ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 858163 全員に公開 雪山ハイキング槍・穂高・乗鞍

涸沢(奥穂高岳を目指すも、悪天候にて断念)

日程 2016年04月30日(土) 〜 2016年05月01日(日)
メンバー yamax
天候30日は晴れのち雪(霙)、1日は引き続き雪(下山後は曇り)。
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
車を沢渡大橋付近に駐車、シャトルバスにて上高地へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間10分
休憩
0分
合計
5時間10分
S上高地バスターミナル07:5008:00河童橋08:35明神館09:15徳澤園10:15横尾 (横尾山荘)11:15本谷橋13:00涸沢ヒュッテ
2日目
山行
3時間50分
休憩
10分
合計
4時間0分
涸沢ヒュッテ07:5008:45本谷橋09:30横尾 (横尾山荘)10:30徳澤園10:4011:10明神館11:45河童橋11:50上高地バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・今回のルート全体を通して、危険個所は特にありませんでした。
・上高地から横尾までの山道にまったく雪はなく、普通に夏道です。ルートが荒れているためか、一部本来の山道ではなく河原沿いを行く様になっていました。
・横尾から本谷橋までの間は残雪はありますが、アイゼンを装着する程ではありません。
・本谷橋から涸沢までは、谷沿いをトラバースする様なルートが続きます。危険個所はありませんが、念のためアイゼンとストックで通過しました。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]
2016年05月の天気図 [pdf]

写真

ゴールデンウィーク、あえてこの混雑する時期に奥穂高岳に登ろうということで、まずはここ上高地にやってきました。さすがに人、多いですね。観光客と登山者が半々、というところです。
2016年04月30日 07:55撮影 by COOLPIX S6800, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールデンウィーク、あえてこの混雑する時期に奥穂高岳に登ろうということで、まずはここ上高地にやってきました。さすがに人、多いですね。観光客と登山者が半々、というところです。
河童橋の向こうに穂高連峰という、ベタですが本当に絵になる構図です。
2016年04月30日 07:59撮影 by COOLPIX S6800, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童橋の向こうに穂高連峰という、ベタですが本当に絵になる構図です。
2
明神館に到着。
2016年04月30日 08:35撮影 by COOLPIX S6800, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神館に到着。
明神岳です。予報通り、天気良さそうですね!・・・と、この時点では期待していたのですが。
2016年04月30日 08:35撮影 by COOLPIX S6800, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神岳です。予報通り、天気良さそうですね!・・・と、この時点では期待していたのですが。
梓川の向こう、行く手に大天井岳も見えてきました。
2016年04月30日 08:46撮影 by COOLPIX S6800, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梓川の向こう、行く手に大天井岳も見えてきました。
気持ちの良い山道をサクサクと進みます。
2016年04月30日 08:51撮影 by COOLPIX S6800, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い山道をサクサクと進みます。
再度、明神岳を振り返って。
2016年04月30日 09:08撮影 by COOLPIX S6800, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再度、明神岳を振り返って。
1
しばらくは、この梓川沿いを風景を楽しみながら歩きます。
2016年04月30日 09:08撮影 by COOLPIX S6800, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは、この梓川沿いを風景を楽しみながら歩きます。
1
徳澤園に到着。あえて山に登らず、ここでテント泊してリラックスするというのも、悪くなさそうです。
2016年04月30日 09:13撮影 by COOLPIX S6800, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳澤園に到着。あえて山に登らず、ここでテント泊してリラックスするというのも、悪くなさそうです。
横尾山荘に到着。この吊り橋を渡って、本格的な登山道に入って行きます。背景には屏風岩が聳えています。
2016年04月30日 10:15撮影 by COOLPIX S6800, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾山荘に到着。この吊り橋を渡って、本格的な登山道に入って行きます。背景には屏風岩が聳えています。
吊り橋から上高地方向を振り返って。梓川の水の色が綺麗です。
2016年04月30日 10:16撮影 by COOLPIX S6800, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋から上高地方向を振り返って。梓川の水の色が綺麗です。
1
屏風岩です。まださすがにこの時期、クライミングしている人は見えませんでした。
2016年04月30日 10:36撮影 by COOLPIX S6800, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屏風岩です。まださすがにこの時期、クライミングしている人は見えませんでした。
本谷橋に到着。今年は雪が本当に少なく、ここまでは普通の夏道という感じでしたが、ここからは用心してアイゼンを装着します。
2016年04月30日 11:14撮影 by COOLPIX S6800, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷橋に到着。今年は雪が本当に少なく、ここまでは普通の夏道という感じでしたが、ここからは用心してアイゼンを装着します。
1
こんな感じに、谷の斜面をトラバースしながら高度を上げて行きます。
2016年04月30日 11:28撮影 by COOLPIX S6800, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じに、谷の斜面をトラバースしながら高度を上げて行きます。
写真中央奥の涸沢に向けて、登山者の列が延々と続いています。しかし、徐々に空模様が怪しくなってきましたね。
2016年04月30日 12:17撮影 by COOLPIX S6800, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真中央奥の涸沢に向けて、登山者の列が延々と続いています。しかし、徐々に空模様が怪しくなってきましたね。
1
涸沢に到着。さすがGW、このテントの数です。200張程度はあったでしょうか。
2016年04月30日 13:07撮影 by COOLPIX S6800, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢に到着。さすがGW、このテントの数です。200張程度はあったでしょうか。
1
テントを設営してしばらくすると、空模様が急激に悪化してきました。これは奥穂高岳方面を撮っていますが、風も強く、雪というか、霙や雹が混じった様なものが吹き付けてきています。
2016年04月30日 14:38撮影 by COOLPIX S6800, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントを設営してしばらくすると、空模様が急激に悪化してきました。これは奥穂高岳方面を撮っていますが、風も強く、雪というか、霙や雹が混じった様なものが吹き付けてきています。
翌朝。昨夜から夜通しの雪で、テント場一帯が真っ白です。天気次第では頂上アタックの予定でしたが、頂上付近はもっと風も強く吹雪いていることが想像できましたので、撤収を決意しました。
2016年05月01日 07:48撮影 by COOLPIX S6800, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝。昨夜から夜通しの雪で、テント場一帯が真っ白です。天気次第では頂上アタックの予定でしたが、頂上付近はもっと風も強く吹雪いていることが想像できましたので、撤収を決意しました。
3
頂上に向かおうとする登山者を遭対協の方が注意して引き戻す、という場面も見られました。下山してから知ったのですが、この天候の急変で前穂付近等で遭難者も出ていた様です。
2016年05月01日 07:48撮影 by COOLPIX S6800, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上に向かおうとする登山者を遭対協の方が注意して引き戻す、という場面も見られました。下山してから知ったのですが、この天候の急変で前穂付近等で遭難者も出ていた様です。
1
本谷橋に戻りました。ここまで戻れば雪もなく、まずは一安心です。
2016年05月01日 08:44撮影 by COOLPIX S6800, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷橋に戻りました。ここまで戻れば雪もなく、まずは一安心です。
横尾に無事帰着。
2016年05月01日 09:32撮影 by COOLPIX S6800, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾に無事帰着。
明神館です。明神岳も吹雪の中ですね。
2016年05月01日 11:11撮影 by COOLPIX S6800, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神館です。明神岳も吹雪の中ですね。
河童橋に到着。背景の穂高も、以前として吹雪の中みたいで、撤収して正解だった様です。この後、お馴染み五千尺ホテルのソフトクリームを食べて帰途に着きました。天気予報的には今回の連休の中で最高の日程を選択したつもりでしたが、山の天気は簡単には読めないですね。まあ、また出直すこととしましょう。ではでは!・・・遭難者の方々のご無事をお祈りします。
2016年05月01日 11:47撮影 by COOLPIX S6800, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童橋に到着。背景の穂高も、以前として吹雪の中みたいで、撤収して正解だった様です。この後、お馴染み五千尺ホテルのソフトクリームを食べて帰途に着きました。天気予報的には今回の連休の中で最高の日程を選択したつもりでしたが、山の天気は簡単には読めないですね。まあ、また出直すこととしましょう。ではでは!・・・遭難者の方々のご無事をお祈りします。
撮影機材:

感想/記録
by yamax

「ゴールデンウィーク、満を持して北アルプス奥穂高岳に登ってきました。」・・・と書く予定だったのですが、予期せぬ悪天候に阻まれ、キャンプ地である涸沢との往復となってしまいました。遭難者も複数出ていた様ですので撤退は正解だったかと思いますが、残念です。まあ、山は逃げませんのでネ、また次の機会ということで!(^o^)/
訪問者数:590人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ