ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 858909 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳・白馬鑓ヶ岳 杓子沢

日程 2016年05月02日(月) [日帰り]
メンバー karisumasu
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
猿倉
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間48分
休憩
1時間19分
合計
9時間7分
S猿倉登山口駐車場05:0505:55白馬尻荘05:58白馬尻小屋06:44岩室跡06:4507:36避難小屋07:3908:31白馬山荘08:4208:58白馬岳08:5909:05白馬山荘09:3009:34白馬岳頂上宿舎09:3609:40丸山09:4111:37鑓ヶ岳11:5912:58小日向のコル(1824m)13:0613:15猿倉台地(1502m)14:07猿倉荘14:1214:12猿倉登山口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
猿倉から数百メートル歩いたところで林道に雪
シール歩行可
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

代掻き馬
2016年05月02日 05:35撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
代掻き馬
2
白馬尻
2016年05月02日 05:46撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬尻
2
昨日の雨でコルから雪崩
2016年05月02日 06:55撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日の雨でコルから雪崩
2
気温が高めでデブリも緩んでいる
2016年05月02日 06:58撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気温が高めでデブリも緩んでいる
2
後が杓子岳
2016年05月02日 07:39撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後が杓子岳
2
白馬岳山頂 風が強い
2016年05月02日 08:58撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳山頂 風が強い
3
山頂から大雪渓
2016年05月02日 08:59撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から大雪渓
2
立山・剱岳・毛勝三山
2016年05月02日 08:59撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山・剱岳・毛勝三山
4
白馬から白馬鑓へ
杓子岳から鑓ヶ岳は爆風で斜面はエビの尻尾でカリカリ
2016年05月02日 11:09撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬から白馬鑓へ
杓子岳から鑓ヶ岳は爆風で斜面はエビの尻尾でカリカリ
3
振り返る
白馬岳と杓子岳
2016年05月02日 11:09撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返る
白馬岳と杓子岳
2
間もなく白馬鑓山頂
2016年05月02日 11:37撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなく白馬鑓山頂
3
三角点
2016年05月02日 11:37撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点
3
毛勝三山と赤谷山
2016年05月02日 11:37撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛勝三山と赤谷山
3
白馬鑓ヶ岳山頂
凄いエビの尻尾
2016年05月02日 11:39撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬鑓ヶ岳山頂
凄いエビの尻尾
8
白馬鑓山頂から焼山・火打・妙高山
2016年05月02日 11:39撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬鑓山頂から焼山・火打・妙高山
2
山頂から杓子沢をのぞき込む
壁みたいな急斜面
2016年05月02日 11:42撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から杓子沢をのぞき込む
壁みたいな急斜面
4
出だしはカリカリ
緩んだところで山頂を見上げる
2016年05月02日 12:04撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出だしはカリカリ
緩んだところで山頂を見上げる
2
喉部
2016年05月02日 12:04撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
喉部
2
雪も豊富で縦溝もなく最高でした
2016年05月02日 12:27撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪も豊富で縦溝もなく最高でした
4

感想/記録

昨日は雨で猿倉で撤退した
今日が天気予報で晴れ
明日以降は天気が良くないので仕事だったが休みを一日ずらして再び白馬へ
車中泊して早朝5時過ぎに猿倉出発
先行者は7.8人程
林道もしばらく歩くと雪が出て大変ではなかった
雪は軽く緩んでいる稜線付近はうっすら積雪
風は強かった
白馬小屋からスキーで滑りこんでうまくトラバースして杓子岳のコルへそこから再びシール歩行杓子は巻いて白馬鑓へ杓子からの稜線は時折立っていられないほどの爆風
ここまで来たので戻るわけにもいかず白馬鑓へ
斜面はとにかく凍っていたアイゼンを装着して山頂へ
爆風の山頂で何とか準備をして杓子沢へ出だしはカリカリで緊張したが少し降りるとすぐに緩んで快適だった最後林道合流手前で雪が切れ迷う
何とか合流して猿倉へ
良い山行でした。
訪問者数:726人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/5/23
投稿数: 116
2016/5/3 6:15
 お疲れさまでした。
karisumasuさん お疲れ様でした。少しお話しをさせていただきました。早いですね〜 あっという間に消えて行かれました(*_*) 一日中滞在が延びましたが素晴らしいスキーを楽しめましたね。またどこかで。
登録日: 2011/10/25
投稿数: 54
2016/5/3 8:31
 Re: お疲れさまでした。
atsup624さんおはようございます
白馬周辺は雪が思ったよりも多くて満足な山行となりました。
普段はあまり人に話しかけることはありませんが山に入るとお会いする方と話が出来るので不思議です。お隣の県ということでまたどこかでお会いできる日を楽しみにしております。
登録日: 2011/10/14
投稿数: 32
2016/5/3 21:19
 初めまして。
もしかして赤いウェアを着てらっしゃいましたか?多分、最低鞍部から同じルートで後ろを歩いていたスプリットボーダーです(^^)稜線に出てから正直ちょっと心細かったのですが、先行するkarisumasuさんがいらっしゃって助かりました。杓子沢、落石も少なくて良い感じでしたね。お疲れ様でした。
登録日: 2011/10/25
投稿数: 54
2016/5/4 7:20
 Re: 初めまして。
ken0114さんはじめまして。
そうです。赤いウェアを着てましたドロップする際に登ってこられましたね
杓子と鑓ヶ岳の鞍部の風、強かったですね。初めてのルートで不安でしたが後方に ken0114さんがおられたので心強かったです。山頂から中央ルンゼを滑ったつもりが杓子沢でした。
出だしはカリカリで怖かったです。結構な急斜面で慎重に滑りました。最後までスベスベ斜面でよかったですね。
お疲れ様でした。
尚、小日向のコルから暑いので赤いウェアをザックに取り付けて滑ったらウェアを落としてしまいました泣
落ちていなかったですか?
登録日: 2011/10/14
投稿数: 32
2016/5/4 11:04
 Re[2]: 初めまして。
あ!駐車場でウェア見ませんでしたかって話しかけて頂いた方でしたか
私は小日向コルに行かず樺平から長走沢だったので、もしかするとコルから猿倉台地の間かもしれませんね。あとは猿倉荘に届いてる可能性もあるので問い合わせてみては如何でしょうか。出てくるといいですね
登録日: 2011/10/25
投稿数: 54
2016/5/4 12:19
 Re[3]: 初めまして。
そうです。一応その日の夜に猿倉荘に電話してみましたが届いてなかったです。
猿倉台地で紛失の可能性は高いと思いますが拾いに行ってもよいのですがこの風だと飛んでいってしまってますね
あきらめます。
ありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ