ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 859039 全員に公開 雪山ハイキング剱・立山

GW雷鳥荘〜一の越〜雄山ピストン

日程 2016年05月01日(日) 〜 2016年05月03日(火)
メンバー ippatupon
天候第1日目/ホワイトアウト 第2日目/晴れ 第3日目/晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
【往路】
・アルピコ交通『新宿〜扇沢』6200円
・黒部アルペンライン『扇沢〜室堂』往復9050円

【復路】
・黒部アルペンライン『室堂〜扇沢』
・路線バス『扇沢〜信濃大町駅』1360円(現金支払いのみ)
・JR特急あずさ16号『信濃大町〜新宿』特急指定席7850円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間3分
休憩
1時間16分
合計
6時間19分
S雷鳥荘06:2006:43みくりが池温泉07:00立山室堂山荘07:0708:08一の越山荘08:1409:32雄山10:1710:54一の越山荘11:0111:42立山室堂山荘11:5312:23みくりが池温泉12:39雷鳥荘
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【雷鳥荘〜立山室堂山荘】
散策コースでもあるのでよく整備されて歩きやすく階段も雪が溶けている箇所もありアイゼンなしで歩けます。
【立山室堂山荘〜一の越】
ここは稜線へ出る一本道なのでトレースはしっかりあります。
【一の越〜雄山】
所々ルートが消えていますが上りは岩づたいに上っていけばまずは安心です。
下りは、岩場の渋滞箇所を避けアイゼン、ピッケルをしっかり使って斜面を歩くといいでしょう。雪質はクラスト状態です。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 毛帽子 ザック アイゼン 行動食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ピッケル

写真

初日やっとの思いで室堂到着 ありゃ、なーーーんも見えない真っ白け今日一日は ずーーーっとこんな天気でした。残念!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初日やっとの思いで室堂到着 ありゃ、なーーーんも見えない真っ白け今日一日は ずーーーっとこんな天気でした。残念!
初日素泊まり晩飯の自炊にて 角切り牛ステーキに彩り野菜のスパイシーガーリック焼きとチーズフォンデューにバゲット&メルシャンワイン(山荘で調達1700円)。それにしても雷鳥荘の自炊室もうちょっと何とかなりませんかね〜ぇ、四方壁で部屋の真ん中にグレーの事務机ってないんじゃないっすかね〜ぇ??どうよっ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初日素泊まり晩飯の自炊にて 角切り牛ステーキに彩り野菜のスパイシーガーリック焼きとチーズフォンデューにバゲット&メルシャンワイン(山荘で調達1700円)。それにしても雷鳥荘の自炊室もうちょっと何とかなりませんかね〜ぇ、四方壁で部屋の真ん中にグレーの事務机ってないんじゃないっすかね〜ぇ??どうよっ!
1
早朝改めて雷鳥荘正面口を撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早朝改めて雷鳥荘正面口を撮影
雷鳥荘から朝のテン場を望む、稜線はしっかり雪が積もっていますが夕方にはすっかり山肌が見えるほどに溶けてしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥荘から朝のテン場を望む、稜線はしっかり雪が積もっていますが夕方にはすっかり山肌が見えるほどに溶けてしまいました。
山荘を出発しリンドウ池を過ぎたところで二羽の雷鳥を発見 全く警戒することなく三方からのカメラ撮影に一切動じませんでした。流石!カメラ慣れしている日本固有の天然記念物!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘を出発しリンドウ池を過ぎたところで二羽の雷鳥を発見 全く警戒することなく三方からのカメラ撮影に一切動じませんでした。流石!カメラ慣れしている日本固有の天然記念物!
1
小首傾げて「なにっ?」可愛すぎます。人間の気配を感じても全く逃げないこの雷鳥と人間の信頼関係はいいですね。自然を愛する登山者の皆さん、これからもこの心がけは大切にしましょう。ありがとう!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小首傾げて「なにっ?」可愛すぎます。人間の気配を感じても全く逃げないこの雷鳥と人間の信頼関係はいいですね。自然を愛する登山者の皆さん、これからもこの心がけは大切にしましょう。ありがとう!
3
白煙をあげる地獄谷 硫黄の臭いが風向きで辺りに充満してます。地球の息遣いを感じる一瞬です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白煙をあげる地獄谷 硫黄の臭いが風向きで辺りに充満してます。地球の息遣いを感じる一瞬です。
立山室堂山荘 この道を通り一の越へと登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山室堂山荘 この道を通り一の越へと登ります。
立山室堂山荘を背にして立山の雄姿 見事な雪山です。朝のうちはこんなに白一色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山室堂山荘を背にして立山の雄姿 見事な雪山です。朝のうちはこんなに白一色。
富士の折立上空でヘリがホバリング中 最初は荷揚げかと思っていたのですが小屋もなし…?? 下山後確認したところ先月30日に入山した男性2名とのこと ご冥福をお祈りいたします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士の折立上空でヘリがホバリング中 最初は荷揚げかと思っていたのですが小屋もなし…?? 下山後確認したところ先月30日に入山した男性2名とのこと ご冥福をお祈りいたします。
一の越へ向かう道すがら登山者の足跡の窪みに身を潜めている雷鳥さん、今日は3羽目とご対面できました。この雷鳥さんはしばし小生の先導をしてくれました。(…って思いたい。)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の越へ向かう道すがら登山者の足跡の窪みに身を潜めている雷鳥さん、今日は3羽目とご対面できました。この雷鳥さんはしばし小生の先導をしてくれました。(…って思いたい。)
1
雷鳥さん拡大 鳴き声はアレ…ですが姿形がカワユイのですべて許しちゃう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥さん拡大 鳴き声はアレ…ですが姿形がカワユイのですべて許しちゃう。
1
一の越から雄山へと続くルートを下から撮影。所々の岩場ではプチ渋滞します。トレースが風ですぐ消されてしまうのか下からだと分かりずらいようです。上からだとルートファインディングしやすく、平気で斜面を下っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の越から雄山へと続くルートを下から撮影。所々の岩場ではプチ渋滞します。トレースが風ですぐ消されてしまうのか下からだと分かりずらいようです。上からだとルートファインディングしやすく、平気で斜面を下っていきます。
雄山へ向かう途中、岩に張り付く霧氷。登山者の間では『えびのしっぽ』と呼ばれていますね、気象条件の厳しさを伺わせるように渦を巻いているようにも見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄山へ向かう途中、岩に張り付く霧氷。登山者の間では『えびのしっぽ』と呼ばれていますね、気象条件の厳しさを伺わせるように渦を巻いているようにも見えます。
雄山頂上の案内盤 この日は遠方まで北の山々を見ることができました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄山頂上の案内盤 この日は遠方まで北の山々を見ることができました。
雄山神社も凍り付いています。記念に撮影してもらいました。ありがとうございます。(こんなオッサンです。コワくないよー^^w)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄山神社も凍り付いています。記念に撮影してもらいました。ありがとうございます。(こんなオッサンです。コワくないよー^^w)
2
雄山神社から大汝山へ続くルートに再び2羽の雷鳥が、彼らも春の訪れを喜んでいるようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄山神社から大汝山へ続くルートに再び2羽の雷鳥が、彼らも春の訪れを喜んでいるようです。
1
雪に埋もれ凍り付いた社務所から祠を激写、狭いのであっという間に人だかりとなってしまいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪に埋もれ凍り付いた社務所から祠を激写、狭いのであっという間に人だかりとなってしまいます。
1
下山後一の越山荘前でセルフ撮影 この時すでに雪目状態でモニターに何がどう映っているのかが良く分かっていない中の撮影です。やはりUVカットのサングラスじゃないとダメですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後一の越山荘前でセルフ撮影 この時すでに雪目状態でモニターに何がどう映っているのかが良く分かっていない中の撮影です。やはりUVカットのサングラスじゃないとダメですね。
下山途中雪面に仰向け寝 リラックス! 今日は何度も雪面に寝っ転がって雪の冷たさ風の強さ日差しの暖かさを全身で体感した次第です。そんなこんなしていたので結構休憩時間を取り過ぎました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中雪面に仰向け寝 リラックス! 今日は何度も雪面に寝っ転がって雪の冷たさ風の強さ日差しの暖かさを全身で体感した次第です。そんなこんなしていたので結構休憩時間を取り過ぎました。
真っ白けの雪原、ここに自分の足跡を残せるなんてちょっと素敵ですね、立山というキャンバスに自分の軌跡を残せるんですよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ白けの雪原、ここに自分の足跡を残せるなんてちょっと素敵ですね、立山というキャンバスに自分の軌跡を残せるんですよ。
山荘へ戻る途中ミクリガ池の雪解け
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘へ戻る途中ミクリガ池の雪解け
雷鳥沢幕営地 色とりどりのテントの下、楽しい時間が流れているんでしょうね。いいな〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥沢幕営地 色とりどりのテントの下、楽しい時間が流れているんでしょうね。いいな〜
雷鳥沢幕営地拡大 本当は小生もここで幕営予定でした…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥沢幕営地拡大 本当は小生もここで幕営予定でした…
雷鳥沢ヒュッテ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥沢ヒュッテ
大日連山より
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日連山より
午後4時頃の立山三山の姿 かなり稜線の山肌が見えるようになりました。それだけ今日一日は初夏の気温でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後4時頃の立山三山の姿 かなり稜線の山肌が見えるようになりました。それだけ今日一日は初夏の気温でした。
真砂岳、富士の折立、大汝山 ほらっ、こんなに溶けちゃっているでしょ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真砂岳、富士の折立、大汝山 ほらっ、こんなに溶けちゃっているでしょ。
大日連山 案内板より
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日連山 案内板より
雷鳥荘からの夕日1 大日連山に沈む夕日
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥荘からの夕日1 大日連山に沈む夕日
1
雷鳥荘からの夕日2 大日連山に沈む夕日
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥荘からの夕日2 大日連山に沈む夕日
1

感想/記録



当初二泊三日のテント泊を予定していたのですが、出発直前に気が変わり小屋泊に変更、直前までバタバタの準備でした。

初日、新宿から扇沢へバスで到着。小雨から雷も鳴る本降りの雨へと、「前回と同じだ」っと、ややテンション下がり気味。室堂についた頃には雨は上がったものの視界不良の真っ白けな世界。まあ初日は雷鳥荘へ向かうだけなのでまあ良しとして、本来ならこの天候のなか雷鳥沢キャンプ場まで行ってテント設営をしなければならなかったことを考えればやや安堵の気分。この日は、全くお山の姿を見ることなく終わりました。

二日目、朝から立山の稜線がクッキリと見える好天、おまけにまさに春と言った暖かさでした。大日連山、別山、真砂岳、富士の折立、大汝山、雄山、一の越、浄土山と日が暮れるまで立山の山並みを楽しめました。この一日の間に稜線を染めていた雪もあっという間に溶け夕景を撮影している時には、山肌がわかるほどに様変わり、春から夏そして紅葉の秋へと賑わうんだろうなと立山の世界を満喫した一日でした。

当初の計画は『山荘〜一の越〜大汝山〜別山〜山荘』の周回を予定していたのですが……こんなおじさんが無理ですよね〜www 無難に雄山ピストンに変更しました。稜線は風が強いものの360度雲で隠れる山もなく北の山々を目に焼き付けそして満足のいく動画も撮れました。

連泊した『雷鳥荘』の館内は暖かで清潔で蛇口を捻ればお湯も出ると言う有り難さ、トイレはウォシュレット完備、風呂は7時〜11時を除いていつでも入浴できます。しかし、初日だけは素泊まりにしたので、地下の洗濯室兼用の自炊室で飯、なんとも殺風景な味気ないところでしたが、後から女子二名が来て楽しいデイナータイムになりました。山スキー女子お二人さん、おじさん楽しかったです、ありがとう。
今回も何人もの山好き山スキー好きの方々と話ができて楽しい限りでした。毎度のことながら、山の楽しさを彩ってくれた皆様に感謝感謝です。

【出会ったヒトタチ】
・同室の山岳撮影が趣味の69歳の紳士
  …これからも山岳撮影そして筋トレと頑張ってください。
・同室の山スキーのベテランさんお二人
  …色々得る情報ありがとうございました。書ききれないほどの参考になりました。
・自炊室で一緒だった山スキー好きの女子お二人
  …意外と言っては失礼になるかもしれませんが、極々普通の女性のようなお二人がこんな大自然の山に挑まれているのがとても逞しく素敵に映りました。ケガには気を付けてこれからも楽しんでください。
・談話室でお話ししたご夫婦
  …紅葉の涸沢の画像素敵でした。お二人の歩く息がピッタリなんですね、人生を歩むことも山の頂を目指すこともマイペースの一歩一歩が大切だということですね。
・談話室でお話しした今回最年長の紳士
  …山スキー、海外登山とタフに楽しんでおられる姿には全く頭が下がります。人生ってそう楽しむもんだよな〜なんて一人思っていたのは小生くらいでしょうか?

みなさん本当にありがとうございました。
またいつか出逢いがありますように。


【訃報】
先月30日に行方不明になっていた男性2名が、5月2日富士の折立付近で遺体となって発見されヘリによる救助が行われてました。
ご冥福をお祈りいたします。
訪問者数:486人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/12
投稿数: 2011
2016/5/5 13:18
 お疲れさまです
私も同じ日に雷鳥荘連泊しておりました♪。
そしてほぼ同じ行程を行かれてましたので共感する部分が多かったです。
動画も私が見た景色と同じだったので感無量でした
縦走は憧れますよね・・・。あそこを歩いて劔と後立山を望みたかったんですが
やはりハードルは高くて私も断念しました。
山小屋でもいろんな方と交流されていたようでうらやましいですw。
私は基本、人見知りなのか同室の人ともお話しできませんで
話せばより楽しい日になっただろうな〜と感じております。
登録日: 2013/6/16
投稿数: 23
2016/5/5 14:57
 Re: お疲れさまです
はじめまして お疲れさまでした。
5/1の悪天候にはちょっと出端をくじかれた感がありますが、
5/2は快晴でいい山登りが出来ましたね。
実際歩いてみると立山のスケール、気象条件、雪質の感覚とか
現地に足を踏み入れるまでは分からないものです。
そんな中、自分の体力や技量等から考え断念するということも大切なことですね。
まだ機会は沢山ありますから、次回に希望を託しましょう。

それと年齢の所為にはしたくはないのですが、
ここしばらくテントを担ぐのがしんどくなってきました。w
だからついつい小屋泊まりにしちゃったりするんですが
小屋泊の方がテン泊よりはるかに時間を作れるので
いろんな方々との出会いが増えるんですね
またそれが自身楽しみにしているところもあります。
山好きの方々は皆さん楽しい良い方ばかりなので…
だから山大好きなんです。
いつかどこかの山で出会いましたお話ししましょう。

では
登録日: 2013/1/17
投稿数: 5
2016/5/7 12:22
 はじめまして
はじめまして お疲れさまでした。
写真を拝見させていただきました。一枚のテント場の写真に我が家を発見し同じ
時間を楽しんでいて共感しました。中央のテント内を乾かしている最中の者です。

今回すばらしい景色に圧倒されました。空の青さと真っ白な大地がだけですが、こんなにも綺麗と感じられるものですね。のんびり稜線を歩きながら景色を楽しむのに、絶好の天気でした。荒々しい立山にしては、おとなしい日和でした。足元には愛らしい雷鳥君と芸術家の風紋が見られ。そして、共感してくれる人がいるのが何よりです。私は話し上手とはいえませんが、いろいろな人に声をかけ交流するのが好きです。【出会ったヒトタチ】への心使い良かったです。これからも頑張って下さい。
登録日: 2013/6/16
投稿数: 23
2016/5/7 22:10
 Re: はじめまして
はじめましてshef00さん コメありがとうございます

羨ましい限りですね〜 レコにもあるように当初はテント泊する予定だったので山荘前からキャンプ場を眺めていて「ああ〜いいな〜テント泊したかったな〜」ってちょっぴり後悔もしたりして…、でもあの好天の下ではそんなこと関係ありませんでしたね! 下山してからもう数日経過していますが、こうしてあの時あの日を共有できた方々からの反応をいただくとあの感動感激が甦ってきますね。
お互い山好きテント好き同士どこかのテント場で出会うことがあるかもしれませんが、その時は楽しくお話ししましょう。よろしく! 
今後shef00さんのレコもちょこちょこ覗かせていただきます。

では、楽しく安全な山登りをしましょう。
登録日: 2014/4/8
投稿数: 7
2016/5/13 7:34
 お久しぶりです(^-^)
GWの立山良いですね!
眺望が利いて素晴らしい景色ですね!
今年ものGWは天気が安定せず大変でしたね(>_<)
私は4日に扇沢から針ノ木雪渓を登り、スバリに行ってきました(^-^)
またFBご覧になっていただけると幸いです!
登録日: 2013/6/16
投稿数: 23
2016/5/13 22:24
 Re: お久しぶりです(^-^)
お久しぶり~ 元気に活動してますね〜^^
先ほどFBを拝見したんですが、最近の記録が見当たりませんでした。
なぜだろう〜??? 楽しみにしていたんですが……

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ