ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 858191 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走比良山系

比良山系テント泊縦走 打見山〜蛇谷ケ峰

日程 2016年04月30日(土) 〜 2016年05月01日(日)
メンバー kotetu1212
天候2日とも快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間40分
休憩
40分
合計
5時間20分
S打見山09:4010:00木戸峠10:40葛川越11:00烏谷山11:20荒川峠11:40南比良峠12:10金糞峠12:3013:10中峠13:30コヤマノ岳13:4013:50コヤマノ分岐14:00武奈ヶ岳14:1014:20コヤマノ分岐14:50イブルキノコバ15:00広谷
2日目
山行
5時間0分
休憩
20分
合計
5時間20分
広谷06:4007:20細川越07:3008:00釣瓶岳08:20イクワタ峠09:00地蔵山09:20ヨコタニ峠10:00ボボフダ峠10:50蛇谷ヶ峰11:0012:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]
2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック:ドイター ACTlite50
テント:モンベル ドームシェルター1型
シュラフ:イスカ ピルグリム150  総重量12.5kg

写真

JR志賀駅から9:02発のびわ湖バレイ行きのバスに乗車します。
(330円)
2016年04月30日 09:02撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR志賀駅から9:02発のびわ湖バレイ行きのバスに乗車します。
(330円)
1
9:20発のロープウェイに乗車します。(片道1,200円)
2016年04月30日 09:16撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:20発のロープウェイに乗車します。(片道1,200円)
1
10分で標高1,100mの山頂駅に到着。
2016年04月30日 09:26撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分で標高1,100mの山頂駅に到着。
1
びわ湖がきれいです。
2016年04月30日 09:40撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
びわ湖がきれいです。
1
こちらは蓬莱山方面です。
2016年04月30日 09:40撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは蓬莱山方面です。
1
ロープウェイ降り口の右前方のフェンス沿いに進みます。
2016年04月30日 09:42撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ降り口の右前方のフェンス沿いに進みます。
1
木戸峠を目指します。
2016年04月30日 09:42撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木戸峠を目指します。
1
ゲレンデを下って行きます。
2016年04月30日 09:46撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデを下って行きます。
汁谷キャンプ場跡地です。水道は使えませんがテントを張る場所はあります。
2016年04月30日 09:54撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
汁谷キャンプ場跡地です。水道は使えませんがテントを張る場所はあります。
1
元のテントサイトです。台の上には張れません。
2016年04月30日 09:54撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元のテントサイトです。台の上には張れません。
木戸峠です。右前方はクロトノハゲ方面です。前から来られた登山者は、部分的に登山道が崩壊しており要注意とのことです。
2016年04月30日 09:56撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木戸峠です。右前方はクロトノハゲ方面です。前から来られた登山者は、部分的に登山道が崩壊しており要注意とのことです。
1
小さな沢があります。
2016年04月30日 10:15撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな沢があります。
葛川越です。
2016年04月30日 10:42撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛川越です。
1
振り返って、打見山と蓬莱山です。
2016年04月30日 11:02撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って、打見山と蓬莱山です。
1
烏谷山です。
2016年04月30日 11:03撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏谷山です。
1
びわ湖の景色がきれいです。
2016年04月30日 11:03撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
びわ湖の景色がきれいです。
1
右が堂満岳、その奥が武奈ヶ岳です。
2016年04月30日 11:04撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右が堂満岳、その奥が武奈ヶ岳です。
1
烏谷山頂から少し下ったところに、この道標があります。
2016年04月30日 11:06撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏谷山頂から少し下ったところに、この道標があります。
1
荒川峠です。
2016年04月30日 11:24撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川峠です。
大橋への分岐です。
2016年04月30日 11:37撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大橋への分岐です。
南比良峠です。
2016年04月30日 11:40撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南比良峠です。
1
堂満岳への分岐です。
2016年04月30日 12:01撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂満岳への分岐です。
1
金糞峠に到着しました。
2016年04月30日 12:11撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金糞峠に到着しました。
少し下った所で昼食タイムです。
2016年04月30日 12:26撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下った所で昼食タイムです。
きれいな沢です。
2016年04月30日 12:26撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいな沢です。
八雲ケ原へはこの橋を渡りますが、今回は中峠経由ですので直進します。
2016年04月30日 12:29撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八雲ケ原へはこの橋を渡りますが、今回は中峠経由ですので直進します。
1
中峠を目指します。
2016年04月30日 12:32撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中峠を目指します。
中峠に到着しました。道が荒れていて結構疲れました。
2016年04月30日 13:12撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中峠に到着しました。道が荒れていて結構疲れました。
1
コヤマノ岳・武奈ヶ岳方面に進みます。
2016年04月30日 13:12撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コヤマノ岳・武奈ヶ岳方面に進みます。
1
コヤマノ岳の山頂がわかりませんでした。
2016年04月30日 13:31撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コヤマノ岳の山頂がわかりませんでした。
1
木々の間から武奈ヶ岳が姿を現します。
2016年04月30日 13:48撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間から武奈ヶ岳が姿を現します。
コヤマノ分岐です。
2016年04月30日 13:49撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コヤマノ分岐です。
1
武奈ヶ岳に到着しました。
2016年04月30日 14:03撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳に到着しました。
2
360度の展望です。
2016年04月30日 14:03撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
360度の展望です。
1
武奈ヶ岳から下山します。
2016年04月30日 14:06撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳から下山します。
1
再びコヤマノ分岐です。
2016年04月30日 14:20撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再びコヤマノ分岐です。
イブルギノコバです。
2016年04月30日 14:44撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブルギノコバです。
ここから広谷方面に進みます。
2016年04月30日 14:50撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから広谷方面に進みます。
テントを張る場を探してウロウロしましたが、結局、橋を渡った道標の横に設営しました。
2016年04月30日 15:38撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントを張る場を探してウロウロしましたが、結局、橋を渡った道標の横に設営しました。
2
2日目です。
2016年05月01日 06:38撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目です。
細川越を目指します。
2016年05月01日 06:46撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細川越を目指します。
広谷小屋です。
2016年05月01日 06:46撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広谷小屋です。
20分程先に別の小屋があります。
2016年05月01日 07:09撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20分程先に別の小屋があります。
小屋の近くにテン場があります。
2016年05月01日 07:09撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の近くにテン場があります。
先ほどの小屋は「暮雪山荘」でしょうか。
2016年05月01日 07:17撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの小屋は「暮雪山荘」でしょうか。
細川越に到着しました。
2016年05月01日 07:22撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細川越に到着しました。
釣瓶岳です。
2016年05月01日 07:56撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釣瓶岳です。
ツルベ岳、1,098mです。
2016年05月01日 07:57撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルベ岳、1,098mです。
1
本日のゴール(蛇谷ケ峰)望めます。
2016年05月01日 07:57撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のゴール(蛇谷ケ峰)望めます。
イクワタ峠です。
2016年05月01日 08:22撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イクワタ峠です。
ササ峠です。
2016年05月01日 08:49撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ササ峠です。
地蔵山です。
2016年05月01日 09:00撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵山です。
地蔵峠です。
2016年05月01日 09:03撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵峠です。
ゴールまで4.5kmです。
2016年05月01日 09:03撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールまで4.5kmです。
右下に進めば畑方面です。
2016年05月01日 09:04撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右下に進めば畑方面です。
前回の下見の時はここでUターンしました。
ここから先は下見をしているので、安心して歩くことができました。
2016年05月01日 09:05撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回の下見の時はここでUターンしました。
ここから先は下見をしているので、安心して歩くことができました。
ヨコタニ峠です。
2016年05月01日 09:24撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨコタニ峠です。
アラ谷峠です。
2016年05月01日 09:49撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アラ谷峠です。
ボボフタ峠です。
2016年05月01日 09:58撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボボフタ峠です。
蛇谷ケ峰に到着しました。
2016年05月01日 10:47撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇谷ケ峰に到着しました。
1
少し休憩して、くつき温泉に向かいます。
2016年05月01日 11:02撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し休憩して、くつき温泉に向かいます。
1
前回は左の道を選びましたが、今回は右に進みます。
写真を撮り忘れましたが、12:00にくつき温泉に到着しました。
入浴・食事の後、14:15発の送迎車でバス停まで送っていただきました。
2016年05月01日 11:35撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回は左の道を選びましたが、今回は右に進みます。
写真を撮り忘れましたが、12:00にくつき温泉に到着しました。
入浴・食事の後、14:15発の送迎車でバス停まで送っていただきました。
1

感想/記録

 比良山系をテント泊で縦走しました。全山縦走は霊仙山か権現山がスタートになりますが、打見山までは冬場に何度か登っているので、今回はロープウェイを利用して打見山からスタートしました。

 その日のうちに武奈ヶ岳に登り、縦走の場合、テントは八雲ケ原利用が多いのですが、GWの混雑を予想して広谷としました。夜はシェルターのため常に換気されますので、気温が10℃以下になるとピルグリム150では寒かったので、夜中にシュラフカバーを使いました。

 このコースは結構アップダウンがありますが、全体を通して琵琶湖を眺めながら快適に歩くことができます。今回は打見山スタートしましたので、1日目に武奈ヶ岳に登ったことから、2日目の見どころが少なかったので、コースを検討して、また行きたいです。

 今回初めてモンベルのドームシェルターを使いましたが、結露は全くなく、シングルウォールのため設営・撤収の手間が少ないのでこれから出番が増えると思います。
ただ、ポール受けが袋状になっていないので、設営時は要注意です。
訪問者数:365人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ