ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 858664 全員に公開 ハイキング伊豆・愛鷹

愛鷹山塊(越前岳)

日程 2016年05月01日(日) [日帰り]
メンバー xiang1031
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間21分
休憩
23分
合計
2時間44分
S十里木登山道入口06:3206:40十里木高原展望台06:4506:56馬の背見晴台06:5807:16平坦地07:1707:34勢子辻分岐07:39越前岳山頂07:5008:07富士見台08:1008:20越前岳山頂08:20勢子辻分岐08:46平坦地08:4709:06馬の背見晴台09:10十里木高原展望台09:16十里木登山道入口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所なし。登山道で足場の悪い箇所あり。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック

写真

駐車場から。まだ車も少ないです。ここからでも富士山よく見えます。
2016年05月01日 06:24撮影 by HUAWEI G6-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から。まだ車も少ないです。ここからでも富士山よく見えます。
展望台より。シルエットが綺麗です。
2016年05月01日 06:40撮影 by HUAWEI G6-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台より。シルエットが綺麗です。
2
馬の背見晴台。ここからちょっと斜度がきつくなります。
2016年05月01日 06:56撮影 by HUAWEI G6-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背見晴台。ここからちょっと斜度がきつくなります。
標識もしっかりしてますので分岐を間違えないように。
2016年05月01日 07:34撮影 by HUAWEI G6-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識もしっかりしてますので分岐を間違えないように。
越前岳山頂から。途中の方が富士山はよく見えます。
2016年05月01日 07:39撮影 by HUAWEI G6-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越前岳山頂から。途中の方が富士山はよく見えます。
富士見台より。50銭札の絵柄になったとか。
2016年05月01日 08:07撮影 by HUAWEI G6-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見台より。50銭札の絵柄になったとか。
1
道が深くえぐれて滑りやすくなってます。
2016年05月01日 08:27撮影 by HUAWEI G6-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道が深くえぐれて滑りやすくなってます。
マムシグサですかね。
2016年05月01日 08:45撮影 by HUAWEI G6-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マムシグサですかね。
途中高度を下げるとツツジが咲いていました。
2016年05月01日 09:02撮影 by HUAWEI G6-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中高度を下げるとツツジが咲いていました。
下山時。富士山山頂雲が被ってますね。
2016年05月01日 09:07撮影 by HUAWEI G6-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時。富士山山頂雲が被ってますね。

感想/記録

本来は愛鷹登山道の予定でしたが、事情があってポピュラーな十里木登山道からに変更しました。
駐車場の時点で富士山がよく見えます。
コースは標識もありはっきりしております。道がえぐれて粘土質がむき出しになっており、滑りやすくなっており、歩きにくくなった箇所を避けてまた道が出来てしまっています。
馬の背からは勾配がきつくなりますが、標高差も距離も長くないので、ゆっくり登ることを心がけ進み、山頂に着きました。
そのまま戻らず50銭紙幣の富士山が見える富士見台に寄って往路を戻りました。
帰りにはもう駐車場がいっぱいになっていましたので、なるべく早目に行くのが良いかと思います。
訪問者数:97人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

マムシ マムシグサ 馬の背
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ