ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 859045 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

二岐山 男岳・女岳

日程 2016年05月02日(月) [日帰り]
メンバー nakie, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間59分
休憩
46分
合計
5時間45分
Sスタート地点09:1109:19男岳登山口(御鍋登山口)10:17ブナ平11:23二岐山11:2612:06二岐山(女岳)12:0812:32二岐山13:0814:04ブナ平14:0914:50男岳登山口(御鍋登山口)14:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
御鍋登山口から二岐山男岳・女岳を往復しました。
登山口から直ぐに急登となりますが、男岳直下の急登に比べれば大した傾斜ではないと思います。序盤の八丁坂は、ブナ林にアスナロやミズナラなどが混じる明るい林です。暫く登ったアスナロ坂付近は、名前の通り少し暗いアスナロの林の中を登って行きます。足下にはウスバサイシンやエンレイソウの花が咲いています。

徐々に傾斜が緩くなり、明るい林になって来るとブナ平です。ブナ平の道標の周りだけ大きなブナが残っていますが、ブナ平一帯には殆どブナが有りません。かつては広大なブナ林だったとのこと。1970年代に殆ど伐採され、名前だけ残った様です。少し進とダケカンバの林越に雄岳が望まれますか、まだまだ遠くに見えます。殆ど平らな道を快適に進みますが、所々ぬかるみが現れ、足下注意です。

ブナ平から徐々に傾斜が増すと雄岳直下の登りにかかります。前半は比較的緩く右手にトラバース気味に登って行きます。後半は手も使っての急登になり、息が上がります。やがて高木はなくなり、シャクナゲの林になり、男岳山頂に達します。

昼食後、女岳をピストンしました。往復で30分程ですが、100m程下って50mの登り返しで女岳なので、帰りの方がキツいです。コルの笹平付近には雪渓が残っていましたが、あまり問題ない状態でした。

男岳に戻って少し休憩した後、下山に掛かりました。10分程降りたアスナロの大木のところで、山頂に双眼鏡を忘れたことに気づき、山頂まで戻るはめに。これでスタミナを消耗し、ゆっくりと下山、15時前になんとか御鍋登山口にたどり着きました。

本日の山行で出会った登山者は、男岳山頂で出会った4人グループと登山開始前に御鍋登山口に下山されてきたソロの方のみ。平日とは言え、ゴールデンウイーク中で、天気予報も良かったのに、余り人気の無い山なのでしょうか?
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所なし
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

御鍋登山口 標高約1000m
2016年05月02日 09:18撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御鍋登山口 標高約1000m
1
八丁坂道標
2016年05月02日 09:31撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁坂道標
1
あすなろ坂道標
2016年05月02日 09:44撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あすなろ坂道標
1
ウスバサイシンの花
2016年05月02日 09:55撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウスバサイシンの花
エンレイソウ
2016年05月02日 09:55撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エンレイソウ
傾斜が緩くなりブナ平に着いた様です
2016年05月02日 10:16撮影 by FJL22, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜が緩くなりブナ平に着いた様です
ブナ平の道標
2016年05月02日 10:18撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ平の道標
ブナ平から雄岳
まだ遠い
2016年05月02日 10:24撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ平から雄岳
まだ遠い
1
ミヤマスミレ?
2016年05月02日 10:29撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマスミレ?
1
ブナ平終点
ここから徐々に傾斜が増して行きます
2016年05月02日 10:33撮影 by FJL22, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ平終点
ここから徐々に傾斜が増して行きます
1
男岳坂道標
この先急登になります
2016年05月02日 10:43撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男岳坂道標
この先急登になります
1
ヤマグルマの蕾
一見タブに似ていますが、こんな高山には無いでしょう。よく見れば葉先半分に鋸歯が有ります。
2016年05月02日 11:15撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマグルマの蕾
一見タブに似ていますが、こんな高山には無いでしょう。よく見れば葉先半分に鋸歯が有ります。
1
男岳山頂付近から那須岳方面
左から小白森山、大白森山、三本槍岳、ひときわ目立つピークの旭岳
2016年05月02日 11:25撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男岳山頂付近から那須岳方面
左から小白森山、大白森山、三本槍岳、ひときわ目立つピークの旭岳
1
女岳方面
2016年05月02日 11:48撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女岳方面
1
女岳をピストン
2016年05月02日 12:08撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女岳をピストン
1
女岳・雄岳中間のコルの笹平
2016年05月02日 12:15撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女岳・雄岳中間のコルの笹平
1
アズマシャクナゲと思われます
2016年05月02日 12:39撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アズマシャクナゲと思われます
1
男岳坂を下る
2016年05月02日 13:44撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男岳坂を下る
1
あすなろ坂道標
2016年05月02日 14:27撮影 by FJL22, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あすなろ坂道標
1
ミズナラ大木
2016年05月02日 14:33撮影 by FJL22, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミズナラ大木
1
八丁坂道標
2016年05月02日 14:38撮影 by FJL22, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁坂道標
1
御鍋神社登山口に下山
2016年05月02日 14:47撮影 by FJL22, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御鍋神社登山口に下山
1
御鍋神社駐車場到着
2016年05月02日 14:57撮影 by FJL22, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御鍋神社駐車場到着
1
訪問者数:385人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ