ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 858936 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走志賀・草津・四阿山・浅間

浅間山外輪山縦走→Jバンド→草滑り周回 火口まで1200m

日程 2016年05月02日(月) [日帰り]
メンバー growmono
天候晴れ時々曇り 春霞
アクセス
利用交通機関
車・バイク
高峰高原ビジターセンター駐車。
ビジターセンター開館、トイレ使用可能。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間35分
休憩
1時間13分
合計
5時間48分
S高峰高原ビジターセンター09:0009:12車坂山09:32開けたガレ場09:3310:01槍ヶ鞘10:0210:11トーミの頭10:1510:28黒斑山10:3010:53蛇骨岳10:5511:08仙人岳11:0911:26Jバンド12:2712:50賽の河原分岐12:5113:03湯ノ平分岐14:00トーミの頭14:48高峰高原ビジターセンターG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今日は写真撮影もしましたが足運びがよく、CTよりも若干早めです。
コース状況/
危険箇所等
黒斑山〜蛇骨岳の日陰に残雪。
中コースにも残雪箇所あり、また雪融けにより泥水、ともに非常に滑りやすい。

詳細はブログにて掲載しております。
http://drf1969.blog.fc2.com/blog-entry-414.html
その他周辺情報車坂ヒルクライムがあるらしい。
前橋から自転車で来てみようかなぁ。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

チェリーパークラインには桜が咲いていた。
2016年05月02日 08:38撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チェリーパークラインには桜が咲いていた。
雪もなく暖かい。車坂峠登山道入口。
表コースを行く。
2016年05月02日 09:03撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪もなく暖かい。車坂峠登山道入口。
表コースを行く。
新しい相棒と初のお出かけ。
きれいなのはここまで。
2016年05月02日 09:02撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しい相棒と初のお出かけ。
きれいなのはここまで。
2
車坂山を越えてTシャツになった。
気温が17度だった。
2016年05月02日 09:16撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車坂山を越えてTシャツになった。
気温が17度だった。
ガレ場から浅間2000スキー場方面。
水の塔山、篭の登山。
2016年05月02日 09:32撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場から浅間2000スキー場方面。
水の塔山、篭の登山。
1
残雪は林間の日陰にまだある。
2016年05月02日 09:45撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪は林間の日陰にまだある。
避難小屋前に土砂崩れ対処用の石が積んであった。
2016年05月02日 09:59撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋前に土砂崩れ対処用の石が積んであった。
剣ヶ鞘から浅間山、トーミの頭。
2016年05月02日 10:05撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ鞘から浅間山、トーミの頭。
3
トーミの頭。遠見からの命名だろうか?
霞んでいるが浅間山はきれいに見える。
2016年05月02日 10:16撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トーミの頭。遠見からの命名だろうか?
霞んでいるが浅間山はきれいに見える。
1
縦走する第一外輪山。
黒斑山〜蛇骨岳〜仙人岳〜鋸岳。
2016年05月02日 10:16撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走する第一外輪山。
黒斑山〜蛇骨岳〜仙人岳〜鋸岳。
2
黒斑山山頂。湿度の関係だろうか?赤く山が見える。
相変わらず写真撮影を頼まれる。
2016年05月02日 10:29撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒斑山山頂。湿度の関係だろうか?赤く山が見える。
相変わらず写真撮影を頼まれる。
2
火口。今日は非常におとなしかった。
2016年05月02日 10:30撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口。今日は非常におとなしかった。
蛇骨岳へトラバースする道から。
左右対称に近くきれいに見える浅間山。
2016年05月02日 10:55撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇骨岳へトラバースする道から。
左右対称に近くきれいに見える浅間山。
2
蛇骨岳山頂。素通り。
2016年05月02日 10:59撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇骨岳山頂。素通り。
嬬恋方面はガスであまり見えない。四阿山は見えたが白根山〜北方面の山々は見えなかった。
2016年05月02日 11:02撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嬬恋方面はガスであまり見えない。四阿山は見えたが白根山〜北方面の山々は見えなかった。
仙人岳へ向かう途中で振り返る。
湯の平高原へと続く傾斜が美しい。
2016年05月02日 11:03撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人岳へ向かう途中で振り返る。
湯の平高原へと続く傾斜が美しい。
2
白ゾレ。上から見ると半分のアリジゴクの巣のようだ。
やはりここは風の通り抜ける場所で、南から風が吹き上げてくる。
2016年05月02日 11:06撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白ゾレ。上から見ると半分のアリジゴクの巣のようだ。
やはりここは風の通り抜ける場所で、南から風が吹き上げてくる。
2
北側。残雪がある。
シャクナゲ園がそろそろ見ごろだろう。
2016年05月02日 11:06撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側。残雪がある。
シャクナゲ園がそろそろ見ごろだろう。
仙人岳。風も強くなく穏やかな山頂。
2016年05月02日 11:09撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人岳。風も強くなく穏やかな山頂。
3
虎の尾。岩場に注意して進む。
2016年05月02日 11:22撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虎の尾。岩場に注意して進む。
1
Jバンドはとりあえず素通り。
2016年05月02日 11:24撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Jバンドはとりあえず素通り。
鋸岳山頂。火口まで1700m。
今年二月に来た時の山頂標がない。
カップルの方が先客、後でソロの方が二名来た。
2016年05月02日 11:29撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸岳山頂。火口まで1700m。
今年二月に来た時の山頂標がない。
カップルの方が先客、後でソロの方が二名来た。
3
北側、バカ尾根。浅間隠山がうっすらしか見えない。
2016年05月02日 11:29撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側、バカ尾根。浅間隠山がうっすらしか見えない。
山頂を下から見上げる。山頂標はここにも落ちていない。
2016年05月02日 11:31撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を下から見上げる。山頂標はここにも落ちていない。
1
虎の尾、奥は黒斑山。
2016年05月02日 11:31撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虎の尾、奥は黒斑山。
山頂最前列で昼食。
今日はパスタを作る。
茹で上がったら湯切りしオリーブオイルを混ぜておく。
2016年05月02日 11:37撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂最前列で昼食。
今日はパスタを作る。
茹で上がったら湯切りしオリーブオイルを混ぜておく。
フライパン登場。ニンニクと鷹の爪をソテーする。
強火だと鷹の爪が黒くなるから、弱火で香りをオイルに移しながら。
2016年05月02日 11:42撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フライパン登場。ニンニクと鷹の爪をソテーする。
強火だと鷹の爪が黒くなるから、弱火で香りをオイルに移しながら。
JA高崎のベーコン投入。あまりカリカリにしない。
2016年05月02日 11:47撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JA高崎のベーコン投入。あまりカリカリにしない。
1
下茹でして持参したブロッコリー投入。
ニンニクの香りが移ったオイルをしみこませる。
2016年05月02日 11:48撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下茹でして持参したブロッコリー投入。
ニンニクの香りが移ったオイルをしみこませる。
パスタを投入し水分を飛ばしながら軽くソテーする。
完成。愚弄者流ペペロンチーノ。ブロッコリーが入ると彩がよくなるし、ベーコンを入れるとデュラムセモリナの味が引き立つ。
2016年05月02日 11:50撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パスタを投入し水分を飛ばしながら軽くソテーする。
完成。愚弄者流ペペロンチーノ。ブロッコリーが入ると彩がよくなるし、ベーコンを入れるとデュラムセモリナの味が引き立つ。
2
オリーブオイルが残るのでパンを焼きながら染み込ませる。簡易ガーリックトースト。食事は修行、残してはならない。
2016年05月02日 12:04撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オリーブオイルが残るのでパンを焼きながら染み込ませる。簡易ガーリックトースト。食事は修行、残してはならない。
3
昼食後再装備し出発。四阿山と嬬恋高原がうっすらしか見えない。
2016年05月02日 12:21撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食後再装備し出発。四阿山と嬬恋高原がうっすらしか見えない。
縦走してきた虎の尾、仙人岳、蛇骨岳の北面。
2016年05月02日 12:23撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走してきた虎の尾、仙人岳、蛇骨岳の北面。
Jバンド正面には美しい浅間山。
2016年05月02日 12:23撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Jバンド正面には美しい浅間山。
2
Jバンドから下りこむ。急な崖。
2016年05月02日 12:24撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Jバンドから下りこむ。急な崖。
1
降りると、賽の河原。まさしく殺風景。
三つ石と浅間山。
2016年05月02日 12:38撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りると、賽の河原。まさしく殺風景。
三つ石と浅間山。
振り返ると外輪山を形成する岩石が美しく雄大。
大迫力の景色に見惚れる。
2016年05月02日 12:38撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると外輪山を形成する岩石が美しく雄大。
大迫力の景色に見惚れる。
黒斑山、トーミの頭が見える。
2016年05月02日 12:38撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒斑山、トーミの頭が見える。
1
殺風景な賽の河原を湯の平高原へ向かう。
2016年05月02日 12:39撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
殺風景な賽の河原を湯の平高原へ向かう。
裾野が美しい浅間山。
前掛山まで早く行ければいいのだが。
火口まで現状で最接近できる場所、1200m。
2016年05月02日 12:41撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裾野が美しい浅間山。
前掛山まで早く行ければいいのだが。
火口まで現状で最接近できる場所、1200m。
1
仙人岳、蛇骨岳も下から見ると迫力がある。
2016年05月02日 12:45撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人岳、蛇骨岳も下から見ると迫力がある。
1
浅間山南西側の樹林帯へ突入。
2016年05月02日 12:47撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山南西側の樹林帯へ突入。
前掛山登山道入り口。行けない。
人間があまり来ないので動物のトレースや糞が散見される。
2016年05月02日 12:51撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前掛山登山道入り口。行けない。
人間があまり来ないので動物のトレースや糞が散見される。
見上げる黒斑山と今日のメインイベントの草滑り登攀。
2016年05月02日 13:03撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げる黒斑山と今日のメインイベントの草滑り登攀。
2
湯の平口分岐。火山館から近い。
今度は浅間山荘口から登りたい。
2016年05月02日 13:04撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の平口分岐。火山館から近い。
今度は浅間山荘口から登りたい。
草滑り途中から牙山、剣ヶ峰。
2016年05月02日 13:13撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草滑り途中から牙山、剣ヶ峰。
浅間山もきれいに見える。
2016年05月02日 13:16撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山もきれいに見える。
北側には縦走してきた第一外輪山。
2016年05月02日 13:17撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側には縦走してきた第一外輪山。
草滑り急坂登場。まさに上を見上げる。
九十九折の急坂を登っていく。
2016年05月02日 13:24撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草滑り急坂登場。まさに上を見上げる。
九十九折の急坂を登っていく。
仙人岳〜蛇骨岳間の白ゾレ。
滑落したらケガだけで済むだろうか?
2016年05月02日 13:31撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人岳〜蛇骨岳間の白ゾレ。
滑落したらケガだけで済むだろうか?
1
草滑り急坂から。歩んできた道のりを眺める。
思ったより楽に登る。先週の武尊山縦走に比べれば・・・
2016年05月02日 13:31撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草滑り急坂から。歩んできた道のりを眺める。
思ったより楽に登る。先週の武尊山縦走に比べれば・・・
1
黒斑山との分岐手前から。やはり急だな。
カモシカを目撃。
2016年05月02日 13:57撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒斑山との分岐手前から。やはり急だな。
カモシカを目撃。
トーミの頭から、縦走し歩んできた道のりを再確認。
よく来たもんだ。
2016年05月02日 13:59撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トーミの頭から、縦走し歩んできた道のりを再確認。
よく来たもんだ。
下山は中コース。残雪が多く、脇道で下っていく。
2016年05月02日 14:02撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は中コース。残雪が多く、脇道で下っていく。
泥水で滑りやすく、靴と裾が汚れる。
自然での活動だから当たり前だけど掃除洗濯が面倒。
2016年05月02日 14:11撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
泥水で滑りやすく、靴と裾が汚れる。
自然での活動だから当たり前だけど掃除洗濯が面倒。
1
車坂山を見ながら沢伝いに歩む。
黒斑山でこの道が一番お気に入り。
2016年05月02日 14:40撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車坂山を見ながら沢伝いに歩む。
黒斑山でこの道が一番お気に入り。

感想/記録

 谷川岳、武尊山の残雪期に先月行ったので、浅間山外輪山縦走とJバンドからの周回を行きたかったので計画。5月に入り込んでしまったが本日実行。

 日本国中少雪で史上最低の積雪をどこも記録している。
アイゼン、滑り止めは持参しなかった。尻そりはなぜか車に入っていた・・・
 新しいマムートの靴は軽くグリップ良くて動きやすかった。
新品の靴は私専用ではないので、必ずどこか当たり痛くなるもの。
四か所まめができ、一番幅が広いところがやはり痛かった。
でもすぐにタコになるので気にしない。完璧を望むならオーダーメイドするべき。

 林間の日陰や北面には残雪がある。氷が露出していなければ問題ない。
トレース上をサクサク歩けるが、踏み抜きも何度かあった。
やはり踏み抜きが似合う愚か者・・・
ただ雪融けで泥水となりそちらのほうが滑りやすかった。
特に中コースは最悪だ。長靴で来たほうがよいくらい。

仙人岳から先はやや風が強い時もあったが、半袖で道中は歩けた。
Jバンドを降りると別世界だった。
虎の尾〜蛇骨岳にかけての迫力ある岩場、何より浅間山を間近で下から見上げることができるのだ。裾野が本当に美しい。
行った者でしか見られない景色、得られない臨場感。
今日のメインイベント草滑り登りも、拍子抜けするくらい楽に登れて良かった。
今度は浅間山荘登山口から行ってみたい。
また今年は12月上旬に来て冬季の周回にもチャレンジしてみたい。

 全く疲れもなく、Tシャツで行動した影響で汗もあまりかかず
少し物足りないが、素晴らしい浅間山を間近で見られて良かった。
楽しかった。

詳細はブログにて掲載しております。
http://drf1969.blog.fc2.com/blog-entry-414.html
訪問者数:415人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ