになると
どちらかがすれ違い出来るところまでバックしないといけないので
対向車に遭遇しないことを祈りましょうw
バスが来たらどうなるのかと・・・想像すると怖いですね。

これは言い訳ですが
標高差1000mとそれほどキツイ山ではないはずなのに
登山者が多く自分のペースで歩けなかったのが原因なのか結構疲れました。
訪問者数:184人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 鎖場 水場
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ