ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 858995 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走氷ノ山

扇ノ山 河合谷より

日程 2016年05月02日(月) [日帰り]
メンバー YamaOnsen
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水とのふれあい広場 駐車場 水場あり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間13分
休憩
13分
合計
2時間26分
S水とのふれあい広場08:4909:00扇ノ山小ズッコ登山口09:04小ズッコ山小屋09:47大ズッコ09:4810:10扇ノ山10:2110:40大ズッコ10:4111:12河合谷登山口11:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全般に整備されたハイキングコースです。
扇ノ山小ズッコ登山口までは上山高原へ向かう舗装林道を歩きます。
盾状火山で広い尾根のため、危険箇所は皆無です。
道もはっきりしていて、道標もしっかりしているので、迷うこともありません。
鞍部など、ぬかるみ易い所には木道が設置されています。
その他周辺情報温泉 : 神鍋温泉 ゆとろぎ 500円(JAF割引、通常600円)
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー 行動食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 携帯 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

駐車した河合谷の水とのふれあい広場です。
2016年05月02日 08:45撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車した河合谷の水とのふれあい広場です。
2
ミヤマカタバミでしょうか。花が開いていないので微妙。
2016年05月02日 08:48撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマカタバミでしょうか。花が開いていないので微妙。
タムシバがあちらこちらに咲いていました。
2016年05月02日 08:52撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タムシバがあちらこちらに咲いていました。
1
舗装路を歩いて扇ノ山小ズッコ登山口にやってきました。
2016年05月02日 08:55撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路を歩いて扇ノ山小ズッコ登山口にやってきました。
1
小ズッコ避難小屋です。冬季積雪期用の二階への入口があります。
2016年05月02日 08:59撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小ズッコ避難小屋です。冬季積雪期用の二階への入口があります。
1
タムシバの花がびっしり満開でした。
2016年05月02日 09:02撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タムシバの花がびっしり満開でした。
2
まだ新しい倒木が道をふさいでいました。
2016年05月02日 09:07撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ新しい倒木が道をふさいでいました。
河合谷登山口よりのルートとの合流点です。
2016年05月02日 09:10撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河合谷登山口よりのルートとの合流点です。
緩やかなブナ林の明るい登山道です。
2016年05月02日 09:13撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかなブナ林の明るい登山道です。
1
タムシバとともに咲いている白い花はオオカメノキでしょう。
2016年05月02日 09:14撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タムシバとともに咲いている白い花はオオカメノキでしょう。
折れても復活してくるくる曲がったブナの木です。
2016年05月02日 09:17撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
折れても復活してくるくる曲がったブナの木です。
1
大ズッコへの登りです。大きな坂には階段が付けられています。
2016年05月02日 09:30撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ズッコへの登りです。大きな坂には階段が付けられています。
大ズッコと扇ノ山山頂の鞍部です。ぬかるみでも歩きやすい様木道になっています。
2016年05月02日 09:48撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ズッコと扇ノ山山頂の鞍部です。ぬかるみでも歩きやすい様木道になっています。
展望台がありました。扇ノ山についての解説板がありました。
2016年05月02日 09:59撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台がありました。扇ノ山についての解説板がありました。
1
展望地からの景色です。大山も何とか見えています。
2016年05月02日 10:00撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望地からの景色です。大山も何とか見えています。
大山をズームしましたが、霞んでかなり薄いですね。
2016年05月02日 10:00撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山をズームしましたが、霞んでかなり薄いですね。
木のゲートをくぐり抜けると扇ノ山の山頂に到着です。
2016年05月02日 10:05撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木のゲートをくぐり抜けると扇ノ山の山頂に到着です。
1
扇ノ山山頂避難小屋です。ガラス張りの避難小屋は珍しいです。
2016年05月02日 10:05撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇ノ山山頂避難小屋です。ガラス張りの避難小屋は珍しいです。
2
扇ノ山の山頂標識です。
2016年05月02日 10:06撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇ノ山の山頂標識です。
1
氷ノ山です。山頂に建つ避難小屋が飛び出していてはっきりわかりました。
2016年05月02日 10:06撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷ノ山です。山頂に建つ避難小屋が飛び出していてはっきりわかりました。
1
避難小屋の一階部分です。
2016年05月02日 10:10撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋の一階部分です。
土足禁止の避難小屋の二階部分です。ガラス張りで四方の景色が望めます。
2016年05月02日 10:11撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土足禁止の避難小屋の二階部分です。ガラス張りで四方の景色が望めます。
2
避難小屋からの東側の景色です。
2016年05月02日 10:11撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋からの東側の景色です。
避難小屋から登ってきた方向です。タムシバがたくさん。
2016年05月02日 10:11撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋から登ってきた方向です。タムシバがたくさん。
登山道で、なかなか扇ノ山の緩やかな稜線を写せる機会がありません。
2016年05月02日 11:02撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道で、なかなか扇ノ山の緩やかな稜線を写せる機会がありません。
コースは中国自然歩道になっているようです。
2016年05月02日 11:06撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コースは中国自然歩道になっているようです。
河合谷登山口直前に緩勾配を回避するための迂回路があります。
2016年05月02日 11:07撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河合谷登山口直前に緩勾配を回避するための迂回路があります。
河合谷登山口です。当初はこちらから登る予定でした。
2016年05月02日 11:08撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河合谷登山口です。当初はこちらから登る予定でした。
1

感想/記録

ゴールデンウィークの遠征四日目は鳥取県と兵庫県の県境に位置する扇ノ山に登りました。
河合谷の水とのふれあい広場までの、行きのアプローチは十王峠経由で向かいましたが、十王峠までが暗く見通しのみ悪い所が多かったです。
計画では、河合谷登山口から登り、小ズッコ登山口へ下るつもりでしたが、間違って小ズッコ登山口からのスタートになりました。
扇ノ山の名前からは急峻なイメージをもっていましたが、実際歩いてみると、なだらかな広い尾根が続く山で、展望地に盾状火山の解説板があり、なる程と思いました。
扇ノ山山頂にある避難小屋は、なんと二階建てのガラス張りの小屋で明るく見晴らしの良い小屋でした。
河合谷からは簡単に登れるので、軽装のハイカーをたくさん見かけました。
下山後は、兵庫県の上山高原側から帰りましたが、狭いなごら明るく見通しのよい道ですが、上山高原へ向かう車とのすれ違いご多かったです。
神鍋高原の道の駅に併設されている神鍋温泉で汗を流しました。
この後、全通した舞鶴若狭道で次の目的地である福井県に向かいました。
訪問者数:298人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ