ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 858637 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走御在所・鎌ヶ岳

御在所岳・雨乞岳(武平峠〜上水晶谷〜郡界尾根)

日程 2016年05月02日(月) [日帰り]
メンバー garamgarito, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
武平トンネル滋賀県側に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間50分
休憩
3時間12分
合計
9時間2分
S武平トンネル西登山口06:0306:08武平峠06:1006:31天指岩06:4007:01御在所岳07:06御在所山 一等三角点07:1407:22レストランアゼリア07:3407:42御在所山 一等三角点07:4407:46御在所岳07:5609:02上水晶谷09:2509:36コクイ谷出合09:3810:18杉峠の下のキャンプ適地10:1910:46杉峠11:3711:59雨乞岳12:2712:34東雨乞岳12:4813:22三人山13:51沢谷ノ頭13:5915:05武平トンネル西登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
○武平峠〜御在所岳
危険個所は特に無し

○地獄谷〜コクイ谷出合〜杉峠〜雨乞岳
赤テープ・マーク・案内板多数。
雨天時、スリップ注意。
渡渉箇所有り。増水時注意。

○東雨乞岳〜郡界尾根
東雨乞岳山頂直下では落ちた笹葉のスリップに注意。
基本的に尾根芯を進む。
赤テープ・標識多数だが、地図やGPSを確認。
一ぷく峠から鈴鹿スカイラインまでの近道ルートは激下り。
雨天時、スリップ注意。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

武平トンネル西駐車場から出発。
まずは御在所岳を目指す。

(以下ほとんどの画像で白飛びのため、一部ざっくり修正)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武平トンネル西駐車場から出発。
まずは御在所岳を目指す。

(以下ほとんどの画像で白飛びのため、一部ざっくり修正)
風邪気味だからか今日はペースが上がらない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風邪気味だからか今日はペースが上がらない。
天差岩で休憩。
2016年05月02日 06:34撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天差岩で休憩。
御在所岳に到着。
少し熱っぽいので下山を考えたが、とりあえずアゼリアへ向かう。
2016年05月02日 07:03撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳に到着。
少し熱っぽいので下山を考えたが、とりあえずアゼリアへ向かう。
アゼリア前のベンチでポカリを飲みながら休憩。
少し気分が良くなったので当初の予定である雨乞岳をめざす。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アゼリア前のベンチでポカリを飲みながら休憩。
少し気分が良くなったので当初の予定である雨乞岳をめざす。
芭蕉園を過ぎてゲレンデを通過。
望湖台へ向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芭蕉園を過ぎてゲレンデを通過。
望湖台へ向かう。
望湖台から上水晶谷に向かってひたすら下り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
望湖台から上水晶谷に向かってひたすら下り。
白飛びのため、空が白いが実際は青空。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白飛びのため、空が白いが実際は青空。
所々にマーク有り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々にマーク有り。
garitoさん、膝には優しくないルートですがご容赦を。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
garitoさん、膝には優しくないルートですがご容赦を。
なかなか楽しいルート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか楽しいルート。
地獄谷出合。
2016年05月02日 08:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄谷出合。
1
渡渉ポイント
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉ポイント
ふかふかで歩きやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふかふかで歩きやすい。
渡渉ポイント
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉ポイント
渡渉ポイント
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉ポイント
ここから登りだ・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登りだ・・・
立ち枯れの杉が見え、やる気上昇。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立ち枯れの杉が見え、やる気上昇。
杉峠に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉峠に到着。
御在所岳を眺めてしみじみ
2016年05月02日 11:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳を眺めてしみじみ
ここで食事休憩。完全回復。
2016年05月02日 11:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで食事休憩。完全回復。
完全回復のため、雨乞岳への登りもサクッと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完全回復のため、雨乞岳への登りもサクッと
1
イブネ・クラシ方面を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブネ・クラシ方面を振り返る。
しつこいようですがホントは青空ですよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しつこいようですがホントは青空ですよ
雨乞岳への登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳への登り
笹を分けて・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹を分けて・・・
1年半振りの雨乞岳。
ここでコーヒー休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1年半振りの雨乞岳。
ここでコーヒー休憩。
1
東雨乞岳を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東雨乞岳を目指す。
人の賑わう東雨乞岳に到着。
前回は立っていられないほどの強風だったが、今日は穏やか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人の賑わう東雨乞岳に到着。
前回は立っていられないほどの強風だったが、今日は穏やか。
1
セルフタイマーで撮影。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
セルフタイマーで撮影。
2
釈迦ヶ岳から鎌ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳から鎌ヶ岳
郡界尾根方面へ下山開始
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
郡界尾根方面へ下山開始
一部不明瞭な箇所が有るが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一部不明瞭な箇所が有るが・・・
踏み跡がしっかり有り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡がしっかり有り。
気持ちのいい道が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちのいい道が続く。
登り返しも少々。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り返しも少々。
鈴鹿スカイラインを見下ろす。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴鹿スカイラインを見下ろす。
始終涼しい風が吹いているおかげで快適な下山になった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
始終涼しい風が吹いているおかげで快適な下山になった。
予定通り鈴鹿スカイラインの近道へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定通り鈴鹿スカイラインの近道へ。
初めは緩やかな傾斜だが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めは緩やかな傾斜だが・・・
だんだん傾斜がキツくなってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん傾斜がキツくなってきた。
泥濘んだ時はスリップ注意。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
泥濘んだ時はスリップ注意。
鈴鹿スカイラインの合流地点の沢で足を浸けて休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴鹿スカイラインの合流地点の沢で足を浸けて休憩。
鈴鹿スカイラインを少し上って駐車場に到着。
お疲れさまでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴鹿スカイラインを少し上って駐車場に到着。
お疲れさまでした。

感想/記録
by garam

garito氏の鈴鹿七山踏破への挑戦と新しい靴の慣らしを兼ねて御在所、雨乞岳へ行ってみた。
自分もフィンランドの時計を買ったので、ルート表示やログ採り等のテストをしてみることに。

残念なのは、アクションカムのホワイトバランスの設定をオートに戻し忘れていたため、ほとんどの画像が白飛びになっていた。

当日は少々風邪気味で、武平峠から御在所岳へ向かう途中に撤退を考えたが、結果的には復活。

東雨乞岳からの下山は郡界尾根を選択。我々以外は人の気配無し。
最後は一ぷく峠から鈴鹿スカイラインへの激下りの近道ルートへ。
訪問者数:283人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/7/17
投稿数: 1150
2016/5/3 10:10
 行きたかったぁ
garamさん こんにちは  garitoさん はじめまして

ご一緒できず残念でした
御在所の望湖台のところから地獄谷方面のルートって行ってみたかったんですよ〜  とても参考になりました  いつか挑戦してみようと思います

白飛びの写真  一瞬雪山かい!?と錯覚するようなwww
体調も思わしくなかったようですがご無事に下山 楽しめたようで良かったです
登録日: 2014/9/25
投稿数: 42
2016/5/3 11:02
 Re: 行きたかったぁ
blackさん  こんにちは

記録アップ前に白飛びの画像を見て頭の中も真っ白になりました
(快晴だった分残念 この日の体調を表している様。)
画像修正しても酷いので上げるのよそうかなと思い、取りあえず風邪薬飲んで寝ましたが...雰囲気だけでも伝わるかと思ってアップしました。

地獄谷への下りは、最初の内は激下りと頭痛に苦しみましたが、薬が効いてきたおかげで段々と楽しくなってきました。
体調管理と画質設定の大切さを痛感した山行でした。

機会があれば御一緒しましょう

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

赤テープ GPS 渡渉 撤退 近道 出合
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ