ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 859044 全員に公開 ハイキング栗駒・早池峰

真昼岳

日程 2016年05月02日(月) [日帰り]
メンバー cheeze, その他メンバー1人
天候高曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
みずほの里ロードから、真昼岳の案内板に従って山に入るとまもなくダートに。直進は峰越林道だが通行止めの看板があり、そこで右折。道なりに進むと登山口。10m程行くと行き止まりに10台程度駐車可能。登山道入口は右手の枝沢。
なお、「ロード」沿いには善知鳥口の入口案内もあるので注意。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間3分
休憩
33分
合計
5時間36分
Sスタート地点10:1612:50真昼岳13:1413:28赤倉分岐13:50音動岳13:5814:11赤倉分岐14:1215:52赤倉登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・沢沿いの道は1時間弱。ジャングル風で花と虫が多い。
・沢から上がると左右に巻き道が続く。ブナの美林。
・やせづる尾根上部に残雪があり、一か所急な沢のトラバース約10m。あと一週間位で消えそう。
・音動岳へ向かう道は、最初の小ピークまで200m程腰から胸丈の笹藪を漕ぐことになる。ピークを越えると楽になります。片道20分位。
*GPS登り途中で電池切れ。山頂で入れ直し、復路は正確です。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

橋を渡り沢沿いを登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡り沢沿いを登る
3
アズマシロカネソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アズマシロカネソウ
20
オオバキスミレ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオバキスミレ
9
ミヤマカタバミ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマカタバミ
13
ウスバサイシン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウスバサイシン
11
スミレサイシン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スミレサイシン
7
ツクバネソウ開花せず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツクバネソウ開花せず
4
ヤセヅル尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤセヅル尾根
1
ヒメイチゲも沢山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメイチゲも沢山
13
音動岳と和賀山塊
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
音動岳と和賀山塊
15
真昼岳と南峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真昼岳と南峰
7
真昼山地全景
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真昼山地全景
13
タカにしておきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカにしておきます
22
南峰と奥に女神山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰と奥に女神山
6
ヤセヅルと大仙平野
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤセヅルと大仙平野
3
音動岳に向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
音動岳に向かう
8
今日はカタクリロード
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はカタクリロード
8
ここが仮の山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが仮の山頂
1
真昼岳を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真昼岳を振り返る
13
結構な笹藪道でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構な笹藪道でした
12
タケシマラン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タケシマラン
15
シラネアオイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラネアオイ
16

感想/記録
by cheeze

岩手秋田を分ける真昼山地の主峰、真昼岳を歩く。
稜線は秋田駒、和賀、焼石などが望める展望の道。東側斜面はまだまだ残雪豊富で美しい春山の風景である。
今日は春の花を一通り見た気分。ただ、ちょっと期待していた稜線のシラネアオイは葉も一株分しか見つけられず。雪解けは早かったけど、花はそんなに早いわけではないのか。昨年は凄かったので、もしかしたら今年は裏年?

今日山中でお会いしたのはお一人だけ。静かな山頂でお昼をいただいていたら、タカ(ワシ)が悠然と現れた。カメラを向けたら、弧を描きながら段々近づいてくるので、ちょっと身構える。関心をもたれたかな。お邪魔してごめんね。
訪問者数:537人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/6/12
投稿数: 115
2016/5/3 8:42
 お邪魔します
cheezeさま、こんにちわ
No17は、「クマタカ」のようですね。はっきりとした縞模様なのと、羽の幅が広いので、トビと見分けがつくと思います。私も奥羽山脈では数回しか見たことが有りませんが、大きく立派な成鳥のようで 写真に収めることができて羨ましい限りです。
登録日: 2014/2/23
投稿数: 595
2016/5/3 9:24
 Re: お邪魔します
acky-mouse様、大変勉強になりました。タカは真昼岳山頂と南峰の間をゆっくりと旋回していたのですが、最後にとっても近付いてくれましたので、撮影できました。優雅で美しい飛翔で、見とれておりました。
和賀から真昼は豊かな動植物の領域ですね。あとひと月もするとacky様の地元の焼石連峰や栗駒も花の楽園になるでしょうか。とても楽しみです。
コメント誠にありがとうございます。
登録日: 2011/9/30
投稿数: 1804
2016/5/3 10:40
 清々しい花達
cheezeさん
アオイともなると、積雪に影響されず、己の出番を守っているのですか?
咲き疲れて今年は遠慮してるのかな
こちらも昨日、丸い純白の球がパクッと割れて黄色いシベの綺麗な花 株数の激減に驚いて帰って来ました。
花も裏年とかあって適当に休みながら咲いているのですね

どの花も凄く活き活きと感じます。
cheezeさんのカメラ腕がいいのですね
タケシマラン〜この時期の花を見てみたいです
登録日: 2014/2/23
投稿数: 595
2016/5/3 11:20
 Re: 清々しい花達
kazika様、先日のナベワリを拝見して、私もブラブラ系を探しに行きました
和賀のニッコウキスゲは表裏年が結構はっきりしているそうですが、アオイちゃんがそうなのかどうか、うちので実験します。結果は一年後に
あとカメラも腕も超チープで、素人スナップ写真になってますけど …
kazikaさんのレコを楽しみにしていますね。
登録日: 2013/7/24
投稿数: 571
2016/5/3 19:08
 残雪の和賀岳
美しいですね。
峰越林道からだと楽に行けそうって思ってましたが、
そちらが通れるようになるころには、和賀の雪も消えちゃうんでしょうね。

藪漕ぎお疲れさまでした。
登録日: 2014/2/23
投稿数: 595
2016/5/4 11:56
 Re: 残雪の和賀岳
todohLX様、お返事おくれ失礼いたしました。todoh様の地元にお邪魔しておりました。峰越林道の通行止めはしばらく続きそうですね。和賀は雪がたっぷりですが、真昼も東側は豊かな残雪の縞模様が楽しめますよ。春は花が多い山でもありますね。お気に入りの山の一つです。
藪は昨年もありましたが、刈払いされていないのでしょう、想像以上でした。ただ笹藪なので、実はそんなに大変でもありません。
コメントありがとうございました

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ