ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 858807 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

国見岳・御在所岳・鎌ヶ岳〜アカシロ競演のヤシオトレイルを歩く〜

日程 2016年05月02日(月) [日帰り]
メンバー tonzablow
天候快晴・夏日
アクセス
利用交通機関
車・バイク
8時半の時点でR477鈴鹿スカイラインの中道登山口前パーキングは満車。
付近の駐車スペースもことごとく満車だったので路肩スペースに駐車。
(白線を越えると駐禁切られますのでご注意)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間36分
休憩
1時間49分
合計
8時間25分
Sスタート地点08:4308:53御在所岳裏道国道入口09:15藤内小屋09:1610:23ゆるぎ岩10:3310:35天狗岩10:44石門10:4810:49国見岳10:5211:03国見峠11:15第一ケルン11:2011:26御在所山上公園駅11:3611:40第一ケルン11:4511:47富士見岩11:5311:54第一ケルン12:13御在所山 一等三角点12:2512:27御在所岳12:3312:34御在所山 一等三角点12:35御在所岳12:52御嶽大権現12:5913:26天指岩13:39武平峠14:25鎌ヶ岳14:5514:58岳峠14:5915:03尾根分岐15:12カズラ谷分岐15:19白ハゲ15:2015:25馬ノ背尾根分岐16:08湯ノ峰16:30馬の背尾根登山口16:46寿亭16:4916:51御在所岳裏登山道1合目16:5416:54蒼滝不動16:5517:00御在所岳裏道国道入口17:0117:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【国見尾根】
尾根に沿った急登が続く。ルートは明瞭だが途中で一度北側へトラバースする部分を直登しないように注意。
【国見岳〜御在所岳〜鎌ヶ岳・県境縦走路】
特に危険はなし。鎌ヶ岳山頂直下で巻道を使わず直登する場合は慎重に。
【鎌ヶ岳〜馬ノ背尾根】
シロハゲ以降、急な下りが度々あるが、いずれも樹林帯につき樹木をしっかりホールドしながら慎重に下れば難易度は高くない。ルートは明瞭だが湯ノ峰への登り返し部分にはテープが見当たらないので、誤って巻き道や下っていかないように注意。
その他周辺情報【温泉】
片岡温泉アクアイグニス600円。湯の山街道(R477)を四日市IC方面へ。
https://aquaignis.jp/
【コンビニ】
近鉄湯の山線大羽根駅前にセブンイレブンあり。
いなべ方面からのアクセスの場合は菰野庁舎前にミニストップあり。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コンパス ヘッドランプ GPS ガイド地図(ブック) 保険証 携帯 時計 ツェルト ストック カメラ

写真

行きしなに見上げる御在所と国見岳。今日は絶好の天気だなあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きしなに見上げる御在所と国見岳。今日は絶好の天気だなあ。
こちらは鎌ヶ岳。いつ見ても凛々しいお姿。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは鎌ヶ岳。いつ見ても凛々しいお姿。
1
駐車場がどこも満車だったのでスカイラインの路肩スペースに押し込んでイザ出発。今日は裏道登山口から。前回と逆回りですな。ちなみに慣れたコースでも登山届はちゃんと出してます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場がどこも満車だったのでスカイラインの路肩スペースに押し込んでイザ出発。今日は裏道登山口から。前回と逆回りですな。ちなみに慣れたコースでも登山届はちゃんと出してます。
1
巨岩がゴロゴロしている沢を横目にスタスタ歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨岩がゴロゴロしている沢を横目にスタスタ歩く。
1
おなじみの堰堤。下をくぐりますよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おなじみの堰堤。下をくぐりますよ。
1
七の渡し。高所恐怖症の人だとこの高さでもダメらしいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七の渡し。高所恐怖症の人だとこの高さでもダメらしいです。
2
藤内小屋の前に鯉のぼり。そんな季節なんですねー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤内小屋の前に鯉のぼり。そんな季節なんですねー。
1
藤内小屋。いつものごとく御主人が小屋の前でくつろいでいらっしゃいました。一言挨拶して先へ進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤内小屋。いつものごとく御主人が小屋の前でくつろいでいらっしゃいました。一言挨拶して先へ進む。
1
藤内小屋のそばに裏道と国見尾根方面の分岐があります。
国見尾根は橋渡ってすぐの所が入口です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤内小屋のそばに裏道と国見尾根方面の分岐があります。
国見尾根は橋渡ってすぐの所が入口です。
1
こちらから本格的な登りが始まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらから本格的な登りが始まります。
2
国見尾根を登りに使うのは相当しんどいイメージでしたが、やっぱりイメージ通りでしたorz激坂急登が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見尾根を登りに使うのは相当しんどいイメージでしたが、やっぱりイメージ通りでしたorz激坂急登が続きます。
3
ミツバツツジかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジかな。
ハルリンドウの群落。前回も見ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハルリンドウの群落。前回も見ました。
1
ここで尾根芯を直登しそうになりますが、正しいルートは右へ折れて数十メートルトラバースします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで尾根芯を直登しそうになりますが、正しいルートは右へ折れて数十メートルトラバースします。
1
このテープを見落とさないように。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このテープを見落とさないように。
2
トラバースして隣の尾根に乗り換えたらまた登っていきます。
下りの場合はこのテープがトラバース箇所の目印です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースして隣の尾根に乗り換えたらまた登っていきます。
下りの場合はこのテープがトラバース箇所の目印です。
2
高度を上げるにつれてアカヤシオもちょいちょい見え始めました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度を上げるにつれてアカヤシオもちょいちょい見え始めました。
淡いピンクが何とも美しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淡いピンクが何とも美しい。
ゆるぎ岩。この方向から見るとカバに見えるのでカバ岩と勝手に呼んでましたが、、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆるぎ岩。この方向から見るとカバに見えるのでカバ岩と勝手に呼んでましたが、、、
3
この方向からだとツッパリ兄ちゃんなんでツッパリ岩と命名(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この方向からだとツッパリ兄ちゃんなんでツッパリ岩と命名(笑)
3
ツッパリ岩の上から。
隣の尾根は赤く見えるんだけどなー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツッパリ岩の上から。
隣の尾根は赤く見えるんだけどなー。
1
御在所も北斜面がやたら赤い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所も北斜面がやたら赤い。
1
登ってきた国見尾根を見下ろす。
眼下には藤内小屋も見渡せます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた国見尾根を見下ろす。
眼下には藤内小屋も見渡せます。
2
山頂まであと一息。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まであと一息。
2
柴犬スズちゃん。めっちゃ可愛い。
大人しくてシャイなんです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柴犬スズちゃん。めっちゃ可愛い。
大人しくてシャイなんです。
2
御主人さまも優しそうなお方でした。
またどこかの山でお会いしたいな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御主人さまも優しそうなお方でした。
またどこかの山でお会いしたいな。
2
天狗岩の前。2週間前のこの位置からの写真にはピンクが全然写っていませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩の前。2週間前のこの位置からの写真にはピンクが全然写っていませんでした。
2
肉眼で見るともっと鮮やかで綺麗なのになあ。。。
写真の腕がイマイチなんです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肉眼で見るともっと鮮やかで綺麗なのになあ。。。
写真の腕がイマイチなんです。
高度を上げるにつれて増えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度を上げるにつれて増えてきました。
国見尾根の最上部のこの辺りはもっと真っ赤になるのかと思っていたので期待していたよりは控えめだったかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見尾根の最上部のこの辺りはもっと真っ赤になるのかと思っていたので期待していたよりは控えめだったかな。
1
県境縦走路と合流。ここから一気ににぎやかになります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境縦走路と合流。ここから一気ににぎやかになります。
ひとまず国見岳の山頂に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひとまず国見岳の山頂に到着。
1
岩の上から周りを眺める。
確かに赤い絨毯だなあ。キレイキレイ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の上から周りを眺める。
確かに赤い絨毯だなあ。キレイキレイ。
2
御在所方面。こちらもピンク沢山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所方面。こちらもピンク沢山。
2
国見尾根の最上部。こちらはもうちょっと赤く染まってほしいところ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見尾根の最上部。こちらはもうちょっと赤く染まってほしいところ。
3
下界は少し霞がかかっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界は少し霞がかかっています。
2
やっぱり見に来た甲斐がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり見に来た甲斐がありました。
石門の周りもピンクで彩られています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石門の周りもピンクで彩られています。
1
よし御在所へ向かおう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よし御在所へ向かおう。
2
国見峠にすぐ到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見峠にすぐ到着。
1
裏道で登り返すのがきつかったですが、何とか御在所山上に乗っかりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏道で登り返すのがきつかったですが、何とか御在所山上に乗っかりました。
御在所のピンクも満開です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所のピンクも満開です。
5
富士見岩からの眺め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見岩からの眺め。
暑くてゲレンデ直登する元気なし。
いつもの遊歩道から廻り込みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暑くてゲレンデ直登する元気なし。
いつもの遊歩道から廻り込みます。
2
一応山頂ゲット。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応山頂ゲット。
1
御嶽神社付近のアカヤシオが元気でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽神社付近のアカヤシオが元気でした。
1
ショウジョウバカマかな。→いや違ったイワカガミですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマかな。→いや違ったイワカガミですね。
ハルリンドウ。ちょっと大きめの株でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハルリンドウ。ちょっと大きめの株でした。
4
武平峠へ下りながら、山頂方面を見返す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武平峠へ下りながら、山頂方面を見返す。
1
前回は全然でしたが今回は県境縦走路にもアカヤシオが咲いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回は全然でしたが今回は県境縦走路にもアカヤシオが咲いていました。
2
天指岩。イイネ♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天指岩。イイネ♪
2
鎌ヶ岳を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳を目指す。
2
武平峠に降りてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武平峠に降りてきました。
1
ここからの登り返しがチョーきつかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからの登り返しがチョーきつかった。
2
気温高くて暑さでバテバテですーーー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気温高くて暑さでバテバテですーーー。
それでも何とか登頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでも何とか登頂。
2
御在所の眺め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所の眺め。
2
鎌尾根もピンクピンクしてますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌尾根もピンクピンクしてますね。
4
下りは馬ノ背尾根から。まずは岳峠へ下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは馬ノ背尾根から。まずは岳峠へ下る。
2
鎌ヶ岳南面。ゴツゴツしてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳南面。ゴツゴツしてます。
1
いたるところにアカヤシオ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いたるところにアカヤシオ。
1
岳峠からカズラ谷道への巻き道は笹に覆われて歩きにくかったのですが整備していただいたようで歩きやすくなってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳峠からカズラ谷道への巻き道は笹に覆われて歩きにくかったのですが整備していただいたようで歩きやすくなってました。
1
しばらくはアップダウンの少ない快適な道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくはアップダウンの少ない快適な道です。
1
カズラ谷ルートと分岐し、雲母峰方面へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カズラ谷ルートと分岐し、雲母峰方面へ。
白ハゲ。ここから急降下します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白ハゲ。ここから急降下します。
1
確かに白いザレザレ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
確かに白いザレザレ。
1
この赤矢印を見落とさないように。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この赤矢印を見落とさないように。
1
白ハゲの辺りは少々ルートが判りづらいので、岩に書かれた赤ペイントを頼りに進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白ハゲの辺りは少々ルートが判りづらいので、岩に書かれた赤ペイントを頼りに進みます。
3
御在所。雄大ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所。雄大ですね。
1
こちらは鎌ヶ岳。この方向からだとピークが尖ってない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは鎌ヶ岳。この方向からだとピークが尖ってない。
2
おっ!シロヤシオだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ!シロヤシオだ。
2
シャクナゲかな?白ハゲ通過以降で沢山咲いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲかな?白ハゲ通過以降で沢山咲いていました。
1
自然の造形美。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然の造形美。
1
雲母峰方面とここでお別れ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲母峰方面とここでお別れ。
1
シャクナゲの花は存在感ありますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲの花は存在感ありますね。
1
鮮やかなピンク色です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鮮やかなピンク色です。
あーモフモフだ。馬ノ背尾根って楽しい♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あーモフモフだ。馬ノ背尾根って楽しい♪
1
高度を下げていくとシロヤシオの密度が高まっていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度を下げていくとシロヤシオの密度が高まっていきます。
5
とても綺麗。アカヤシオよりも上品なイメージ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とても綺麗。アカヤシオよりも上品なイメージ。
シロヤシオ。竜ヶ岳にも見に行かなければ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオ。竜ヶ岳にも見に行かなければ。
1
イワカガミもいっぱい咲いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミもいっぱい咲いていました。
湯の峰到着。馬ノ背尾根は基本下り基調なのに、ここだけ登り返しがあります。終盤の登り返しはキツかったなあ。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の峰到着。馬ノ背尾根は基本下り基調なのに、ここだけ登り返しがあります。終盤の登り返しはキツかったなあ。。。
1
派手にひっくり返ってる倒木。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
派手にひっくり返ってる倒木。
1
三岳寺の奥、登山口に出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三岳寺の奥、登山口に出ました。
1
ちょっとした展望台があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとした展望台があります。
1
今日もいい山行でしたーありがとう!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日もいい山行でしたーありがとう!
1
ところが車はスカイライン上なのでここから登り返す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところが車はスカイライン上なのでここから登り返す。
1
ぜーぜー言いながらスカイラインに戻ってきました。
あー疲れた。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぜーぜー言いながらスカイラインに戻ってきました。
あー疲れた。。。
2

感想/記録

GW中にもう一度アカヤシオを見に行きたいと思っていたので、2週間前とは逆のルートで下りを馬ノ背尾根に変更して歩いてきました。
天気が良かったのはウエルカムなんですが、あまりの暑さに心の準備も出来ておらず、鎌ヶ岳への登り返しではバテバテになってしまいました。連休で体がなまっていたのもあると思いますが。。。
期待の馬ノ背尾根はほどんどアカヤシオが終わっており、中腹以下ではシロヤシオが満開でした。シャクナゲも綺麗でした。
次は竜ヶ岳に羊の群でも見に行こうかなあ。
そうそう、柴犬のスズちゃん、大人しくてとても可愛かったです。御主人さまのブログが楽しみです。
訪問者数:340人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/6/29
投稿数: 4933
2016/5/3 21:31
 tonzablowさん、こんにちは。
このロングルートは、すごいです。
アカヤシオ、シロヤシオも
きれいですが、湯の山温泉基点では
距離の、一番長いルート取りでは
ないでしょうか。それは、疲れますよね。
歩ききられてお見事です。
出合ったワンちゃん、可愛いですね。

自分が登ったときに見た
鎌尾根のアカヤシオは、もう
終わったと思ってましたが
逆で、咲いてなかったんですね。
来年、挑戦してみましょう。
登録日: 2014/5/9
投稿数: 91
2016/5/3 23:43
 komakiさん、こんにちは。
いつもコメントいただきありがとうございます。
この間の定期健診で体重の増加を目の当たりにして、増加分を毎回歩荷しているかと思うと、そりゃバテるのも当然かと自分に言い訳するこの頃です(^^;山だけじゃなくて平地トレも始めなくては。。。
尚いつも長めのルートになるのは、せっかく山に行くならなるべく長い距離を歩いて目一杯楽しみたいという、ある意味貧乏性のなせる技です。。。
鎌尾根のアカヤシオ、標高の割には遅いような気もしますね。
標高だけじゃなくて日当たりや風向きも影響しているのでしょうね。
またよろしくお願いしますm(_ _)m

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ