ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 858714 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走尾瀬・奥利根

名残り雪の至仏山(鳩待峠からの往復)

日程 2016年04月30日(土) [日帰り]
メンバー rieseltopi, その他メンバー3人
天候曇り時々薄日
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、 車・バイク
戸倉駐車場から鳩待峠までバス・乗合いタクシー各930円
朝7:50が最初
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間12分
休憩
1時間0分
合計
5時間12分
S鳩待峠08:4009:28(休憩)09:3309:44(撮影休憩)09:4610:12オヤマ沢田代10:40小至仏山10:4811:30至仏山12:1012:45オヤマ沢田代13:10(休憩)13:1513:50鳩待峠13:52鳩待山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口に登山ポスト
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

国立公園尾瀬の入口
2016年04月30日 08:42撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国立公園尾瀬の入口
至仏山にまっすぐ向かう
2016年04月30日 08:43撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山にまっすぐ向かう
おもいがけずの雪面
2016年04月30日 08:55撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おもいがけずの雪面
遥かに見える山は?
2016年04月30日 09:22撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遥かに見える山は?
至仏山山頂はみえない
2016年04月30日 09:33撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山山頂はみえない
命綱の赤い目印
2016年04月30日 09:36撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
命綱の赤い目印
燧ケ岳が見えてきた
山頂はみえないけど
2016年04月30日 09:44撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燧ケ岳が見えてきた
山頂はみえないけど
見える時に撮影しないと
というわけで記念撮影
2016年04月30日 09:46撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見える時に撮影しないと
というわけで記念撮影
森のような林のような
2016年04月30日 10:12撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森のような林のような
小至仏山の山頂をめざせ
2016年04月30日 10:25撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小至仏山の山頂をめざせ
1
トラバースはなかなかハード
2016年04月30日 10:29撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースはなかなかハード
小至仏山登頂記念
2016年04月30日 10:42撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小至仏山登頂記念
1
岩稜帯、強風の中、大変でした
2016年04月30日 10:57撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩稜帯、強風の中、大変でした
1
エビのしっぽだ
2016年04月30日 10:58撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エビのしっぽだ
1
しっぽの角度変えて撮ってみよう
2016年04月30日 10:58撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっぽの角度変えて撮ってみよう
狭い。慎重に
2016年04月30日 11:18撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狭い。慎重に
おっと、こけた
落ちなくてなにより
2016年04月30日 11:18撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっと、こけた
落ちなくてなにより
最後の急登
前のグループを撮影させてもらいました
2016年04月30日 11:20撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の急登
前のグループを撮影させてもらいました
急坂を登って振り返る
2016年04月30日 11:21撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂を登って振り返る
小至仏山に大勢の人がいる
2016年04月30日 11:24撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小至仏山に大勢の人がいる
1
雪面に赤い服がgood
2016年04月30日 11:26撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪面に赤い服がgood
至仏山頂標識の上に山案内
2016年04月30日 11:30撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山頂標識の上に山案内
山頂着いたよ
2016年04月30日 11:31撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂着いたよ
尾瀬ヶ原と燧ケ岳
2016年04月30日 11:34撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原と燧ケ岳
3
燧ケ岳を背景に
2016年04月30日 12:09撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燧ケ岳を背景に
小至仏山を背景に
2016年04月30日 12:16撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小至仏山を背景に
雪面をトラバースする人々
2016年04月30日 12:17撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪面をトラバースする人々
私たちもトラバース
2016年04月30日 12:21撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私たちもトラバース
至仏山と燧ケ岳
2016年04月30日 12:32撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山と燧ケ岳
山スキーの跡
2016年04月30日 12:43撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山スキーの跡
誰も踏み込まない森
2016年04月30日 12:48撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰も踏み込まない森
雪が融けてつららに
2016年04月30日 13:02撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が融けてつららに
ストックを刺してみたら、第一関節まで沈んだ
約30cm?
2016年04月30日 13:12撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ストックを刺してみたら、第一関節まで沈んだ
約30cm?
鳩待峠到着
登山道入口の雪は消滅
2016年04月30日 13:52撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩待峠到着
登山道入口の雪は消滅
路肩の水芭蕉
可愛い
2016年04月30日 14:24撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
路肩の水芭蕉
可愛い
2

感想/記録
by riesel

GWの行先?Yリーダーからの提案で雪の至仏山へ
今年は雪が少ないという情報にどきどきしながら前泊の戸倉温泉に
片品村を過ぎたあたりから雨がぽつぽつ。戸倉温泉に着いたら霰のように
民宿でおいしい夕食をいただき、翌朝の天気の回復に期待して就寝

登山当日
屋根に落ちるパタパタという雨音に不安を抱きながらの起床
実は、屋根の雪が融けて落ちてくる音で、外は曇り
7:50出発の一番バスで鳩待峠まで出発
8:20鳩待峠駐車場着
8:40簡易アイゼンを着けて、防寒して、至仏山にむけ出発
 思ったより雪がある
 というか、新雪!戸倉では雨だったけど、尾瀬は雪だったんだぁ
 トレースはしっかりあるし、ふかふかでさくさくの雪で歩きやすい
 アイゼンもいらないか?
 一応、滑らないように踏みしめながら歩く
9:05歩いてるとやっぱり暑いので、フリースを脱いでいつもの格好に
 結局、夏より半袖シャツ1枚分しか着こんでない・・・いいのか悪いのか
 手袋も暑くて指なしに
9:30ちょっと開けた場所で小休止をして歩きだしたら、
9:45間もなく見晴らしがいいところに
 山と高原地図で「小湿原」ってあるところかな
 尾瀬が原とその向こうには燧ケ岳
 燧ケ岳の山頂は雲に隠れているけど、帰りには曇っちゃってるかも
 撮影撮影、っと
10:12開けた場所に出た(オヤマ沢田代周辺?)
 雪原に雪をかぶったモミの木!がいっぱい
 木々の間からフォーンが顔を出すかも?あるいは赤ずきんちゃん?
 山の上なのに、おとぎの国の風景に
 しかし、雪原をすぎると
 雪の間から赤茶けた岩稜が見え隠れする小至仏山への急登が
10:40小至仏山山頂到着
 周囲は真っ白のガスの世界 360度何も見渡せない
 とはいえ、せっかく登ったので登頂記念写真

 小至仏山から至仏山へは険しい岩と冷たい強風が吹く道
 険しさをE様が写真で表現
 (他のメンバーの服装は写真写りが良くない。もっと派手な色にしてほしい)
 枝に着いた氷雪は粒のまま凍りつき、鍾乳石のように
 おー、エビのしっぽがいっぱい岩に張り付いてるよ〜
 (北八ヶ岳で見たいと思ってたのに探しきれなかったので、特にうれしい) 
11:20最後の急登。岩稜を越えて
11:30至仏山登頂!(昨夏の父娘登山は雨リタイアしたので初登頂!)
 昼食準備。っと風が強いので、フリースを着込む
 フリースも活躍できてよかった。持ち歩いてるだけって悔しいし  
 とはいえ、強風のおかげか、
 燧ケ岳も全容を現した
 すると、山頂にいた多くの人が撮影に
  えーと、山頂富士山撮影会みたいになってる
 360度のパノラマ。燧ケ岳の奥には会津駒ヶ岳、北に平らな平が岳
 さらに谷川連峰に日光白根山など
 登ったことのある山もない山も 
 あたたかいスープと食後のコーヒー(紅茶)をいただいて、下山準備
12:10
 山頂から見ると、小至仏山の東側に巻き道ルートが
 あれ、行きましょうということで、下山は小至仏山頂は省略
 斜面をトラバースしていくたぶん冬限定ルート
 踏まれた道幅は1人分
 ちょって踏み外すと、30cmすぼっと
 登り優先で避けるときには、まずは自分の足元を踏み固めるところから
13:00オヤマ沢田代をすぎていくと、
 モミの木からツララが下がってる。朝は気付かなかったな
 下りは早いのに、雪道で歩きやすいから、さらに早い!?
 しかし、だんだん、雪がべしゃべしゃしてきた
 長靴使用のリーダーは早いが、
 私はドロドロに踏み込みたくないので、慎重に道を選ぶ
 雪の上を歩くことが求められている至仏山とはいえ、
 登山道に雪がなくなってしまっている以上、土のうえを歩くしかない
 高山植物保護のため気を付けてはいるが、ドロドロはいや〜
 朝はしっかり雪があったが、人に踏まれたうえにお日様で、全部融けてしまった
 やっぱり春の山なんだなぁ
13:50鳩待峠到着
 14:00乗り合いタクシーに乗って、戸倉の駐車場へ
 助手席に座ったら、素敵な運転手さんが
 尾瀬の話や周囲に見える山の説明をしてくれた
 水芭蕉ではなく、至仏山行ったと話したら、路肩にもあるよ、と
 車をちょっとだけ停めてくれた(^O^)
14:30戸倉温泉を出発
 今回のお風呂は、老神温泉の日帰り施設湯元華亭
 温泉を堪能して、帰宅
 
残雪登山かと思いきや、新雪フカフカの雪山登山となって、
きれいな雪山を堪能することができた
夏山シーズンにも行きたいです
訪問者数:299人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ